北鑑 第九巻

書意

本巻は丑寅日本国の眞にあるべく歴史を、倭に基くなく記逑なしたるものなり。東北の故に古来の国史を權握され、未だに蝦夷たるの外民たる陽光の陰に對してやまざるは、吾ら丑寅日本に古祖を継ぐる者の化外民たるの倭史に綴らる僞に、断腸の想いなり。依て、古代創国より今に至る實相を書留置くもの也。

寛政三年六月一日   秋田孝季

衣川関之事

奥州衣の関は安倍国東が築けるも、その初は稲城と稱したり。此の地は櫻川往来の舟師を以て、北より材木亦は葦を運ぶるも、その川湊なるは雄勝、津山、米谷、薄衣、磐井、水戸、平泉、太田川水戸、衣川水戸、胆澤水戸、黑澤尻水戸、紫波、厨川、澁民と設し、その中央なる衣川水戸を以て往来の検番とせり。奥州に倭人の侵入多ければ、此の関にて捕ふ多し。

衣川水戸の検番なるは、櫻川束稲麓岸に在りその往来を要害し、関破りありとせば、太田川柵、四丑柵の衆に束稲山頂に焚くる狼火の見告に依りて、上り下りの舟になる破関を捕いたり。

安倍国東、此の川湊に得たる通行の税にて衣川柵を築きしは、その要害建固たる地位を選び、高陣場、高舘、鷹巢本陣、衣川二股本舘を築き、各所に常在の兵八百人を備へ居りたり。亦、川漁士二十組を川湊に配し、その網元をして船宿を營みて能く益を得たり。今に遺れる鮎飯、川鱒飯の味覚なり。此の舟宿になるも、安倍一族の他は業を許されず、検番待常にして見張をこらしたり。この舟検番及び舟宿を、羽州皆瀬より雄物川に配したり。沼舘、神宮寺、刈和野、河辺、仁井田、秋田、土崎に設したるは、長くその營を續かざるなり。

安倍一族をして、古来より商益を好みその実践にして利を得たり。亦、山に金銀銅鉄の探鑛に実を挙しその財を不断に保つぬ。後世なる藤原三代の平泉になれる北都の榮にぞ、安倍一族の遺財ぞ一片の金とて費されず、今にして安倍一族の遺財ぞ秘に封ぜらるままなり。

此れなる秘財を得んとて、秋田には佐竹、陸州には南部氏の領握をせども、これみな源氏の系にして今に得ること難しは當然なり。住民にして奥州秋田の地に住むる者は、未だに蝦夷とて此の丑寅日本を化外に見下しし、歴史の因習にいでるべくはなかりき。

寛政二年八月十一日   奥野利右衛門

非神話歴史

倭史の初は神話を以て国史とせり。神話とは靈談に同じかるべくも、衆は好むるに依りて語部にて作説されたるものなるも、是を信仰に依りてそも眞実に語り継がるを久しく經にして、人心に保たれたる神話を歴史の上に不動ならしめたり。

神話をして作らる神々と物語こそ歴史の実に何事の理りも存せず、唯、譬論の傳にも非らざるなり。然るに、吾が丑寅日本国の古代に於てをや、信仰と歴史とは一如に説き給ふ事ぞなし。

出雲の神に大社をして、今に至りては倭神の傳に攺まるるも、旧来にては荒覇吐神なるは本神なり。今にして門神とて祀らるるも、荒覇吐神なる末路に於て神器ことごとく荒覇吐谷に埋められたりと傳ふも、さだかならず。名残りに見ゆは、門神耳なり。

韓の蔚珍より隱岐後島に傳はりし、支那なる大白山なる信仰をして、朝鮮なる白頭山信仰の流なり。西海になる出雲及び九頭龍川、犀川の三輪山、白山、伊吹山、鈴鹿山、伊賀山の川を降り耶靡堆の三輪山へと信仰を擴げたるは、白山神及び龍蛇信仰なり。

