北鑑 第廿八巻

注言
 此の書巻は他見無用とし、門外不出と心得べし。亦、失書あるべからず。

和田壱岐

一、

本巻は一切倭史に便らず、奥州亦はその縁にある諸にまかりて記逑せるものなれば、倭史に併せて判断あるべからず。抹消されんとする丑寅日本史を著すを要とせり。玉石混交なるも史實の事は、後世の聖判に委ね置くものなり。凡そ、丑寅日本史は永く世襲に敵とされ、世浴に伏して史實を遺すも難し。依て、太古の事は語部録に解きて、諸事は安倍、安東、秋田家、古書に写書仕りたり。

康平五年、興国元年、嘉吉元年、に四散せし諸国の縁者秘藏の書巻も餘す處なく書遺したり。右以て書逑如件。

二、

平泉金色堂の飾りに迦陵頻伽と曰ふありぬ。天竺にては、歌羅頻伽、羯邏頻迦、迦陵毘伽とも書くありき。是を略しては加陵頻、迦婁賓、迦陵、羯脾、頻迦と曰ふ。天竺は好聲と譯し、雀の一種類にて、天竺産なり、ブルブルと曰ふなり。

三、

中山石塔山由来には、太古に山靼より渡来せる津保化族と曰ふあり。東日流卆止浜に居住す。信仰深くして、地の先住民阿曽辺と睦み、中山に聖地を造り、アラハバキ神を祀りき。巨石を以て石塔を築き、先住民族の神、イシカ、ホノリ、ガコ、カムイと併せて荒覇吐神を祀りぬ。凡そ五千年前の史實とて語部録に遺りぬ。

石塔山とは、東日流中山にあり。梵珠山、笹山、馬神山、魔嶽、坪毛山、石塔山、と續くの峯なり。太古より、イシカホノリと曰ふ名にて、日輪と大地の山とて神の山たり。

此の山麓にはコタンあり。白山、神山、大坊、朝日、泉、などの古邑あり。東日流には珍しき古墳の存在のせる處なり。石塔山とは太古に築きたる石塔の今に遺る故に名付られたりと曰ふ。迎日門石あり。イシカの塔、ホノリの塔、ガコの塔ありて、大巨岩を運築せしは、人の工ありき神の石塔なり。古人は此の地を聖地として崇め、古代信仰の場たり。號けて石塔山と曰ふ。

四、

安倍一族の版碑に種字と曰ふありぬ。通稱梵字と曰ふものに漢字を當つれば次の如く種字あり。は燈、は鈴、は塗、は釣、は鎖、は華、は索、は香、は嬉、は髪、は姿、は舞、など曼荼羅に用ふありきを版碑に種字とせるは、上磯、金井に多し。亦、十三湊にも多し。何れも十三湊山王坊にありき十三宗寺の名残たり。

