北鑑 第卅巻

戒言一句
 此の書は門外に不出、他見を無用とすべし。亦、一書とて失ふべからず。

壱岐

一、

宇曽利、東日流の地に見付くる石にて造れる刃物あり。古き世の住人にて石を割り造れる古代人跡を證すなり。地の開拓に依りて鍬にかゝれる古き石刃の類は鉾型皮剥型、矢鏃型、片刃型、両刃型にて荒割造り程に古き代のものなり。石にて造らるは、身を飾る玉造りより、打樂器なる石鐘及び石笛などありぬ。更には赤、青、緑、黄、白、黑、紫、金、銀などに採なせるを神として祀る習、是ありぬ。

二、

太古に住むる住み人の跡や、丑寅日本かしこに遺りぬ。人多く集住せる處をポロコタンと稱し、大なる建物をポロチセと曰ふなり。戦起りて築く城柵の大なるをポロカッチョチャシ、小さきはチャシと曰ふ。また城柵に濠を掘り廻らすをクケチャシと曰ふなり。

神を祀る聖地をヌササンと稱し、清水あり、四方の眺望の見渡せる處に選びたり。聖地にては一木一草たりとも抜伐を禁じ、鳥獸の狩獵をも禁ずる掟ありぬ。例へ虫、魚、一匹たりとて殺生を禁じたり。されば聖地に道を造らず、橋を架渡さずと曰ふなり。

神の常住の處は、天つ處にて、その聖地に天降るは、紫雲に八雲を立たせ給ひて天降りぬと曰ふ程に、人の造りき道を要せずと曰ふなり。依て聖地とは、人の宿れる屋棟を造らず、人の用ふる不淨處なるも然なり。

聖地に築きけるは、石の巻石・石塔の他造るなかりき。此の地に入るは、丑寅日本国大王の即位より、年一度なる九月十九日の他入るなく、常にして人のポロコタンに大高樓を築きて望拝せる耳なりき。コタンに是在るはその故なりき。

寛政六年二月一日
東日流語部録解  秋田孝季

三、

北極星をイシカ、日輪をタンネ、月をタンネハと曰ふは太古なる神稱語なり。イシカは宇宙の芯にして、大七星・小七星の軸なれば、その芯たるは不動たり。右卐卍のめぐる春夏秋冬の中芯なり。宇宙の億兆の星座・銀河みな是を廻りぬ。宇宙は神の治しめせる常世の聖天なれば、此の軸星たる北極星の全能なる神通力の故に宇宙は廻りぬ。

語部録解より

四、

太古に耶靡堆大王あり、箸香の蘇我郷に君臨す。祖は阿毎氏とて、加賀の犀川三輪山郷の出たりと曰ふなり。箸香に移りきは、春日氏、大伴氏、和珥氏、土師氏、物部氏、羽田氏、巨勢氏、平群氏、葛城氏、中臣氏らこぞりて和泉、河内、耶馬臺の地に大王を以て一統の国司を治む明日香、河木野、河泉河にたむろせる豪族の一統を耶馬臺大王とて、耶靡堆大王を合議に決して迎へたるものなり。耶馬臺国とは摂津より明石、更に岸和田、更には山城、奈良の域に大王を以て一統せむは、各々地豪を以て治統の叶はざる故、以ての耶靡堆大王の迎入れたり。

大王宮を箸香山に置きてより、此の山を三輪山と稱したり。先づ大伴氏、物部氏、和珥氏、蘇我氏の大王併合と相なり、續きて羽田氏、巨勢氏、土師氏、平群氏の併合となるや、葛城氏、中臣氏の併合相成りて、是を耶馬臺国と盟約したり。

是を綴りたるは国記、天皇記にして、更に稲葉氏、高石氏、羽曳氏、百舌氏、高取氏、門眞氏、吹田氏、大山氏、伏見氏、木津氏、香芝氏、生室氏、名護氏等相加はりて、大王を即位せしめ、国を倭国と號したり。