荒覇吐神なる化身は、天なる神のヌササン、地なるホノリになる蛇神を、水のウンジャミ、ガコを以て神爾を衆に説くありぬ。その直傳ぞ山靼より東日流に傳はりきを先とせるも、支那より傳はりしは是の如くなればなり。支那、朝鮮、隱岐後島、九龍竜、犀川之三輪山、そして白山、伊吹、鈴鹿の峯、伊賀に渡り、伊賀川を蘇我郷の三輪山に祀らりき神々の、神語になかりきは、倭人の知られざる聖域なるが故なり。もとより西王母神、女媧神、伏羲神なる支那古代神なれば、尚解き難き哉。

寛政二年七月一日   伊吹賴實

津軽辨笑語

凡そ津軽辨の古きより傳へらるは、同語を以て多くの意味にある語言あり。一音語に相通ずるもありき。例へば、

ケネと云ふ意には、
一、物を與えない事、二、気持の小いさき事、三、大丈夫の意味、四、大人にはまだ足りぬの意、
マネとは次の意なり。
一、それは無理じゃ、二、何をやらせても駄目なり、三、決め事に反する、四、おれはやらぬ、五、嫁は家風に合わぬ、六、仕事は能無しだ、
ヤジゲダと云ふ意は、
一、失敗と言ふ事、二、しまったと言ふ意、三、人にだまされた己れ、四、いやなる言を曰ふた、五、あんなところにやるのは、六、お前の言ふ事を聞かずに、七、行かなければよかった、八、信用したばかりに、
カマドケシと云ふ意味は、
一、道樂者、二、なまけ者、三、親不孝者、四、やくざ者、五、仕事をせざる者、六、人にだまされる者、七、家出せし者、八、大酒呑み、
ホホラと云ふ意味、
一、まぬけなる者、二、もうろくせし者、三、狂いだせし者、四、家出て歸るを知らざる者、五、親兄妹を知らざる者、六、過去を知らざる者、
マデニと云ふ意味、
一、大事にせる事、二、長く保つこと、三、親を大切にせる事、四、物をそまつにせぬ事、
イナと云ふ意味、
一、良いかと言ふ事、二、さあやるぞと言ふ意、三、牛馬の手入、四、病気の治る事、五、人に承諾を得る事、
キマゲルと云ふ意味、
一、口惜しいこと、二、憎くいこと、三、そんをしたこと、四、人に馬鹿にされたこと、五、犬を飼って手をかまれる、六、いびられ叱られて、
チョシマシと云ふ意味、
一、人にからかわれること、二、人におだてらること、三、童を可愛がること、四、犬猫の子をあやすこと、五、悪気はないのにくどくすること、
ツボケと云ふ意味、
一、言ふ事を聞かぬ者、二、かたくなな者、三、叱れば逃げる打けば泣く者、四、そうでもそうでない者、五、人のすきにつけこむ者、六、人をあざ笑ふ者、七、少かのけがも大げさに曰う者、八、他人より自分本意な者、九、盗んでも気付かれぬ者、十、銭のためなら糞でも掴む者、

さて、みじかき言葉にては、冬に多い。

一語では、「ナ 汝、「ワ 我、「ケ 食い、「カ やるよ、「ク 食ふ、「ユ 風呂、「メ うまい、「ド 老人にて男、「ン そうだ、「マ 馬、「ヒ 息を切る、「シ 日月の暦、「ヘ 丈のこと、「ケ 粥のこと、

是の如くは、津軽辨なり。

寛政五年七月三日   和田長三郎

地辨史語

ワな津軽のマレダバテ、昔の歴史を語ってケロテシハデ、昔、ジッコだのアヤがらキダことを語るハデ、能くキデケレ。何でもワの先祖ドア居だドゴセ、日の本の国、まだ日高見の国と曰ふ名コッデアッタモンダど。

