北鑑 第廿九巻

注言
 此の書は他見無用門外不出也。能く心得て失書あるべからず。

秋田孝季

諸翁聞取帳 一、

稲作と曰ふは、東北に於て古代を如實に示せる史證にして稲架、三輪邑の地中より太古なる農具の出づるありて知れり。此の古代なる稲田の崩滅せるは、岩木山、八甲田山の交互なる大噴火にて地位に変異あり、降灰、洪水の故に、人は移り廢墟と相成れり。

古代なる稲は、ホコスネ、イガスネ、と曰ふ稲の二種なり。両種ともに穗先に鉾の如き長き毬のありき籾にて、支那より東日流に漂着せし晋の群公子一族の水田を創むる丑寅日本国の初なる農耕たり。然るに、寒冷の東日流にては、耶靡堆より落着せし安日彦大王より地民に賜りたる粟と稗にて飢に救はれたり。東日流にては、三方の海に漁ありけるも、稲田の耕作、渡来人の多かることとなり、宇曽利族、津保化族、阿蘇部族、の集落をなせるありて、稲田を失なふるは餓死の他、術あらざる大事のときたり。

二、

安東時季が入唐の時に、地論宗と曰ふ十地經論を根本とせる宗旨を知りぬ。北魏の慧光律師光統を祖とす。十地經論とは北魏の宣武帝の勅を奉じ、北天竺の菩提留支、中天竺の勤那摩提、北天竺の佛陀扇多らの共譯せしも、三聖の所見異にして、三著の譯書と相成りぬ。慧光は三者同意比較なし、留支及び勤那の義を合楺して一本と成らしめたるは、現なる十二巻なり。これぞ集結し、地論宗興起の根元をならしめたり。爾来、慧光、教を稟けたる法上、慧順、道憑、慧遠、ら及び其の門下を南道師と曰ふ。菩提留支に受学せし道寵一派を北道師と曰ふ。然るに、唐の玄奘、窺基の祖傳せる法相宗が興り、更に法藏が華嚴宗を開くや、併合されたるも、安東時季は初期なる十地經論を執着して、その旧巻を得て歸郷し、是を能く讀取りて、秋田なる日積寺に十地論講を設して、十地論講の要旨は、無始終とは眞如にして、悟に至たらんは地論宗なりとて主唱せり。

四論とは、龍樹の中論四巻、十二門論一巻、大智度論百巻、提婆の百論二巻なりと曰ふ。安東時季はこの他、旭川補陀寺、土崎湊福王寺、檜山西明寺にても十地經論を説きたるも振はざりき。

三、

東日流荒覇吐神外道教に梨倶吠陀論書と曰ふあり。四部にあり、一は利倶、二は婆磨、三は夜柔、四は阿闥婆、と曰ふなり。

天竺古代アールヤ民族、天竺西北隅なる山嶽より五河の地に大移住し来たり。時に詠じたる讃嘆ありき。是れを集したる十巻の詩集になるは、千二十八首なり。彼の民は古代のシュメール民アリヤ族の系なれば、天地自然神祈願をなし、アラ、ハバキ、ルガルの神を儀禮とせしも、此の地に移りては大禮を宗教世俗にして、天地自然神に婚姻、葬儀、歴史、慰安、教訓、格言、掟、哲理、神信仰に讃嘆を以て神を稱ふ。火の神アグニ、酒の神インドラ、雷神ワーユ、風の神マルツ、嵐の神ルドラ、破壊の神パルジャニヤ、雨の神スールヤ、水の神サビトリ、大河の神ビシュヌ、湖の神プシャン、海の神ミトラ、日輪の神ウシャス、暁の神マシュビン、と曰ふなり。

此の神は佛教徒及びヒンズー教徒にしては外道なるも、宇宙の創造より大地の開闢を根本聖典とす。依て、安東氏は是を石塔山荒覇吐神社に、これをアールヤの神とて、石像を造りて祀りたるは建治二年八月六日なり。

山中西に境内あり、異様なる像、今に遺りきはそれなり。

四、

東日流、秋田の古寺に阿羅邏迦蘭仙人を祀りきあり。天竺の數論派の学者にして、天竺毘舍離城の近仙に住み、釋尊が苦行中、婆迦仙人や鬱頭仙人の許を辞して阿羅邏迦蘭仙人に出離得脱の求道に教へを請ふれば、次の如くの悟道を授けたり。諸行無常是生滅法生滅滅己寂滅爲樂、是の如きを教へたり。

