北鑑 第卅一巻

注言之事
 此の書は常にして他見無用、門外不出と心得よ。亦、一紙たりとも失ふ不可。

秋田孝季

一、

人は權力を欲し、ままに財を満つれば、己れを神と曰ふほどに、信仰にもその威慾を以てなせるおろかさありて、遂には崩壊して滅びぬるは歴史の常なり。人の造れる古語に悪なす者は必ず滅ぶと曰ふ事に了るるも、歴史の事は、悪程に世にはびこり、善なるは潰さる多し。信仰に歴史に權者をして衆を從はせ、正道なると眞實なるとも、權者に好まざれば圧せらるなり。黑き鴉も白と曰はしむるは世襲の權力なり。民を人と思はず税に苦しめ、逆らひば刑に伏し、平等なる天秤も、その重軽をまゝにせんは權力になる法なり。

二、

歴史を想ふに、人の世襲に生々せる善と悪との区を分つとも、人は理を学び、法を以て裁き、權を以て治政を爲せるは、何れも正と邪にて輪せるあり。人の安住を犯し、生命を殺戮して、是を正統とてなせる戦略の如きあり。人の爲せる法にては、天秤の如き神の法則により裁かるあらば、是れぞ罪は權政に猶、罪ありて、正統なるはなかりきと曰ふなり。

天地水のなかに父母をして世に生れ、生死を輪廻せるは萬有の生命にあるものの法則なり。神とは自然にして、過去、現代、未来に於て世に去りしもの、現代に生息せるもの、そしてこれから末代に生れ来るものは一系にして生死を以て三界にありき生命にして、神の法則にして、身は老ひて死すとも、魂魄は不死なればやがて新生の體に甦り、三界に往来せるは、人祖の創めより轉生し来たるものなり。身にある生命は期を限りに終るとも、魂魄は不死なるものなりせば、新生をして世に盡るなしと覚つべし。依て、神の法則に反きあるべからず。

三、

古代を妄想する勿れ。溯る古代に己れをして思うがまゝに他傳せるは僞なり。

吾が丑寅日本国の史傳に實證なせるは、語部録の他、世に非らざるなり。永き代々に安住を犯され、北域に追はれ、歴史の證なすものを奪はれ、抹消され、茲に唯一つ遺きり古代の證は、五千年来の語部録のみなりとて過言ありまづく、重寶たり。文字なき代の文字は波斯より古き代に傳へし古代文字なり。能く語部録に学ぶべし。

四、

太古に歴史あり。萬有の祖なる原生の成れるより、人の誕生に至るゝは、總ては歴史なり。何事も神を想定にして夢現せるは根原なき理趣なりと思い取るべし。神とは因と果なり。信仰に於て、人の相に神像を造り、是を崇拝せるは、本来空なる理趣にして、誠の眞理に非らざると覚つべし。

宇宙創造より久しきを過程し、因に依りて物質を造り、果に依りて化科の合成萬有の生命を創りて世に成らしめたる三界の過程、今に成れるものなり。依て、神とは天然にして自然皆ながら神と悟りて、あやまりのなかるべし。天然、自然、その天地水に化科の自生に誕生せる生命の萬有に創まれる法則なり。神とはかくある創造にこそ實在す。神は萬有なり。人の創造に非らざるものなり。人が像を造り、信仰の像とせるは、何事の靈□も非らざるものと覚つべし。神とは大自然をして皆なゝがら神々と悟るこそよけれ。

丑寅日本国は日輪の光熱をして、大地、大洋に萬有せる生命存程の神あり、その加護に萬有生命あるが故に日本国と古代に国肇せるは、丑寅日本国の国號たり。倭国にては、此の国を蝦夷とし、化外のまつろわぬ蝦夷の住むる国とて幾度の征夷に、国の安住を護らんとて、幾多の生命をその侵略に殉ぜしや。

歴史の實相ぞ、語部録に記逑あるを知るべきなり。吾が丑寅日本の神なる信仰にこそ誠の眞理ありぬ。是ぞ、神のありかたなり。

五、

古代荒覇吐神なる信仰に於て、天地水一切のものを神とし、物質にて成れる己が身命をも神と崇むるほどになる信仰に、心して信仰の誠を完遂せるに、信仰の誠ありと、祖来よりの傳導たり。