弘智法印の時より南北朝に一族が相對し、版碑に北朝、南朝の年號を異にして今に遺る多し。

五、みちのくとはに歌選

〽惜しまづな 非常草木 背燭の
  定なき世々の われとは知らず

〽衣川 華は嵐の 露の身は
  思ひ入るさの 羽衣なれや

〽栗駒の 峰の嵐か 平泉
  思ひば鐘も 無常と告げぬ

〽和賀の川 朝發つ添ふる 時を得て
  鬼の舞つる 極樂寺坂

〽膽澤棚 阿弖流伊母禮を たばかりて
  社山につれて 討つにし田村

〽矢にうけて 今はのときに 聲もなく
  眼にて語るゝ 日の本の君

〽櫻川 束稲山を 楯なして
  柳櫻の 御所にかけまく

〽淨法寺 本地大智の 盧遮那仏
  安倍の菩提に 老杉の露

〽厨川 猛火と煙り 楯なめて
  しゝむら叫ぶ 目もくれなゐに

〽みちのくの 草木国土に みなゝがら
  紫染むる 日の本の国

〽かほよ鳥 心そらなる 春雨に
  こぞとも知らず ねぐら越えゆく

〽仇人を 丑刻参る 武家妻の
  肝膽碎く 打槌の音

〽かこち身で 怨みは源氏 あらぶるの
  因果は今ぞ 今さらこそと

〽前の世に 罪のかゝるゝ 假浮世
  つれづれもなく かだみこぞ逝く

〽心だに げにや祈りつ あらはばき
  岩手の山に かけてつみつゝ

〽国富て 住駐の賊は 倭の犬と
  討にし群は 雪に吠えけん

〽前澤の それわが山は 月も日も
  もる我さえに 雪ぞ天ぎる

〽分けきつる 山又山は 麓にて
  峰より峯の 奥ぞはるけき

〽北上の 舟の泊りや いくさあと
  黑澤尻の 風もうつらふ

〽朽ち果てゝ 流れに落し 猿石の
  川に螢の 靈火見る郷

〽生保内の 岩もる水の 峠より
  軍の駒は いさみいなゝく

〽よるべにも いづくはあれど おもの川
  諸白髪の 清水をもくめ

〽塩釜の いつか想ひの 朝なぎに
  つりする舟は 思い出夢む

〽知られじな かはる契りの 末の松
  先の波越す 恨ありとは

〽君まさで 烟たえにし 塩釜の
  うらさびしくも 見え渡るかな

〽陸奥のおく ゆかしくぞ思 ほゆるかな
  つぼの石ぶみ 外の浜風

〽みちのくの 外の浜なる 呼子鳥
  鳴くなる聲は うとうやすかた

〽子を思ふ 泪の雨の 蓑の上に
  うとうとなくは やすかたの鳥

〽奥の海 汐干のかたに 片思ひ
  想ひやゆかむ みちのながてを

〽君をおき あだし心を わがもたば
  末の松山 波もこえなむ

〽なまはげの 聲聞く童 早隱る
  母の腰巻 父の股下

〽土崎の 浪こゝもとに ぶりことる
  乙女の裾は とよりかくより

〽鳥海の 山は雄々しく さえかえる
  月をも日をも 天仙理王

〽憂き世とは きのふの花は 今日の夢
  末葉の露の 散らぬものかは

〽あぶくまの 流れにうつゝ うたかたは
  人の生ざま 思ひいづらむ

〽蟬音ふる 最上の川を 舟下り
  水も眞夏は かげろふ燃ゆる

〽富士見ても 富士とは言はぬ みちのくの
  岩木お山の 雪のあけぼの

〽北辰の まつおまないに 月仰ぎ
  夜釣りの海の いさり水舞ふ

〽いとせめて 恋しき時は うば玉の
  夜の衣を かえしてぞぬる

〽ものいはじ 春はいくばく うつろへば
  人の心に 逝く月日かな

〽雨の夜の 影はづかしき しとめ戸に
  映つる肌影 よばふしとねぞ

〽鈴虫の 鳴きつる草を 踏ましまず
  駒留置きて 秋露にぬれ

〽言の葉は 時めく花の 香を添へて
  想にのべて わりなく契る

〽平泉 花の跡とて すぎま吹く
  衣の関と 程だにありし

〽米代の 流れあふべき 田畑をば
  洪水溢る 憂ふ出来秋

〽地を産みて 海を押出す 岩木川
  上磯下磯の 往来舟唄

〽龍神の 宮にまかりて 將門の
  遺姫を護らん 辰子ぞあわれ

〽高清水 倭人に榮ふ 古事の
  社の山王 あとかたもなし

六、

世にある事の史實を永世に傳ふるも、世襲に史實の潰滅ありて曲折に遺る多し。なかんづく東北なる丑寅日本国史の如きは、憂の都度多く、戦血に征さる恨遺にありて永世す。住人は蝦夷とて国を蝦夷地とて化外とて、古き国號までも奪取しけり。吾が丑寅日本国は太古なる人祖の聖たる国なり。その継血に在り乍ら、權を得ては祖累を賎しめ、己れを神の累代とせしにや。神を冒瀆せん行爲なり。抑々、吾が国の人祖は、古にして人の無住なる此の国に、山靼より渡り来たるものなるは、古事にして明らかなり。蝦夷とてそしりを受けにし丑寅日本国こそ、倭人とて人祖の国なり。少數なる智にある渡来の民に侵され、その奴隷となりはてたるおろかさに目覚むべきなり。吾等は日本民族とて、祖を同じゆふせる累代にありて、神の一系などあるべくもなかりけり。

北方は古代の往来になる山靼との習生に、今も衣食住の累に習傳す。人殖満にしては山深く平地を求めて農拓し、五穀の産に耕して陸奥の各處に人、住み渡りぬ。古きは阿蘇辺族、次には津保化族、熟族、麁族、併合し荒覇吐族と一統せるは三千年前なりと曰ふなり。信仰ありて、神を天地水と仰ぎて崇拝す。