仙人は婆羅門にて、婆羅門、刹帝利、毘舍、首陀羅、の一にて、淨行、淨志、淨裔、と曰ふ。梵天觀知の理智冥想の一大哲理の優婆尼沙土書あり。婆羅門教は、尼耶也、吠世央迦、僧佉、瑜伽、彌曼差、吠檀多、の六派を分出し、釋尊出世時の最上教なり。

就中、僧佉、吠世央迦、吠檀多、の三派は婆羅門哲理を總じ瑜伽、彌曼差、の二派は宗を代總す。婆羅門教の要は、人我の輪廻論、外界實有論なり。また生々のしるべに、人我は絶對者たる神我の一部にして唯一時の妄念に遮せられて迷約心情となり、迷境に輪廻故に妄念を除きては、人我は終に絶對靈とに合致せる。是れ究竟境にして外界は僧佉、之を永劫不滅の梵天所造と説き、吠檀多、は無始以来恒有の妄念なりと説きぬ。また實有論とす教條には、摩拏法典と稱し要旨とせり。

是、吾が安東一族も重じて奥州、奥羽に阿羅邏迦蘭仙人をかく祀りきものなり。

右、萬藏寺 良覚坊

五、

安東一族の外道に六種ありと曰ふなり。

その一に自餓外道と曰ふあり。飲食を断って飢餓を忍ぶと曰ふもの。その二は、投渕外道とて、寒中身を渕に投じて凍苦を忍ぶと曰ふもの。その三は、赴火外道とて、火にて身を炙り、熱を忍ぶものを曰ふ。その四には、寂默外道とて屍林塚間に住し、默して語らず。牛狗外道の如くは、人世に人に非らざる世捨ての行に耐ゆるものを曰ふ。安東海士の流たり。安東氏の一族は能く外道を行に入れて、身心を鍛えたり。また外道の誠とて能く行じたり。

六、

東日流中山に大藏山と曰ふありぬ。十三湊なる璤瑠澗に、この山ぞ見ゆ處に阿弥陀川ぞ流れ、邑ありて蓬田と稱す。大舘と小舘あり。何れも平城にして堀をめぐらして圍めり。

金光坊圓證、此の阿弥陀川より一躯の阿弥陀如来像、川に流るゝを拾ひり。

されば此の像の安置せる寺のありきを尋ぬるも、誰れぞ知るものなし。されば大藏山なる峯六澤に隱せし大乗經の守護とて、草堂に安置せし像なるかとて、その草堂を尋ぬるも、在所知ること叶はざるなり。

丑寅に渡来せし大乗經は至元丁丑年、その元本と曰ふを安東船主安東忠季、元帝順宗より拝賜給ふたり。大乗經とは一切經、または三藏經とも曰ふなり。主部が經、律、論、と重譯されし、蒙古古藏經なり。これを北方藏經とて、後漢の明帝より至言録に依りては、五千五百八十六巻と曰ふ。丑寅日本に賜りたるは、是に添ひて小乗經の聲聞乗經、縁覚乗經を併せ六百巻、永代藏管に漆に固封せし經藏にて、箱毎六個に、南、無、阿、弥、陀、佛、の金文字をなして、安東忠季に賜れり。依て、忠季、黄金六十貫を禮献せりと曰ふなり。この經を大藏山に秘藏とても、定かなるなし。

七、

天竺とは、アールヤ賊の付名にて、シンドと曰ふが始めての国稱なり。此の国にはママ種の禮法あり。發言間訉、俯首示教、柔首高揖、合掌手拱、屈膝長脆、手肘據地、五輪着地、五體投地なり。

天竺には五精舍あり。鞞婆羅跋恕、薩多般那求呵、因陀羅世羅求呵、薩簸恕魂直迦鉢婆羅、耆闍崛、の五寺にて月名も異なせり。一、制怛羅月、二、舍佉月、三、逝瑟吒月、四、頞沙荼月、五、室羅伐拏月、六、婆達羅鉢陀月、七、頞濕庾闍月、八、迦剌底迦月、九、末伽始羅月、十、報沙月、十一、磨伽月、十二、頗勒窶拏月、と曰ふなり。天竺には外道多し。

八、

東日流より三陸羽後の海浜に金毘羅宮、多し。されば金毘羅とは如何なる神か、また外道の神か知るべきなり。この神の別稱あり。禁毘羅、又、宮毘羅とも曰ふ。また威如王、蛟龍、とも譯すなり。日夜十二時を守護せる藥師十二神將の一にして、多くの夜叉衆を主領し、誓って佛法を守護奉る夜叉神王の上首たり。東日流にては、金刀比羅神社とて鎭宮せしなり。天竺にては、禁毘羅、又、軍毘羅とは鰐にことなり。天竺にては恒河に産し、六尺なるを普通とし、大なるは一丈三尺、それ以上のものも生息すと曰ふ。

