北鑑 第十巻

序意

此の書は、諸国巡脚を以て地の古老に聞きて古事来歴を綴りたる記逑なり。依て、倭史に欠くる史談多く存在せるとも眞実の史談を求めての集史なれば、徒らにして是を疑惑を私にして疑を除くべからず。能く史證に究して讀得すべきなり。

要するに、丑寅日本史の根元は倭書に得る事難ければ、我等遺跡巡見の記逑労々も亦後世に報はれむを以て、如件。

寛政三年正月   秋田孝季

(注)朱書なり。

史原之山靼

古来より倭人交はりなき山靼をして、吾が東北なる丑寅日本国に於てその得ること多様なり。山を西に紅毛人の山靼国ありて、是をオリエントの国と曰ふなり。

抑々、吾が丑寅日本国の人祖をして山靼に故をなせる大事あり。知らず今にして傳統にあるべく諸事の風習にその実を遺せり。人の智的分布の渡りは山靼をして丑寅日本之故事を得る事難く難く、一日の行事萬端にして施労の様々に遺るを、言葉に、信仰に、亦その暮しになる諸事にこそ古代の遺る残映ありき。

先は馬を飼ふる人々の名付けたる一切の言葉の基は、山靼にして唄も亦然る處なり。世の移り、年越ゆこと千年、二千年の古事に過ぐるとも、吾が祖累の血脈は、子孫生命を今に継がしめ来りぬ。南北に日本之国は天の候に異り、その住地にて生々風土に適生し、衣食住の差異にあれども、信仰に於ては、その異りに欠くるなし。吾等丑寅日本に在りては、古事にして歴史の深々無量なり。

その故事を求めにして、茲に老中田沼殿の公用を以て山靼を旅に記逑を得たるは、甚々にして史證に光明を得たれり。

渡島を流鬼に渡り、黑龍水戸の海峽を渡りては、遠々たる陸にて續くる幾萬里の大陸なり。即ち山靼なり。蛟を避て黑龍江を逆漕ぐる舟族のウデゲ族の案内にて、チタにたどり、人ぞ住まざる地名に、吾が故地の名にある地稱にありけるに驚きぬ。

古事にしてアルタイの騎馬民至る民族の往来ぞ、易く叶ふは陸に續くる故なり。今は明国なれども、此の地に住むるモンゴル族は、元国を起したる大史に遺るあり。その遺風ぞ、馬飼に、またアルタイ騎馬術、諸族の集まれるクリルタイありて、その契を結ぶるさま、時代を越えにして今に尚遺れり。

ブルハンとてブリヤート族の神あり。水神にして亦、龍神なり。バイカルの湖水を神體と奉り、東にヤブロノイ山、西にサヤン山、北にヤクート族の国をして、倶にブルハン神を拝しぬ。西南に天山なるイシク湖にたどりて、西王母の故事傳説を地老キルギス族に聞く。カザック族なる国は、アラル内海、裏海をして黑海に古事シキタイの歴史あり。ギリシア神、ヘラクレス神を祖先と崇むる国なり。ヘレスホントス海峽をエーゲ海に船を抜くるや、此の海に岸を波打たむ国々あり。

トラキア、リュデイア、イオニア、マケドニア、テッサリア、ペロポネソスありて、その古戦場に物語多し。サラミス戦、ブラタイア戦、マラトン戦、テルモピュライ戦、ヒサリック戦、ノテイオン戦、アルキノサイ戦、キュノセマ戦、アイゴスポモタイ戦、戦跡ありきも、求むるはギリシアなるオリンポスの山及びアテネなる神殿、エジプトなる石神神殿にて、その旅人なる路程ぞ、シュメール国のチグリス及びユーフラテス沿岸なる廢都なり。それなるをジグラットと稱し、今にして風砂の埋む往古の跡なり。

世に農耕を遺し、文字を遺し、住むマデフーを遺し、遠く吾が国に至るアラハバキ神の国なり。国神とてギルガメシュ王の感得になる神にて、旅に半年の歳月に及べり。今にして古代なるは移り、古代シュメールの遺風ぞペルシア、トルコ、ギリシア、エジプト、ローマに至る古代オリエントの祖縁に遺しける耳にて、六千年の古事ぞ瀝青の丘に望むるも代々のおぞましく、歸路を天竺、支那の西域を巡りて歸郷の途に巡誌の帳を書留たり。

寛政七年   秋田孝季

萬世クリルタイ

如何なる小數にあるとも、山靼に於てクリルタイの参議を以て、民族相互なる交りあり。賊に侵害あらば、是を地の果までに探討の契ありぬ。渡島之住民ぞクリル族に属しければ、流鬼、千島に分住者皆一族の契をなせり。アムール大河を對岸にして南北の住民相集ふるもクリルタイと曰ふなり。

太古にして、毎年夏に集ふるクリルタイの祭りに興ぜるは、唄、踊、神祈及び占をして七日七夜を、ウスリヘイロンカルケンシルカセレンゲバイカルセレゲコツンザイザンバルハシインタの各所、遠くひだつれば事情にて行かざるも、その議に定まるを各處なるクリルタイに報ざらるなり。渡島民族にては、アムールクリルタイに参上せり。集ふ民族、コリヤーク族、ヤクート族、オロチョン族、ウデゲ族、クリル族なり。持寄なる市ありて物交し、祭期のうちにて他族との縁婚もありけるに、語に通ぜるはクリール、モンゴル語ぞ多し。

寛政三年十月廿日   エカシオテマ

ムハンマドの事

イスラムの教祖たるマホメットをムハンマドと稱す。彼の預言に一神教たるイスラムを説き、アラビアに廣く流布されたり。

メッカにカーバ神殿の三百六十躯の神像を壊し、此の地を聖地とし、彼の説ける聖典コーランに綴らる大要は、眞理がきたり虚僞は亡びぬと宣し、アッラーは一神にして他非らざるなりと曰ふ。

寛政三年七月一日   和田長三郎

荒覇吐神抄

陽は落ぬる夜の大空、宇宙を走る天の川、秋夏冬春にめぐる星座の十二連、北斗の卍にめぐる宇宙の軸星、蒼き昴の光り、壮大なる宇宙の相、古来より求めてやまざるは神秘の宇宙たり。

西山靼の古代シュメールの人々は、究むる日輪の軌道に、黄道と赤道に年二回の接点に立秋、立春、と太陽暦を覚り、一年を十二星座に年の運行を覚りたるは古代シュメール民族なり。初代王ギルガメシュ王が、宇宙に天駆る獅子座を天なる神イシカと號け、宇宙の陰陽にめぐる光りと熱と冷暗は、母なる大地の胎に萬物の生命を水を以て蘇生なさしめ、人の誕生しけるを、アラ、ハバキ即ち父母神とて感得し、その神の子なるルガル神ぞ人の生命を司る神とて、信仰の基を創れり。言語を末代に遺すがために、土版に押印せる語り文字をして、子孫への導きとせる学道の創むる国、また農耕を創むる国たり。

即ち、我等が祖なる古人は未に狩猟、漁撈にありき六千年前の事なり。人に信仰なくただ日々の糧に耳喜憂し、狩猟に窮せば餓死ある耳たり。

アラハバキ神とは、天を父とし、大地を母として、水を父母なる賜命の寶とせり。かくも古けき信仰をば授け入れきは、丑寅日本国なる祖人なり。天なるイシカ、地なるホノリ、水なるガコを以て全能なる神とせり。