凡そ支那年号の泰始己酉年にして、北魏の皇興三年の事なり。

国記より。

五、

丑寅日本国にては、建国五千年の暦を盡せり。吾が国は、人祖を山靼より国の住人に渡りの創祖とし、爾来、子孫に満つ。国を肇むことに歴史の久しきを渡る阿蘇部族、津保化族、麁族、熟族の分布にあるは、それなる渡来の時差に依れるものなり。その少數にもたぐれば五十七族に及ぶと曰ふなり。

凡そ此の国に人の渡りに歴史を遡りては、十五萬年、乃至三十萬年前と曰ふは、語部録の記逑に證す。語部とは幾千年前より、ツルシとて、昔より世にある事の故事を後世に傳へ遺す語り印にて、事の由を綴りたるものにて、文字と同意たるものなり。五千年前に山靼渡来の歸化人に、シュメールのカルデア人ありて、シェムデトナスル語印、更にバビロニア語印、アッシリア語印に傳はりて、更にはフェニキア、及びヘブライ人の語印にて、混合して遺れるは、語部の語印にして、地語にては、ツルシとぞ曰ふなり。七種ありて、今に遺り、その種印にて時代を知れり。語部録とは、是を記したるものなり。

今に尚、用ひらるは暦なり。昔より傳はりたるものなれば、今に通用し、手紙にも用ひらることありぬ。

六、

世にある年の印しに年號ありき。倭国にては、大化と名付けるを創めとして五年、白雉は二十二年、白鳳は十四年、朱鳥は十五年、大寶は三年、慶雲は四年、和銅は七年、靈亀は二年、養老は七年、神亀は五年、天平は二十年、天平勝寶、及び天平寶字は倶に八年、更に天平神護は二年、神護景雲は三年なるも同代なり。寶亀は十一年、天應は一年、延暦は二十四年、大同は四年、弘仁は十四年、天長は十年、承和は十四年、嘉祥は三年、仁壽は三年、斉衡は三年、天安は二年、貞觀は十八年、元慶は八年、仁和は四年、寛平は九年、昌泰は三年、延喜は二十二年、延長は八年、承平七年、天慶は九年、天暦は十年、天德は四年、應和は三年、康保は四年、安和は二年、天禄は三年、天延は三年、貞元は二年、天元は五年、永觀は二年、寛和は二年、永延は二年、永祚は一年、正暦は五年、長德は四年、長保は五年、寛弘は八年、長和は五年、寛仁は四年、治安三年、萬寿は四年、長元は九年、長暦は三年、長久は四年、寛德は二年、永承は七年、天喜は五年、康平は七年、治暦は四年、延久は五年、承保は三年、承暦は四年、永保は三年、應德は三年、寛治は七年、嘉保は二年、永長は一年、承德は二年、康和は五年、長治は二年、嘉承は二年、天仁は二年、天永は三年、永久は五年、元永は二年、保安は四年、天治は二年、大治は五年、天承は一年、長承は三年、保延は六年、永治は一年、康治は二年、天養は一年、久安は六年、仁平は三年、久寿は二年、保元は三年、平治は一年、永暦は一年、應保は二年、長寛は二年、永萬は一年、仁安は三年、嘉應は二年、承安は四年、安元は二年、治承は四年、養和は一年、寿永は二年、元暦は一年、文治は五年、建久は九年、正治は二年、建仁は三年、元久は二年、建永は一年、承元は四年、建暦は二年、建保は六年、承久は三年、貞應は二年、元仁は一年、嘉禄は二年、安貞は二年、寛喜は三年、貞永は一年、天福は一年、文暦は一年、嘉禎は三年、暦仁は一年、延應は一年、仁治は三年、寛元は四年、寶治は二年、建長は七年、康元は一年、正嘉は二年、正元は一年、文應は一年、弘長は三年、文永は十一年、建治は三年、弘安は十年、正應は五年、永仁は六年、正安は三年、乾元は一年、嘉元は三年、德治は二年、延慶は三年、應長は一年、正和は五年、文保は二年、元應は二年、元亨は三年、正中は二年、嘉暦は三年、元德は二年、元弘は一年、正慶は二年、建武は二年、延元は二年、暦應は二年、興国は二年、康永は三年、貞和は一年、正平は四年、觀應は二年、文和は四年、延文は五年、康安は一年、貞治は六年、應安は二年、建德は二年、文中は三年、天授は永和と倶に四年、康暦は二年、弘和は永德と倶に三年、元中は至德と倶に三年、嘉慶は二年、康應は一年、明德は四年、應永は三十四年、正長は一年、永享は十二年、嘉吉は三年、文安は五年、寶德は三年、享德は三年、康正は二年、長禄は三年、寛正は六年、文正は一年、應仁は二年、文明は十八年、長享は二年、延德は三年、明應は九年、文亀は三年、永正は十七年、大永は七年、享禄は四年、天文は二十三年、弘治は三年、永禄は十二年、元亀は三年、天正は十九年、文禄は四年、慶長は十九年、元和は九年、寛永は二十年、正保は四年、慶安は四年、承應は三年、明暦は三年、萬治は三年、寛文は十二年、延寶は八年、天和は三年、貞享は四年、元禄は十六年、寶永は七年、正德は五年、享保は二十年、元文は五年、寛保は三年、延享は四年、寛延は三年、寶暦は十三年、明和は八年、安永九年、天明は八年、寛政は十二年、享和は三年、文化十四年、文政は十二年、以上になる暦代年表と相成りけるは、倭史になる年表なり。