金毘羅もひとつの説にては、劫賓那また劫庀那、劫譬那、劫比拏、迦賓菟、金毘羅とも書きぬ。憣薩羅国の人に釋尊の弟子にて房宿と名ある所以は、父母が房星に祷りて生みたる故にて、能く天文暦數に通じ、佛弟子中、知星宿第一と稱さる、金毘羅または金刀比羅神なるか。安東船にては船神または龍神、海神、に祭祀せるぞ多し。然るに、能くぞ審しては以上の多説あるを知るべし。

九、

山靼を別稱せるに波斯シキタイ国、波紫ペルシャ国とも曰ふ。更には、波嘶ギリシア波刺流シュメール波刺斯トルコ波囉悉エジプトらを曰ふなり。紅毛人国、黑人国、黄人国、と曰ひとも、一稱にして山靼と書くは、語部録なりと覚つべし。丑寅日本史は山靼を知らずして太古なる人祖の故事を得ること難きなり。代々の移りに世界は変り、民族の入替り、戦なる廢虚となれるもありて、歴史の古事は留めがたし。依て、山靼とて總稱せしものと曰ふなり。太古より変らざるは、クリルタイの盟約にて、商隊を襲ふことは、如何なる国々にても破ることぞなかりき。彼の元国とてクリルタイの盟約は護りたりと曰ふ。即ち、商隊の至らざる国は世襲に消ゆるのみたり。

クリルタイとは山靼諸国を自在に商ふ者にして世の文明を報ずるの使者なりき。若し商隊を襲ふてその物品ぞ盗るあらば、まづ放たれるは傳達鳩にて知らさるなり。それを受けにし者は、その事起りき地位にありき、地主及び商隊らに急報され、如何に遁隱せるも賊は誅されたり。この盟約をクリルタイと曰ふなり。商隊は山靼にて三萬人を越ゆる組ありて、シュメールのグデア王が民族を越えたる商人の權を、このクリルタイの盟約にて、国の出入り自在とせるにぞ、創まりたるものと能く心得ふべきなり。

十、

語部録に曰く。世界を見ずして語る勿れ。亦、風聞にて史書とする勿れ。と曰ふ。誠に然なる献言鐘なり。亦、他書にあさり、自加にして史書を造る勿れ、とも注告せり。

求め知るべくの要は、生命を賭にして身心を以て探求ありて然るべくの實相史に遇せんとも訓ぜり。抑々、世に多きは、また聞きの外史ぞ多きは、来たらずして記せるマルコポーロの東方見聞録にて吾が国を記せるが如し。山靼の商隊は何事も商の事になる外は国と国との間諜をせず同處に駐まることなし。ましてや国情を探りて賄をなせる者は、商隊の掟に誅さるゝなり。国を脱し戦に落行く者は商隊は救世主たり。古代シュメール民が東方に遁住せるに至るも、その救ひに導かれたるものなり。

かく落人の安住は商隊傳達の鳩にて達せられしより、鳩は泰平をもたらせる聖鳥とて、山靼民族は神鳥とせり。依て、山靼諸民は鳩を飼ふあり。能く傳達に用ひたり。その故に文字を知り、文字を書くるの智識に至れるは、古代シュメール民の智慧たり。

宇宙に北極星を見當にして一族の幾千里に惑ふなく、故ある地への到着、また暦を知りて子孫に傳へたり。吾が国の語部文字の起原なるは、古代シュメール民の傳達せる因源にあるを能く知るべし。今に用ふるめくら暦を見よ。

十一、私記

見ずして語る勿れ。聞きてのみ書く勿れ。触らずして感触を言ふ勿れ。他書を自己に評する勿れ。自記に自讃する勿れ。机上記より巡脚記なり。知らざれば、知得に努めよ。
是の如く常に曰ふは秋田孝季翁なり。

由ある橘氏に生じ、母の復縁にて秋田氏となり、中年の後期、公私ともに世界を渡りて国禁に秘し、幕費を以て山靼を巡脚せし仁は前代未聞の成果たり。然るに田沼氏の失脚にて、總ては水泡となりにしも、茲に丑寅日本の史を完遂す。

生々流轉、たゞ旅の夜風に臥して筆なせる六十餘州の地に安倍、安東、秋田氏に縁るを訪れ記せし數のそのまゝに、未だ世に出でざるは空しくとも、何時代にか大翼をせんと、我は今日も書写に暮れ行きぬ。虫喰ひのうらめしき續書の叶はざるも多ければ、徒らに時を渡りぬ。