抑々吾国は、西に倭国ありて、西南に熊襲住み、東北に蝦夷の住むる永代の賊あり、是を討てしやまむと先住の民を人とて交りを欠き、ただ殺伐の侵領に血命をさらし、自讃他暴なる討伐の他、人の道人の命を軽んずるの他、ただ侵略を以て略奪せる西山靼の古事にも似たる征者にて倭国は成れり。

ときに吾等が丑寅日本国にては、北に開化の道あり、安住の地ありとて、永く氷雪の神に護られき。人との睦大事とし、人の生々に神は平等なり。神をして人の上に人を造らず、亦、人の下に人を造り給ふなし、とてこれを掟として今に授継がるなり。

山靼に世襲の智覚を求め、その智者達の歸化に習ふる西山靼の古代信仰は、かくして渡りきぬ。

寛政三年八月一日 マツオマナイエカシ口説 オショロケン

黑龍之流氷

渡島の北方に流鬼国より流れ寄れる流氷あり。是を倶に渡り来る尾白鷲、白狐、白䲷あり、氷底に群ぐ魚ありて、古代より白神として、エカシは海浜にイチャルベを設けぬ。これなるヌササンにイナウを献げ給ふて、ウンジャミを行じ、一年の運勢を祈り、神贄に𩹷を供へ奉り、カムイノミを焚けり。オテナ、海氷の呼鳴を聞きて此の一年を神告とす。尾白鷲、白狐、白䲷、白鳥を神なる使者として供餌を施しぬ。女人の唄ばやしになる意味にては、天然の出来事にして即稀なり。是を行じたる後にては、海開の氷ぞ、海流にぞ去りなん。

寛政五年四月   秋田孝季

解紅毛人智覚

ギルガメシュ王なる神の聖典に曰はしむる世の創は、時なく唯暗黑と冷に、何事の物質もこれなく、暗と暗との重なりなる一点に、一光の無限界に、光誕密度を起爆せる大炎熱魂起りぬ。これを名付けてアラと曰ふ神ぞ、宇宙に誕生せる光熱の一瞬なり。

光熱あまねく宇宙の暗を固め、ヘイデイーズに無爲より有爲の動化を以て、宇宙に百千萬億の星界を創りぬ。その量質にては、空間の宇宙を暗なる重力にて、その暗を抜き星々を造りたりと曰う。

宇宙は果しなく暗黑に連なり、その暗黑に光あたふれば、恒星、惑星、の他、宇宙塵より尚、星の誕生ありて相満たり。星闇を結びて星座を號し、神々の相を想應し、神星のもとに生るるをジョウブと曰いり。

古代シュメールに創りたる天文の学より、ギリシアに至りて傳ふる天文の智覚にては、更に多様なる傳説、神話、ぞ世に遺りぬ。宇宙に太陽主神とせるもの、亦、北斗の星座、及び昴の如き星々の神に譬喩せるものぞ、神話に満たり。

寛政三年五月三日   秋田孝季

荒覇吐神抄

 古来より人の暮しに、信仰を以て安らぐは、今に於てぞ尚續くるさまなり。丑寅に日本国たる国造り起り、その一統に治め得たるは、信仰に依りて成りたる多し。人心は常にして富、満れば權握を更に欲し、貧しければ、横暴に乱る。故にその心を鎭むるは信仰なり。古来より荒覇吐神なる信仰に於ては、神への誓あり。

是の如き十二條を以て、不断の心得とせり。然るにや、佛道、倭神の入りてより、旧来なる神司にあるイタコ、オシラ、ゴミソの神行にその障りありて徒らに迷信の及ぶあり。

寛政三年六月廿日   秋田孝季

轉流攺新

流轉の世は人智のままに信仰とて崇拝の攺新に至るべく時の至るるを想ふべし。吾が国は、古来、傳統の祖拝になる信仰を世襲の權握に制せらるまま、荒覇吐神は客神、門神、客大明神、門客神、などに本宮をいだされ、社遇の一端に押さるあり。また門の左右にぞ祠らるあり。

くしくも、未だ本宮に鎭せる社處ぞ在りけるも、荒覇吐神なる本旨の元来なるを知るべくもなし。社殿、佛寺、の人の盡くせる壮嚴なる境内にかまふる金銭を先とせる信仰に説かれるまゝに、己れの散財を以て求道に専念せるは、誠に以て神佛への求道たるや、否、疑しきものなり。

人心に密むる見榮、慾、に人師論師のたくみなる説法あらば、智愚の衆、身心にその護持を得んと欲す。神社、佛閣の壮大にその權を不動とせるは、信仰に何事の益ありや、衆は智に及びては、貧草生ゆる廢處とならむなり。佛説、神話、にある總ては、後作ぞ多く、祖師の想はざる處なり。

信仰は衆を平等に攝取せざるものなれば、求道の誠に何事の益や非らざるなり。

寛政三年五月一日   秋田孝季

衣川偲史

平良將胆澤在国府四衆爲鉾起制茲築衣川櫻川落合柵関防人之指揮固健護時元慶辛丑年六月廿日是爲落慶良將父君高望王之三男其幕下地方豪族四丑左玄太岩耶直胤磐井貞光金永寿猿澤景時等自奥州日本將軍安倍国東之依許駐此地時安倍国東在磐城矢吹舘遠本舘黑澤尻平良將招自領倭朝交国益以常地豪者配倭官之四辺其一切挙動隱密依良將其任仁和戊申年二期果重任歸坂東武藏石井郷延長甲申年再度胆澤任官受朝命是不赴事叶無詮赴多賀城是即日本將軍安倍国東故許諾不爲也時奥州之世襲駐徒税貢之沙汰皇化防人兆羽州是從其倭官人遂飽田檜山郷駐領由茲安倍国東自磐城歸衣川大舘火内仙北中山厨川紫羽稗貫和賀江刺胆澤衣川磐井薄衣黄海鳴瀬配家臣各々築柵是爲日本十三驛域此域在倭人追放自渡島大勢地民募入警護加之主城爲衣川即衣川柵創也。

天永庚寅歳年日   物部兼長

衣川築柵縄張

衣川本舘は衣川落合双股に本陣せり。柵八重にして空濠、水濠、方四面に三重となし、その犬走り十間各々間を隔つぬ。一面六丁の外四方にして、逆茂木、逆杭を施し健固たり。四方に見告あり、高陣場、束稲山、舞澤台、長坂台に築き、関柵を太田川、磐井川に二重張りぬ。本城に道を迷路に施し、その支城八方に築きぬ。衣川落合柵、櫻川舟場、佛頂山高舘、束稲坂、磐井川口、松川口、西磐井川口、黄海川口らを楯垣としその布陣密にして探り難し。

安倍一族の軍策とてその域を廣きたるも、味方に戦殉あるべからじとぞ、攻退く両得なる計に依れるものなり。

日本將軍安倍国東が創むる城策縄張りぞ、山靼なる武術より地形、地物を以て要害とせり。犬を飼ふは各戸にて、馬を各戸に二頭を乃至十頭を飼ふは一族の各戸事情に割當されたり。