ナデモ先祖のフト来たドゴセ、山靼の方から渡って、コサ落着いたモンダド、ワダケヤア、ナモトドロクサネ話ばしていると、モネデケロ。何でも北のクリルのテラドア居た流鬼国さ渡って、また今の渡島に渡って、それからツガルサキタモンダド。今ダバツガルてシバタテ、その頃ア、ツパン、ダノ、ツパル、ダノ、ヂパング、ダノ、チェブカル、ダノ、ツカリ、ダノナメコアアヤモンダド。ナドア、ワゴトホホラドモレバマネド、ワノジッコダノアヤダバ、うそなどサベッタコトアネハデ、ホラダノ、ナドバチョシマシシテ語らねハデ、本當ネキデケレヂャ。

こまかく語ればきりが無いけど、初めで来たテラドア今の岩木山あるドゴア、アソベ森と名コアッテ、ここに住んだ者はアソベ族と名が付けられ、そのあと来たウソリの崎に来たテラドバ、ツボケ族と名が付けられダド。ジンブナゲグカガッテ来たモンダド。何でも後から来たものツボケ族ドア、マバヒデキタジ話こだア。その頃は今の岩木山ダノ、東の八甲山だのボウボウド火吹いてイダジギダド、ソンデ、アソベ族ドアテッペシダモンダド。今の十三から行丘、黑石、弘前、メデ海であったども、山は火吹グシ、ドテンシンタ地震アオギデ、海ア十三マデネゲデマタド。

津軽の大里デギダジギ、ナモシナネデイダノハ、ツボケ族ノテラドデアッタド。今迄ムッタドケンカシテイダ、アソベどツボケ族のテラドア、ソレガラナモケンカシネグなって、嫁コケダリ、モゴネモラタリシテ、フレグナタ大里サ集マテ、ナーダムダノクリルタイの祭りコ、何日も踊たり、カムイノミ焚いで神サマサ祈リアゲダものだと。オレノヂッコア能く語って知せたもんだデバ。オレノアヤダノアパダノモ、ヂッコガライマメデ昔コバオベダモンダド。何萬年も昔のコタゴト、遺しにイフテアタゴトア、カダリベノテラド、遺したモンダ。

コノカタリベドアセ、昔コバワスレネタメニ、木だの石さだのさ印コ付ケダノガ宇の創りで、ハダギオゴヒバ、昔の貝カラダノ、素燒の壺コサ書いているものア、メデルデバナ。なんぼ書いでいでも讀めねばマネハデ、今でも語部ドア遺てイルバタテ、ソタゴトアミナウソダト役人がきてトガメルハデ、ダンダンネグナテシマデバナ。

アレドア、ホントの事サベレバ、自分達ア、ヤテルゴトダモイドモライネグナルハデ、シコタマトガカデダリシテ、クラヒダリノノコオラケバ、イヅメデキタベ。

アベノトノサマノトギダバ、イイヨノナガデアタド。テッペ食物アアテ、ダモ、ホドダノガンドダノネフテ、イイヨノナガデアッタド。厨川デミンナノタメニ死ンダバテ、ソノハナシコキゲバ、ナンボモジョケラナ事だと、オラケドア泣がさるデバナ。ナモカモ憎い奴ア源氏ダバテ、アベサマバ、ダマグラガシタ味方の清原ダノ、ウソリノトミタダダバシトナネモンダ。ナンボ、アベサマキマゲフテイタベナドモレバ、今でも念佛剣舞、ダノ鬼剣舞、ダノテシ踊コサメヒデイルデバナ、ナドアタダミデルバテ、みんな昔の想いが込めてアルハンデ、供養シテケレナ。