恥し乍ら語部文字の譯讀叶はず、元字にて記せる多し。また難しきは佛語にして、今更に祖々の勞を愢ぶものなり。吾れも老たり。細字を記すも叶はず、貴重なる紙面ぞ大書に満てり。眼鏡ぞ欲せるも、高價にして得たれず、夜書に灯の菜油もまたまゝならざる貧窮なり。古紙に以てようやく記せるも、吾が餘命幾ばくぞ、老逝くに起筆もまゝならざるは恨めしきなり。今はたゞ祖遺の書物を遺しきに、朝夕の神に祈りつ、今年も暮れんとす。想へば永き歳月なり。然して、命脈のある限り、歴史の写に盡さんは、吾が想ひなり。

十二、

安東一族の菩提寺をして書に遺るは、十大弟子像と十六羅漢像の事なり。
先づ十三湊阿吽寺に納むと曰ふは、

以上が十大弟子なり。更に次は十六羅漢ありぬ。

右は十六羅漢にて、何れも等身と曰ふ。十三宗寺にては、この他に次の像ありき。

右は、王子十六像也。次には十六善神像ありぬ。

右は十六善神と曰ふ。更には、十三佛、在す。

右、十三佛也。次に十王ありき。

右、十一王にして成れり。更には十二神將在りぬ。

右以て、本尊の三方に安置ありと曰ふは、十三湊弘智日記なり。

十三、

安倍一族はもとより佛法たるに歸依せるは世襲の例に仮信せしものにして、心中に荒覇吐神を信仰を棄つるはなかりきなり。依て外道の教を入れて大いに荒覇吐神への併説を以て、信仰の求道に衆をして荒覇吐神の信仰を深妙を不動とせり。外道とは佛教徒の曰ふ言葉にて、佛法の他ぞ皆外道とぞ曰ふなん。安倍一族にして外道を学ぶは誰れとて自在なりせば、世界に通ぜる海に求めて旅立つ者多し。以て、十三湊にては安東船の長航に耐ふる造船なれりと曰ふなり。

佛法に深く歸依せるは、十三左衛門秀榮、秀寿、秀元、秀直の四代にして、北の佛都とまでに、その信仰三陸及び羽州までに渡れりと曰ふなり。秀榮の曰く。

佛道の三寶に厚く歸依せる事は、三界所造の魔障を断って、佛の無上道に引導さるゝのしるべなり。佛の大慈悲は、衆生をして母の如く、父の如し。依て、一人とて攝取に見落せるはなし。三寶とは佛法僧にして求めて苦行に非らず、山王坊精舍に十三宗門を開き置けり。求めて己れに心の安らぐ法門に入るは何人とも自在にして、何れの法門とて衆生に出入るは自在たり。心の選譯成れる道門に、己が住生までに禪定あるべし。佛は人を救ふべくに存し、外道にぞ心轉倒せざれば、浂は救済に達せん。唯一向に佛を念じ、經讀を強ふるに非らず。唯稱ふるは佛の稱名にて叶ふなり。

十四、

弘智法印は、奥州栗原の出なり。僧となりけるは三十六歳にして、京師に眞言宗を学び、北嶺に四年、三井寺に宿行す。

十三湊、津浪とぞ聞きて、若狹の小浜より安東船にて東日流に入れり。時、興国元年七月なり。山王坊に入りて阿吽寺を宿坊とし、十三湊より江留間郡を巡脚す。

まさに津浪の跡ぞ惨たりぬ。人馬の死臭ぞ四辺に漂ひ、破船・残材・海浜をはるけき處に流着し、郷至る處に水吹きあぐる土穴かしこたり。鴉のつひばむを見ゆれば、人屍なり。東日流板乃木に逆流せし海潮の浪災ぞ、死者十萬とぞ人は曰ふなり。弘智法印浪殉せる災者供養に、唐崎に地藏堂を建立して千體佛を死者の殉地に埋めて供養せる後京師に歸りて、何處に在るや知る人もなかりきも、東日流に遺せし十三往来の文、今に遺りき。更に弘智法印の地藏延命記の遺せるを、茲に記せん。

夫れ、往生の理りは佛陀の諸經に心赴かざれば、外道の理趣に古固を脱せざるなり。佛道とて諸處に法門あれども、是の浪災ありては参寺の衆もなし。尋ぬるに荒覇吐神なる忿怒ぞと怖る多し。依て、茲に延命地藏を以て往生の六道の輪廻を説きなん。