箭工師、藥師、口輪師、鞍造、鍛治師、弓張師、飲炊造、杣夫及び大工、各々古来よりの技ありて配せりと曰ふ。

天和壬戌年月日  衣川邑之住 小野寺与吉

日本將軍安倍安国

大祖耶靡堆国蘇我郷安日彦王、舍弟胆駒郷白谷長髄彦王を以て流胤とす。亦、大根子彦王の系、安倍大毘古之胤安倍継人を累血し、奥州日和田に君座を置きける後、坂東武藏に移り江戸金井に住みて坂東八州を治領す。依て、彼の名を坂東国治、亦武藏安国、更に通稱されしは日本將軍日高見王とも稱されぬ。自からは丑寅安国と稱し、亦は越王安国とも稱したり。即ち安国の遠祖は、阿毎氏と稱し耶靡堆に移り犀川の三輪山を神とせる故に、明日香山を三輪と攺めその地の磯城及び蘇我、箸香を握領し、その子孫にして、倭の葛城氏、巨勢氏、和珥氏、平群氏、天皇氏、紀氏らなる地豪の一に入りて、安日彦王の北落に從はざる一系に於ては蘇我氏とて遺りぬ。

安国は丑寅を日本国と祖稱せるその堺を、坂東の天龍川より諏訪を中境とし、糸魚川に至る以北を日高見の境とて、その実勢を挙げたり。ときに、二股落合に藁科稲城を築き是を安倍川舘とて君座しける。更に日本奥舘とて築きしは衣川にして、是を日高見川舘とて往来す。安国に子々多ければ、その孫々今にして坂東及び越、濃、遠、各州に遺りぬ。福田氏、豊田氏、磐田氏、木田氏、水窪氏、新野氏、秋葉氏、平岡氏、松川氏、生田氏、喬木氏、川路氏、中川氏、飯島氏、宮田氏、池田氏、豊科氏、大町氏、小谷氏、八坂氏らをして直系の子孫と曰ふなり。

国を擴めたる安国の世は実に遠き世の古きにあり、今は語部の言に曰はしむる便りに他ならず、凡そ支那年号にして泰始庚戌年なりと曰ふ。

安永甲午年月日   稲葉忠祐

安倍六郎之事

通稱北浦六郎が事なり。日本將軍安倍賴良之六男、幼名石尊丸、成人して仙北生保内に叔父良照が築きし生保内城を後継す。六郎、十六歳のみぎり山靼に渡り、本草の藥学を修得しその藥草を飽田生保内に採りて一族の病疫を救いたり。依て、地湧ける玉川なる湯泉に相加へける不老長寿之身體強健たる生保内仙草藥を感得せり。

その秘藥ぞ、鹿、熊、地生草に土蜂の適合せし丸藥にて、一粒を以て萬病を退散せし効能あり、生保内城はその製藥に多忙たり。人は是を萬能丸と稱し、生命を保つ秘藥とて、その製法を密とし、亦是に用ゆべく採草の類を秘とせり。今に傳ふるはなけれども、是を秘傳とせるは糠部にありと曰ふ風聞あり。

寛政三年十月二日   秋田孝季

鳶尾之琴

太古の話傳なり。仙北生保内之郷になりませる山神あり、常に山の峰に住在し、峰を渡りて琴を彈きける神にして、この音を聞ける者は、百歳餘の命脈を保つと曰ふ。依て、この地を生保内と號けたりと曰ふ。即ち、生は生命にして保は長寿の意にて、内とは地の様なり。是れ即ち生命を保つ澤と曰ふ意なり。此の神能く唄を好みて、郷に降りその地に聲よしき老若男女を問はず、山峯の己が住殿に神隱しとして連れ来り、鳶尾の琴を造らしめ、神唄を傳へけむ。

然るに、神なる住殿に一日を宿ると思いきは、十年の歳月にして、郷に歸り来ては、己が知るべの者は白髪の老人たり。然れども己れ耳は神隱時のままなる若きにありて、郷人これを仙人と稱したり。

駒岳の雪解に残る山湲の雪ぞ、この琴彈きの神姿顯ると曰ふも、旧月十三月なるうる年耳なりと曰ふ。此の神の名は荒羽吐神にて、鳶尾之琴神と稱し、藝の神にて、諸国藝人能く生保内に参詣せる人ぞ多し。

寛政三年七月三日   秋田孝季

大山神之事

陸州五葉山に天降れる唐舟に飛来せし大山神あり。仙人峠を経にして、早池峯山、姫神山、七時雨山、中岳、十和田湖より櫛峰山、東日流石塔山、大倉山、四瀧山を越えにして、飛龍より海を越え、渡島なる大千軒岳より遊樂部岳を経て狩場山より海を越えにして、山靼に飛行せる神々、凡そ十二柱なりと曰ふ。

この飛行になる在山山峯にては南東より西北に一線なり。太古なる石神ぞ、この線に添ふて巨なる石神を遺しこれを荒覇吐天道と稱せり。この天道下にある石神に石門、續石、笠石、石塔ら數々に存在し、古来安倍一族の信仰を得たり。

今にして尚、地民の信仰ありて盛んなりきも、古来なる信仰の由を知る可くもなく、ただ奇巖の程にぞ見かしむれど、安倍一族の秘に解く鍵ありき。

寛政三年八月一日   秋田老輔

陸羽山神之事

丑寅日本国蝦夷と永きに渡り、倭の制政に下敷きたり。日本国とは丑寅にして創むる国號なり。太古より倭国とは歴史の上にあり、荒覇吐神を以て往古に通じ、その傳統に累代せるを日之本將軍と曰ふ。是を謀企諸策に依りて堕しめたるは、倭国輩なり。何故以て倭国は日本国なりや。日本国は丑寅の国土を以て爲れる往古正傳の史実なるを覚つべし。

古来より荒覇吐神は山神にして、是を白山神、白神山、白山の多様に呼稱されて、民心の信仰を今に得たるるなり。

かしこまって曰さく。抑々大山神と曰せるは、山に求むる幾幸の天惠なり。大山祇神とはわだつみの神を曰す言葉にて山海の幸を暮しに求むるが故の祈願にして、山海は一如の如くして崇拝を今に遺せり。依て、山神呼稱は古より荒吐神に相通ぜるものなり。

陸羽をして神山とせるはその數に多くして、西王母、東王父を以て白山神とし、支那の大白山、朝鮮の白頭山、太白山の信仰より加賀の三輪山、白山を経にして、その峯を連らね耶馬台、即ち耶靡堆の大三輪山の信仰ぞ今に至りたり。

抑々、山神とは山海を以て聖處とし、その神を山海にして人手に依れる神像を造らず、天然にあるそのままなる山海の景勝を神と奉るは、正しける信仰なりと覚つべし。

丑寅日本は山海に神處を設し、神祈の祭りを昔乍らに今に遺せる多きは、さながら山は宇宙に海は人の海道、とて異土の進みたる諸行におくれまずとぞ求めてやまざるの證なり。丑寅日本に山靼より得たる暮しの技にありきものは、海に漁撈、山に狩猟耳ならず、進みて金銀銅鉄の採鑛、船工の造技、海航のしるべを得たるは、古代よりの遺修なりと曰ふ。

大山神、大山祇神とは、常にして人の暮しにぞ深くまた高くかかはり来たるなり。

寛政三年十月廿日   秋田孝季

山靼蒙古国抄

第一

〽我らチンギスハンの子孫 母なる川のほとりに
 暮らす者なり あゝナーダム

〽神はクリルタイの集い 父なる空のあけくれ
 草追い駆る あゝナーダム

蒙古の唄に聞ける。右、即ち国を起したるチンギスハンの名ありぬ。

西なる紅毛国にては、此の仁をプレスタージョンと曰いり。即ちオリエントの聖キリスト教なる東方の救世主とぞ風説を信じたるも、その救世主たる東方の主ぞ、一変して修羅の侵魔とて西山靼を犯かせり。先づ以て、シリア南西部を攻め入りぬ。更にホラズム、エルサレム、カイロ、に至る蒙古軍十萬騎なり。ホラズム王国ぞブハラにして、ウズベキスタンに在り、イシラム教徒なる都なり。是を三日にして落しむ。次に進軍せしはオロシアにして先づ以て、ポーランドなるレグニツアに攻め入りぬ。依て、これなる蒙古軍をプレスタージョンならぬ、悪魔の使者なるタルタロス軍と稱せり。