神を荒覇吐神と號けて、古代渡来人のアラハバキ神を教導に授けて拝す。カルデア民とて波斯のシュメール国なる神なりと曰ふ。

カルデア民とは農民にして、チグリス、ユウフラテス河の辺にマデーフを連らねて邑をなせる民なり。古代より宇宙に神を求道し、天運に究め、その智識に達せる泰平を重んぜる民なるも、四辺の民族、きそひて此の地の豊けきを犯す侵領あり。アルタイ、天竺、支那、ペルシャ、トルコに四散せり。

アルタイに遁したる民は、地の民と併せ、シキタイ民とてモンゴルに新天地を求め、更に東北黑龍江の流れにくだり、吾が国に落着せし民なり。此の民にて傳へらる語部文字、暦の事、農耕にまつはる導きぞ多し。古代にかくある人祖の渡りありて成れるは、吾が丑寅日本国の肇国たりと知るべし。

七、

サガリィンに河口せる黑龍江の奥ぞ、ブリヤートにぞ續く萬里の流河たり。此の両岸に居住せる民族に、ウデゲ族、オロッコ族、ギリヤーク族、オロチョン族、チングース族、マンタツ族、モンゴル族、ブリヤート族、シキタイ族、カルデア族、他百四十八族に及べり。クリルタイとて民族の集ひあり。これをナアダムと曰ふ祭りなり。是れを商易せるは、砂漠の民とて商隊たり。波斯より吾が丑寅日本国までも征商せる民なり。彼の民をカザフとも曰ふなり。信仰に厚く、日輪を神とせり。諸族、各々信仰に異り、己々なる国神を崇むるなり。

八、

總ての世に在る先の事は、因と果にて、代々、現代に至るなり。宇宙の肇は無より起因して、時空に物質因を大光熱に残遺し、その物質に化科の動に果成して宇宙は修成せるものなり。是の因明果成になる論ぞ、古代天竺の外道シュドララマヤーナに遺りき。更には古代カルデア民のアラ・ハバキ叙事詩にも遺りけり。今にして是を外道論は邪道の如く信仰の外にせるも、まさに因と果を説く眞理こそ佛道の悟道にはるかに先なせる眞理たるを悟るべし。求道は佛道にして諸行無常是生滅法生滅滅己寂滅爲樂と曰ふを悟とせるも、是れ生老病死の苦諦にして、何事の成道にも非らざるなり。眞理とは因と果を以て總ては萬有せるものなれば、その化科進化を理趣と解し、諸々の迷想ぞ、如何に功文に論ずるとも烏合の集論なり。

物質生命は逝滅の運命を免れず、生々のうちに安心立命を生死のなかに求道せる信仰に成道に導くは、因明論、果成論、の他に理趣ぞ非らざるなり。生々安しき事なく、死して骸を脱せる魂魄こそ自在なる己れなるを悟り、死して地獄、極樂のなかるべし。徒らに迷信に惑ふなかれ。生々、一刻も大事とせよ。

九、

求道とて難行苦行の傳を以て、人を導くありきも、その導士に依りて雲泥の相違ありきを知るべし。人は身心の錬磨は叶ふれど、奇抜なる神通力を得る事、叶はざるなり。人は学に叶ふれども、学ばずして得るは叶はざるなり。信仰は己が精神の理趣にして、神の利益を願ひども、叶はざるなり。迷信に惑はず神を信仰せるは、無我心にして祈るこそよけれと曰ふ。心を磨き、體を練り、人との睦み欠くなく、和に長じたれ。眞理の精進を以て世に在るこそよけれ。

十、

神を稱名し、救済を祈りて、叶ふはまれなる奇蹟なり。人は富を願ひ、富にして權を願ひ、權にして不老長寿を願ふが如く、達しては限りなき己慾の邪心相きはまるなり。

己が慾道に障りあるものを滅し、またはおとしめて鬼道に入る者、多し。悪を造り乍ら、悪に非らずと己れを慢心し、是れを戒む者は敵とせり。なべて世にありける相は、是の如き邪見なり。信仰とて、己れの意に叶はざるものは正道に在りきも避けて、邪道に自から赴き、終には奈落に堕ひなむ。