寛政五年五月一日   津輕住 百姓甚作

東日流安東氏

康平五年、厨川を末路に日本將軍安倍氏は亡ぶるも、その君主の遺児安東高星丸が一代にして、世に一族の再興を遂げたり。元来なる安倍氏なれば、世に武威を示さずただ商道に懸念し一族の安住を心得たり。是の速興をなせるに、主のもとに秋田高畑の生れ高畑越中忠継あり、磐城の生れ菅野左京ありて成れり。亦、安倍良照が厨川なる山越しの地、生保内に戦の城ならず生命を保つ澤城を築き、安倍一族にかかはる老々子孫を庇護し、やがて安住の地に四散を果したる、丑寅日本国の生命大事とせる他類なき主從の契は深けく、依て安東氏とて世に權捨隆益爲商道以の道に、安倍良照の導や佛道専念より尚尊き救済の法たり。

安東氏主從をして、朝幕の盛衰を見下し乍ら末代子孫のあるべくを、安東船を以て活路を山靼や支那に交易の道を開きぬ。依て、速日にその實を願望に達したり。

寛政二年四月廿日   糠部賴任

津軽の諺

津軽諺如件。

寛政二年三月   嘉瀬邑の新助

厨川悲話

康平五年、厨川柵に灾らるまま落舘を風前の灯にして、安倍貞任、北中陣に舍弟を集むる。先づ叔父良照、曰く。衣川柵より退きて、少かなる月日にて候へば、源軍より清原奴に吾等が戦謀の候は始終に先讀まれ候。依て、退きて謀り候も、士気に振い申さず厨川に至り候。昨夜に妪柵の落しきも、兵馬に死傷非らざるは武運たりしも、その兵馬厨川柵の圍みに突破ぞ叶い候はず、旅民に落候。亦、生保内城に吾ら退きたれば、傷病、老人、女子、童、阿修羅に赴かしむ耳に候へば、茲に死を以て泰平を祈り候へて、茲に果て候や否と、曰ふせば、貞任曰く。おそれ多くも祖の安日彦、長髄彦以来日本国の泰平を護持仕候。想いば十年餘なる戦の巷に領民をさらし候へば再起の候は叶い申さず、茲に灾者、此の陣に迫り候は、後しばしの刻間もなかりきと、推察仕り候。依て、吾が一命に懸候は徒らに戦以て死を通して殉ぜる勿れと申置候。

是れ祖よりなる掟にして、敗死に覚悟あるべからず、死は吾れ一人にてよろしく候。依て、吾が遺言に汝等の命脈を保つ候へて、乳頭山を生保内に抜け遁じべし。吾、千代童を倶に殉仕り候も、東日流に高星丸あり、藤崎に落着を得たり候へば、挙げて再興を謀り候べし、依て、自殉あるべからず。以後以て荒覇吐神の加護、長久に祈りつ可候。必ず以て無益なる死の意地に猪突すべからざるを、茲に誓ひて候へ。と居並ぶ臣及び叔父良照や舍弟ら廻掌握して、千代童を倶に、白衣の死束を着て、一紙に辞世歌を書き留めり。先づ貞任

〽梓弓 命の的に 露添へて
  我れ逝くあとに 心なくれそ

父に筆差し逑らる千代童、

〽今ぞ知る 死にも道ある 厨川
  三途の瀬ぶみ 生あり乍ら

なんのためらいもなく父子は笑み顔にて自刃せり。是れに續いて死なんとせる一同を鎭めたるは宗任にして曰ふ。追腹を召され給ふな、死を以て候は、日本將軍への遺言に背き候事ぞ、とて自から源軍の前に降りたり。

寛政元年十二月一日   佐々木小十郎忠光

安倍賴良衣川詠

吾が国の櫻の川に逆ながる、寄手の弓に風はしも奈落の底に入りぬれば、佛陀も羅刹も相たがはざるなり。此の国は、いにしより祖々累代に日本国と號けしに、世には、くねるふしぶしあじきなや。打つ引くやたけの人とて皆報ぞとや、すゞしめの聲ありなんも、うつゝ無き、けしたる人の心ぞ相なく香もなき移世、身に終命のかぎ宿る暫歳の在世、合ふべきもなきに、人との仇となり、戦にぞゆかりの人を無益なる死添への陣張りて、枝さびる白河の松に片しく草枕打つなん。