宗拝の念を行に顯し、禮には三禮四拍一禮なり。亦、口に稱文せるは、アラハバキイシカホノリガコカムイ、以上をくり返して、カムイノミを焚き、ヌササンに向ひて老若男女、天地水になる自然の相を即興に舞踊を捧ぐる後、神への使者とて、空に鳥を放つ、山に獸を放つ、川や海に魚を放つことにて諸願を達すと曰ふ。神への行事は、地に依りて、いささか異なるも意趣は同じく祭祀を爲せり。山靼よりの歸化人より衣食住の様を学び、信仰の様も攺めぬ。丑寅の民は舊習の能きは存續し、悪しきを廢し、新しき益なすに進みて實踐せるは、古来よりの偉風たりと曰ふ。

その實を挙げたるは、山靼往来、産金、産馬、海産と民のくらしに豊けき安住の智識を得たりと曰ふは、古きよりの傳統たり。依て、神と信仰にても民族一統崇拝を統治せり。丑寅日本国は民を波斯までも遣し、智識を世界に求め、国運を隆興せしめたる古代を知るべし。

六、

丑寅日本の古代に民族の遠祖を尋ぬれば、渡島、流鬼島、その海峽を渡りて黑龍江を溯り、興安嶺を蒙古に越え、波斯国までも人の祖縁ありぬ。アルタイ大平原のシキタイ民、オスマントルコ民、ギリシア民、ユダヤ民、カルデア民、エジプト民、天竺民、支那民の他、ブリヤート民、オロッコ民、オロチョン民、ギリヤーク民、クリル民、ウデゲ民、他小數民五十八民の類ありぬ。

吾が丑寅日本にては、是の民祖をして津保化族、阿蘇辺族、麁族、熟族、あり。是れぞ先住民四祖と曰ふなり。此の国を地語にしてツパン、ヅパン、ツカリ、ルガルと古稱に遺り、古き世の遺物ぞ土中より各處に出づるありぬ。日本と號くるは、安日彦大王よりの国號たりと傳ふ。

七、

白山神、白神山と曰ふ白山信仰は、三輪山信仰と同じくして、阿毎氏の氏神たり。

加賀の国犀川の川上なる三輪山及び白山を神と崇めたり。白山神は支那及び高麗の白頭山及び韓国の大白山信仰たるを加賀に渡りきものなり。西王母、東王父と曰ふシャンバラ即ち桃源境を説き、吾が国にては常世国とも曰ふなり。祀らる神に九首龍、饕餮らの他、女媧、伏羲を從神とせり。茲に奥州にては白神とは、おしらと曰ふ女人の巫女に相信仰を以て古代占師たるものゝ如し。津軽にては、この他にごみそ及びいたこと曰ふもありて信仰あり。何れも今に遺りぬ。

古代信仰は人は人にして、人を越ゆる超人となるは叶はず、如何なる權者とて自からを神の如く神を信仰を冒瀆せる行爲は、神の報復に人として甦がえざる邪道とせり。依て、神をして占い事のせるものは、衆に迷信の事を告げるなく、唯一向に神を稱名して無心に靈感せるを以て、占をなすべきと師の導きを授くなり。

八、

奥州紫波の郷に怪奇なる古傳、今に遺りぬ。此の地は奥州の旅宿をなせるは、早池嶺山石神を東に参道あり、西には和賀嶽金山ありて、山師の宿と曰ふありぬ。古きより安倍一族の隱し金山、その東西にありて、山道に関を以て閉ぎけるも、倭人の錢買、能くただら衆をして横流しあり、産馬の牧ありければ、その種馬を得んとて密買も横行せり。

安倍一族をして常にその警羅に心せるも、年毎に侵犯ありて、紫波に山根柵を西柵東柵を築きその往来を監察せり。康平元年八月、源氏の間者あり。その関を避けて軍馬を百頭を連れいださんとせしも、山師の告げにて是を知り、馬喰らを捕ふなり。

