北鑑 第五巻

丑寅日本繪巻

繪は文筆より想いは奇なり。依て、文筆に得ざる多き丑寅の民に古事を説く繪解き語部とて本巻を綴りたり。右要以如件。

寛政五年六月廿日   秋田倩季 華押

写眞1
東日流上磯

写眞2
東日流下磯岩木川

写眞3
本巻統卆著者親影秋田孝季殿

写眞4
本草学者河内浪人菅江眞澄殿

写眞5
浪人高山彦九郎殿

写眞6
海兵学者林子平殿

写眞7
測師伊能忠敬門弟間宮林藏殿

写眞8
本巻綴者和田長三郎吉次殿

本巻の要趣は眞實ひとつを求めて記逑を爲さんとせるも、多傳の諸説、雜話、文献の十對に八割の同意あるを抜きて、丑寅日本史の繪巻とせり。

もとより倭書を参考とせず、六十六餘州の巡脚、亦、山靼幾萬里の旅は、はるかなる紅毛人国まで相渉りぬ。繪は實見の写なれば、架想一画にも非らざるを茲に誓言す。

秋田孝季

丑寅日本国の歴史に隱れたる古事を求めて、三十五年の光陰を旅に明け暮れて六十餘州はおろか、未覚なる山靼をまた越えて、紅毛人国までも巡脚し、茲に完結せしは三十巻になる坂東以北の史傳なり。

倭史に依りて遺れる丑寅の史は何事も實態に触れ申さず、ただ征夷の讃美に綴る僞傳にして、史實無根の事耳ぞ記行に連られたる多し。まして古代なる事にては空白なり。

日本国と国號せしは、我らが祖なり。倭人は、我が国の国號までも掠め盗り、古事記、日本書紀なる国史の事を遺せしも、紫式部が言ふ如く、神代より世にある事とは、片そばぞかしと評せる如く、丑寅の事は知るべきもなし。本巻はかくあるべくを訂したるものなり。

秋田孝季門弟 和田長三郎吉次

北鑑日本繪巻 一、

写眞9
東日流大里六郡一望

写眞10
阿曽辺族長老武耶舍久圓

写眞11
津保化族長老津判倶王

写眞12
晋郡公子一族張孔泰仁長老

写眞13
日蝕

日蝕とは神の業ならず。日光に月輪重なりて地上に閉光せる直下は皆既日蝕となり、その円心直下週辺は半蝕と觀測を見らるなり。亦、月蝕にては、地影ぞ月に當りてなれるものなり。皆既蝕とて四百八十を數える間にして元復す。是ぞ、晋民の傳へし知覚なり。

稲作、暦を覚るも晋民の傳也。有難き哉。徒らにして、日、月蝕を以て迷信を作爲し、民心を惑はすべからず。天運と心得よ。

晋民のもたらせる知識の要は農耕なり。先づ、東日流大里の葦原を刈開きて稲田を拓し、水利を通溝を施して、その實稔を得たり。

晋民の中に紅毛人ありて、金銀銅鉄の採鑛を鎔鋳せるありて、地民は是を鬼と稱したり。今にして鬼神社の遺れるは、その故なり。亦、鬼をして行事ありき、秋田のなまはげ、陸奥の爐神、他各地に多彩なり。

紅毛人らの遺せし信仰あり。古代シュメール王ギルガメシュになるアラ・ハバキ神の信仰なり。翼ある獅子は宇宙に飛び、神なる種を、母なる大地に蒔きて、生々萬物を遺したると曰ふサイキの教へぞ廣く信仰を厚くせしめたり。

稲作はホコネ、イガトウの二種にて、人を定住せしめたる要となり、その適地水利の河辺に人の住居住分を、西南に弘め、地産の衣食住、民殖に傳はりて、此の国を日本国と国號せるはよけれ。時に、東日流、渡島を日高、羽州を日高見、陸州を日出、北上川を日川と稱したり。

陸州黑川に耶靡堆王あり。一族挙げて坂東を越え、その住民麁族、越州の熟族を併せ、今になる那羅に立君せし、第一世阿毎氏耶靡堆日子ぞ、安倍氏の遠祖にて、安日彦王、長髄彦王の祖なり。

然るに、是の代に至りて筑紫に異土の渡り族ありて、地王猿田族を制え、勢を張り東征を挙し、耶靡堆を攻め亡しぬ。時になる王、三輪山蘇我郷の安日彦王、膽駒山登見郷の長髄彦王、一族を卆して東日流に脱し、東日流にたどりけるとき、支那晋民族の定着、施農の時代たり。大挙して移り来たる耶靡堆族と併合し、茲に日本国王を即位ならしめ、更に地民の阿蘇辺族及び津保化族を併せ、信仰を一統して荒覇吐王国王を襲名せる日本国王を、東日流中山連峯の聖地石塔山に於て、即位の式を挙行し、その一世とて安日彦王、その副王とて長髄彦王、ともに立君せり。是ぞ、丑寅日本国の開闢たり。

その王居は東日流稲架より糠部田名部、飽田、仙北、岩手、安代、矢巾、水澤、磐井、庄内、多賀、會津、坂東、と移り處多く、荒覇吐神信仰、諸国に遺りたる故縁たり。

抑々、吾等が祖人の造り結ぶ榮ある古代の礎石をくつかえしたるは、耶靡堆のあとに国造りし倭国になる仕業にて、吾等が国も民も化外の蝦夷とて忌はしく、今に尚遺れるこそ、忿怒やるかたなき想いに神の萬機を待たん。