とて、三巻を遺しぬ。

十五、外道論より

都度に説く荒覇吐神信仰に、行に於て何事の難しきはなけれども、此の神の本體は天然・自然なれば、神像を造りて祭るは元来無ける神事なり。また家中に祀ることもなかりき。家中に祀るは汚れを祀るが如しと曰ふなり。されば神像なく神棚も無くば、どこを拝むるやと曰ふありて、説かん。神は常に外にあり、天然・自然みなゝがら神なり。神は人の造れる金銀にて造らる像とて靈の入ることなけん。神は自然の相そのものなり。依て、人の生死も、神なる䏎に生れ、その䏎に死して逝く運命なり。何故か人は死を怖れ、心轉倒す。神の䏎とは大地なり。生命を保つは、水と餌なり。されば、その餌となるも生命なり。その生命とて、人と同じく神の天地に誕生せしは、人に同じけるなり。一日生きる人の生命を保つ餌とぞなりる他生の生命を想ふべし。水のみに生々は叶はず、水なくしても叶ふなかりき、虚空を吸ひ、餌を食して保つ生命こそ荒覇吐なり。

十六、外道論より

宇宙創造の神は荒覇吐神にて外道の大要にても證すなり。信仰に非らず迷信に非らず、因と果にそのなるべくしてなれる宇宙の創めは、無𫞫より有質となれる哲理の果にて、宇宙は大光熱に暗を燒き、その燒跡に残りき宇宙塵より永き時を經て集縮し、星雲となり、猶、濃縮し星々の誕生となれり。暗黑に光る恒星、かしこに宇宙ぞ星の廻遊せる銀河の輝きぞ、絶ゆなきなり。宇宙誕生よりはるかに時を降り成れる日輪と、その軌道星たる日輪第三惑星、地星の誕生は日輪の餘質にて誕生せりと曰ふなり。かく因と果の有無より、外道にては是を理学せるは誠に以て、信仰に宗教を越えにして説きたるぞ、外道の大成果たり。因の無か有なるか、果の有か無なるか。空しき理論と思ひども、因と果に哲理を化と科とせば、無は無ならず、質は質ならざるの量子なる力学と相成りて、無より質の誕生せるありとせるは、外道の理学たり。

かくある外道の想ひぞ、はるかなる古代に人の心髄に生じたるは、褒むべき哲理なり。されば、宗を立して支派、暗に釋尊の一法を分離せる宗派の如きは、信じるに足らんとぞ安倍、安東氏は察せり。

十七、外道論より

大地に生々萬物の生命體の誕生し、子孫耐生の進化を自から心身にその化身に生々を求むれば、代々正史を經たる後代に於て成れるは進化の奇なるところなり。翼なきに空を飛ぶ獸、翼ありきに飛ばざる鳥あり。更には、魚に非らずして海に泳せる鯨の如きは、生々に子孫を遺すべく、進化と退化を以て萬物は今も世襲地界風土に生々せり。追はれるものは、追ふものに、小なるは大に、進退の化は今も萬物をしてなせる中に、人間ほどに萬物の先端にあるべきはなかりけり。

外道にして是を曰ひたれば、因と果の奇併成長と曰ふ。動かざる石土にも、その因と果に分岐せば、その質に金銀銅鉄あり。大爆發質前含むありぬ。秋田の地湧油、渡島にては燃ゆる石あり。人の智は、土石を以て刃を作り、諸器を究造せるは、久遠に子孫をして、大空に飛び、水潜に大洋を渡りて、生々の便とせる世の来たらむを、外道にては説けり。

喇嘛耶那とは、人類の滅亡を餘言し、その末路にては鉄をも溶かせる大光熱と、海ぞ凍り、波立つなき大暗黑冷に死滅せると曰ふ。はたせるかな、是の世を招くは人間なり。と餘言せり。喇嘛耶那とは何か。外道の聖り、の他に知る人もなかりき。人の智は大自然力に一瞬刻も無能たり。

十八、外道論より

抑々、外道とは、釋尊が世に在る頃より六種の外道ありぬ。外教、外学、外法、とて支那に渡りたる頃にては、九十六種となりて神聖なる隱遁者の奥義たり。然るに、佛教徒はこれを邪説外道として、世に悪評を遺しぬ。然るに外道は絶ゆなく、外道四執義、外法九十六書、また、外学因果論、外教無因果論、を遺したり。丑寅日本国に渡らしめたるは、外道十六宗の論師、蒙古のブルヤート族長の傳へし、外道の北魏菩提流支譯なる提婆菩薩釋楞伽經中外道小乗四宗論、及び外道小乗涅槃論、楞伽外道論、釋外道淺近錯謬論、外道二十種論、らの諸書を佛典として渡来せしものなるも、是を大事とせしは、安東太郎貞季なり。常にして、是を讀みて佛法の夢幻よりこれぞ實成たりとて、臣の者に学ばしむを、外法学とて、大いに流盛せり。もとより安東一族は、佛法を得べくを信仰の象とせず、外道の哲理に一心不乱たりと曰ふ。