天保十年八月一日
奥州津軽飯詰村下派立 和田長三郎

七、

此の国は、太古の程に歴史の層深し。

住民の祖をして山靼の大陸に故地を抜け、此の丑寅日本国を住国としける高祖より大王を選びて国主とし、その累代に泰平を護り、人命一義の尊重、第二義に民の安住、第三義には睦みたり。神を信仰せるは、その和に欠かざる故の集いたり。神秘限りなき宇宙への究め、大地の生産、海涛に生産になる神の惠みに、信仰ありてこそ幸に叶ふ安心立命を得んとて、住民は挙げての信仰たり。

天と地と水の神は、荒覇吐神とて一統信仰にして、諸国の人住む山里に渡りぬ。是れ、三千年前の事なり。

八、

荒覇吐神信仰に、イシカカムイと曰ふは、宇宙を神とせる信仰にして荒覇吐神の神事の大事たり。北極星を祀るは、イシカカムイの神事、最も重條なる祭事にして、そのヌササンは山頂にて謹行す。

九、

渡島の地は、風蓮湖、能取湖、サロマ湖、網走湖、温沼、摩周湖、屈斜路湖、阿寒湖、塘路湖、厚岸湖、朱鞠内湖、湧洞沼、生花苗沼、然別湖、厚摩湖、勇拂湖、支笏湖、洞爺湖ら、各々ガコカムイのヌササン處なり。

またホノリカムイを祀るヌササンとは、知床山、雄、雌、阿寒岳、日高ベテガリ岳、大雪山、ニベソツ山、惠庭岳らなり。もとより渡島全土に於て地住民のなせる神、イヨマンテと曰ふ神祭りありけるも、古になるは荒覇吐神を祀る行事とは異なりぬ。

祭に熊を華矢に射留め、その魂を使者として北極星に遣はすと曰ふ地民が祖来の神事なり。渡島に住むるは、後世移住民にて、オロチョン、ギリヤアク、ウデゲ、クリル、モンゴルらの混血に成れるも、先住なる民の子孫、また北見、日高に二萬年乃至七萬年前の史跡を今に遺しぬ。連圓立石のヌササン跡、鳥形文字、マギリなどの石刃、秀なる石鉾、石鏃、全千島に樺太に見付くるあり。その流通に船を早世より用ひたり。トナリと曰ふ皮舟ありきも、今に遺るはなかりき。

十、

夜を明かす日輪タンネカムイ、昼を暮なす月光、億兆の星明かり、天界を蛇曲せる銀河、みなながら宇宙は神々の聖域なり。日輪は時を造り、光明寒暖を造り、月は海潮を干満し、星は神の法則にありて、生とし生ける萬物の生死を命運せるものとて古代神は、人の心に成れり。荒覇吐神を宇宙に見つめて感得せし、古代カルデア人、それを民一統の信仰に導きたるグデア大王、ギルガメシュ大王の哲理は民族の新天地に人を移しめ、吾が丑寅の地までに至りぬ。人は文字を造りて千年、萬年の後人に語る術は、古代シュメールの地にて成れり。われら是を奉りて、丑寅日本の古代に遺習を尊とき導きとし護りなん。能く覚つ置くこそ歴史の正傳たり。