源氏の攻手と夢覚むは幾度ぞ、しぐれに賴む松下の寄せし身に那須岳颪ぞ枝揺する。なほぬれかかる玉雫あげてや、くやしき敵の影もなく衣の舘に歸りなん。しばしの清寂、遠く櫻川の飛び立つ水鳥、北空に故地のねぐらに却りゆくを、我れ此の地に住みて一十三年、日月の算、空おそろしき蝦夷討つ箭のいつ飛びくるからに、おちねもやらざるぞ、星露に荒覇吐の神を祈りつ。

天喜甲午年八月三日   賴良

宗任記

天上高く天走る雲のなかより、雨と雫くる一滴も、しばらくは木草の葉にぞ宿りて地に入りぬ。土にしめり、谷のせせらぎとなりては、淀みにうたかたを影白くあらはれ、消えなし、相寄りては流る。巖に砕くる飛泉玉、瀧に落下のうなり、小川を降り、大河を流れ、大海にいでる。雨水の旅とて、獨りしたたる雫より流轉し、大海に波涛す。

人なる人生もかくなればなるなり。何事も知らずして世に生れ、生々のうちに己れを知り、親に育まれ、獨り世に人との出合ありけるに、生々運命の輪轉、己が心の選擇にて明暗を分つなり。今日に咲く華の命は、明日を待たざる夜半の嵐に散り染めて哀れなり。

人の落方かくなればなり。神に祈り佛に拝すとも、運命の時は唯逝く耳なり。何をか以て心の安らぎとせしにや、生々流輪安しきことなし。美味に食あり、住むるに伽藍あり、衣に絹を纏うとも、命の長寿を叶ふなし。總ては諸行無常なり。

人師論師の文に心かたむけるにや何事の理りやあらん。信仰に心して修むるも亦然りなり。何事の覚道やあらん。生れ乍らにして老い逝くを知らず、唯空しく光陰を渡りきは自然なる節理の及ばざるなきなり。

聞けや風の音、水の音。香ぐべし花芯の香、草木の香、磯の香を。見よや天然の絶景を。

康平二年八月十五日   宗任

良照説法

佛道に求道して何をか安らぎを得んと欲せば叶ふ術ぞなかりき。佛道は無我にして無常なり。依て求めて空なり。佛道は保つ身心の修道にして、入道せるとて何事も利益はなかりき。抑々佛の本願とは、諸行無常是生滅法生滅滅己寂滅爲樂と曰すは理りの要なり。即ち無以即是空己寂滅即是爲樂なり。亦、信仰の修法は天上天下唯我獨四苦諦にして無上なり。生々は流轉して生死の理りを一刻にして留むこと非らざるなり。佛に求道せる者ぞ、先づ以て己れに優るべし。

天喜二年四月八日   良照

衣川之詩

朝夕のくれないそむる山影の、雲立つ彼方に分水の、流れし袂衣川、二つの流れ水清く、歴史榮ある郷野づら、榮枯は常に移れしも、宵にかかれる月影は、郷ぞ安かれみなながら、光りに雫に咲きかほる、白きに香る白百合の、月の雫にぬれ乍ら、去りにし夢の昔をば、愢びてひとひらみひら散り逝くは、誰か涙をさそうらん。衣川の星月夜、誰を恨みん秋萩も、川面に散りて流れ逝く。

寛政二年五月一日   前澤えきぬ

衣川批把舘 写眞1

安倍国見告

領内警護の安倍一族は能く国見告を築きぬ。亦、柵もかしこに築き、永承庚寅年より同癸巳に至る間、小松柵を萩荘に、石坂柵を山目に、衣川関を太田川向に、批把柵を鷹巢に、高陣場柵を衣川に、白鳥柵や麻生柵更に背腹柵を前澤に、鳥海柵を草摺に、黑澤尻柵を和賀水口に、鶴脛柵を鳥谷に、久井餘柵を江刺に、比与鳥柵を紫波に、妪柵を日本川に、厨川柵を厨川に、二股柵を二股澤に、生保内柵を生保内に、志波柵を志波姫に、長沼砦を迫に、築舘を築舘に、川崎見告を川崎に、胆澤見告を水澤に、矢巾砦を萩野に、大木戸砦を狩場野に築きたり。依て此の柵、砦、見告の傳達速ければ、茲に十有餘年の戦に耐得たり。