以上越野文書より

十九、

諸々の理論にも成り立たざる領域より生じたるは、宇宙誕生の實體なり。無界、たゞ暗と冷なる時も無き因か果か何れにも明解に及ばざる、眞空の一点より起爆し、その冷暗を瞬時に光と熱にて燒盡くされたる跡に残れし粉塵が宇宙構造の物質となり、外道理論の因の無より生じたる有の果なる理論の成立なり。即ち、無因より有果となりにし宇宙誕生論の事は、外道の因と果になる哲理にて、化科の成立相成りきは、彼の釋尊が、在の生死の離脱論より萬論に決し難きを決したる宇宙誕生論理たり。

大光熱に依りて無盡の冷暗を燒き去りし跡に幽かに残りし燒残物質こそ、化科の因果にして、無有の因果なり。かゝる實成哲理を以て、衆生に生死の因と果を説きける外道の眞理を佛陀の無常論は、諸々の事は無常にして、生死は生老病死の四苦諦に決し、四苦諦こそ解脱なる悟道の赴く極樂世界なりとせる佛陀論に、外道の聖者は、因と果は一連にして創り、宇宙も星の誕生も、死も、地にある萬物の生死は因と果に化科せる無と有の輪轉にして、生死の事も解脱を悟とせるに眞理なく因と果は不滅に在續すと説きたり。即ち、生は死への赴きにして、死は生への赴きなりと解くは、外道の人界よりはるかに溯る宇宙誕生時の瞬より創り、因は起にして生なれば、果は滅にして死なるも、生死は久遠に不滅にして、たゞ生死の輪廻轉生なり、と説ける外道の無上理論たり。然るに、佛陀の門徒は夢幻の如き説話に求道の當達を無疑の解脱とし、外道をそしるは今に遺りぬ。

越野記書より

二十、

外道に定まる要旨に萬論の覚ひ難きは、無にして、一論に覚ひ得る理論こそ人とし生れ死に至るゝ安心立命の不滅なる眞理なりとて、吾が丑寅日本国の国神信仰の如く、天に仰ぎ地に伏し、水に沐浴して清め摩訶喇嘛耶那と稱ふのみにて、他一切は無かりけり。まさにアラハバキイシカホノリガコカムイと稱ふが如し。

越野文書より

廿一、

十三湊、湊迎寺及び東日流諸寺に地獄繪を正月十五日に十軸をかけて説く習ひあり。

その地獄説に曰く。地獄とは、その別稱を那落迦、泥犁、不樂、可厭、無有、無幸處、などありぬ。地獄とは意譯なり。三途、三悪道、六趣、の一にして、衆生が自ら造れる悪業に由りて趣くべく地底牢獄、閻浮州の下、二萬由旬を過ぎ、無間地獄があると曰ふなり。縦廣並に深さ二萬由旬の中に重層して、大焦熱、焦熱、大叫喚、叫喚、衆合、黑縄、らの七地獄あり、之を八熱地獄と曰ふ。此の八熱地獄の各々四面に四門あり。その門外に各々四小地獄ありぬ。これを併して十六遊増地獄と曰ふなり。八熱地獄と併して、百三十六と相成りぬ。又、八熱地獄の周圍を見れば、横に頞部陀、尼刺部陀、頞哳吒、臛々婆、摩訶鉢特摩、虎虎婆、嗢鉢羅、鉢特摩、ありぬ。また山間嚝野に散在せる地獄を孤獨地獄と曰ふ。地獄道は六道の地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人、天、の一なり。罪悪衆生が死後に生きるを地獄と曰ふ。蓋し、道とは因に名付くものの、名にて善悪の業が人をして悪處に趣かしむる意にて道といひ、此の道の詣る處の意で、あたかも地獄道と曰ふなり。

廿二、

餓鬼道と曰ふありて、是もまた東日流の諸寺に存す。是を薛茘多とぞ稱し、閉戻多、閉黎多、鞞禮多、卑利多、辟茘多、弥茘多、茘辟、と曰ふ。巴利語にては閉多、西藏語にてはイーダと曰ひり。これは逝者の義にて、鬼と譯し、支那にては死者の靈を鬼と曰ふ。