蒙古軍はハンガリーに攻め入り、時にカルピニと曰ふ紅毛人の手配に依りて、タルタロスとは蒙古軍なるを始めて世に知らしめたり。また蒙古に於てキリスト教なるネストリウス派なる信仰ぞ存在せり。その教国なるは、イランなりと曰ふ。

支那なるオロンスムのオングート族は多くの信徒ありと曰ふ。オングート族の地になるはケレイト族、ナイマン族、なりとも曰ふ。そして、その国には紙漉があり、ブルハン神法典を造りたる初の創造、及び古代シュメールなるアラハバキ法典も世に遺したり。

蒙古を崩したるは、エジプトなるマムルーク王にして、ニコロ及びマルコポーロなる紅毛人の手記に依りけるは、モンゴル大都を記し、また丑寅日本国の記逑ぞ、今に遺りぬ。

蒙古国を語るは、チンギスハンを知らでは、わが丑寅日本国なる山靼の太古永代なるかかはりも知るべき方便もなかりける。チンギスハン、世に誕生しけるこそ、元国起り、大都の古事を知るを得んや。本巻は蒙古なる古老に聞けるを記し、次の如くなり。

抑々、チンギスハンの世に出で蒙古を国創るは、民族の種を制ふなく、また信仰各々自在たり。民族をして能く睦み、チンギスハンの西討ぞ始まりぬ。先づ以て、サマルカンドを五日にして落城せしめ、更に重臣なるヤリツアハイの軍謀たくみにして、民軍を幼に體得せしむるは、古来、蒙古民の不断に備はる騎馬兵術ナーダムの習なり。チンギスハンなる記逑の書は、集史に遺りきも、国の誕生は神話に始るも、史代にては定かなる多し。

蒙古の古き創にては、その四辺にタイチウト国、ケレイト国、タタル国、金国、に挾まる小国にして、蒙古族はスキタイ族らと合はせて、タイチウト及びケレイトを討伐し、更にタタル国の征討を果しぬ。

蒙古族はフフノールに集い、ここに餘言者ココチュテプテングリが神懸り、チンギスハンを国王となるべきを告げたり。茲に五族、語りなして、九十五人の將士を定めたるチンギスハンは、各々千人を一大隊とて、その軍團を隊列せり。依て、金国征討を果したるは、スキタイ族を護衛たる北方の防衛ぞ叶はざる故なり。金国はもろくも崩れ野狐嶺居庸関を破り、中都に迫りぬ。やがて紫荊関を落し、金国を降せり。

蒙古軍の兵糧、ホルツと曰ふ。チンギスハンは常にしてクリルタイの集いをなして、民族一統の和を結したり。依て、更に西山靼を遠征に兵挙し、先づ以てホラズム王国を攻め、軍を二手に、一隊はサマルカンドを攻落し、一隊はイスラムのカラン寺院を攻め降し、その軍制に降しぬ。

何處にありても、チンギスハンは臣下にナーダムの祭りをして身心を慰やしめ、信仰もまた学に長じたる長春眞人らを招きて、道教の奥義をも修めたり。

更に、蒙古軍は西夏を攻め、その陣中にてチンギスハン、六十五歳にして葬ぜり。然るに、その三日後、西夏は降りぬ。チンギスハンの遺骸はブルハン岳の平原に一石の墓標も印せず密葬さるまま今にして知ること能はざるなり。蒙古のオルドスに今に遺れる成吉思汗廟にその靈を今に祠らるなり。

チンギスハンを継ぐるはオコテイハンにして、西山靼への進撃ぞ、尚とどまらず、シュメールを不可侵として、オロシヤ攻むる備を汀京に都して勢を爲さんと志し、金国を總に降しべく算段以て、三方より攻め、遂に降しける。依て、カラコロムに軍を集め、この地は今に遺れるエルエネ寺の處地なりと曰ふ。今はラマ教なり。

尋ねて、今に往時を愢ぶは馬乳酒を呑み、兵糧ボルツを、今に主食の傳統とせるに覚ゆなり。カラコロムより蒙古軍、四軍に進軍し、その一隊にあるは満達、朝鮮、第二隊は南嶺、第三隊にてはペルシア、第四隊ぞ最強軍にしてオロシアに、各々進軍せり。まさに、世界史に初なる大討伐行なりき。

寛政三年二月七日   秋田孝季

山靼蒙古国抄 第二

擴大なる山靼大平原、流砂の擴漠、千古に冠土せし黄土の大高原にや、カナートを掘りて住家となせる民の多類になる古来の傳統や、わが丑寅日本国をくらぶるに、及ばざる擴大域なり。太古にヘラクレスを祖神とせるスキタイの騎馬民、アルタイの大平原を駆くるに起ゆる蒙古軍のいさをしを、吾等尋史の筆を震はせむなり。世にまれなる草原誕生の王テムジン、成人にしてチンギスハーン、その二世なるオコテイハンになる西山靼の遠征ぞまた萬丈たり。

先逑の如く、是の書は地の古老に聞き書せる史書なれば、記逑前後重復せるありきも、能く念頭にして讀み得べきを、茲に申置きて、第二篇に筆を参らせるものなり。

されば、第四軍にして四大將軍のもと蒙古軍の遠征に史抄せん。蒙古軍のオロシア進軍にては、タタールスタンのカサンを突いたり。此の地にして蒙古の治領三百年に及び、その遺跡とてフルカルのイスラム寺院、今に遺りぬ。ボルガ河なる肥たる豊収の地なれば、今にして蒙古族の居住、子孫遺りぬ。今尚、その代を愢ぶ古墓石あり。

地民と相混じて、タタール族とて衆を今に遺しぬ。風俗また蒙古の如く、馬乳酒を造酒せるありぬ。タタール民はカザン及びアストラハン更にはクリミアに至りて住めり。

蒙古軍はルーシに入り、此の地に榮ふるは、ウラジミール及びキエフにて、ブルガルより一挙にモスクワに攻め入りけるも、難なるはなく、蒙古に依れる軍制二百年に及び、その明細なるは、イフラシーニア年代記に明白なり。

スリトクと稱す銀塊を税とせるを、オロシア民より得たり。蒙古にては正貨幣をパイザと曰ふ銀版に造り、更に円牌など金銀を用ゆ。征道と曰ふジャクチはこれなる征下の大地を主道とせり。その要に當るはカラロムなり。オコテイハンの居宮を萬安宮と稱したり。大ハーンは更にキエフに進軍せる蒙古軍、難なく落としたり。

然るに、オロシアのイワン一世ぞモスクワに起り、クレムリンを城塞とし、蒙古打討の暗策を密策し、表は蒙古を讃へ、内には報復を高鳴らせり。

然るに、五代フビライハーン王代に元とせる大蒙古軍の勢は、吾が丑寅日本及び倭国を侵領に企てたりしも、この頃にしてマルコポーロ揚州にあり、吾が丑寅なる安東船との通商あり、その不可侵を約されきも、倭国は元国さへも、その立国を知らず、韓人三別抄なる者、都度に大宰府に通達せしも、朝幕、是を伏しけるに、遂にして元船の来襲を招きける。然し乍ら、丑寅日本をば、流鬼国に至るるも、マルコポーロが元王フビライハーンに、その不可侵を奏上し、その交易を赦せり。

