北鑑 第一巻

奥の歌枕抄  みちのくとはに

〽惜しまじな 非情草木 背燭の
  定めなき世の われとは知らず

〽衣川 花はあらしの 露の身は
  思ひ入るさの 羽衣なれや

〽栗駒の 峯の嵐か 平泉
  思ひば鐘も 無常を告ぐる

〽和賀の川 朝立ち添ふる 時を得て
  鬼の舞つる 極樂寺坂

〽水澤の 阿弖流伊母禮を たばかりて
  みやびにつれて 首討田村

〽矢をうけて 今はの時に 聲出でず
  目にぞ語るる 日本の君

〽櫻川 稲束山を 楯なして
  柳櫻の 御處にかけまく

〽淨法寺 本地大智の 盧遮那佛
  安倍の菩提に 老杉の露

〽厨川 猛灾の煙り 楯なめて
  ししむら叫ぶ 目もくれなゐに

〽みちのくの 草木国土の みなながら
  紫染むる 日之本の国

〽かほよ鳥 心外なる 春霞み
  そことも知らず ねぐら越えゆく

〽仇人を 丑刻参る 武家妻の
  肝胆砕く 打釘の音

〽かこち身で 怨みは源氏 あらぶるの
  因果は今ぞ 今更さこそ

〽前の世の 今にかかれる 假り命
  つれづれもなく かだみてぞ逝く

〽心だに げにや祈りつ あらはばき
  岩手の山に かけてつみつつ

〽国富て 襲ひし賊は 倭の犬ぞ
  討たれし群は 雪に吠えけん

〽前澤の それわが山は 月も日も
  もる我さへに 雪ぞ天斬る

〽分けきつる 山また山は 麓にて
  峯より峯の 奥ぞはるけき

〽北上の 舟の泊りや 戦さあと
  黑澤尻の 風もうつろふ

〽朽ち果てて 流れに落し 猿石の
  川に螢の みだれつし郷

〽生保内の 岩もる水の 峠より
  軍の駒は いさみいななく

〽よるべにも いづくはあれど 雄物川
  もろはく髪の 清水をくめむ

〽しほがまに いつか来にけん あさなぎに
  釣する舟は ここによらなん

〽知られじな かはる契りの 末松神
  末の波越す 恨ありとは

〽君まさで 烟たえにし 塩竈の
  うらさびしくも 見え渡るかな

〽陸奥のおく おくゆかしくぞ 思ほゆる
  壺の石ぶみ 外の浜風

〽陸奥の国 外の浜なる 呼子鳥
  鳴くなる聲は うとうやすかた

〽子を思ふ 泪の雨の 蓑の上に
  うとうとなくは やすかたの鳥

〽奥の海 汐干のかたに 片思ひ
  想ひやゆかむ みちのながてを

〽君をおき あだし心を わがもたば
  末の松山 波も越えなむ

〽日高見の 月も光ぞ 優ならん
  波も嵐も ひさかたに消ゆ

〽なまはげの 青鬼アオキ赤鬼アカキの 吠聲に
  童は隱くる 母の腰巻

〽土崎の 浪ここもとに ぶりこ採る
  乙女の裾は とよりかくより

〽鳥海の 山は雄々しく さえかえり
  月をも日をも 天仙理王

〽山吹の 花にも似たり 將門の
  遺姫はねむる 生保内の郷

〽憂世とは 昨日の花は 今日の夢
  末葉に露の 散らぬものかは

〽あぶくまの 流れにうつゝ うたかたは
  人の末路に 思いいづらむ

〽蟬音ふる 最上の川を 舟下り
  水も眞夏は かげろう燃ゆる

〽富士見ても 富士とはいはぬ 道奥の
  岩木お山の 雪の曙

〽北辰の まつおまないに 月仰ぎ
  夜釣りの海に いさり焚きける

〽いとせめて 恋しき時は うば玉の
  夜の衣を かへしてぞぬる

〽ものいはじ 春はいくばく うつろへば
  人の心に 逝く月日かな

〽鈴虫の 鳴きつる草を 踏ましまず
  駒止め置きて 秋は身に露

〽言の葉は 時めく花の 香を添へて
  想にのべて わりなく契ぎる

〽平泉 花の跡とて すぎ間吹く
  衣の関と 程だにありし

〽米代の 流れあふべき 田畑をば
  水洪ふ里の あわれなりける

〽地を産みて 海を押出す 岩木川
  上磯下磯の 往来舟唄

〽龍神の 宮にまかりて 將門の
  遺姫を護らん 辰子ぞあわれ

〽高清水 倭人に榮ふ 古事の
  社の山王 あとかたも無し

〽魚住まぬ 十和田の湖に 住む主は
  蛇體一里の 龍住みてこそ

〽ばんだいの 山に腰かけ 鏡をば
  猪苗代湖に 見みえし夢を

〽めでたけれ 笹に黄金の なりさがる
  ばんだい山の いつきまつりを

〽草摺を 鳴して駆る 夜討殺陣
  咲き散る花の しのぎを削り

〽見うずるに 逝くこと易き 阿津賀志の
  山吹散りゆ 鎌倉嵐

〽雲と見し 霞の裾に 藏王山
  木立は雪の 塊と神立つ

〽たたねなり 晢し岩根の 睡言も
  追手の迫る 姫神の山