安倍一族にては馬を盗むは重罪にして、即日に斬首されたる處を首落平と曰ふなり。此の地に怪奇なる靈鬼、道行く者を驚ろかしむと曰ふ。頭は馬頭にして、體は人間なる幽靈なり。時に安倍三郎、是れを退治せんとて、矢巾次郎と倶に淨法寺傳来の寶剣を奉じて此の地に赴き、幽靈のいでくるを待ちければ、夜丑の刻をして霧の立つこむや顯れたるを、間赦さず摩利支天の寶剣にてこの幽鬼に襲へ斬りければ、断末の絶叫にて幽鬼倒れたり。さればこの幽鬼の體、朝風に當りてたちまちにして老狐に変相し、胴體眞二つに斬断れ三尾になる白狐となりぬ。

馬頭幽鬼の正體見屆けたる三郎及び次郎、是れを燒拂ひて、その遺骨を埋めし處を今に狐森と稱したり。

此の狐を退治してより安倍一族の武運なく、康平五年厨川の合戦を末期に一族滅亡せりと曰ふ。安東氏の代にこの狐骨を中山に葬して供養、以来隆盛す。

九、

荒覇吐神信仰の要は、人をして人の以上になれざるを心して、神への信仰は人生の安心立命に精進せるを一義とし、人師論師の達辨及び達行に惑ふべからずと説けり。一宗を立してなる宗祖を神と佛と心に人の上にありとぞ思ふべからず、あくまで人にして導師として心せよと説きたり。無中に信仰の善悪を選らばず、己れも理の解さざるを信ずべからずとも曰ふ。人の生々は歳命を経る毎に善悪の選抜をせずして至るゝによりて、代々に善悪の盡るなき世襲にくりかえしぬ。童心、育成心、報恩心、慈悲心、成心へと達するは誠なるも、その間に逆らふは慾心、邪心、破戒心、怨心、威心、己心より抜けざるが故に人生にその運命ありぬと曰ふ。

信仰とは、人と人との睦みなり、能く保つべし。

十、

時々に想ひの事をつれづれがなるまゝに書き遺せる故人の文書を記すは北鑑なり。貧さに百姓を一途に日夜に更けて書きつる。一文にも私に非らず、諸人に聞く故人の傳を古今にして綴るは、余の祖命にして、今や逝き近き浅学の頭惱にて筆なすは、おこまし乍らも續け居りぬ。故人の傳へきものは、大事なる歴史の一片なるも、代々に綴りては、その歴史に僞のなき傳となりぬ。

丑寅日本国は未だに蝦夷とぞ言はれむ古史に封じ居るも、古史にして人祖の国たるを知るべきなり。古歌ありて曰す。

〽人はみな あありのよなく 産にける
  あありに出づる かむいのしもべ

あありとは東方にして、よなくとは女神なり。丑寅に土燒にて造れる神像あり。何れも古語にして、あありよなくかむいとぞ曰ふなり。古き靈媒いたこの祭文に遺れる古語の一説なり。あありのかむいとは、東の神と曰ふ意にして、日輪はかむいと曰ふ意なり。

十一、

丑寅日本国の古代に於て人祖の創めより、天に仰ぎ宇宙の運行に神の靈感、を心に授けて宇宙の一切をイシカとせる神に哲理し、猶求めて宇宙の肇めを無因より起る有果の化科なる物質誕生を究めたり。宇宙の暗黑より大光熱の一点より、無限の暗を燒きて跡に残れる塵の集縮にて阿僧祇の星の銀河誕生せる因と果に化科せる法則にて成れるもの、是ぞ銀河宇宙界なり。その阿僧祇星界の一銀河に日輪を中央にして九星あり。その第三惑星なるは地球星なり。

古代人は常にして日輪の運行を見つめ諸々の哲理を覚り、哲理より化科に因と果なるより成れる星の死と、誕生せるを、生と死に廻る不滅の續く銀河に、地界は一塵の粒星なるを覚り、その命運は日輪と倶にありけると悟りぬ。地界に生命の成れるは、日輪の光熱適當し、地なるホノリ、水なるガコの三要に依りて、生命誕生しける原始より成長の進化あり、萬有の生命は、増減を防がむが故に、その生命體を相喰むる生命存續を連鎖し、更進化を以て生命生死の轉生を以て今に存續す。

