北鑑 第十六巻

戒言
此の書は他見に無用、門外不出、断固と護るべし。

寛政六年七月一日   土崎住 秋田孝季

一、

北斗の星、北極星を廻る大宇宙を仰ぐ丑寅日本国の太古にまつはる古事を證すは語部録なり。文字七種を以て綴られたる古典なり。宇宙の肇国の肇を山靼諸傳に併せて記しおけるものなり。地語にして是をツルシとぞ稱しぬ。北斗の民を大区して稱すは、東日流の阿蘇部族、宇曽利の津保化族、渡島以北をクリル族、閉伊の麁族、羽州の熟族、坂東の速族、越の比畔族、に古代は国を縄張りたり。

国主をオテナ、長老をエカシ、とて民の統師たり。是ら民族の祖は、何れも山靼渡来民にして、人祖を相通じて傳稱せり。山靼とは、亜細亜にて、その域は紅毛人国までも達し、その留る處を波紫と曰ふなり。波紫とは、オリエントにして、アルタイ、トルコ、ギリシア、メソポタミア、エジプト、ペルシア、エスライルを總稱す。人の先進せるは、この地より起り、古代有史の跡證を今に遺せり。

民族、先進のありては侵略を以て戦の攻防常に生じ、その難を安住地に求めて脱走し、亜細亜に廣く定着す。吾が丑寅日本国へ渡来せるは常にして、定着せる多種族にして、各々住分せしは、先に逑べたるが如く、渡島より坂東に至るまでの民族たるも、歳降る毎に混血し、荒覇吐神族とて肇国す。

時に支那晋の群公子一族、流着し、耶靡堆より阿毎氏なる一族大挙して北落しけるに依りて、地民族のオテナ、エカシの集議あり、安日彦王を国主と定め、その補王とて長髄彦を選抜せり。渡島より坂東に至るを日本国と国號し、東北より日高、中央を日高見、西南を日辺と稱せり。即ち渡島より坂東までの三区になるを曰ふ。

二、

ほとゝぎす、梢えに啼くを聞く中山の残雪解けにける初夏に山道を歩むれば、斜陽の道草にかげろふ燃ゆるが如く、草いきれ香ぐはしむ。古跡ありとて梵珠山に登りては、白髪の翁と、岩もる清水の湧きける泉に休息せしに遭遇し、往古なる古跡の由来を訊ぬれば、翁、心よく答へたり。

此の山の正名は、正中山と稱し、古寺ありて梵場寺ありけると曰ふ。山霞、漂ふあたりを指差して見ゆあたり、一宇の草堂あり。方丈より少かに横二間に廣き建物ありて、古より幾度か建替へられたりと翁の言なり。何人の開山なるや知るべくもなく、翁の拝唱にありきは、南無金剛不壊摩訶如来、南無金剛藏王權現、南無法喜大菩薩の稱名ありければ、佛道たらしむるも異宗たり。依て、稱名の由を尋ぬれば、翁、力みて役小角仙人とぞ曰ふ。此の山に連峯なせるは、笹山、魔神山、魔岳、坪毛山、石塔山、また山の連峯、外浜に湧ける霧に大森林帯をなせる中山たり。

昼、尚暗き樹枝は天空を幽閉し、鳥獸を驚かすものなし。山道は濠の如く、苔草に踏む、まさに深山幽谷を縫ふが如く、林道峯々に續くる果は、中山千坊を尚、十三千坊に續く靈山の相なり。

〽何事の おはしますかは 知らねども
  忝けなさに 涙こぼるゝ

西行法師が外浜より此の山に入りて詠みけるを、我、いまひしと靈感せり。

三、

とこしえに謎のまゝなると諦らむる東日流の古事を陽光に明白たる實史を知らしむるは、語部録たり。古代當代に記されきものなれば、後作なる史書の信ずるに足らん。我は秋田なる物部氏よりの古書なるにも、心、動ぜざるも、語部録を讀みて、古史、明々白々たり。東日流に起りき古代王国の史實あり。その歴跡の眠れる聖地の實在あり。幾千年の苔に埋りける古事のありかを巡脚して尚、自信を得たり。

蒼々たる上磯の海辺に大森林鬱蒼たる中山の歴跡に、苔むす石塔の遺跡、尚、外浜辺王居の都跡なるは、地を三尺掘りて、出づる古器のかしこに層なせるあり。古人の住みあとぞ、知りにけり。何事も語部録をしるべに、幾千年の古事を我自身に見當たるは悦ばしき哉。亦、阿闍羅の郷、大根子なる稲作、鼻輪の郷なる稲田、三輪の石神、何れも語部録のツルシなり。

四、

東日流上磯に宇鉄と曰す處あり。太古に山靼の渡人の住居せし處と傳ふ。宇鉄より外浜を湾岸に、大浜には奥内なる飛鳥、後泻なる古宮、羊蹄澤なる耶馬臺城あり。北極星に築城せし隱城なり。大浜三内に至りては、東日流王都あり、幾千年に渡る古都ありと、代々の長老の傳ふるところなり。また語部録にても明白なり。

何事も秘なるは石塔山なる聖地なり。肇国宣布、国主即位の聖地なり。世は人の踏入りを赦さず、魔神山、魔岳、と名付くはその故なりと曰ふ。此の聖峯より眺望せば、西海外浜、更に東海に望む景勝たり。大巖にて塔を築き、荒覇吐神社とて今に遺るゝも、通常人跡未踏にして、入峯を禁ぜる處なり。代々、安倍氏に護らる處にして大光院の管理する秘境たり。天正以来、和田家を以て是を守役とせしは、今に續く聖地の管理なり。