寛政六年七月
瓜田清三郎

北鑑 第卅巻 附書一

戒言之事
 此の書は他見無用にして、門外不出と心得べし。一書たりとも失書あるべからず。

秋田孝季

一、

奥州の出羽に越ゆる双股邑に築きける城柵あり。地名のまゝに是を双股之柵と曰ふ。

築城せるは淨法寺法印安倍道昭なり。道昭、俗名を良昭と稱し日本將軍安倍頻良の次男にして、幼少の頃より佛道に志し天台坐主之度蠂を受け剃髪す。叡山に在ること十年、二十六歳にして歸郷して淨法寺に入り寺住し、中興開山と相成れり。

永承丙戌年、兄賴良の長子井殿を弟子と爲す。諸国を巡脚し諸学を修す。永承辛卯年、奥州衣川に在りて平泉に佛頂寺を建立し、その落慶の砌り、阿久里川にて貞任、藤原説貞と事の恨因起し討物交ふる件、多賀城兵挙に騒動す。その因、仲々に和睦の議奉らず、道昭是れに仲裁せど説貞入れず、遂に應じて六郡の兵挙と相成りぬ。

時に賴良、自から多賀城に赴き源賴義と對面し、道昭これを警固す。同道せる奥州武士八百六十騎、多賀城を外包す。和の議物別れに睦みなく、遂にその二番隊清原武則、一萬二千騎を以て賴良に進軍を援じ羽より鳴子に越ゆとき、京師より安倍氏への和條ありて、事なかりけり。

時に道昭、一族の危急なる兆を覚り、僧を辭し名を良昭と旧名に名乗り、先づ生保内に柵を築き、更に双股邑に双股柵を築き、是を北浦六郎に委柵し、己が鹿島臺に楯垣し、湧耶に舘を築き、多賀城の見付に當りたり。時に京師にて都度に議し事治めんとせるに、賛否甚しく對して決せず、武家源賴義を召して事の次第を謀りけるは、古に坂上田村麻呂の故事に習ひ、蝦夷は蝦夷を以て討つの議に定まり、その的中になるは、宇曽利富忠、清原武則に多者誘賄をなし、遂に安倍一族への反忠の盟約をなせり。

良昭是を察知し、事の由を賴良に告ぐるも、頻良の死去に依りて一族の對敵を避けたり。然るに宇曽利の富忠、時至りとて兵を總挙し、気仙沼の金爲時に通じて、江刺に迫りける軍勢二千餘騎、岩谷洞に布陣せり。報を得て、天喜五年、賴良、富忠に對面せんとて江刺に赴き、岩谷洞に少かの臣を倶に来たるを待ち狙ふ弓手に射られ、一の箭、二の箭を拂ひども、三の矢に首筋を射られ引返して、傷を掌當せども生に叶はず死せりと曰ふも、定かなる事の明細を傳ふなし。

しかさず安倍良昭、軍勢を指揮なし、人首に退く富忠を追討し、捕ひて逆釣に大本に縛られて刑死せり。宇曽利の富忠とは、安倍一族にして、道昭の入道以来、道昭が頻良より下されし地領なれど、出家にて富忠に委領されたる所領たり。かゝる源氏の画策に富忠乗じて、己れもまた奈落に堕りぬ。

道昭こと良昭は黄海に源氏を敗りしも、次なる奸者清原武則の反忠にて、康平五年に厨川柵落舘にて、道昭と僧に復し双股邑に方丈を結び、その地に入滅せり。

荒三瀧澤に聞く水音岩に絶ゆる日輪を拝し、眠るが如く往生すと傳ふ。方丈跡ぞ今に愢ぶる道昭の生涯たり。

二、

流るゝ水の源は、雲突く嶽の天降る雪や八雲雨、しばし岩根を下潜り、湲の流れとなりて澤結び、瀬音瀧音山降り、淨なる大河となりて海に出づ。流れの絶間あらねども、水はもるなる水はなかりけり。