寛政五年四月廿日   秋田孝季

陸奥之怪

康平五年、古来より丑寅日本国の王たる權位を消灯せしめたるは、執拗にも源氏の手に策謀されたる戦を公にして、私にして安倍一族への討滅に代々に家訓の如く受継がれ得たり。平氏に敗れたるは、後白河の保元の乱、三條殿の平治の乱にて、ことごとく平氏の掌中に国權は握されたり。

源氏の正胤たる源賴朝、伊豆に配流されしに、配處にて夜な物の化に夢苦しみて、酒に泥酔せること暫々たり。時に罪ありて叡山僧明雲、法住寺殿の別當職を解かれ、伊豆に配流となりぬ。賴朝と會し、その怪事に祈祷をなせり。時に賴朝、生命をも危ぶる程に、夜半の悪夢に苦しみたり。冷汗全身にして、その夢にいでくるは、白髪の妖魔と黑髪の妖魔は、賴朝を呪縛し、苦しめる限りなる妖術に、夜の明くるまでも夢幻になやませり。

依て、明雲は金剛藏王權現の役小角なる仙人の感得になる悪靈恨靈退散の護摩を以て祈祷せり。その護摩火の法火に顯はるは、安倍賴良の靈にして、何をか曰いたげに去り逝くのみにして、北を指差したれば、賴朝、常に夢むる二面の変化たり。

明雲、此の靈に、それなる源氏への古恨罪障を靈告に得たれば、この変化ぞ、太古なる丑寅日本の王たる安日彦王及び長髄彦王との二靈たるを覚りて、その罪障にあるを悔奉り、翌日より賴朝、悪夢より脱せり。

依て、賴朝、永代にこの罪障を鎭むため、坂東の和田郷に住むる平義盛を遣して雲慶佛師に安日彦王、長髄彦王の面像を作りたり。依て、靈を祀る東日流安東氏の秘なる聖地、石塔山に奉持して納むれば、源氏の武運ぞ隆勢せりと曰ふも、その信心を欠くる故に、源氏は骨肉相喰むが如くして、子孫は絶えたり。抑々、賴朝、平泉に二十五萬を以て血塗らしめ、奥州よりその財を奪得し、鎌倉に武家政治の国家掌握せしは、鎭めたる恨靈も起きにして、報復に再襲せしものなり。

和田義盛、常にして忠言せども、賴朝、聞入るなし。然るに、朝なる馬駆にて落馬せし打身がもとにて賴朝死してより、賴朝の子孫、北條氏の計に依りて、將軍となりし者は暗殺され、幕政掌握せしは、北條一族に執權されたり。時に、侍所別當にありき和田義盛が、一族を挙し幕府問注所を攻め、北條氏を攻めたるも、親族なる三浦一族の裏切にて敗れて、建保元年五月、一族は討死せしも、義盛が三男朝夷三郎義盛、獨り千葉の君津沖に、父、義盛の遺骸と倶に磯舟に漂ふを、東日流安東船に救はれたり。

朝夷三郎、飽田河辺郡に知行を與へられ、一族をかしこより集め和田郷を築き、土崎安東氏の袖下に安住せり。石塔山の賴朝が奉納せる神面は、今も尚ぞ遺りける。亦、石塔山を今に子孫をして鎭護せしは、和田氏なり。此の社の祭事一切をして、他に及ぼすなく、秘に行ざるなり。