また、人の上にある王をして、神と自からを號し、民をその信教に化せんは亡国を招く行爲なり。吾が丑寅日本国にては、人命を尊重し、荒覇吐神を信仰に、天地水、己れを安じ奉り、諸禍を招かざる祈りにこめて信仰とせり。己の他にあるは、神とし崇め睦み、和を以て世に在りければ、以上を望まず、無上の生きざまとせり。神は人の上に人を造らず、亦、人の下に人を造るなしとは、一族の古訓たり。

十一、

此の国は日高見の国と申すなん。丑寅に在り、古き天地の世に人の祖なりませき国なり。いとどしき世の去りにし世襲の相に安らぎを亂す賊に侵されけむより討物執りて国を護らひけむ。古きますらをの猛けき武の誉れ、国造りて日本国とぞ號しける。住つ人、長をしてなりませる阿蘇辺、津保化、熟、麁、の国、ひとつに併せて仰ぐ神、荒覇吐神と曰すなん。こぞりて人併せて名乗りけるは荒覇族と曰すたり。

十二、

倭の叡山僧坊に僧兵と曰す輩ありて、世襲の事ある毎に騒動を起したり。佛法をして討物執りて武家と對しては、もとよりの法門に反く行爲なり。依て、僧兵の最も威勢にありき院政の頃、平氏・源氏をして、天皇方・法皇方とて僧兵もまた相對したり。かゝる世襲の法門を憂ひて下山せる修行僧に一宗を立せんとて下山せる僧侶のなかに、時同じゆうして活路を開きたるは、法華宗の日連、念佛宗の法然、禪宗の道玄ありて大衆の信を得たり。爾来その法難を蒙むるも、衆生の心に深々の信仰を得て、各々一宗を立して今に遺るゝ次第なり。世、戦国となりては、僧兵も武に志して法門を去り、叡山も戦勢に寺閣を燒失せるありて寺院を討物執りて護る空しさを攺めたりと曰ふ。末法の世とて佛道の新興せしは、今に遺る淨土宗、眞宗、日蓮宗、曹洞宗にて諸国にその布教ぞ相渉りたり。

十三、

東日流に法門の新興ありきは、藤崎の地に平等教院、平賀に大光寺、鼻輪に三世寺、稲架には藥師堂、奥法に西光院、宇澗には十三宗寺、璤瑠澗には壇臨寺、上磯には觀世音寺、外浜に阿弥陀寺、宇曽利には阿吽寺、糠部には十王院の各寺院建立せり。然るに、此の寺閣の今に遺るは、東日流三千坊、耳なり。

十四、

安東一族の東日流治領の要は山靼往来、高麗往来、支那揚州往来にてその財を得たり。倭にては久しく異土往来を断つけるに、安東船は北海の海産物を豊かに積なしてその益を得たるなり。交易地産物は渡島、千島、流鬼島に得て往来欠く事もなかりけり。渡島の末尾間内、千島の羅臼、流鬼島のサガリィンに地人の地産と海産を得て異土往来は隆興す。

平氏、六波羅に在りし頃より若狹の小浜往来を赦され、これを京船とて北海の産物を商ひたり。依て、安東船の往来は築紫、難波、までも往来せり。然るに、倭の戦乱にかゝはりを避けて、通常ならず、常に変らざるは異土の交易のみたり。

十五、

日本將軍と曰ふは、初代安日彦大王より代々に日本国王たるの王位にあるを曰ふ。渡島・千島・流鬼島・丑寅本州の陸羽及び坂東のエカシに選抜されて成れる王位たり。中央・四方の五王ありて古代に成れる国治たり。古るき程に波斯の智識を入れてその歸化人も入れたり。依て金銀銅鉄の鎔鉱術を得たるも、倭人のさまたげありて丑寅の地は常に侵略され、速くも坂東の地は皇化に復したり。坂東を征してより、倭国にては日本国と奪號せり。依て奥州は防人を挙したるも、討物戦謀のおくるゝを突かれ倭兵の侵入に攻防をくりかえしけり。戦術なる要をして山靼に軍練を習ひ討物を造りけるはシキタイ風たり。

十六、

田舍郡に存在せる大根子神社は丑寅日本国大王を祀る社なり、此の地に水稲作の拓田あり、豊作を祈りて造りき宮なり。更に鼻輪なる三輪石神も然りなり、此の地に水稲初めて耕作せし處にてホコネ、イガトウと曰ふ稲神を祀りたり。もとより此の社は荒覇吐神の石神を祀りき處なり。凡そ三千年前の事にて、日本国にて稲作を試みたる地位にして、此の地を耶靡堆の三輪を號して名付たりと今に傳ふ處なり。

