校勘記

北鑑の「二次写本」を電子テキスト化するにあたっては、なるべく元本の表記を尊重して、修正は施さない方針です。原則、“疑わしい”ものでも、そのまま写すこととしました。

ただし、「明らかな誤記」「日本語文章として意味が通らない部分」については、適宜修正しています。また、場所によっては、句読点や改段落の位置などの変更を施しています(“読みやすくする”のが目的)。

文字の修正は、以下のようなケースです(例)。読者の煩雑を避けるため、逐一、該当場所での注記はしていません。

なお、上記以外にも「フォント不足による異字体への変更」「検索の便宜のための新・旧字体の変更」などの修正を施しています。