五、東日流選歌集

〽なにくねる 見る度ごとに うつる夢
  まだ夜をこめて 夢をあやなす

〽吹く風に 袖さえまさる うたてやな
  春や通らし 山吹は散る

〽よしありて 心も空に うつせみの
  音を泣きさし かひも渚に

〽かげろうの 道芝踏て 夕づく日
  とゞろとゞろに 霧たなびき

〽阿闍羅山 天狗だふしの 嵐吹く
  平賀の里も 人にまみえず

長歌
〽われをして 空恐ろしき
 六道の 輪廻に脱がる
 すべも無き たゞうつせみの 風に委せて

施頭
〽秋すすき しば啼く虫の 霜除く住家
 わくらはに 山賤の吾も 身の程同じ

混本
〽門もなく 捨草積る
  藁ぶきの 我が郷恋し

〽返らぬは もとの水なき うつらふて
  汲む心もと 事もおろそか

〽かなぐりて 泣けどわめけど 亡き父母は
  聲もあやなす 幻しもなき

〽野もせにも 心なくれそ 咲く花の
  こぶしまんさく 今を盛りに

〽ほのぼのと 朝日の昇る 藁の里
  ふりにし代々の 陸奥は日之本

〽花くたし 袂の露 手の舞に
  乙女のしぐさ 憂えなかりき

〽牛の荷を えいさらえいさ 坂登る
  戦の常の 糧をつらねて

〽あだ夢に 汗にて覚むる 夜半の床
  燈りともして はたねもやらず

〽ゆうつけに おつとり込めて たつ敵の
  暗に虎伏す かけずたまらず

〽岩木川 身を捨舟に 水藻草
  かゝる憂目に 身の果さらに

〽露しげき 秋も憂からぬ かしづく子
  神のしめゆふ 来る年の矢に

〽昔より 天の鳥船 飛ぶといふ
  肩に満月 雲の山越ゆ

〽道せばき 影も映らす 吾が家への
  いしくも今は 忍ぶもちづり

〽七夕の ほの見ゆ空に 天の川
  牽牛織女 夜に渉りて

〽中山の 光をかぎる 降るあか
  何れの靈火たまぞ 夏の夜更けに

〽指す引くも 神舞ふ巫女の 神鈴は
  人の心に あらはゞき神

〽しをり逝く 花の命は みじかくて
  春を惜しむる ものは悲しや

〽わりなくも 忍び忍びに みちのくの
  身の置きどころ 山にぞかはり

〽鎌倉に 和田の小太郎 恨み死す
  屍は今も 中山に在り

〽恋ひわびて 露もたまらん 荒野原
  雲雀なく聲 えいじもおどる

〽おことには 海こそ命 ありどころ
  安東船の 世海浪征く

〽かたしきに 裳裾をはへて 神垣乃
  串木を採りぬ 巫女は愛しき

〽散々に 思ひ白雲 流る空
  北に国さし 常すさましく

〽まさうずる 瞋恚の焔 柵なめて
  落逝く舘の 十三の湊は

〽藤崎は 安東武家に 起立つて
  大里拓き 安倍を復せむ

六、

吾は紀行の毎に、丑寅日本国の古代實史を逑べ来たるも、公史の一行にも東北史は記を書遺るなし。公に採用さるは、神代を實史とし、天皇を萬世一系とせる記行によろしく、吾が国を蝦夷とて、自からを認むるを学推とせり。然るに是は、自ら奥州を賤民とし、眞なる日本国を倭国に賣国せる行爲にて、死すとも同意に抗すは人道なり。何故以て蝦夷とて祖来の国土を皇化に從せんや。

もとより日本国は此の国なるを、化外の蝦夷地とて吾等は蝦夷の名にて皇化に復從せる義ありや。大祖より吾等の祖来一度びとて、倭を侵犯せるなかりきも、田道の將、是を破り、坂東の安倍川境を侵略し、日本国に討物以て猛進せるも、伊治の水門にて奥州一族、挙げたる應戦に敗れ、田道將軍討死せり。その首級は日高見河なる迫にさらされたりと曰ふ。從卆の者、一人だに襲戦に残るなく、皆滅せるは、古代戦法なる山靼傳統の戦法勝利たり。

七、

奥州東日流中山の魔岳麓石塔山荒覇吐神社の由来に付き、その史を遡りて尋ぬれば、その古き事、六千年なんなんと脈す。

人祖、山靼より此の地に渡り、民族住民の祖となり、その信仰になる荒覇吐神を此の地に選びて聖地となし、石神を築きて崇拝す。

爾来、幾千年に渉り神祀の聖地とて聖域とし、秘行の場たり。国主の神祀ある他、何者も入峯を赦さず、庶民の人踏なく、唯、神祀りの密行道場とて今上に至るなり。

古くは津保化族のイシカホノリガコカムイの三神を鎭ませる聖地たるに、安日彦王日本国とて、丑寅の国を肇国し、此の聖地に国主とて即位せし處と相成り、かく禁断の秘境に代々を護持し来たる處なりき。安日彦より代々をして、その直系たる安倍氏に代々し、安東、秋田氏、に世襲、對應の姓を攺めて此の秘境を世襲に當つるなく、その守護を和田氏に委ねたるは、嘉吉三年よりの事なり。

和田氏、飯積の地に移り来て、宗家をして神職の儀を奉り、累代に是を守護し奉りたり。石塔山荒覇吐神社の掟とて、衆を集むる祭祀なく、また大社殿も造らず、地下洞を以て神殿とし、その秘は世に知れるなし。安倍氏、継主の墓ぞ此の地に秘めたる遺物代々の大寳を保存す。

東方に大浜三内、西方に神丘、南方に三輪、北方に十三湊の聖地をなせる中央宮とて、石塔山に集ふはエカシ耳たりと曰ふ。大寶辛丑の年、耶靡堆葛城上郡茅原郷の住人、役小角と曰す者、十一人の門弟倶に来り、此の地にて本地尊金剛不壊摩訶如来を、金剛藏王權現の本地とて感得せしより留りて此の山に入滅す。爾来、門弟の者は飯積の地に大光院を建立し、此の聖地を奥院、密行道場とて、法報應の三身即一身道場、金剛界、胎藏界、の秘行三昧を代々に保つ来たる處なり。

安倍氏より安東氏、秋田氏、と世襲に姓を攺ふれども、代々累代に護持し奉れるも、安東氏の東日流放棄以来、和田氏に委ねられたり。依て、和田氏、是を代々にして保護し奉り、今上に至りぬ。

八、

古き代に古代シュメールに似せて、民群じて暮すあり。海を近く山を背に、その住家をより集む。我等丑寅日本国の幾千人に越ゆる都たり。国主を高殿に、部の民の集むる處ぞ、大浜にして合浦外浜なる西山麓なり。近辺に集合部落多くして、舟にて集ふる換物市に各々商ふる泰平の永く續きたるは、ポロコタンとて、大浜三内、入内、奥内、平内にて何れも人住多く集ふる處たり。

民族何れも津保化族にして、そのオテナ主ヌカンヌップを祖先とし、宇曽利エカシ、糠部エカシ、阿闍羅エカシ、奥法エカシ、璤瑠澗エカシ、宇鉄エカシ、三輪エカシ、大根子エカシらにして、その民を統治せりと曰ふなり。語部録に曰く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

是く記ありぬれば、その史實明白なり。
信仰あり、イシカホノリガコカムイなり。

(図1)

土形十字に顔面なしける像にして、素燒なる神像の創めなり。

九、

古代東日流、宇曽利、と倶に人住みの集いし處なり。山靼より人住なき此の国に渡り来たるは、カシムとツムリと稱せる人祖たり。山靼に候の異り、大地は黄土に降冠し山川をも埋む程に飛土は草木を枯らしめたるに、鳥獸群をなして、永海を渡り、此の国に渡り来たり。依て、飢ふる民も、その鳥獸の移りき後を追ふて、人また移り来たりと曰ふは、山靼長老の諸氏の曰ふ處なり。