折にありける奥州の凶作に、流鬼国より兵糧を賜り、安東一族はフビライハーン及びマルコポーロを寺社に像を造りて、救世主と崇拝せり。今に遺れき陸羽の寺社に隱拝さるるはこの故なり。

寛政三年二月八日   秋田孝季

山靼蒙古国抄 第三、

フビライハーンの遠征に始まるは、南宋の大理王国なり。この攻戦は一矢も放たれるなく落領せしめたり。ときにフビライハーンはドロンノールに都を築き、是れを上都と曰ふ。今にして、その跡なる大安閣跡あり。その築垣ぞ遺りぬ。

フビライに王位継受に爭ふアリクブケあり、にはかにクリルタイを以て王位を得たりきも、茲にアリクブケとの爭いぞ、フビライに抜かれ、茲に元国を以て国號とせり。依て、カラコロムより上都に居宮し、雲南採鑛せし銀を以て、王政を能く保てり。

然るに、南宋を攻略せでは何事にも、目上のこぶにして、遂に南宋討伐の兵を挙げ襄陽に達し、揚子江を渡り臨安に迫りぬ。長期の圍みに南宋は降りぬ。されば、フビライハーン、国書を六回に及び高麗を経て、倭国に通達せしむは、国交の興隆なるも、倭朝、是に即答せざれば、遂に文永の役ぞ以て襲来す。

然るにや季風に浪高く、引いて臨安、泉州、廣州らを以て海運湊を開きぬ。依て元の世界通商ぞ利益し、茲に海道を以て盛んならしめ、陸中に於ては運河を通ぜしめ大益を果したり。

然るにや、流鬼国までも兵を派遣し、亦倭国への再度なる出兵、南藩への出兵は蒙古軍にして海路と軍船に指揮は、おもはくを外れ都度に敗退し、自らに於て飢餓の暴挙に国乱れ、遂に大蒙古崩壊に命運を草原に却らしめたり。

吾が丑寅日本国に於て、かかる大蒙古王の救済に、今に以て、マルコポーロ、チンギスハーンをして、寺社に祀りきは、倭史と異を隔つ耳ならず、敵意のなかるべきを知るべし。以上を以て、山靼蒙古国抄如件。

寛政三年二月九日   秋田孝季

安東船之事

康平五年、日本將軍厨川太夫安倍貞任、厨川に自刃す。遺言に依り、高畑越中忠継、貞任二子高星を、東日流平川郡十三湊に庇護、落着せしむ。

高星丸に從ふ將士一千人、遁道を三手に分けにして、康平六年癸卯五月六日、東日流十三湊に落着せり。先に安倍白鳥太夫則任が、十三湊白鳥舘を築きて、一族の危難に備へたれば、高星丸が主從を東日流平川郷藤崎の地に舘を築きて住はしむ。時に永保辛酉年なり。東日流は上磯三郡、下磯三郡に大区し、通稱是を外三郡、内三郡とも稱したり。

古来より東日流の大野原を安東浦と稱し、元なるは入江、深き内海たり。西に巖鬼山爆噴し、東に八甲田山、相互に大爆噴せしより、内海なる底、立起し、潮去りて今になる大里と相成りぬ。

古代より下磯なる稲架邑大根子に二千年なる稲作あり、三輪邑にも古田ありて、稲を耕作せしは、尚古き世の故事なりと曰ふ。

高星丸は長じて安東太郎と攺め、自領の拓田にいそしみ、臣を併せ、この新田を大成し、やがては秋田、岩手に忍住せる旧臣を招き、十三湊よりの行来川を道として船場を築き、茲に藤崎旧舘を解壊し白鳥舘を築きぬ。城邸方六町にして平川、汗石川の流合を要害とし、掘割を内外に城邸八区に築き立棟百七十棟に及ぶ。領民皆城舍に住はせて、六十七部職を以て、旧来におとらざる安倍日本將軍とて、父貞任の後を継君せり。時に十三湊、舞涛湊、金井湊、吹浦湊に能く唐船来たりて地産の物交に来舶せり。依て安東一族をして、異土交易を求めて船造り、唐人の水先にて康和壬午年八月、近くは山靼往来、遠くは支那揚州に至る潮洛を航したり。即ち安東船の誕生なり。

海産物をマツオマナイに渡島を往来し、その荷を山靼、韓国、唐土に往来して商易せる益ぞ大なりて、世に北都十三湊を知らしめたり。抑々十三湊は入江、波淨かにして築堤の外ぞ、湊天然に備はる全国七湊の一に數へられたり。

渡島及び東日流宇曽利に至る倭政及ばざる故に税なく、一族は巨萬の富を得たり。急事に備へて水軍騎兵の武威も、山靼より歸化人を入れて習得せり。

然るに一族の掟とて武兆を起さず、唯海商にその益を得るに専念せり。渡島に多く移り、亦渡島より移り来たるも多ければ、安東船の造船六百に及べりと曰ふは、長治乙酉年の宇曽利日記に見ゆむなり。

寛政三年七月六日   田名部兵衛

西山靼古史抄

天山は西山靼との境にして、民族多種なり。商盛んにして多種民の故に爭闘また多し。神を信仰に於て戦起り、その廢處ぞ亦各處に荒残の跡あり。

古なる傳説多く、諸史の繪画、石刻あり。神をして裸像多きは女神なり、刻石やわき故に刻工に易きなり。文字を古事に遺せしは、シュメール国にして古し。凡そ六千年前より創り、今にしては荒漠たる風砂に埋りし故都をジグラトと曰ふ。

神なる信仰にてはアラ、ハバキにして、その總稱をルガル神とぞ崇拝せむ。此の国なる故事にして、ギルガメシュと曰ふ王あり。宇宙の黄道と赤道に添ふる十二星座を以て、神の法典を説きぬ。是を世にギルガメシュ叙事詩とて土版に記逑ありと、地の古老は曰ふなり。住民はチグリス川、ユウフラテス川の岸に農耕し、マデフーたる葦屋に住みける。川より水利を巡らせる農耕の古きは、古代オリエントの創国六千年前より初まりぬ。

この王国とて興亡ありきも、古代シュメールの先進なる開化は、エスライル、ペルシア、トルコ、ギリシア、エジプト、アルタイ、インド、ローマ、モンゴル、支那、そして吾が丑寅日本に至る、はるかなる信仰の布教ぞ至りぬ。

抑々、神殿の策工なる基、王墓築法はエジプト、更にははるかにパナマ地峽のマヤ族、アンデスなるインデオ族にも傳へられたり。シュメール文字よりギリシャ文字と相成りやがてローマ文字とて、今に遺るる基にあるは、古代シュメール土版文字に創まれるものなり。神々の神話になる、その基にオリエントの後代信仰に基せるは、シュメールが信仰になるギルガメシュ王叙事詩アラ、ハバキ神、ルガル神の根本より引用せる法典ぞ、キリスト教が用ふる旧約聖書ぞ、アブラハム神、エホバ神にまつはる物語りぞ、是を写せるものにて、ムハマドが用ゆ唯一の神アッラー、その創むる處はギラガメシュ叙事詩なり。

宇宙に拝む神々の星界、その星座をして暦を知れるも然り、人の智能になる今日を創りたるは、古代シュメールにぞ發祥地なりと覚つべし。まして吾が丑寅の古代神、荒覇吐神とてその直傳を今に蒙むらしめて信仰あり、また今に遺りぬ。  原書漢文