写眞14
耶靡堆王阿毎氏

写眞15
安日彦王

写眞16
長髄彦王

荒覇吐王第十八代大根子彦王、故地耶靡堆を奪回せむと欲し、稲架根子日子を日本將軍として越州、坂東の軍を統卆せしめ、濃州、若州、甲州、紀州、四方より一挙に倭国に攻め入りければ、既に倭国に内乱ありて何事の應戦無きに、故宮三輪山の磯城に荒覇吐五王王居を造りて成せるも、從軍の丑寅勢、此の地を忌みて駐まらず奥州に還る多し。依て根子日子、地豪の志士を募り王居を營陣せり。

是の如く至るは、根子日子自から倭王とて荒覇吐神を廢し、地豪の推挙せる天神地神八百萬神を以て国神とせる背革に依れるものなり。世に孝元天皇とて朝皇にありきは、開化天皇父子二代に於て荒覇吐五王を欠退しけるに依りて、遠州に日本將軍とて大毘古彦を遺して根子日子の反逆に備へたり。

然るに、三百年を經すとも何事の反目非らず、世は泰平たり。以上、史傳にありきは、物部雄君連一族に傳はりしものにて、信ず可きに疑へ非らざる史傳なり。

乾元壬寅年月日   小野寺甚藏

北鑑日本繪巻 二、

史實無き事に倭史に記行あるは、仁德紀に上毛野田道將軍の蝦夷征伐に敗死、更には日本武尊が東夷征伐行など、眞事記の如く記行ありき。亦、敏達紀に荒覇吐五王の綾糟が倭人に服從し、斉明紀にては思荷など倭に從屬せる如くあるも、是ぞ全く史實に皆目無かりける造り事なり。

倭国は律令を以て夷国に戸籍書を作りて統卆せるも、丑寅日本に入りたるはなかりけるなり。日本將軍安倍安國は国領を玄武に求め、合浦外浜の烏涛安泻に善知鳥神社、地語にしてガコカムイを鎭座せしめたは大化丁未年、唐の貞觀二十一年の春四月七日なり。

倭国にては丑寅の幸を掌握せんとて、養老庚申年、上毛野廣人、神亀甲子年に佐伯兒屋麻呂を遣したるも、何れも荒覇吐五王らに討たれり。依て藤原宇合を征夷に赴むかしめたり、とは造事なり。倭に於て謀る丑寅日本国への侵駐は、尋常なる手段にては叶はざるとて、物々交換驛處とて神護景雲己酉年、桃生の驛、寳亀庚戌年、伊治驛を造りて荒覇吐族との和睦を謀りて交はふも、物交の相互に價等せず、此の驛に警羅せる宇屈波宇が倭人の品を換ふを禁じたり。

倭との驛仲介に荒覇吐五王にありき宇屈波宇を説得に赴くは、もと此の地にありき道嶋嶋足が公の姓に入りて倭朝の使をつとむるも、金財を掠めて倭に逐した嶋足の及ぶ處に非らざれば、寳亀甲寅年七月、嶋足が命からがら遁げ去りぬ。宇屈波宇が居城は胆澤にして、倭朝が夜行隱行を以て防人を角別の地に柵を、紀廣純が施工に當るも、是の春、呰麻呂に攻められ道嶋大楯らと倶に討たれたり。

以来、天應辛酉年、倭朝は藤原継縄、藤原小黑麻呂を征夷討伐に當らしむも敗散せり。倭軍を一挙に船を以て月浦に運行せんとせる朝議も、過去に阿部引田臣比羅夫が二度に渉りて東日流に敗北せるに、挙兵ならず、延暦壬戌年、胆澤の五王に阿弖流爲が継君し、その副王に母禮が任ぜられたり。

此の年、倭朝にては大伴家持を任ぜるも、此の年の八月若死せり。依て延暦戊辰年、多治比宇美が任ぜられ、續いて多治比浜成、佐伯葛城、入間廣成ら副將に補せられたり。更に兼春宮大夫、紀古佐美が追補さる。延暦己巳年、全軍挙げて胆澤に向ふる途中にありき手向いなき邑々を燒き、兵糧を民家保有の糧を奪いたり。

是れに怒れし阿弖流伊は母禮とともに一挙に官軍に攻め入り、是を攻め破りたり。依て倭朝にては萬策つきて、茲に坂上田村麻呂を任じたり。屆けに應じて田村麻呂、一計、特救を請じ、防人の行軍とせず、多くの貢を阿弖流伊に屆け、倭朝との和睦を進め、上洛を請いたり。

茲に、田村麻呂の尋常なる誘いに乗りて同道せしに、倭朝にて天皇、公卿、僉議に結したるは打首と結したり。八月、田村麻呂にたばかられ、阿弖流伊、母禮は河内社山にて斬首されたり。

文正丙戌年八月廿日   物部出雲

右全文は原漢書なり。後讀者の便を以て、略文せしを容赦願ふ。
筆者合掌

写眞17
於三河国社山阿弖流伊、母禮、斬首

写眞18
胆澤柵跡

写眞19
再度比羅夫軍船全滅せし後方と羊蹄山 合浦外浜

 

制作:F_kikaku