海は追日に陸侵し、川に水溢れて大河となりて流れ淨けくなりけるなり。對岸に望む河面、海の如く遠眺せるに川辺の草木鬱蒼たり。久しくして、黄土の嵐、治まりて黄土の平原に人住み、鳥獸群ずるに至るは、幾千年の年月たりと曰ふ。山靼の地、亜細亜と申し、住むる部族の數多くも、各々流通し、その幸を商ふたり。一年の候よき七月、民族集ふありて、是をクリルタイと曰ふなり。

ナアダムとは、祭りにて亜細亜諸民族が集ふ大祭にて、モンゴル及びアルタイに催さるものにて、物交の市も盛んたり。

世降りては、西山靼に戦起り、難を脱して東北に移る民多く、その分布極北にも人跡を遺せり。大陸は風土にても候を異ならしめ、人住多く集いては、戦の常なる兆を人心にかこたしむなり。亜細亜の盡きる波紫の国、トルコ、ギリシア、ペルシア、シュメール、エスライル、エジプトになる国、今に遺る遺跡の多く、何處もその興亡甚々しきなり。依て、国を安住の地に求めて脱する處、山靼の北東に、または天竺、支那に定着し、その名残り跡を今に遺しぬ。吾が国にも至る多し。

十、

支那にては饕餮、エジプトにてはスフェンクス、アヌピス、ホルス、ギリシアにてはグリフェンなど、鳥や獣を神とせる多し。信仰にて成れる世になき変化のものを神とし、神像に於ても、多手多面の像に造り、神とせるは、その信仰に拝對のものを衆に説くは、吾が国に八宗をなせる佛教にても、その傳道に從信せる多し。

人心を信仰に引導せる、その世にあらざるものを説くは邪道たりと曰ふは、人をして信心によりけるなり。支那にては龍を多採に用いきも、世に實せし生物に非らす、常にして是を諸事に用ふるなり。とかく宗教の何れにも、世に無けるを造りて、人心をその威力、全能の神とて用ふるは、人心の怪奇に望む弱きの故なり。

人間をして靈と曰ふ障あるを信仰に依る法力にて、是を除靈とせるは、人間として何事も迷信なり。迷信ほど信仰に於て心に除かざれば、尚、とゞまることぞなく迷信ぞはびこるなり。信仰は生々のためにあり、死後にぞ無用なり。荒覇吐神信仰とは、生々の爲に、己れの心身に悪性を除き、死に至りても心轉倒せざる安心立命を心置くに大要す。徒らに生命の絶ゆを怖れ、外道の迷信に赴くものは、心、救はれざる輩なり。心せよ、死して極樂、地獄、のあるべからず、その因習を以て教へとせるは外道なり。

抑々、山なせる墳墓を造りて葬らるも、何事の果報もなし。たゞ生きてあるこそ信仰なり。心を正しく信仰に置き、その誠を、人の造れる迦藍や古佛像を拝して惑ふべからず。断固として己が道をゆくべし。役小角曰く。人間百歳を望みて達すとも、過ぎにしてはもとの木阿弥なり、心身若きに歸らず。流るゝ水、空なる風雲にさえ、もとなるに非らず、同じく見ゆ耳なり。願はくば、一刻の光陰も空しく渡るべからずと戒しむ。時なるはただ過却にあり、時に當る生々萬物、運命なる生死あり。信仰に己れ耳不滅の救済、非らざるものなり。能く不断の心身に生死、眞理法則に基くべしと。

十一、

諸行無常是生滅法生滅滅爲寂滅爲樂と曰すは、佛法なる無上の理りなり。

役小角の曰すは、生死輪廻會者定離不脱命運也生老病死四苦唯覚諦以心身行悟可と常に曰したりと傳ふ。役小角の通稱は行者と曰ふも、獨自の感得たる金剛不壊摩訶如来、金剛藏王權現を本地垂地とし、法喜菩薩を以て金剛界、胎藏界の理趣と解けり。また、求道の者をして老若男女を問はず、来る去るをも自在として、自から法行を修験して衆に説きぬ。その行は苦行にして、自からを戒むる行道にして、成行せる者は菩薩たりとて、自力本願を以て成道とし、他力本願にて成道は非らずと曰ひり。

役小角の感得せし如来、權現、菩薩は佛法既傳に存在せざるものにして、衆をその行道に引導せり。依て小角、伊豆に流罪の憂ありきも、身より魂を脱して諸国に己が引導を以て衆生を救済せりと曰ふ。神通全能に達せし役小角、かゝる神通力自在たれば、己れを僧とせず、有髪の優婆塞とて知れり。

役小角が諸国山岳に自からも試用し、薬草を以て人の病を癒したりと曰ふ。

海浜食草
ツワブキ、アシタバ、ハマボウフ、ツルナ、オカヒジキ、ハマタイコン、ハマエンドウ、アサツキ、
山岳食草
シヤク、クサソテツ、タチシオデ、イラクサ、モミジガサ、ハンゴンソウ、ギョウジャニンニク、ゼンマイ、ヤマボクチ、ギボウシ、アマドコロ、ニリンソウ、ウド、ハリギリ、ユキザサ、姫竹ノ子、コシアブラ、フキショウマ、イワタバコ、アザミ、ウワバミソウ、イワガラミ、ツリガネ、ヤマユリ、ウベユリ、サイシン、ソバナ、オケラ、キジカクシ、カスミソウ、
沼辺食草
ジュンサイ、ヒシ、クワイ、ワサビ、バイカカモ、サンショウバ、ミヅワタリ、カモガラミ、セリ、トトギ、
夏秋採實
ヤマブドウ、サルナシ、マタタビ、クリ、オニクルミ、イチイ、カヤ、ヤマボウシ、ウワミズサクラ、ガマズミ、ナナカマド、ブナ、カンコウラン、トチ、ドングリ、クロマメノキ、ツノハシバミ、コケモモ、クワ、スタジイ、ハマナス、サンショウ、アケビ、グミ、クサボウケ、スグリ、マルメロ、ギンナン、クコ、イヌビワ、ヤマモモ、イヌマキ、ウグイスカヅラ、キイチゴ、
藥湯草
ハトムギ、ハマナス、エビスグサ、ハツカ、イカリソウ、ドクダミ、ゲンノショウコ、カワラケツメイ、カワラヨモギ、アマチャヅル、センブリ、百藥草、
毒草
トリカブト、オキナグサ、フクジュソウ、スズラン、ミズバショウ、ハシリドコロ、オオゼリ、トウダイクサ、キツネボタン、タケニグサ、ウツギ、ヒヨトリジョウコ、クサオウ、ヒガンバナ、ホウチヤクソウ、バイケイソウ、
役小角秘傳藥草木
ニガキ、キハダ、トリュシバ、ナヨタケ、山靼人参、萬年草、耳タケ、イタヤ汁、ニケウ汁、檜油、ナメクジ、サンショウオ、ジネンジョウ、牛鹿角、熊膽、猿脳、コンブ、ワカメ、ホヤ、ウニ、藻燒灰、山ベト、野菊、百合根、鮫油、馬牛油、オウバコ、ハコベ、ミミズ、アワビ、