十七、

岩木山の麓なる石神と曰ふ處あり、古代のハララヤ跡に人の集落あり。此の地より長浜の神威丘に移りて大いに隆興す。荒覇吐神を像に造れるは此の地なり、奥州諸国の長老集ひてイシカホノリガコカムイの神事を衆を集めて成せる處なり。東方にツボケ山を拝しナアダムの神事諸行事のなせる處たり。

古くは外浜の地にて神事せるも八甲田山の噴震あり、石神に移り、更に神威丘に移りきものなりと、語部録に遺りけり。

ハララヤの移りきは代を降れる程に西南に移りて、日本將軍の威を高め更に坂東に五王を置きける。安倍川より糸魚川に至るゝ地溝帯より丑寅を日本国と稱したり。

十八、

富士山は日高見山と稱し峰に祀りき神は荒覇吐神たるに古来す。依て江戸城を築きける太田道觀も城神とて祀りきは荒覇吐神たり。

〽わがいほは 三保の松原 海近く
  富士の高嶺を 軒ばにぞ見る

と彼の古歌も遺しき。さる程に武藏の地は古き日本国の神々今に遺る多し。

倭国との堺は、東安倍川地峽を西糸魚川に至る丑寅を日本国たるの證たりぬ。甲州に日下部と曰ふあり、笛吹川なる小落にて倭軍との古戦場たり、倭軍との国境をして初なる戦たり。此の戦に赴きしは根子彦王にして、更に防人を募り加へて故地耶靡堆を奪回しけるは、世に孝元天皇とて遺り秋田系図にも遺りぬ。大王となりて倭国に君臨せるは、大祖耶靡堆彦大王が三輪にありき故事に習ひ、筑紫の者を追放し国を大和と稱し五畿七道に王位を布して、茲に日本国天皇たるの礎を築きぬ。神をして荒覇吐神としその信仰の一統を奉りぬ、倭に荒覇吐神の遺る故なり。

十九、

開化天皇は孝元天皇の皇子たり。位に付きてより信仰を攺め、武具を神器として奉じ旧なる神事を攺めたり。荒覇吐神たるの出雲大社・築紫の宇佐神宮・大元神社の古習を一変し、旧神器を壊し是を埋めて神礎とし日の神を祀りき。その添神とて九頭龍を大物主神とて祀りきも、荒覇吐神を棄てきれず門神とて本殿より外に出したり。依て奥州にては是を怒り、再参の旧復に請ども聞入れず遂には断交せりと曰ふ。

廿、

萬有の生とし生けるものに、生死ありて、代々に續く。生れ老いて死に逝くは生死の運命とて諦むは當然として、たゞ生死に、生老病死の四苦諦を成道とせる信仰の求道ありけるも、求道に何事の救済なかりきなり。

荒覇吐神の信仰に要たるは、生死のなかに永劫不死なる魂魄のあるを覚らざるは信仰も無常なりと説きぬ。生死とは心ならざる身體の事にて、老盡きては死の至るは當然の理りにて、その自身を不老不死に保つ難し。然るに、萬有生命に魂魄のあるを信じ難く、死を怖れざる者なかりけり。信仰と神とはかく眞理の不死なる魂魄の存在を悟り、生死の常は體生骸死は生命の脱皮の如く、古骸を脱し新生に甦えるは、死を以て成就ありと解きぬ。生體はもとよりの魂魄ありて、ゆるやかに成長せるものにて、生れし時より魂魄は時をして心格を完成せし後、復た死に赴く身體を離れ、新生への誕生に魂魄は、その父母に接して生るなり。是を生死轉生と曰ふ。依て、此の世に人格をして産れたる己れを能く悟り、積善の生涯を了る者は、その魂魄もまた新生にその授體の父母に愛まれて生れ育つなり。亦た、人格をして世に生れ乍ら、野獸の如く生涯を了りなば、新生に人格をして世に生るゝなく、その心のまゝなる生物に生るなり。

荒覇吐神信仰はかゝる人格を久遠に失ふなかりき心の金剛不壊を修する信仰なり。荒覇吐神とは、天なる宇宙より空間一切と、地になる萬有一切と、水なる一切を神格として崇むるものなれば、人に造れるを神とせず、信仰とせず、天然、自然の一切を神格とし、その行は稱名にして、アラハバキイシカホノリガコカムイとぞ申して、ヌササンにカムイノミを焚きて崇む信仰にして肝要たり。