浮世の常のみなゝがら、海出づ水は涛々と、波にしぶきて湯気となり、大気となりて昇天し、雲に流れて嶺に雫の岩根に復た甦る。

清水の絶えざる流れとなりぬる事ぞ、生々萬物の生死輪廻の理りに同じなり。人の生死もかくなれば、世に人の絶ゆまなけれども、もとなる人のなかりけるは、水の流れと亦同じける。一生の生々も、過ぐる光陰矢の如し。世にぞ顯れ消ゆるその相は、流れに浮ぶうたかたの如し。

〽なからんに 顯はれ消ゆる うたかたは
  人の生死と 能く似たりけり

安倍入道良昭の遺歌なり。さればにや、今日には他人の葬に、明日は吾が身の逝く理り、なべて輪廻の定なきに非らざるはなかりけり。

慶長二年正月元旦   秋田城之介實季

三、

倭史ほどに北方を忌むはなかりき。是れぞ輪廻の昔継罪障の因縁、断たざるの故なり。世襲に悪なす事の盡きざれば、己れまた悪の因果に滅び逝きぬ。榮華は劫り易く、悪また久しからざるなり。安倍一族を征夷の非理屈にて、源氏を挙げて日本將軍を世に滅亡とせしにや、安倍一族は不死鳥なり。

荒覇吐神は久遠にして、安倍一族を世に見捨て給ふなし。一族の中より、北の一星、安倍貞任が遺兒高星丸が東日流に落着し、茲に一族再興を速やかに果したり。姓を安東と攺め、さまよう旧臣を集め、十三湊をして安東船を起して、異土交易に商を以て大益を利せり。東日流の地は、山靼流通に依りて、その富を得たるは天運たり。渡島地産、海産の干物を得て、益々商易に速進して安東船の船造大いに振起せり。

四、

此の国の歴史の事は、何事にも蝦夷たるの一語に盡きる他に、古史傳来の實も、年毎に忘却に滅す。古史の證になる遺物、遺跡も亦然る處にして、遺物にては倭商に買はれて、大事なる歴史のまつはりを失なふあり。更には、遺跡たる神社、佛閣もまた歴史の由来に古きものは攺神亦は取潰しに抹消さる多し。なかんずく、荒覇吐神社、修験寺に傳稱せる古跡を壊し、再興を禁ぜる多し。

かくあるを、安倍一族に在りきは、是を防がむために、表を倭人の神なるに攺へ、荒覇吐神社を荒磯神社、洗磯神社、荒神神社、荒脛巾神社、藁脛巾神社、客大明神堂、門神堂、と多採に名目せり。然るに、仮名字にて、あらはばき、アラハバキとて社名せるもあり、古社を護りなんとす。今に尚以て神圧の解けるなし。然るに必ずや解氷ありぬ。

五、

秋田生保内に辰湖あり。余多の傳説、今に遺りぬ。辰子をめぐる傳説に瀧夜叉姫なる神話、俗話の混合ありけるも、平將門の遺姫楓と曰ふ姫の母たるを辰子と曰ひり。

辰子にまつはる多説の傳ありきも、藤原秀郷の追手を脱して、生郷生保内に赴き、幼なき楓姫を乳母松虫にたくし、己れは生保内湖にさして遁ぐるを、追手に寄詰らるまゝ湖に入りて死すを、敵を前に、その様を見せ付けぬ。依て、追手は去るゝも、遺されし楓、十八の春を迎ひし頃、坂東より父將門の遺品とて屆くる一包あり。古き巻物たり。

その聞え秀郷に達し、家来を生保内に遣したり。その報ありて、楓姫、石尊寺に隱るゝも許人ありて知られ、その討手に、とありき斧を討物に對して闘ふも、所詮女人の手向ひは果なしな、長刀に討死せり。