右、以て調合造藥の藥材なり。
石塔山小角秘傳 是の如く今に遺りぬ。

十二、  みちのく長歌集

〽天の雲 山賤の小屋を
 降り閉す 立つこむなかに
 螢火の 夏の盛りに 今をかぎりと

〽立ち渡る 風もくれゆく
 中山の まだき時雨に
 雨宿り いづくはあれど 樹下に足留む

〽老隱る こもる心は
 下り月 夢かうつゝか
 たまさかに 峯の嵐や 朝立つ添ふる

〽あらあらと 散らぬ先にと
 たばかつて 誰に問はまし
 木がくれの 吾がかけよかし 末はありける

〽苦しみの 人界わずか
 心して よみぢの川の
 逝く果は 常世の国と 我は祈りつ

〽松風に 足音忍び
 ひをり日の 春に心を
 色めくも 忍ぶ今宵の 花は散り逝く

〽はし花は 泥を出でこそ
 美くしく 佛のうてな
 淨土にも 咲き満つ香る 花のかんばせ

〽むらさきの 天つ雲さえ
 宵闇に 明りなくして
 見えざらめ 人は白玉 目路もなかりき

〽われからの 通ひ馴れたる
 空ざまに つれづれもなき
 かづくあり 世にある様の 心あらめや

〽神をして げにや祈りつ
 みちのくの 荒覇吐神
 かけまくも 實相無漏ゆひ 代々に遺りき

右、長歌は五七調を重ね、後行を五七七にの句にて結びたる歌體。

十三、  みちのく旋頭歌集

〽安日山の 地祖を祀りき
 四方の湯湧きぞ 惠みあり
 山幸黄金 神は与ひむ

〽神さびて 月のあきなる
 和賀の峯々 みなながら
 雲にかゝるゝ 清水走りぬ

〽あかざりし 松島景色
 浦漕ぎ渡り 舟宴げ
 海を肴に めぐる島々

〽春雨の けぶる北上
 衣川舘 落合の
 水を渡るゝ 平泉濠り

〽竿さばき 川面に映す
 船頭唄に 魚添ふ
 阿武隈川の むかしながらに

〽すじしめの 白神山に
 能奉まつる 宵祭り
 陸奥はみやびの かゞり燃えつる

〽うちかづき 返すや夢の
 束帯結ふ 藤やどる
 松の古巢に 山鳩の聲

〽仙北の 生保内おばこ
 想へば猶も 恋しきに
 咲き散る華を 心覚ひず

〽あらはゞき 同じかざしの
 神に人とは 一つ世の
 何かつゝまん 萌え出でそめし

〽ふり逝くは 陸奥羽の歴史
 かなぐり捨てつ 忍び遺字
 末に秘密の ものは悲しや

十四、  みちのく混本歌集

〽世に罪を 遺さぬものは
 あるまずく 事もおろかや

〽朽しまず ゆかり大事に
 みちのくの 歴史榮あれ

〽思ひ立つ 思はぬ人を
 座に直り わが神いづく

〽とこしなへ 月待つ程の
 折り取らる うしろめたくや

〽丑寅を 見る目も軽き
 倭のものの 果は崩れむ

〽恨めしき 陸奥の歴史は
 行くへをも 心のこりて

〽かひなくも 五種神寳
 末までの たゞありかひに

〽うゝつなき 仇なすものは
 打ち覚めて 今は片しく

〽しのゝめの 月は待つらん
 いふならく 雲は連れんと

〽山やらん 奥衣川
 せきあへぬ 栗駒定め

右、何れも、よみ人しらず遺る歌なり。

十五、

坂東より東北に位地せる国を、丑寅の国と曰ふ。そして古来まつろはぬ化外地の蝦夷とて、永くその有史を断たれたる吾等が祖国の傳統までも、朝幕の制に圧せられ、再起の發芽をも断ち来りぬ。

抑々、此の丑寅日本国は倭の史をはるけく遡りて肇国せし王土なり。サガリイ、千島、渡島、東日流、宇曽利、火内、仙北、庄内、閉伊、宮澤、吹島、會津、越、坂東に至る治領の境、安倍川より糸魚川地峽より丑寅になる国を日本国と曰ふ。

日本国肇国の由は、安日彦を以て一世とし、東日流石塔山、イシカホノリガコカムイの聖地にて立君せり。正王、副王、郡王を各地に配したるは、支那晋の流民の王政に模したる禮に習ふるものなりと曰ふなり。語部に曰ふところによりければ、丑寅日本国は五王を以て統治すと曰ふ。その由は国中央に大王と副王あり、国領の東西南北に四王を配し、大王の統治を補佐し、能く治政せり。安日彦大王のときより二千三百年なり。

十六、

春日山郷には、和珥大王、石上山の物部大王、三輪山に耶靡堆大王、耳成山の大伴大王、天香久山に蘇我大王、畝傍山には巨勢大王、二上山の葛城大王、三郷山の平群大王、膽駒山なる阿毎大王、九度山なる中臣大王、大山なる津守大王らをして倭国は古代を連ねたり。大王の政に伴造、臣、連、部民、奴婢をして統治しけるに、吾が丑寅の国にては安倍大王の一統にあり、山靼柔然吐谷渾までも往来す。依てその王居も轉じ、東日流より鹿角、糠部、閉伊、飽田、宮澤、庄内、吹島、越、坂東へと移りたり。

丑寅日本国大王は代々にして荒覇吐大王、日本將軍、安東大將とて稱し、その威を以て山靼諸国にはべりぬ。倭国にして大王一統成れるは、代々降りて、越よりまかりき世に継體天皇と傳ふる大王より倭国は一統の兆ありぬ、と曰ふなり。是の如く明細あるは、倭の国記及び天皇記なり。

天皇と曰ふは大王にして、倭を一統せし後、南西に百八十国を併せし一統にて果せるも、常にして攻防治まらず、その遠征常たり。依て王威の連立、国併のもとに残りきは天皇氏たり。

日本国と曰ふ聞え、北魏、宋の南北朝に高ければ、加羅、百済、新羅と往来せる倭国大王は坂東に侵領を企てたるも、丑寅日本国にては高句麗との往来あり。その報を得てより坂東に防人を固めて、越の糸魚川より安倍川に至る東西境を護りたるに、倭の丑寅日本国への侵略ぞ果すこと叶はざりき。倭に東征の記あるは、あるべくもなき作傳にして、後世なる律令の至るゝはなかりき。