天竺にては、嗣子なく父母祖の靈を祀らざれば、其の靈魂は鬼界に堕して、苦痛を受けるとぞ信ぜらるに基きぬ。而して、人間、最初の死者にて、劫初に冥土の路を開いた者は閻魔大王、即ち、吠陀の代なるとヤマ王で其の世界を閻魔五界と曰ふ。これを餓鬼の世界とも曰ふ。或は餓鬼所在の世界とも曰ふなり。是を茘多世界と曰ふ。餓鬼世界にて閻魔大王が主たり。餓鬼に就ては次の教典ありぬ。大毘婆沙論、大智度論、瑜伽師地論、順正理論、正法念處經、業報差別經、是の如く在書遺りぬ。餓鬼道とは、六道の修羅をも加ふなり。その道とは道路の意にて、餓鬼となるべき業因を造りし者の行くべき道にて、位地は閻浮提洲の下五百由旬にあり。廣さ三萬六千由旬なりと曰ふ。七月一日より十五日の間、悪趣に堕し、飢餓に苦しむ無縁の亡者の靈を弔ふ爲に飲食を廻施する法會あり、之を布施する者は、災難に短命を免がれると曰ふ。

廿三、

東日流にては金木なる川倉と曰ふ處に西(賽)院地藏あり。宇曽利にては、恐山に西院ありて地藏を祀るありぬ。此の地の他、十三湊の湊迎寺、唐崎なる西(賽)院に安置さるゝ地藏尊は、幼くして逝きたる童の靈、婚禮を前に逝きたる若き男女、また亡き親の靈を祀り、生前の顔に似せて、石工に賴み、その亡者の用いし遺物も添へて安置せる數ぞ、幾千躯、地藏乍らも参人は、亡き亡者の名を呼びて供養す。石に猶ほ叫ばん母の聲、父の聲、是れに靈媒せるイタコの告げに涙せる人々、宇曽利と東日流の風物詩たり。地藏和讃を稱へ乍ら、石を積むる母の亡き子への慈悲ぞ、ずんと胸を突く想ひに、誰しも合掌す。

地藏尊を祀るは、賽の河原と稱しぬ。佐比河原、佐井河原とも曰ふなり。小兒の赴く地獄の名とも曰ふ。中古来、行はれし俗説にして、母胎の受けた苦痛に對せる思に報いず、幼にして死せる幼兒は其處に来りて、種々の苦痛を受くといふ。詳細は、地藏和讃、賽の河原和歌にありき如くなり。