天明丁未年月日   田沼意次

東日流石塔山荒覇吐神由来

奥州東日流石塔山に古代神と祀らる石神をして、今に傳はるは、五千年前に創まれる地族ツボケ族が遺せし、天地水の神なり。

日輪を拝仰せる石門之神を御璽として祀る四方石、ハラハバキ神石、陽神石、陰神石、そして石塔高く築けく造れども、藩策寺社方に享保二年に三輪村の石神と石塔山石神の仆壊に依りて、その散石ぞ今に遺りぬ。

然るにや、石神なる信仰ぞ今に遺り、古来安東一族に庇護され来たるに依りて、その巨石信仰ぞ、本来なる崇拝を欠く事ぞなかりき。

寛政五年九月十九日   和田壱岐

陸羽鬼傳説

東日流岩木山麓に鬼澤村ありて、此の氏神たるや鬼神社と曰ふ。地民の信仰ぞ今に以て絶えざるは、諸説ありきも行来山物語に依りて書遺る傳説にては、今は昔、此の村をオツコ澤と稱し、若者は他の村々に借子としてやとはれ、村に残るは老人ばかりにて、主家を守りたる習しあり。田畑は岩木山の噴く灰に降られては、その作物枯るる。亦、稲田とて澤水絶えて、凶作常に村を貧しめたり。

或る日に、一人の大男、この村を訪れ、老人の憂ふるを聞きて、六尺の鍬を造り、三尺の大鎌を造りて、その荒地を拓し、畑に葫蒜を植え、田に水利の留池を造りて稲を耕作し、老人らを助けたり。この大男、村住みてより岩木の山ぞ、灰を噴ぜるなく、村は稔の秋を向いて富たり。

他處に出働きなる借子もなかりければ、村の長は彼の大男に村一番のきれょうよき嫁を與へんとて、大男なる住家を訪れたれば、大男の姿影もなく、大男の遺せし六尺の鍬と三尺の鎌耳遺り置きたり。依て、村人挙げて大男を鬼神と稱し、その住居跡に社を造りて祀れり。

爾来、此の村を鬼澤村と攺めこの遺物を神とて今に祀り、村榮いたり。

〽おらけア鬼だば 鉄棒はもたぬ
 田畑を拓す鍬鎌で 稲田は黄金の
 穂波ゆれ 畑のにによごア あやあぱに
 病は消やし 子だくさん
 ほら豊年だ 萬作だ

今は昔の事なれど、さなぶり唄に若衆の宵祭りに踊る幸せに満足し、節分なる豆まきの鬼の退散行事ぞ禁じたり。

寛政二年月日   鬼澤村住 佐吉

第二話

津軽及び秋田にては、大きくなるをおがると曰ふ言葉の出處ぞ、秋田なる男鹿の嶋と言ふなり。その由来を尋ぬれば、此の島なる北浦に、山丹より五人の鬼ぞ漂着し、猿川に地を掘り、黑油を湧しめて灯となし、舟を造りては舟に塗り、家を造りては屋根に塗り、長く朽るを留めたる便利を地民に教へたり。

この黑油にて、漁士は漁火に用い大漁し狼火にして海難を救いきに、海㭭なまはげ入道と稱したり。村人をして睦ましく、漁網の造方、釣針の造り方、刃物鍛ら傳授せしも、童等怖しとて泣逃ぐるに村人、家に招ぜるもならず、案にして正月に海㭭人を家に招くを考ぜり。依てこの紅毛の山丹人をして、童らの悪戯を戒しむ神鬼とて各々の家に招き入れてより、童らの悪戯なく村留守にも童らの火遊び物盗ぞなかりければ、それぞ村習しと相成り、今になまはげとて正月の行事とぞなれり。

曰ふなれば鬼ならず、山丹人のなかに紅毛人ありきを、鬼とて相を今にせしむ。秋田にては金の鑛掘りに大いなる導きを得たり。おがるとは男鹿の大男を言ふ意なり。

文化元年正月二日   男鹿之住 甚吉

第三話

白河関を越ゆあたりに、家もなき安達ヶ原と曰ふ妖魔の出づる地あり。此の地に鬼婆ぞ住み、道行なる妊婦をさらって、その胎児を腹切りさきてとりいだし、血を呑むると曰ふ。依て、世に安達ヶ原なる鬼婆傳説と、その住家たる鬼の岩窟を想はせる處にかく傳はるるあり。

然るにや、これなる話因に遺るはかくも惨たるものならず。昔、磐城に武家の老婆あり。世は戦にて乱るる時の事なれば、その修羅場を遁がるる人の群ぞかしこに安住を求め、老人、女と童らをその安住を求めて移りなん。ときに、老婆と嫁の妊婦、この安達ヶ原にたどり急なる産気にかかりしに、老婆、嫁を岩窟に休ませて大竹筒に水を汲まんとて谷にいでむるあと、この産婦遂にして獨り子を産まむ急病に苦しむを、狼ぞ、この血臭を覚りてこの婦女を襲うたり。

懐刀を以てしばし狼を防ぐるも、産気の羊水をいでゆまま気を絶したれば、この妊婦、狼の牙の一撃にぞ落命せし處に老婆来りぬ。この狼に嫁女の肉を喰い、血走る地獄繪図のさまに、流石老婆も気丈く心して持なむ薙刀に狼を一振りに斬殺し嫁をいだき起しければ、嫁女の股に頭のみいだしたる胎兒、死にもせでもがけるを見るや、老婆、これぞ我が孫とて嫁の死骸よりとりいだせり。

遂にして眞夜中の事なれば、火を焚きて夜明くるを待けるに、更にこの火を便りて来たる落人あり。血にまみれたる老婆、嫁の袖を切り取りて赤兒を包みたる様を見て、鬼ぢゃ、鬼老婆、女人の胎を斬割り胎兒をいだしてるとぞ叫びて、その場を逃げ却りぬ。

この事ありて後、安達ヶ原の鬼婆傳説となりけるも、事の由を祖母より聞きしとて矢吹四郎時光と曰ふ武家、事の次第を明したるは後年なれば、世人その實を伏せにして安達ヶ原の鬼婆傳説、眞事の如く今に尚語り告がるなり。

寛政二年四月二日   磐城遠野住 祐衛門

第四話

昔、閉伊の山々に鬼の住みける山、かしこにありけると曰ふ。鬼とは相を見ることぞ能はず、峯々を磐舟に乗りて飛行す。五葉山、早池嶺山、刃黑岳、姫神山、七時雨山の五山鬼神と曰ふ。

それなる鬼神の住むる山に、大岩を以て造りたる續き石、笠石、方位門石、剣石、など今に存在す。常に夜空を五色の光る岩舟に乗りて、山より山へと飛行せる速きこと流星の如し。然るに、この鬼神らときには岩舟を峯に突きなして、相よき岩手山を片富士のような形にせしむあり、積荷を落したる鬼の手型石など、下界の民は遂に怒りて、遠別山に住む大巖仙人に空飛ぶ岩舟を壊し、五山の鬼神を呪縛し給ふことの由を請願しければ、大巖仙人、是を引受けにして、鬼神の飛ぶる眞下なる笛吹峠、淺岸峠、貝梨峠に呪縛の神火を焚きければ、五鬼神の岩舟、五葉山と早池嶺山の間にて天舵を失い、早池嶺山、姫神山間にては天帆を失い、姫神山、七時雨山間にては天の岩舟、眞二つに割れ、更に砕けて雲と消え失せたり。