世に大化攺新を以て云々は、祐筆の造事なり。

十七、 陸奥選歌集

〽世の中を 燭に背むけて かきくらし
  鳥や瀬音と 峯の嵐と

〽惜まじな さやかうつゝは なかりけり
  非常草木 一塵法界

〽露しげき 山の深草 踏み分けて
  さして登るは 荒覇吐宮

〽時を得て 山みな染むる くれなひに
  秋の山路も 落葉にしきに

〽片富士の 岩手の山は 初雪も
  朝日にきわむ 鏡み山かな

〽鳴る鐘の 水を渡るゝ 櫻川
  柳の舘の 萩は散り逝く

〽栗駒の 雪解の水 衣川
  春の至るを ぬるみて告る

〽姫神の 香葉の裾を 眺むれば
  巌立つ峯の 神は女神と

〽千早振る はやちね山の 石神を
  遠野に問へば 續き石藏

〽七時雨 山のかせきに 越え行かば
  鐘は鳴る鳴る 淨法寺かな

〽神降る 黑又山の 巌神に
  うつゝに見るは われのみならず

〽ましらをの 賭にしものは 衣川
  命を楯に 賭けずたまらず

〽天こがす 燃えつる舘の 厨川
  落ちて芽を吹く 東日流大里

〽かたことも 忘るゝ勿れ 日之本の
  国はありける 安倍の故郷

〽吾からに 越ゆる高畑 鍋越の
  むかしの城の 安日の柵趾

〽おとゞには かけまく社 敵に落つ
  猶かりがねの 名久井颪に

〽わが里は 遠野にありて 河童渕
  昔語りの 跡も遺りぬ

〽うらぶれて 月をかりねの 草枕
  松の雫に 朝を覚つぬ

〽和賀山の 古跡は隱る 山村の
  炊焚く煙り 朝なたなびく

〽そよ風に われさまされて 起つ夜の
  蛙鳴く音に また寝もやらず

〽うたかたは あらはれ消えつ あくり川
  昔なごりの 瀬音耳打つ

〽かげろふの 燃ゆる旅添ふ 奥州路
  このもかのもに 田植見ゆかし

〽忘れまず 厨の流れ 絶えねども
  逝きにし水は 手にくみがたし

〽つばくらは 人を怖れず 屋内に
  泥巢を造り 陸奥の村里

〽春またで 雪に花咲く 猫柳
  北上川の 春遠からず

〽啼きくらす 山ほととぎす 郭公の
  ねぐら異なる 春なさやけく

〽夏さびて 水無川の 留り水
  おたまじゃくしの 巢立つ巢となり

〽かわせみの 水に羽根打つ 夏日和
  空に輪をかく 鳶のまぶしき

〽仙岩の 峠涼しき 夏の旅
  駒岳颪 風をぬるめて

〽山田湾 小島ふたつに 物語る
  海の神なる しずしめの跡

〽わだつみの 岸打つ波は 淀みつる
  淨土が浜の 朝日拝むる

〽たゞ美しく 岩立つ楓 秋染むる
  くれなかにしき 今を盛りに

〽みあぐれば いわほの崖に 咲くつつじ
  手にとりがたく 猶美しき

〽藁屋根の 草むすわが家 昔より
  住みにし今も 我はあきなく

〽蟬しぐれ 夏の盛りに 杣仕事
  岩湧く清水 たゞありがたく

〽藏王山 樹氷に立つゝ 冬神の
  定かあらめや 陸奥の国神

〽白川の 関に咲く花 山吹きの
  春な盛りに 人は浮かれつ

〽きさらぎの 神樂ばやしに 村總出
  雪も降りやむ 鎭守の参り

〽阿武隈の 川魚釣りに 朝まだき
  舟を幽むる 水ばひの霧

〽しばらくは たゞ見つむる目 白鳥の
  北發つ春の 伊治沼泳ぐ

〽昔はと 語る翁や 爐ばたにて
  童に話す 栗の煮え間に

〽木につたふ 藤咲く谷の のどかなり
  香高き花に しばし足止む

十八、  羽州選歌集

〽こだまする 杉立つ山の 峯々は
  またぎ熊狩る 春の雪解に

〽大泻の 網引く舟の すなどりは
  海の荒間に 漁な出でなむ

〽北浦の ぶりこ拾ふる 浜おなご
  鰰よりも 猶稼ぎよし

〽なまはげの 叫ぶ山里 童らの
  泣く聲高し 男鹿の正月

〽雨やまぬ 米代溢ふる 洪水に
  稲田は潜る 人は憂きなむ

〽土崎の 湊に帆降す 大船の
  牡丹唐獅子 安東船ぞ

〽仙北の 玉川奥の 泉湯は
  人の病を 癒やす奇跡と

〽手にとれば 秋田瑞穗は 重覚ひ
  稔れる里の 雄物川辺ぞ

〽羽黑山 神さび想ふ みとしろに
  鬱なる靈山 かける鈴かけ

〽うつろひば 三山もふで 即身の
  いつ世の創む 死出の苦行ぞ

〽庄内の 稲は稔れる 夕映は
  そこもかしこも 黄金穗波ぞ

〽生保内の 辰湖に傳ふ 物語り
  將門ゆかる 姫塚の跡

〽米澤の 廣き田畑に まつはるは
  幾多の歴史 今に隱しぬ

〽鳥海の 山にまつはる 神ばなし
  定かなるなき 秋田と最上

〽城築く 能代檜山の 民併せ
  東日流いでこす 安倍の国主

〽波枕 山靼通ひの 安東船
  沖に嵐も 怖れ知らざむ

〽久かたに 砂泻の海に まぼろしの
  陸影浮ぶ 奇跡眺むる

〽きさがたは 元海なれど 海は却り
  松島遺して 野島たりとは

〽かなただら 尾去金山 盛なり
  成れるくがねの 山はにぎはし

〽時に過ぎ 成れる湯石の 命玉
  安日山平に ありし玉川

〽千代かけて 泰平祈る 山の名を
  大平山と 今も変らず

〽補陀らくの 寺に遺るゝ 泉あり
  汲呑む人の 願ひ叶はむ

〽世の末を 弥勒の出世 あるまでも
  補陀寺の法灯 絶ゆまなかりき

〽うらゝかな 春の丈なす 大蕗を
  漬けつる人の 手は黑染ぬ

〽鰰の 大漁浜なる 八森の
  山に白神 海に辰神

〽傘灯の 祭りにぎはす 幾竿の
  宵の闇突く 聲をあやなす

〽雪をして かまくら造り 水神を
  祀りき童 冬の風物

〽和賀清水 酒に仕上る 冬至まで
  来る年逝く年 神に備はむ

〽神枕 立つしは今に かけまくも
  荒覇吐神 今も遺りき

〽いにしえの 歴史榮えある 羽の国は
  鷹狩めでて 今にきそひり

〽熊眠る 山の彼方に 出て向ふ
  またぎの衆は 仕留外さず

〽春けぶる 山の霧雨 音もせで
  秋田の里は こぶし咲くらん

〽貝吹きて 鈴かけ群は 羽黑山
  昔のまゝに 今も絶えまず

〽尾花澤 いづち花笠 踊り手に
  脚も軽々 道にあふるゝ

十九、

奥羽陸の歴史の創りは、阿曽部族此の地に渡りてより国を肇むるより記逑を語部録にぞ遺されたり。凡そ、六千年前にして人の満ちたり。その以前に以て、人祖の渡来せるは、三萬年乃至十五萬年前よりまだらに居住せしあり。是を小人族と曰ふも定かなるは不祥なり。太古なる風土の候は、サガリイ、渡島は氷結し、山靼と陸にて續きたり。歩渡可能なる候にありせば、鳥獸その先より渡来せり。