〽もどかしや うたての人を こりもなく
  まさらうずるに 太刀振り教ふ

〽よしなくも あだたら山に あしびきの
  宿かりがねの 賊を討なん

〽また春の 花をし思ふ 見てのみや
  生死長夜の 琵琶を彈なむ

〽戦勝つ えいじもおどる 夜もすがら
  主の鎧を 脱がす妻の手

〽人知れず 不覚の涙 ひたすらに
  厨の瀬音 聞きて恨めし

〽牛の小屋 身の置き所 草むしろ
  君兒はつらく ふところに泣き

〽落ゆ途 忍び忍びに つらきもの
  東日流は近く 糠部野を發つ

〽松島の そなはる島に 松繁る
  海のつくりし 神の浦島

〽代々をして 敵風障る ことなきに
  仇は内吹く 出羽の清原

〽煩惱は 飼いにし犬か 繋げども
  縄斬り失せて 反く富忠

〽小野小町 あわれ昔の 恋しさに
  匂はぬ袖に 香を焚き忍ぶ

〽秋風の 陸奥八十島に 宿とりて
  窓うつ風を 君なよばいと

〽里の名を 聞かじといひし 白眞弓
  心も空に 多賀の夕映

〽田村麻呂 陸奥にありこそ なまくらに
  京都に入りて 汝れ鬼となり

〽こつじきは わが日之本を 蝦夷めかし
  仇筆綴る なほ染めぞかむ

〽十三湊 そむきし浪に 生絶ふる
  枯木を抱きて 啼くややませに

〽蕗の葉に 飲むは谷水 陸奥の山
  越えに越えにし 釜石の道

〽赤川の 朝日に祈る なまり神
  こぞの石燒く 柔き白銀

〽十二神 旭日を祀る 山おがむ
  閉伊の浜人 號く淨土泻

〽しののめの 坂行く杖も なほぬるる
  金色堂の 杉山露路

〽おぼつかな 道奥紙の 漉造る
  しばれる冬の 皮打洗い

〽常住の 家こそありて 暮すとも
  空しく光陰 渡るべからず

〽いづくにも 生あり乍ら 起きもせず
  果報を寝て待つ 身の果さらに

〽うつつなき 身はうたかたの 世に流れ
  しどろもどろに 君に仕へて

〽乱れ髪 解けや手櫛の あらけなき
  解けとこそなれ 櫛を磨けむ

〽音無しに 咲きそめにける 梅の花
  匂ほはざりせば いかで知らます

〽歳を経し 糸の乱れの 苦しさに
  衣の舘は ほころびにけり

〽わが国の 梅の華とは 覚いしに
  大宮人は 如何に言ふらむ

〽みとしろの 日もくれ消えて いふならく
  東日流の山に 吾れを埋めよと

〽やみやみと 謀れる敵の 馬騒ぎ
  ここぞ討つなん のぶかにぞ撃て

〽行方をも 心もとなや 思いには
  命つれなく いぶせく住みて

〽手束弓 なかなか的に 矢を射つる
  やたけの敵を 首撃抜きぬ

〽昔より 弓矢の家に 育まるる
  朝夷三郎 陸奥にありがひ

〽すずしめの 荒覇吐神 祈りして
  駆馬の砂塵 雲とあげまく

〽都をば 霞と共に 立つしかど
  秋風ぞ吹く 白河の関

〽いたづらに いづちもあだし 三界は
  けしたるさもし 源の漢

〽花にめで 霞に閉ざす 清原は
  人はあだたる 遺るがもなき

〽髪おどろ 月にもうとく われからと
  空も重ぬる 大瀧根山

〽昔より 西の彼方に 時を日を
  神を交して 日之本は成る

〽あかねさし 日の出日の入り 刻と知り
  北辰軸に 海を越えなむ

〽白鳥も 北にぞ往来 あしたづも
  狩らずば今に 飛びくるからも

〽蘆刈りて 蘆屋に蘆焚く 北上の
  川辺に絶ゆる 蘆ぞなかりき

〽大寒の すがまわたりて 氷掘る
  綱潜らしめ 大泻の漁

〽襲ふ雨 大葉の蕗を かさとして
  秋田乙女の 家路ぞ急ぐ

〽熊を狩る またぎの神の 掟あり
  手負へ赦さず 息ぞ速止む

〽三陸の わだつみ渡る 鯨をば
  銛打つ者の 己が身もがら

〽馬雄を 睾丸抜きて 尾に結び
  野放し育む 陸奥駒の人

〽石の火を 古へ今での 習へとて
  道こそかわれ 神まずないに

右の古歌ぞ、よみ人知らざる多し。然るにや、遺りぬを以て記逑おき諸人の趣に呈しなん。

享禄庚寅年十月二日  秋田住人 安東菊季

第十七画要図  丑寅日本国風景

權七 華押

写眞

第一画 東日流上磯

第二画 宇曽利

第三画 閉伊

第四画 秋田

第五画 仙北

第六画 庄内

第七画 藏王

第八画 會津

第九画 白河

第十画 越前

第十一画 渡島

第十二画 釜石

第十三画 松島

第十四画 岩手山

第十五画 岩木山

第十六画 宇涛安泻神社

第十七画 後方荒覇吐古宮羊蹄山

 

制作:F_kikaku