〽山吹の 花にも似たる 將門の
  遺姫は眠る 生保内の里

さてこそ物語る楓姫の墓ぞ、今に遺りき。

六、

支那に天文の学を修むる處は、城刑山の山麓に伯道仙人をして金鳥玉、兎集の奥義ありと曰ふ。安倍晴明、是れに学ぶと曰ふ。その授傳に依りて陰陽学、漏刻を司る陰陽師、天文師、暦博士ら方鑑秘𡫣、考源通書、宗鏡、三歳發秘、河洛協迪類書、暦目義解、五要奇書、經左氏春秋史記、五種木火土金水通德類、情簠簋内傳、方位窮源、らの書ありぬ。

是れ、倭安倍晴明の子孫土御門暦とて用ひられたり。然るに、吾が丑寅日本国にてはシュメイル暦にて應用す。日輪の赤道を左右に、その黄道に春分、秋分と四季に割日し、一年を三百六十五日とし、その季に北極星を廻る七星の星座を運行の方位に計りて成せる暦なり。日輪の入日と月出を計り、算術せるは、その暦に何事のあやまりなく定かたり。

是を語部暦とぞ曰ふなり。

七、

丑寅日本国の史を明解せるは、唯一向に語部録とは限らざるなり。神をして作造されき荒覇吐神にて、その新古を知らるなり。

古きの順に型あり、質に異り、その作造工程に能く顯れり。
型、型、型の順なりき。地名になるもその證にして、ナイホロシリベツコマフツショロウシタンシルらの付名ある處、古人の集住せし處なり。渡島東日流宇曽利飽田火内鹿角仙北庄内閉伊岩磐に古跡ありけるも、北程に歴史の古きに在りぬ。依て老人に聞くは、人祖北より至ると曰ふ。

人祖の創住を語部録に記しきは、人ぞ猿類より人と成りにきは一千萬年に遡りて、更に人と成りにけるは十五萬年乃至三十五萬年の經に在りと曰ふなり。

吾が丑寅の地人祖の渡来しきたるは、是なる暦史の上に在り、その部族を大区せば七十八種族に在りと語部録に記をなせり。

八、

古代人の器に依りて、人祖の衣食住を知れり。型、型、型、型、型に類せるは、新・古の故なり。土を砂と混合し砕粉となさしめ水を加へ、トロロを加へて練り、型手作りし干して野火焚きなして素燒にして固むるは女人等の作なり。男等は石を採りて割作せし石刃の類にて、石を求めて山海越えて求め得たり。また色石に穴をあけなして玉造るも然なり。玉のあるは財にして重く、一族の先達と相成れり。

更に毛皮のなめしなり。縫ひ仕上げるは女人なり。食生は、鳥、獸、魚、貝の生と干とのものにぞ作り、保食を先とす。ホルツと稱すは肉の干物、シグサとは干菜、シジョジョとは干魚、ケグサとは海草、セモツとは塩にして、シダとは干穀物なり。更に塩にて漬たる魚・菜物ありぬ。シボシとて煙りにて干せるもあり、その類多し。とかく古人は食生豊たり。着用せる毛皮とて黑てん及びラッコの身に染みぬを下着とし、表着は犬皮たり。

九、

丑寅の北海は海幸に溢る處にして、住人の多くは海浜、川口に住める多し。浜に寄せ来る鰊、川に登る鮭、巢だく海鳥の群、何もかも美味なるもの多し。狩獵にも餘る海獸、ときには鯨を浜に追ひあぐあり。コタンにはその物見高樓を海浜に建つる。

漁舟はハタと曰ふ丸太刻りの舟なり。長さ三間半、胴中三尺を抜き、波楯を保垣と建つるものにて、皮帆にて加速す。釣針に骨製、石製あり、更には打銛を骨製に石製に作れり。トナリとて、皮網を作りて縫糸とも爲す。トハリハタとて皮舟あり、氷海に兆むなり。網はシナマンタの木皮を用ふなり。ダバとて浮木を用ひ、網を海に立てなむは古代よりの風勢たり。弓を作り矢を射る鳥獸も總てコタン總出の狩獵たり。

