北鑑 第三巻

山靼聖地巡脚繪図

長三郎 華押

宇宙創生因

宇宙創造の種は厘毛の微粒な素粒子より生れたりと曰ふ紅毛人の言なり。即ち、無の一点に物質に非らざる論理も難き無時空より無重なるに、重力の確圧起り、密度無原の一点、それぞ宇宙子なり。宇宙子とは如何なる法則の成立たざる宇宙種の誕生と相成り、成長宇宙となるべく一瞬に光りと熱とに大爆裂し、無から物質への創造を擴大し、無限の空間と物質を化成し、陽と陰に区を連ね、物質が物質を絶ゆ間なく創世なるを億兆の星に誕生せしむ。恒星、その惑星、その衛星、微惑星、準星、遊星の類にして生死をくりかえす。星の死は大爆裂にして、微塵となりて宇宙に散り、その塵より子孫星ぞ誕生せると曰ふなり。ギリシアにては是をカオスの神通力とし、メソポタミアなる古代シュメール王ギルガメシュは、星をアラ・ハバキの法則に誕生せしルガル神の宇宙創造と叙事詩に遺せり。

天明壬寅年七月二日  講師 エドワード・トマス
ウェルソンマイク

世界諸国之博学

大地は宇宙の基たるを日輪を廻巡せる惑星といふは、紅毛人国之固定たる博学なり。亦、宇宙の創りをギヤマン望遠鏡にて、水星、金星、火星、木星、土星らを密にして、日輪との距離を測定せるは、未だに天文の知識至らざる處なり。

宇宙は神秘にして擴大なれば、定なき信仰に想定せるのみはおろかなり。亦、生々萬物の創りを想ふにも、卵が親か、卵が子か、の理論に同じく、学道は求めて先々無限に續す。依て、古代オリエントの神とその信仰を図画に示逑す。

寛政六年十一月七日  長三郎基次

第一画 近代 極北葬

第二画 シキタイ騎馬民草原墓跡(盗掘跡)

右画説之事 一画、二画、

山靼の大草原、極北の埋葬に見ゆ跡は、何れも價高き副葬の品を添ふるに付き、能く聖墓を盗掘さる多し。何れも贄從の葬にして、馬、亦鹿を添葬して埋むなり。死者生前の持物總て副葬品ともせり。依て、富める者の墓、盗防全く安墓これなく、故に墓石、盛土、馬蹄に踏平して秘すあり。

第三画 古代狩人葬跡

右図説之事 三画

山靼を尚以て西にて見ゆ古代人の葬墓には、能く犀角及び象牙の副葬品多し。此の生獸、今に絶ゆれども、二萬五千年前に於ては、大毛を生したる犀及び象の生息あり。狩人、是を極北の地までも追狩せりと曰ふ。是他、野馬、野牛、大角鹿、熊、虎も住めりと曰ふ。極北に住むる熊は毛白しと曰ふ。多くは赤茶色の熊にて、余も旅中幾度か遠吼えを聞く。山靼の旅にて飢ゆことなし。心得べきは群狼と熊にて、馬は事速く察知せるに、地老はその風下に移りしめて、事なかりけり。

二萬五千年前に、狩人ら岩窟壁に辨柄に書けるは、その狩場を縄張る印にして、語印の始なり。書遺るは毛象、馬、野牛ら能く遺りけり。信仰あり、女型の象牙像ありて副葬見ゆなり。鉾状如き柄、両尖りたる象牙材工、及び飾り珠、亦大量なる副葬たり。依て、これまた盗掘多しと曰ふなり。

地老の曰く。女型神はベスダーと稱し、男型の神はホイと稱すと笑ふも、古稱なるとは疑しきなり。山靼の旅は、前途に地族多く、言語亦異にせるが故に、吾等は常用とてモンゴル語を以て話せり。モンゴル語、オリエントに能く通じ、亦シキタイ語も可なり。

先づ以上にて黑海をイスタンブル峽を抜け、エーゲ海にいで、トロイヤの地老にヒサリックの丘こそトロイヤの史跡なりとて訪れたり。地史にては、ホーマ及びウェルギリウスの詩に名高ける處なり。余は綿畑一面なる彼方の丘にたどり、古老に訪ぬれば、この丘ぞトロイアなる古戦跡にてヒサリックの丘と稱す處なりと曰ふ。

トロイアのパリスが美女ヘレネをギリシアよりメネラオスの妻たるをパリスに奪はれたるを怒りて起りたる、メネラオスの攻めに落ちたる城址ぞ、この地下に在りといふ古老に曰わしむれば、此の近国一帯になる恐魔神に、ゴルコオ、ヒュドラ、キマイラ、ポイラクス、バジリスク、ユニコン、サラマンドラの神々に呪はれたるに、戦事常に起れりと曰ふ。余は、はるかなる日本国より来たりて、ヒサリックの丘に立って異国の古傳を聞きたり。

天明戊申年六月一日 幕令藩許御用許松前 成潮甚伍右衛門
幕令藩許御用許東日流 秋田孝季

 

制作:F_kikaku