寛永二年五月一日   和田長三郎

日本国之王統

吾が日本国は、今をして蝦夷と稱され、倭人と異なりき相違の白眼に置るると雖ども、古代をして日本国を創り給ふは、一系にして阿毎氏より安倍氏、安東氏、そして秋田氏と相成りて現に至るなり。その系譜定かにして何事の断継や、その累血を失ふことのなかりけるなり。もとより倭国は吾等が国と異にせる南藩系に属せる移着侵領の主に依りて、国造りし者なり。依て、移り来し異土の家造り、神殿、亦王居みなながら異藩の様を今に遺せり。

武威を好み、侵領の地民を奴隷とし、以て人の位差に、神の一系に人脈を造り、信仰を一統せしめ、神話を作り、民の自在を制へ、神話を以て渇仰を誘し、征々に戦略の民を国賊とて作因なし、民を武に從軍を志誘し、その生命を下敷き東征来たりしは、倭国の古来の末路に企てし、日本侵略に伏したる眞実史なりき。依て、倭史に順ぜざるは僞物、僞傳に国史の眞実を欠き、倭国の讃美のまま今に至り、日本国號までも奪取せるは、吾ら眞の故日本国民にして、やるかたもなかりける忿怒なり。

吾が国は蝦夷とぞさげすまるまま、未来に是を默せば、あくまで吾等は蝦夷として、祖をいやしく歴史の不動に封ざれむなり。依て、その兆を防ぐが故に、丑寅は反くべく鬼門の民とて、常に、皇居に於ては征夷大將軍の官位を、国を政握せる者に賜り来たり。

征夷とは何んぞや、丑寅日本の蜂起せる民を討つべく、不断の官位なり。古来、東北に向上せるを制ふる故に、反きとて作事挑發なして、討伐せしは東北侵略なる因原なり。依て、茲に眞実一統の歴史を永世に保たざれば、吾等、丑寅日本の一つの眞実ぞ、久遠にして、倭の作説になる国史の監獄に封ざれむ。

誠にして成るべきは歴史にて、善道にある導者を牢に封ぜるは、神の平等なる惠光の天秤を狂はせる背光向光に閉じる行爲にして、必ずや神の報復にあらんを覚るべし。

寛政二年十月一日   秋田仙北住 物部美作

陸奥羽石神

石神を以て神の金剛神通力を身心に授けにし信仰を、アラハバキ三導師のイタコ、オシラ、ゴミソの道師あり。三師各々、靈師、祈祷師、卜師にして、その神事に異なりぬ。イタコとは地住にして、津軽外三郡、宇曽利にその聖地あり。

オシラにして、津軽内三郡、糠部、閉伊より田村郡に分布せり。ゴミソにして、多きは羽黑三山信仰、白神神信仰にありて、陸羽に擴く分布せるは、今に絶えざるなり。

もとより是ぞ、アラハバキイシカホノリガコカムイなる天地水の靈力を感得せし行者にて成れる後代のものにして、今にしてそれぞ佛法に相混じ、神佛混合を以て成らしめたる役小角仙人の遺教なる多し。

役小角とは倭人にして、耶靡堆葛城上郡茅原の住人にして、仙境に神通力を求めたる奇人なるも、彼に依りて感得されし金剛藏王權現、法喜大菩薩、金剛不壊摩訶如来など、從来佛法に存在非らざるものなり。依て、役小角伊豆に流罪と相成りて、永の牢獄の中に配されきも、大寶辛丑年赦されたるも、役小角、その成道を支那に求め肥前平戸より渡らんと船出せるも、玄界灘に暴風起りて漂流し若狹に至りて漂着し、意を攺め、その成道を奥州東日流に求めて陸羽の各處にぞ巡教せり。

役小角終焉の地ぞ、中山石塔山に墓地あり。今にして信仰にあり、神変大菩薩とて諸国にぞ祀らる多し。然るに、金剛不壊摩訶如来の存せるは石塔山耳也。

寛政二年七月十日   大光院惠光

大正元年再筆   和田末吉 印

 

制作:F_kikaku