名稱の起原は、柱川、鴨川、の合する京師の鳥羽村大字塔の森の南佐比の河原ありて起因すと曰ふも、宇曽利の佐井なる岩佛に由来すとも曰ふ。

廿四、日高見歌暦 上、

〽なれはしも 無異の義あらば もんだはず
  虎の尾を踏む 心なくれそ

〽立ちすがり 袂にうくる 秋の風
  ありつる人の 心うつろふ

〽東日流野に 骨を埋めんと 心得も
  風に任する 眞如朽ず

〽はま梨の 香る砂山 崩れ越ゆ
  海の磯波 かつささそむる

〽片そぎの 春を盛りに 水芭蕉
  眞白に楯を 花に護らん

〽打火焚く 虎伏す時の 暗らあけに
  たゝみ重ねて 炊事いそがし

〽嬲つて 宵の宴も 久しけれ
  戦に雨は はしたの浮かれ

〽よどればや 千方といひし よそにのみ
  名は枯れたるも 八千代にこめて

〽失なはれ とてもの憂身 ありがひの
  別れは悲し 白河の関

〽亡き妻の 聲をあやなす 子守唄
  今もうつゝに なじとも盡ず

〽みとしろに 詣でる毎に 枝さびて
  秋な通ふらし 冬至の風

〽かこちこめ うはなり妻に からまりて
  今さらこそに いかにいはんや

〽忘れずの 渡島めのこに 歌添へて
  着物をおくる 涙の別れ

〽とりどりに 今を盛りに 咲く花の
  げにも盡きぬは 春霞みかな

〽鳴る神の 近くに走る 稲妻の
  胆膽碎く わだつみを征く

〽巢をいだく 蘆の若葉を 楯として
  鳴くやよしきり 川のさゞ波

〽心だに 世を秋風に 夏は散る
  しばし枕に 聞くや虫聲

〽萩の花 こぼるゝ程に 咲きそめし
  秋のみちのく 軒ばにぞ見る

〽冴ゆ月に 云ひもあへねば 我れからに
  此の詩を詠ぜば 想ふのみこそ

右、全歌詠人知らず。

廿五、日高見歌暦 下、

〽北上の 川面に映る 月影を
  睦みてゆれる 蘆の波風

〽水月を 手に汲みとらん 心地にぞ
  手桶の水に 忍ぶもおかし

〽もどかしや 太鼓下手打つ 音聞かば
  うたての人の 明しかねたり

〽まさうずる 月かりがねの 聲なして
  見上げておぼろ 木隱れの空

〽ひま手間に しのぎを削り 仕上げたる
  菩薩の相に いつをいつまで

〽道芝の 露にかゝりて わらぢ濡れ
  朝早發つの 脚も軽けき

〽やごとなき 仙家に入りし 思子を
  不覚の涙 何かつゝまん

〽うつせみの きのふの花は けふの夢
  梓の弓の つとなきつらさ

〽いさゝかも 変らぬものゝ あるはなき
  降りにし歳の つらき身の果

〽思ひかけ また忘するゝの われをして
  身を知る程の かゝるべきとは

〽さながらに 廻りあふべき まぎれにも
  夕べの空は 心もとなと

〽一つ世の 日も暮れ逝きて 是非もなく
  大事の渡り 心にくしや

〽雨乞に 露もたまらん 旱魃の
  祈りぞ捧ぐ 雨池の渕

〽鬼神の 祀りし宮に 童等の
  なまはげいでゝ だまり泣きする

廿六、

丑寅日本国の神事に三職ありて、一をイタコ、二をゴミソ、三をオシラ、と曰ふ。

イタコはもと荒覇吐神のヌササンに神託せる靈媒師たるをイタコと曰ひり。ゴミソは神に贄を献ぐるイオマンテの司にして、祭文を神に稱へ、弓舞、剣舞、メノコ舞を導き素燒くる神に魂入せる祈祷師たり。オシラは一族のチセに子孫の繁榮、災難を除くる占師たり。何れのコタンにも常在し、人々の病、及び家運を吉祥ならしむる三師たり。何れも山靼渡来の藥治法、祈祷法を習へて修せり。

コタンには、ポロコタンとて大邑あり、オテナは居住して各々のコタンに主たるエカシに傳達せり。イオマンテの大祭に、遠く山靼よりクリルタイの要人を招き、その盛大なること、五千人または一萬人と集ふたり。

女人らは大いに着飾りてイオマンテの宵は、七日七夜に祭るなり。各々のコタンの長老、即ちエカシらは此のとき大王を選びて、神のヌササン、カムイノミに授位され、マギリの舞を献ぜる習ひたり。祭の終日には熊を靈使として神のもとに贄とせる神事ありて、これをイオマンテと稱せり。カムイノミの火に燒かれし神像は各々造りし者に渡りで、イナウに清聖水を満たし、洗靈入魂さるは、素燒に造りし神像なり。

廿七、

古き世の事は語部録にて古老の譯にて書取りぬ。古代語多くして、その意趣の解けざる故にあり。依て、本書に奉仕下されたるエカシの御助力を永世に書留むを得たり。茲に御芳名を記して、永代に傳へ遺しぬ。

ネコタン、エカシサムシュ。ネップコタン、エカシオロスコ。サロマコタン、エカシオショロ。右、御芳名如件。

廿八、

安東一族が十三湊に山王十三宗寺、藤崎城に平等教院、萬藏寺、右二寺院に山靼より入れたる佛經典、及び佛像の舶来ありて、各寺に納めたるは、大量にして、その多くは嘉吉の変にて全く失ひり。本巻に記されしは、目録にして書取れり。安東船に依れるは波斯よりの遺物多し、幸にして石、銅、金、の材にて、失ふはなかりき。波斯よりのものは古代オリエントの實地より地王より献ぜられし品、多し。然るに東日流にて信仰の要を爲さざるに石塔山に秘藏せしも、今、いさゝか遺りぬ。何れも貴重なれば、社寶と保存す。

廿九、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・

語部録は北の鏡なり。永代に渉りて諸国の諸翁に聞取り、また秘藏書々に写しぬ。依て、史實の要を永代に保つことを成就せり。

丑寅日本国は、まさに古代の寶庫なり。アラハバキ大王国の古代こそ眞實なる日本史にして永代に忘ることはなかりき。

秋田孝季
和田長三郎吉次

第廿九巻了す

本巻の一項に私心に發見なさしめて加筆せるありきは、外道の一部なり。

和田末吉

和田末吉 印

 

制作:F_kikaku