廿一、

信仰に迷信あるべからず。神を語り、衆に散財を負す勿れ。亦、己れを神とせず、神がかりとて人衆を惑はすべからず。

神とは光りなり。熱にして寒なり。また暗にして宇宙無限なり。世にある總て神とて、日々の衣食住にその惠あるを祈る信仰こそ、神に達する誠心の信仰なり。古代丑寅日本国神は、是くある神の信仰にして、一統されたりと語部録に曰ふ。

神とは、風の如く、空征く雲の如く、人視に叶はざる相なり。神は明暗にして萬有を産なす神通力ぞ、全能たり。

廿二、

古き代の信仰とて無智無劫の信仰とて、なほざりにするべからず。能く心に覚つこそよけれ。古人の神に感得せるは、現代人の諸智に在る者の叶はざる信仰の靈力ありきと曰ふ。荒覇吐神とは、古代シュメールのカルデア民にて感得され、グデア王、ギルガメシュ王にて、その信仰の叙事詩ぞ、文字を以てその眞理を今に傳へたるものなり。

古代オリエントの神信仰の故因は、かくアラ、ハバキ神にて、世界に信仰相分岐せりと曰して過言はなかりきなり。エジプト、エスラエル、ギリシア、トルコ、シキタイ、モンゴル、天竺、支那、諸々の信仰の原点に在るは、古代シュメールに發祥せりと曰ふ。

神信仰を文字に以て傳ふるは、古代にしてシュメールのみなりと曰ふ。

廿三、

丑寅日本国の衆をして、倭神の迷信に堕ゆるべからず。佛法またその宗に依りては、信ずるに足らん。信仰の眞理は、天地水の天然、自然、を因明果成にして如何なる信仰の眞理ぞなかるべし。神とは、化科の要にして、人師論師の説く悟道に、何事の化科ぞなかりける。宇宙の創りより、總ては因と果の化科にて成れるものなり。人は生死のなかに神を想定し、心の安らぎとせるも、人は神を造り、信仰を造りて衆を惑はす。信仰をして殺伐を起し、その迷信に殉ぜしは、世界史の明白たり。信仰も權者に掌中さるものは、己がまゝなる神を造り、信仰をも意のままに造り、他教を異教徒とて圧し、猶、從はざる者を誅すは世襲たり。

丑寅日本国は唐書にも出で来るを、是を倭史は除きけるが如く、荒覇吐の神を外神とせるも、世襲の相なりき。然るにや、世に在る史實の滅ぶるはなかりきなり。吾が奥州にては語部録ありて、代々の圧政に免れたり。東日流、宇曽利の地に渡島より移住せる土民多く、安東一族として海産に益したり。

安東船とは、北海に海幸を振興して、地の住民富めり。常にして東日流の十三湊、宇曽利の川内、糠部の鮫湊は、東北海の幸を量産し、安東船の山靼交易、高麗交易、支那揚州交易に益したり。

佛法諸宗の智識を得んとて、相内山王に十三宗寺を建立して智識を異土に求め、安東船は元国と交易を大にして、民族クリルタイに招されたり。

廿四、

黑龍江往来とは山靼のチタに船を往来せる河航の旅ぞ、海航よりその距離に在りぬ。此の地は無住なるも、クリルタイの催さる地にして、夏に仮住む諸族の集ふるナーダムの祭處たり。一年に一度びのブルハン神の祭事にして、集ふる民族、百族を越ゆなり。

紅毛人国より来る商人も多く、その商易多採たり。古きよりクリルタイに掟あり。旅商人を襲ふあらば、萬里の草に分つとも、捕ひて死罪とせり。クリルタイの掟とは、是の如くなればなり。丑寅日本国は古きより山靼の往来に在りて、国運の助とせるなり。

西域なる波斯の国、シキタイ、トルコ、ギリシア、エスラエル、エジプト、シュメール、の国々は、古代に人の理想たる人造り、国造りを果したり。然かるに、国をして侵略あり。戦を以て国を征するを常とせり。古代シュメールのチグリス、ユウフラテスの流域に榮ひたるシュメール国もかくありて亡びたり。依て、民は諸国に四散して復興なかりき。