海は丑寅の生命にて必要を越して狩漁せることなかりき。常にして山に舟となるべく大木を冬に伐して浜に山降しも、運材の智惠たりと曰ふなり。雪こそ運材の便たり。

十、

代々を経てみちのくは、無史の国たるに人は見返りせざる国たり。然るに、證なるを示しては奪取されて消滅され、隱しては責め科を以て罰とせしにや。世に歴史の史實もたゞ水泡に消ゆ耳なり。

古になる信仰も邪道として排斥して、是また忍拝にまたは攺稱にして隱れ信仰と相成らしめたり。古傳になる一切は、たゞ世襲に翻弄さるゝまゝ今上に至りぬ。然るに地住の民は、古なる荒覇吐神を心に祀り心に秘めて信仰の一義とせり。此の国はもとよりの住民少なく、世の乱れる毎に北落に赴りて安住の地に定着す。

聖地なるもその遺物にあさる者に荒さるなき深山幽谷の地に在りせば、世襲に失ふることなきは幸ひなり。石塔山は能く保たれたり。かゝる世襲の久遠ならざるは必らずや至るなり。心して往古を護るべし。

十一、

安東一族の津軽を所領放棄して以来、津軽に南部の縁族に定着さるゝも、その史跡にては何れも抹消ならざるなり。安東一族は、厨川落以来一族の再興に利ありて住むるも、徒らに世襲の贄とならざるなり。民多くを死傷せしめてまでも住地を死守せることなかりき。祖安日彦大王以来、人命尊重一義の主義を先とし、更に安住の地を求めたり。

渡島、秋田、六十餘州何處にも安倍、安東、秋田氏の子孫ぞ今に住めり。倭の地に於てもその子孫の多きは、今に知れる處多し。古より唯一向に荒覇吐神を信仰し、その神事に変るなし。諸国に今尚遺れる荒覇吐神をして祀らるは、その故なり。能く知るべし。荒覇吐神信仰に於ては、平等信仰にして、その信仰に民の睦みと爭ひを避く唯一向に救済一義の親睦をなさしむるは、倭人の他は、山靼にその實を挙げたり。

十二、

佛法は、萬部の經と金剛界・胎藏界の佛像信仰に本来の佛法には非らざるなり。釋迦牟尼佛の世に遺したるは、次の如く悟道の求道に導きたる耳なり。諸行無常是生滅法生滅滅己寂滅爲樂。是の如くだけなる教導たり。

荒覇吐神信仰も是の如くなればなり。信仰に迷信を除き、神のなかに我を知り、我れのなかに神を知り、生死のなかに我が生涯を知るべくは、心に誠の眞理、そして神に信仰になる己が一切を天命にぞ安ぜるの悟りに、安心立命を己が心に固ければ、荒覇吐神信仰の本命たり。古代カルデア民のなかにグデア王、宇宙の神秘に仰ぎ日輪の運行に信仰を求め、宇宙の肇より神ありとアラハバキと曰ふ神の感得に達したり。宇宙に信仰の源を發し、地に萬物生命の蘇生とその進化になるを、神の全能なる神通力とせる信仰の要を外道に迷はざるを信仰の旨とす。

十三、

論は如何に盡しても行はざれば唯の論なり。その實益に得ざれば空なり。人生にその生々風土に依りて異り、生々に平等たるは住むる民によりけり。信仰に於ても住民各々異なりぬ。依て、山靼に於ては人種多種混血にあり、各々信仰の自在たり。モンゴルに例を見つるに、一族にしても各々その信仰ぞ自在たり。唯一族の掟に反くなく民族の睦みに欠くなし。かゝる泰平の地に犯す者ありせば、一族挙げて防人となりて是れに應戦せるは丑寅日本国の民なり。然るに、徒らに死に殉じて護るはなかりき。退くとも人命ありせば、山河幾嶺に越ゆる脱難にも勢を復しては、その奪回を得る在りきの一義は人命の尊重にして、命脈ありてぞ復せるを可能とせるを速復に叶ふるも、滅亡に在りせば復し難し。生命ありて何事も事に復し易きとて、丑寅の民は常に心得たりと曰ふ。

大正六年八月   和田末吉

和田末吉 印

 

制作:F_kikaku