五鬼神は、この雲に渦巻かれ五番森となりて、山となり封ぜられたり。仙人は更に破封させまずと眞昼山地に居を移しめて、鬼伏仙人とぞ、人々の崇拝にありと曰ふ。

閉伊遠野之住 杣の伊介

第五話

今は昔、宮城の塩釜にありき古話なし。冬過ぎ、春をして塩燒く煙かしこに、海辺幾處にもたなびける頃になりけるや、苫屋に火事起ること暫々にて、これぞ竈の鬼なる灾りと、人々は必ず火處に鬼面をかかげ置けり。竈鬼面の火處に祀るは、火難の用心とせし習はしなれど、事の因を尋ぬれば、塩盗人除けとも曰ふ。鬼面を造る工は、一面毎に刻むる白衣を同じゆうせず、仕上げを以て、その白衣を燒灰に菜油にてその灰を鬼面に塗り、光々黑光るまでに磨けり。その唱ふるは、汝、灰となること勿れ、金富の開運を開けと唱ふなり。

抑々、この鬼面にまつはる由は、その昔、この国の山より金鑛の野辺掘りあり、その鑛を燒鋳なし、黄金を塊にせしあり、その火粉にて山火を起すこと暫々たれば、是ぞ火鬼のたたりとて、此の地に一宇の社を建立しけり。黄金採掘せる宇陀の黄金洗澤に遺る、みよし掘の跡の黄金山神社こそ往時の名残りなれ。凡そ、金鑛出づる處に、必ず以て鬼傳説あり。本吉なる大谷や、金成の金洞、更には湯田の鷲巢に見らる狸掘なる金山跡なるその郷あたりにも、鬼傳説にあるは、鬼剣舞などの鬼面が存在せり。とかく金にまつはる鬼傳説ぞ、人を寄せざるの秘護なるや否。

寛政二年四月十日   秋田孝季

第六話

今は昔の事に去りにし古話なり。羽黑山、月山、湯殿山を以て羽黑三靈山と古傳にあり。その郷に傳はるる鬼傳ぞ亦、多かりき。

抑々、娑婆にありては、人身をして悪業をなせども、命を去りて冥界に魂は赴くとも、造悪の者は、地獄なる馬頭鬼、牛頭鬼、に責苦に追ると曰ふ。佛法なる譬喩を信ぜる求道の者ぞ、能く即身佛とならむ。生き乍らの往生を發願し、五穀を断って苦行なし、生き乍ら埋葬さるるとき□を吸みて𪴌に入ると曰ふ。かくまでに信仰の酷なるまでにも、求道に立志を起さむる迷信の信仰に導きたるは、鬼の報復におそれなせるかは、さだかならねど、とかく信仰にても求めて己れの命脈を断ってまでも、往生極樂を求道せしは、荒覇吐神信仰にして赦さざる行爲なり。

寛政五年六月一日   秋田孝季

各氏奥州征伐行之主要抄

古代からなる奥州の黄金境なるは、安倍一族にて秘とされきは、親族とて藤原氏三代に相渡りて東日流安東氏にその秘にあるを求むれど、遂にして語らずと曰ふ。

十三左衛門尉權守秀榮を養子とて、平泉より遣はしたるも、藤崎安東氏のかたくなに固き安倍一族の巨萬貫に秘藏せる一塊の金とて得られず、遂にして藤崎城を攻めたる、十三湊なる藤原軍、萩野台なる合戦にて亡べり。依て、無傷にて十三湊を掌中にせし安東一族、擴く山靼及び満達、朝鮮、支那との交易を遂げ、安東船は諸国に海航せり。

安東氏に次なる魔手を以て来たるは、南部守行嫡子義政なれど、安倍一族の富を得ること能はざるなり。古来より戦を好まざる一族なれば、一族に於て決したるは、東日流領放棄とし、一人の領民をも残さず、渡島及び秋田に新天地を開き安住をせり。

安倍一族の秘藏せる黄金は六ケ所に埋藏され、秋田、仙父の地、閉伊の地にありと曰ふも、さだかなること今にして所在不明也。南部氏、代々に相渡りて探求せど、金鑛跡耳にて得られず。

寛政二年六月五日   小野寺景政

秘事之掟

康平五年、厨川柵落舘仕りて、安倍入道良照、隱生保内昔積の財をことごとく埋藏し、その秘處を以て密とせり。永代以て一族の危急になる他にて再掘せる事ぞなかりき。

一族たりとて黄金にかかはる慾なきはなかりけり。依て、運金の者をして地住の者を仕はず、渡島より人を寄せにして埋藏せり。蒙古なる秘事法にて埋藏せし黄金、その量八十年の採掘鑛鋳の量にて、陸羽の六ケ處に埋藏す。そのしるべなるは、安倍上の系図耳に記せども、秘文にして解き難し。

抑々、安倍氏重要なる寶藏の故に、今ぞ永き眠りに不侵、安全たり。渡島エカシ等なる献金の砂金六百十二駄と曰ふ。亦、山靼の金鋳製、量り知れざる大量なりと曰ふ。更に陸羽五十三郡の採掘になる黄金ぞ六千駄にて、陸羽五十三郡の各處になる大埋藏量なれば、山深き秋田及び閉伊の密たる企画策にて、安全たり。

寛政二年六月十七日   秋田孝季

北上川東西岸誌

水原、陸羽の背山を集めて流る大河、日川と稱し、亦は日高見川とも稱し、櫻川とも曰ふ。總じて北上川とぞ通稱しけるも、早坂川、岩手川、松尾川、安日川、厨川、浅岸川、区堺川、矢巾川、東根川、大迫川、猿石川、石鳥谷川、花巻川、駒頭川、江釣子川、和賀川、胆澤川、江刺川、金ヶ先川、四丑川、水澤川、衣川、磐井川、人首川、松川、薄衣川、黄海川、西磐井川、米川、柳津川、迫川、雄勝川、稲井川、廣瀬川、を支流とせる北上川なる両岸にまつはる歴史の流れ、陸州の母なる川とて、今に流るる丑寅日本国の太古なる世襲を川面に映す。

移し世の月影、旅人はしばし立止り、四季に飛来せる水鳥の聲に耳をかたむく。川面を往来せる舟の數々、流れに乗せし下り舟、風に便りの上り舟、この水面往来は古き代より始りぬ。丸太筏の長蛇の如き運材のさまは、水墨の繪にも見かし、川面に立つ霞ぞけぶる。衣川より落合の平泉古寺の鐘ぞ、まさに諸行無常の理りを聞くが如し。

寛政五年四月七日   生田了泉

佛頂寺之事

佛頂寺之山號を安日山と曰ふ。此の寺佛は大日如来、藥師如来、阿弥陀如来、阿閦如来、釋迦如来の伍佛を以て主尊とせり。此の像安置せる後方に、右は胎藏界、左に金剛界曼荼羅を懸けなし、主尊の下壇に金剛藏王、法喜菩薩、不動明王、その四方角に四天王を安置なしける。本堂八間四面にして、その宗派に属さず、以て是を正法道場とて、男女の拝座を自在とし、酒肴持込また禁ぜず、平等たる拝参に存在せり。

寺僧とて置住はせず、一族各々以て稱名を自在とし、以て寺護の一切を安倍氏の修理固とせり。安倍氏の佛道に宗を入れざるは、諸行無常是生滅法生滅滅己寂滅爲樂の理りを、釋尊直傳に求道を以て歸依せるを本旨とし、安心立命ぞ心に依りて成れるものと安倍賴良が定めたりしを、佛法にあるべく僧の戒むるを馬耳東風とせり。