然るにや東日流海峽、渡島と隔ちその渡りを断てり。依て今に猶、渡島に住むる鳥獸、本州と異なれるなり。

古より人は智惠あり。海峽とて夏に筏造りて渡り、己が安住ある幸ある新天地に求めて渡るは常たり。抑々、三十萬年前に渡り来たる人祖あらばやとて、何事の不可思儀のあるべからざるなり。此の国は海の底なるを地変異震に隆起せる列島なりせば、その地質、海なる生物、山川にその古骸を今に遺しむ處、多く、地層に埋むるさま能く見つるなり。

さやか乍ら、大地と曰ひども常に動きけるは、大地の生ある故なり。大地を生なすは、地中の心臓にして、熱くたぎりし火泥は血潮なり。陸と海、是れ大地の父母にして、日輪の光明、降熱は神そのものゝ惠みとて、古代人は能く崇め奉りたり。迷信多きも、古にして當然の未知なる故なり。

代々を経にして、人は石を割作せる道具を造り、火を起すを覚へて、器を素燒に造り、火に依りて知る金銀銅鉄の採鑛たり。人の世に爲せる能ある究み、更に進みてやまず、今猶もとゞまるなかりき。

丑寅日本国たる人の満つるは幸に惠まれし山海に飢ざるが故のたまものなり。されば、人、相集い邑をなし、神を感じて祀りしは、天なるイシカ、地なるホノリ、水なるガコ、即ち、天と地と水の神秘にて、生命を保ち子孫を遺せる要素たる源にありとて祀りきは信仰の創りなり。

人は集ひて各々利害を及ぼしけるを防がしむために掟をなして、悪なす者を罰したり。是を司どるは長老にして、群悪の者には国主を位して討取りぬ。是れぞ国造りなる丑寅日本国の成れる肇国たり。然るに、人住みの域をして爭ふあり、依て、国を併せ、民を併せて、睦むるは、往来の道開き、橋を渡して架け、幸の換商をなし、各々地産、海産せしは物交商道と相成りぬ。人、益々王居の辺に集ふる處をポロチャシとて大いに振起せり。

東日流に起りしポロチャシにては、肇国六千年前にて、渡島のクリル、東日流の阿蘇辺、宇曽利の津保化、飽田、岩手の麁、坂東の熟なる王居ぞ世になして、民を導き總主の王との交りを倶にせり。依て、是を日本国なる肇国とし、国章を昼は日輪、夜は北極星を神聖とて崇めたり。是をあらはばき神とて民族併合の一統信仰の神とし、奥州、羽州、越州、坂東、までも民の崇拝相渉りぬ。さればにや、是なる国造りぞ、倭国より四千年の先たり。

廿、

太古より神の聖地は、大深幽林、流水の地に選びて、神を鎭むるは、イシカホノリガコカムイなる信仰にして、祭祀の他は人の立入りを禁断とせる秘境とせり。聖地に至る参道も造らず、草木を伐せず、生とし生けるものを狩らず、石塔を建て、または石積みあげ神とし、東西の日昇、落日を拝せる處にぞ聖地を選べり。

東日流中山石塔山、鼻輪なる三輪にその雌雄聖地あり。是を荒覇吐神社とせるは、太古にして、阿蘇辺族、津保化族、オテナ、エカシの代なると傳ふ由なり。ヌササンに巨石を積み築き、神處とせしは、今上の知られざる歴史の彼方なり。大集せる古代の王居ぞ、鼻輪なる阿蘇盛、璤瑠澗なる神威丘、奥法なる大坊、上磯なる宇鉄、外浜なる三内、都母なる平内、糠部なる是川にして、代の移りき王居の跡なりきは明白なり。

廿一、

古代より荒覇吐神は、坂東を倭に越えて崇拝さるゝは、五畿はもとより出雲、築紫の宇佐、国東の大元と、三禮四拍一禮の拝禮に遺りぬ。倭神に世襲され、守尊を外にまたは廢捨せるありきも、是を客神または客大明神、更には神とて祀り遺しぬ。倭人是を知らずして見落せど、京師比叡山山王日吉神社にては蝦夷神とて祀りき。世襲に怖れずあらばき神、または、あらはばき神とてそのまゝに祀りきは尾張、武藏に多し。されば丑寅日本国は、古き世に倭を制し大根子彦を天皇に奉りたる、天皇記には史實たり。

抑々荒覇吐神を廢したるは、その皇子なる開化天皇にして、出雲の神社を大国主神、大物主神とに攺神せるは、倭の征より丑寅に歸らざる獨主政に、倭王の君座に即位せしが故の反きなり。依て、坂東安倍川、越糸魚川に至る国の堺ぞ益々警護ありて断ぜりと曰ふなり。天皇記に依りければ、天皇に位せる皇名に孝と名付くは安倍系にして然りなりと曰ふ記逑ありぬは事實なり。天皇に空位の故も然りなり。

廿二、

吾が丑寅の大王代々は、山靼と睦みて、北方の島国を領したり。元寇に於ても、サガリイ島、即ち樺太島を侵さざるは、クリルタイの盟約、ナアダムの誓あり。吾がチパングとて、太祖をモンゴルブリヤート族に同じうせるの祖傳に、是を不可侵とせるは盟約の一義たり。ナアダムの誓とは、聖なるブルハンの神に誓ひにて、民族交易の永久なる睦の條を一義とせる親族たるの誓たり。ティナ即ち、支那より北侵せるフビライハンのクリルタイに加盟ある安東一族の固定領土たる故因を覚り、またベニスのマルコポーロの進言ありて、その盟約は護られたりと曰ふ。現なる丑寅日本国、各處の寺社にフビライハン及びマルコポーロの像遺るは、その史實の證なり。

廿三より二十六、再書不可也。

廿七、

安東船の揚州より珍藥とて仕入れたる品に、犀角、虎の精睾丸あり。是ぞ價千金の妙藥たり。是を用ゆるは秘傳たりと曰ふ。

石塔山に奉納さるる白虎二匹の精睾丸ぞ、不老長寿の秘藥とて遺りきは、秋田家長久のため、君継に危篤ある以外に、是を用ひざる故なり。白虎とは數千の虎に一頭あるか否、誠に貴重なる寳藥なりと傳はりぬ。依て、是をなぐさみに隱用すべからずと戒しむ。

廿八、

奥陸羽の金山、塊金の積藏は安倍一族の秘中の秘なり。その量たるや、金六百八十萬貫にて秋田上系譜に遺りぬ。昔より安倍一族、再興の速進せるは此の故なり。人命を尊重し、身分を上下に造らず、その實を挙したるは、前九年の役に然る處なり。語部録に曰く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
是の如く記ありぬ。