廿五、

十三湊より渡島、流鬼島、を經て黑龍江を逆登りて山靼に至り、その往来、百二十五日なり。古きより、この往来をクリルタイの道として、バイカル湖の神、ブルハン神への巡禮の道とて往来せり。アルタイに續くモンゴル大平原を波斯に至るなり。

吾が国より此の国に移り来たるあり。また渡来しける山靼民も多し。国、擴しとて極寒にして、住人、牧をなして暮らせり。住居は小木を組みなしたるに獸皮を二重に冠して、パオとや曰ふ仮住家にて居住せり。

ギリヤーク、オロッコ、オロチョン、ウデゲ、ブリヤート、の民は古きより極北までも狩獵し、北峽をアラスカに越えにして、今に原住せるイスキモー族、その大地を南に子孫を遺せるインディアン族、イディオ族は、パナマの地峽に遺せる石殿の遺石ぞ、今に荘嚴たる大遺蹟たりと曰ふなり。その大陸を横断し、アンデス山の連峯は赤道、黄道、に越えて子孫と遺跡を遺しきは、古代エジプト、ギリシアの如し。

廿六、

人の世に出づる猿猴よりの分岐より、智能に進化して世界に住分たる人の歴史に、現人も及ばざる智惠あるを知るべし。石を割りて刃を造り、土を燒きて器を造り、石を碎きて金銀銅鉄を鎔鑛せる人の智能たるや偉大なりき。抑々、太古にして宇宙を想定し、その運行を極めたり。暦を造りて歳月を知り、月の満欠より潮の干満を知りぬ。

神を想定し、信仰を理想として、人生の生死に心の安らぎを以て安心立命とせしは、まさにその哲理や古代の程に成實たり。幸を求めて新天地に移住し、子孫を擴げ、その生々なる智慧は、地産に依りて生々を自らに衣食住の習俗とせり。古代人をして自然に反かず、風土に習へて生々せるは、人の習性を異にせるも、萬有のなかに人をして一種の分岐たるを知るべし。爭ふ勿れ。睦むべきは、人の世界、人の生々にして泰平こそ護るべくにして、人命を尊重すべし。

廿七、

丑寅日本国には太古の遺證多し。然るに、是を蝦夷の遺物とて忌むありるにせしは倭人なり。古き民族の王国たるの證は、ことごとく壊滅され、たゞ金銀の類なるを探奪せり。かくある倭人の奥州に戦を以て侵入しけるは通常にして、尋常ならざるの行爲なり。古きは田道將軍の蝦夷征伐より奥州に戦を以て征戦し、民住の地より金銀の遺物を奪取せるは、前九年の役、後三年の役、平泉攻略に至るゝ倭人の盗賊行爲たり。依て、安倍一族にはその故に秘を以て遺せる遺寶の十重、二十重の秘に、古代より積藏せる遺寶の再挙に用ゆを、今に遺せしは、安倍、安東、秋田氏に至るゝ祖々の遺財、遺産たり。

末代に安倍一族をして權謀の倭人に乗ぜず、世襲に習へて極秘の急に消費に乗ぜず、此の国の滅亡に窮せるに急要とす。代々に是を護れかしと茲に申置くものなり。

享和壬戌年   秋田孝季 和田壱岐

廿八、

渡島松前に阿吽寺あり。古き飛鳥の像を守尊とせり。嘉吉三年、十三湊噴舘神護寺の遺像なり。十三湊山王坊に創まれるは十三千坊にして、東日流三千坊のひとつなり。

十三宗寺に創り、阿吽寺、長谷寺、禪林寺、三井寺、龍興寺、春品觀音堂、神護寺、十三湊壇臨時、らの寺閣を遺したる十三左衛門尉秀榮の功跡も興国の津浪に依りて、夢のまた夢に消滅せしは、惜しむらく。

廿九、

本巻の綴りに紙の古紙を用ひきは、誠に以て申譯も無く恥入り仕る。百姓にして貧しく、役目も去りては収なく古紙を乞請ての史書たるを、吾が貧しさの故なりと察し願はしく、容赦あれ。此の書は祖より幾代に渡りて集むる丑寅日本国の集史なり。

眞僞の勞、子孫の累代に委せて、今はたゞ書写すに明け暮れ居れり。必ず吾が勞を世浴にあるべきを信じてやまざるなり。

末吉

和田末吉 印

 

制作:F_kikaku