賴良曰く。吾らが一族の崇むは、丑寅日本国なる国神、荒覇吐神にして、天地水の相を以て崇拝を無常とす。佛道は嫌う可に非らざるも、後加の本願に多義ありてその求道に障り、立心の得に叶はざれば、吾らが一族に拝むる佛事の一切、我流に從って爲す者也。依て、徒らに八宗の教理に惑ふなく、その奥義に専念あるべからず。佛典を讀みて釋せるに、その理りに眞の道理是無く、無爲なる幼童のたはむれに似たる幻想なり。依て、吾らが国神の法力をして佛道を心得ふ可。代々をして永代なるは天地水なり。迷信は一時の自慰にして、末代に續くなかりき。依て、佛道は佛道乍らに自在に以て信仰すべし。茲に安日山佛頂寺を建立せるは、山靼奥の人智を学ばむが爲なり。と、賴良の心意是の如くなればなり。

享保二年八月十三日   向糠部之介

衣川月影抄

奥州の天降る水を集めて流るる北上川に水戸を併せし衣川、安倍日本將軍が関を築けし昔より、衣の舘は侵魔にほころびて今に爲す影、何處にか世襲に失せにける安倍一族が、高檜能山、須川岳になる黄金の自鑛尋ねて、今ぞ知る人もなかりき。黄金をして此の境に秘むは白鑛、黑鑛にて、採鑛十六年にしてその財を得たり。

表走る鑛脈に採り盡せし黄金ぞ、その使途も是なく、衣川の辺に埋藏せるまま、未だに眠りき。天上影は変らず、月冴え渡れども月影に渡るかりがねの啼く聲ぞ、淋しき。

衣川に眠れる黄金、何時ぞやに秋田上の系譜に説き給ふ日ぞあらんや。安倍一族の旧復や、今ぞいださむる日の近からんを、荒ぶる幕政の終らん日、この秘を説かんは、たのもしき哉。その埋藏傳に風聞ありて曰く。

鷹は巢いだくあたり、黄金坂二股の橋も流れて、川岸歩む十間洞をたれ知るや、やぶさかな黄金ぞ、見ずや匂はずやと。

天明二年五月一日   名取六郎太

山靼修史脚跡

山靼に祖史を求めて旅立ぬるは、先に公費のまかないにて盡せども、限られし歳月に萬里行挑むは、甚々苦しける旅なりき。

流鬼国を黑龍江の水戸に至りて、河舟にて流れに逆航せるウデゲ族の馴れたる帆さばきにてチタに至りぬ。左舷に大興安嶺の遠景を仰ぎ乍ら、先づ以て地族の集ふるナーダムと長老のクリルタイを見聞しける。

集ふる種族、十二族、紅毛人も相まみゆを覚いたり。千古の昔より成れる集いの習ひ、未だに絶ゆむなく、擴野の彼方萬里横断なして、是の集いになる民族の契りや、心に銘じたり。旅はブリヤート領、水神をしてその神とせるバイカル湖なるブルハーンに拝したり。地老の曰く。此の湖に大龍、今に尚住みて、その巨體を湖面に顯はすと曰ふなり。

我等が旅程に天山北路を西王母神の天池に拝しける古代シキタイ民族の駆くるサマルカンドより、アラビアの熱砂高原を経て、メソポタミアに至る。チグリス、ユーフラテス河にアラハバキ神の聖地、瀝青の丘にたどり、ヅグラートの砂に埋れる古代シュメールの跡を訪れる。

後、イスライル及びカイロの大石を以て神を祀る壮大なる遺跡を仰ぎ、往古の威勢を今に愢べり。旅はトルコ国に往時の古跡をかしこに見屆け、ギリシアなるオリンポス山にたどりて、ギリシア十二神の靈気を拝す。

オリエントとは、多採なる神々その仰ぐべき神々を權握せる故に、国を興亡せしむるあり。アテネの神殿に見ゆ懐石の神像や、永代なるはなかりきに、涙こぼるる。

天明七年八月六日   山靼日記より

渡島廻記

永德二年戊寅八月六日、東日流平川郡安東高星於中山號日本將軍継父君安倍日本將軍厨川太夫茲渡島依長老招ニベソツ山催イオマンテ千島王任高星以祭行登ヌタクカムクシュ山任位エカシ十八人得選此儀相定也。千島王船師安東船初北海海産商通決是。

寛政四年二月五日   松前肥後

渡島荒覇吐神

渡島に荒覇吐神の渡りたるはさだかならねども、積丹神威崎に山靼人の漂着あり。永長丙子年に渡島諸地に相布されたと曰ふなり。時に渡島に於ては百二十人のエカシ治領し、北になるをクリル族、南に住むるをヌフリ族と稱し、大区せば北見族、日高族と通稱す。何れも古来土族にして、大祖は山靼より移住しきたるものなり。

渡島土民は東日流、秋田、閉伊らの民とは、縁累を安東氏が許し、奥州に移住も自在とせり。安東船は是の故に、北海の海産物を支那に商益せるに品欠くことなし。先ずは諸々よりマツオマナイに集むるを、東日流十三湊及び宇曽利の佐比湊にぞ陸揚げなして、全国七湊三津にその問屋船を迎へて商す。更に遠くは唐土船も来たり、十三湊入江を行来川に登り平川藤崎舟場までも直商せりと曰ふなり。藤崎舟場とは城端にあり、そこに唐舍ありて酒場、銭湯あり、唐市と曰ふ市場にその商をにぎわしめたり。渡島土民も移住多く、その住居川部に多く、十三湊は尾別などに多住せりと曰ふ。

東日流に於て荒覇吐神社は今にして社號を異にせども、洗磯神社、磯崎神社、荒磯神社とて遺りぬ。渡島にてもホノリカムイとてアラハバキ神の制裁ありき、宗教攺めの寛永十二年のことなりと曰ふ。

享保二年三月二日   松前屋藤兵衛

日和見山築櫓

安東船の湊築にては、築堤と日和見櫓を定めに依りて必築せり。また入船案灯をも崎々に焚けり。依て、夜をして湊に入るともその難を避けられたり。貝を吹き船首に松明を振りて入船す。湊に検番あり、積荷降荷を以てその市貢を税割せり。買方、賣方何れもこの定をせで商賣ならず、十三湊に於ては中島にてその検番を了らずして船は自在ならずに留船さるなり。

安東船に水軍あり。前沼湊神社の入江に常在し、出船入船の送り迎へをせり。軍船にては船足ぞ速く、二柱の帆十二丁の艪を備ふて武備あり。左右に攻船二艘を釣り備はりぬ。

安東水軍の世に知れ渡りたるは、蒙古襲来に於て流鬼国に向へし百艘、軍船にしてその速きに蒙古軍は驚きぬ。常々は遠海の漁船なれども、その造船なる船作法にては後櫓高く、その水先視界よく、急曲舵、前進舵、後退舵を急用可能にして、火箭に防垣あり三段斬落しに防ぎぬ。この軍船ぞ蒙古軍、銀をして八十艘を買得たるも、黑龍江なる漁船とて永く用いたりと曰ふなり。

寛政四年五月廿日   浅利左玄太

巻末之言

明治も代を却りて、御代は大正と相成りぬ。然るに、日本史をして神代を以て萬世と国史に継ぐるは、世界の軽笑を招かんや。

眞実はひとつなる大事と覚つべし。

大正元年再筆   和田末吉 印

 

制作:F_kikaku