秋田家系譜をして、とかく朝幕の攺賛の通達ありけるも、その返答は、吾れ一族の血は、蝦夷と曰はれても苦しからず、蝦夷と曰はれるも、一族の古き證なれば、是を攺記の由ぞ、なかりきとて、屆け参らさゞるなり。蝦夷を以てはゞからず、蝦夷を誇りとせる断固たる家系の攺賛をはばみたるは、外様譜代にもなかりきと曰ふは、秋田家の日本將軍たるの士風たり。

廿九、

・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
是れ語部録なる予言なり。

丑寅日本国なる古代にありては、特なる史傳にて古事を今に傳へたり。古代オリエントの永々なる古事に、その源を發し、はるばると現代に、その實相を遺すは吾が丑寅日本国の他に非らざるなり。無念なるは、語部録を天明の三春の大火にて燒失せしは断腸の想ひなり。依て、かくなる年月を費して、山靼に渡りたりしも、太古なる古事を得んとぞ、欲するも得る事ぞ難く、たゞ古老に尋ねての記逑と相成りぬ。

語部録に復本在りつるも、石塔山祭文に解く他に、他非らざるなり。依て、その源字七種にあるも、その混合になるは解き難し。

寛政五年二月一日  秋田孝季

卅、

古来、衣川の地は、櫻川の落合に洪水起りて邑落常に流失し、人命多く水に溺死せり。依て、平泉丘、束稲の丘に民家移し、河辺の建家を禁じたり。然、辺の地こそ肥土にして作物能く産せるに依り、川辺耕作をやまざるなり。安倍頻良の代に、かゝる水難を除く土工事を衣川落合に施し、濠をめぐらし、その放水を幾筋に施工し、川辺に柳を殖しめたり。然るに櫻川なるの激流、大雨の毎に洪水を起し、河流を自在に変流し、多くの田畑を流水に崩し、また水冠しければ、手なく流曲を直に工事をなしければ、洪水起らざりき。難工事たるは、胆澤落合、江刺落合、黑澤尻落合、猿石落合にして、その工事六年の施工と相成るも、是を完工せり。

爾来、洪水の難ぞなく現に至りぬ。安倍一族をして川を重じ城柵みなゝがら川辺に築くは、川の治水に心して、領民救済につとめたり。

卅一、

仙岩峠を越ゆる生保内の郷に生保内城あり、とは秘にして世の知ること能はざりき。安倍良照、北浦六郎と倶に、玉川なる柵跡は駒柵、生保内柵、辰湖柵、外輪山柵ありて、その交通を通らしめたり。信仰を重じ荒覇吐神を祀りて人々の心をも癒しめたり。生保内は、生命の保たれる澤とて名付けられたる城下邑なり。今にして荒茫たる古跡なるも、その史に深きを知るべきなり。

生保内城をして邑造らるは、安倍良照が金剛薩垂の夢告に依れるものにて、石尊寺とは彼の開山せし法場なり。

卅二、

鍋越に安日柵あり。古語にしてポロチャシなり。安日川落合の鍋越川の山盡きる崎に空濠鉢巻に、本城をめぐりて川の流れを城麓に不断たり。此の地は大祖安日彦王を祀る安日山、それより流る安日川、その川辺になるは安日邑なり。古にして地湧湯ありて、安日彦王、此の地に冬を越しける跡に城柵しける。高畑賴介にて康平元年に築柵せりと曰ふ。

康平五年、厨川落城し、安倍日本將軍厨川太夫貞任の二男高星丸、千人の家臣とともに此の地に安住し、高畑越中及び菅野左京らに護られ、東日流落の間、此の城を居城とせり。糠部廻り、鹿角廻り、千人の家臣の移動を密にして、東日流に至らしむに、暫らく東日流先落の者より、藤崎舘の仮築及び民家の生々なる田畑の開拓なれるの報あり、居城を寛治元年にして出でゆきたり。以来、是れを鍋越城と稱す。

卅三、

安倍高星丸と名付けしは、安倍日本將軍賴良なり。天喜の大星、東に一瞬の大光を放つて消滅せるより、高星丸とて孫を名付くは、一族崩滅の兆と卜部より告あり、その一族を再興せるは高星丸と名付くる者ぞ、速かに成せる仁なりと告げたり。もとより安倍一族、宇宙の運行を能く学びたるは、安倍晴明をしてその旨を授け来たりぬ。

賴良、常にして北極星を祀りて、星祭りをなせるは、年の行事たり。されば、北極星の不動なる宇宙の軸にあるを神秘とせるは、祖来より荒覇吐神の行事たる例に基きて、卜部を能く神事の要とせり。

高星丸、貞任の二男とて生るは、康平四年八月十五日なり。幼なきより藤倉の前を乳母として、東日流平川藤崎の地に一族千人を倶に落着せり。高星丸、東日流にて姓を安東と攺めて、その名を安東太郎賴貞と稱したり。成人となりて藤崎に白鳥城、十三湊に入澗城を以て水軍を起したり。

卅四、

安東高星丸、東日流に於て一族の再興を速進せしめたるは、叔父なる筑紫の宗任よりの一状屆きてより、海道をして国益を謀れとの一言に、十三湊に来舶せる唐船、山靼船に着目し、彼の国の船工を入れて安東船を興し、海の水先、潮流、海の暗礁帯を海図せる西海航路を、一族挙げて海に商道を開き北海産物を異土に交易せるより、十三湊は大いに振起せり。

安東一族の者は、平泉なる藤原氏の如く産金貢馬の財産を水湯の如く費に消費するなく、萬民生々の費に用ひ、渡島、サガリイ、千島の民に人をして異ならしめるなくその往来を自在としその信を得たり。依て安東船の商易、その船團を連らね大いに利益を得たりと曰ふなり。更に漁船をも千島諸島に遠漁せしめ、その商費に欠くなく、十三湊は諸国の市をなせり。かくして北都の如く、神社、佛閣もかしこに建立しけるも、興国の津浪に崩滅せり。

卅五、

東日流に起りし内乱にて、北條幕政の崩滅を速めたるは明白なり。富に満たる十三湊、是を制へて謀らんと、幕府は得領とて平賀、稲架の地領を制へたり。然るに此の地の産物は貧しく、十三湊に属す安東領は豊かに富たり。依て、幕府は外三郡の地を皇領とて、倭朝の蝦夷管領とて、首枷を安東氏に負せたり。依て、安東船は京師への往来を若狭の小浜に開きて、天下御免の往来をなせり。

餘多税を献上せしも、安東一族の富は益々大ならしめ、十三湊には京師の白拍子などの来るありて振興せり。時に安東一族にては藤崎城、十三福島城の両城あり、その城主を三年毎に交替に定めたるも、安藤季久、安東季長の代にその掟破りたる安藤季久、十三湊より移らず、遂にして洪河の乱とて内訌起り、幕府の仲裁も叶はず、挙げて和睦せし後、幕府討幕に授けたり。

卅六、

安東船の山靼往来は、黑龍江を遡りてモンゴルなるチタまでも航着せり。依てチタなる地には、日本国なる乗船頭の姓を名付くる處ぞ多し。チバ、ミカワ、フナコシの地名ぞ今に遺るゝはその故なりと曰ふ。更に満達には平泉と曰ふありぬ。

夏期に至る安東船の船人らは、モンゴルのナアダムに参列し、その親睦を得たりと曰ふなり。安東太郎貞秀は、ことの外山靼に心寄せ、自からも赴きてモンゴルより更に波紫の国に至り、トルコ、ギリシア、エスラエル、エジプト、シュメール、ペルシャを経てモンゴルに歸りて、クリルタイに盟約せる最初なる人物なり。

安東貞秀の曰く。吾が丑寅の地は、かく山靼の地にくらぶれば、巨岩と砂利の相違ありぬ。かく旅を果しては、一族の望む者を此の地に歸化せしめ、人住みの安住を定かに護りなんとて、此の地に永住せしむを得たりと曰ふ。もとより人の種をして同じかりせば、年毎に望む者多し。かく移住せしは、十五年間に六百八十七人を數ふるものなり。

卅七、

東日流の古事は、外三郡、内三郡にてその要をなせり。この六郡の外に、上磯及び外浜の海浜ありて、安倍一族の史を以て多し。

抑々、古代に安倍氏の祖たる安日彦王、長髄彦王に創まれる歴史ありきは、四衆の知る處なり。宇曽利の地は、南を奴干奴布と曰ふ。されば、北を宇曽利、その中央を奴干奴布、更に糠部を加ふれば、總じて是を都母と稱すなり。何れも安倍一族をして治領せる處なり。古来、糠部には、東海千里の彼方より来たる民あり。その異なるは石の簇に明白なり。東日流の石簇は、 にして、宇曽利より東海の三陸に至るゝ石簇は の型にて、その類を異にせり。また、馬をしてくらぶれば西海浜、東海浜と相違あり。名馬たるの産地は東海浜に多きは糠部駒、南部駒、三春駒とてその産馬ぞ、西海浜とは相違のあるは、その渡来地の種因にありき。人もまた阿蘇辺族と津保化族と異なりぬ。

卅八、

外浜に奥内、三内、入内ありて、何れも古代人永住の地たり。信仰深き民、津保化族の部落たり。聖地を中山に築き、年に一度なるヌササンを設け、カムイノミを焚きてイシカの祭り、ホノリの祭り、ガコの祭りを行ぜり。フッタレチュエの踊りを夜な通して神に奉納し、エカシ自ら神を奉迎せる神事を行ぜり。素燒くる土の像、各々チセに安置せる神像を、仕上ぐるカムイノミに燒きぬ。

是れ女人らの造りきものにして、その燒土に若し破れる處あらば、その年に家族中何れか病むと曰ふ習しを信じたり。依てその難を除くる神事とて、ヌササンを奉納し土中に埋むるは常なるも、石神に魂入りとて、にしきの石を海浜及び川に拾ふてチセの神とせるもありぬ。チセとは家にして、ヌササンとは神棚を曰ふ古語なり。チセに神處ありて、神の出入れる戸口を造りそれを人の出入口とせざるは掟なり。

三十九、

抑々、西に岩木山の靈峯を仰ぐる處に三輪の石神を祀る處ありて、これを阿蘇辺族の聖地と傳ふるなり。石神は巨大にして男石、女石を建立せしは、七千年前と曰ふ。永きに渡り男石は仆れしも、現在無事に遺りぬ。此の地よりはるか中山の石塔山を望むるを叶ふなり。邑を三和と稱せども、三輪と書くは、古きよりの正稱なり。阿蘇辺族は、東日流古先住の民にて、古き代に岩木山の大噴火にて災死せるは、全滅に近し。幸にして、阿闍羅山に住分たるものぞ救はれたり。

岩木山の噴火にて十三より入江たるは大浦に至るゝも、海底隆起し一挙に東日流大里となりて、中山までも陸と連ねたり。阿蘇部族の全滅に依りて、津保化族、此の地に住居を駐せむも、阿蘇部族の至らぬ處に住居をなせり。神は石神を以て祭れるは両族同じにして、此の両族は併せて荒覇吐族となりて永代せり。

四十、

西海の七里長浜、十三湊の望むる處に神威丘ありき。住人の聖なる丘にして、荒覇吐神を祀る神處なり。今に亀ヶ岡と曰ふも、此の聖地は石神聖地と倶に古代人の大地に祈る神事の場たり。津保化族の信仰の深きは、地層深く埋れる遺物に遺れり。神威丘、石神丘に埋もる限りなき素燒の遺物こそ、その祭祀に用ひし代々の遺物なり。たまさかに農夫の鍬にかゝる神像ありて、異様なる像掘らるありて、神社に納め置きけるも、いつしか盗まるなり。神の名はアラハバキカムイと稱す。此の素燒なる神像の出づるは三陸、羽後にも多し。地を離れてはその像相いささか変れども、アラハバキ神なるに意趣の同信仰たり。もとなる信仰にては、像なき自然の天地水崇拝たり。昼の日輪、夜の北極星を無上の神とて、天に仰ぎ、地に伏して、水に清むる信仰たり。

四十一、

丑寅日本国は、古にして成れる肇国のはるかな昔に民を併せ、信仰を以て民の心を一統し、代々その美を以て睦み、その暮しぞ平等一義に、たゞ一心不乱に以て神を敬ふは、神をして人の上に人を造らず、人の下に人を造るなし。生々の世に在ることは、生あるものみなながら神の子にして、平等攝取たりと曰ふなり。語部録に曰くは、凡そ生を世に授くもの總て神の御手に在り、人の權を以て是を左右ならざるなり。

あらはばきの神ぞ、天地創造の昔よりその總てを造り、萬物を造りなしたるものにて、世にある總てみなながら神の故に生滅せし。生を造るも死に却らしむるも神にて、是れに逆ふは叶はず、神は全能たり。

吾ら人間とて世に生れきも、信仰の念あらざれば、末後生は何れのものに生を変ひて生まれざらしめん。依て今上に於て能くその理を覚りて、神の御心に委ぬべし。安心立命とは、その信仰に依りて得らるなり。

四十二、

東日流にて大事たるは、太古なる歴史の傳へし物品あり。世に曰ふ語板なり。昔より外三郡の語邑に存在せる多しも、藩にて燒滅さるゝの憂ありぬ。尋ねて集むべし。丑寅日本国史は、不滅たらしむの要は、語部の遺したる歴代になる大なる史書を護るこそ大事たれ。眞實を告げる古代のまゝなる聲にして、往古のしるべに他非らざるなり。

寛政五年九月七日   秋田孝季

和田末吉 印

 

制作:F_kikaku