是れを丑寅日本国に居住せる古代人は遠く波斯の諸人よりその知識を入れて成れるは、荒覇吐神と修成す。

十二、

佛法に阿耨多羅三藐三菩提と曰ふ解脱の求道をして無上とす。支那神仙の成道に桃源境シャンバラあり。波斯の外道には因と果論ありて、人の安心立命を説く。人の道とし、信仰とせる中に世界諸国、其の他の国々に信仰あり、その遺跡を今にせるも古来の信仰の絶えたるもの成道修成に遺るものあり。亦、新興の宗立せるもの多し。

人の生々に衣食住の他に心の安らぎなる信仰は、人生に不可欠なるものなり。信仰を立し、神を感得して新興せるなかに邪道の黨侶あり、修善のものは陞り、造悪のものは堕ち、衆の新興にあやまりのなき教へのみ永く遺りぬ。吾が丑寅日本国の信仰なる荒覇吐神の元なる發祥の地シュメール及びギリシア、トルコ、エスラエル、エジプトにては一人の信者も非らず、人の移り変るゝ世襲に信仰も併せて移りぬ。

丑寅日本国の古代信仰とて、イシカホノリガコカムイより荒覇吐神に併せたるは一度にして、今に永續しけるはまれなり。

抑々信仰は、人心にして救済道の正しきは遺りぬ。依て、生々を安らけく、死を怖く想ふなく、生死とは老脱新生の輪廻と悟り、死して極樂、地獄のあるべからず、人は人以上に成るを能はずと覚るべきなり。

信仰とは、迷信に堕ひざる修善道場とて、徒らに邪神邪道の邪教に赴くべからずと、荒覇吐神の信仰は大要とせり。古代波斯国より渡来せる五千年前の教理こそ眞理なり。

十三、

シキタイの民は馬を駆し、アルタイ草原を更にモンゴルに至るゝ大擴野を横断、征馬の域を擴むるに、その民族、信仰の神はギリシアの神々を崇拝せる者、またはシュメールのルガル神及びアラ・ハバキ神を信仰せる多く、その故縁にて吾が丑寅日本国に渡らしむるに至りぬ。世に騎馬民と曰ふ族はモンゴル、更に満達の興安嶺に至る世襲もありぬと曰ふなり。彼の民はギリシア神ヘラクルスの神孫と曰ふほどに勇猛果敢たり。大群馬及び羊を引連れて大陸を横断せる跡に草の喰筋、萬里の長城が如く擴續せりと曰ふなり。此の民族はブルハン神をも祀り、此の神なる使者鯰を型に棺を造り使者も葬せり。

十四、

丑寅日本国の民は、北極星を神聖として、彼の星を不動なる常世国の常在せる星とて、殊に崇拝せるありき。神の常世国とは、佛法に曰ふ極樂、キリシタンやパテレンの曰ふ天国を曰ふ。北極星を軸に廻る小熊、大熊座の四季に廻るを卍と卐とせる神の印とせるあり。佛法にても、是を佛印とせり。

北極星をイシカカムイのオテナとせる丑寅の民は、北極星を宇宙の窓とし、イオマンテの祭事は常にしてヌササンを北極星に向けてイナウを捧立せり。日輪は昼の眼にして、北極星は夜の眼なりとて、古来より北民の信じるところなり。北極星を仰ぐ山頂信仰をホノリタンネと曰ふなり。昔よりコタンエカシの祀る神にて、北民が司るアラハバキカムイの神事の常に祀らる神なり。古代丑寅の民は、北極星の位方は昼夜雨天にしても見ゆほどに信仰を積めりと曰ふなり。此の神の使者とて白鳥、丹頂鶴などを神鳥とせり。即鳥以陸水爲神と曰ふ意なり。

語部録に曰く。・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・

十五、

・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・

ツパン、ジパンと古稱されし、丑寅日本国の民に神を信仰し、人の睦みを保って生々せる衣食住の事は春夏秋冬に山海より保食を採し飢餓に備へて憂を避け、互に餓死を脱して安泰せり。冬寒にもめげずカッペタと曰ふありぬ。住家はチセ、コタン、チャシ、ポロチャシの造法あり、夏に涼しく冬に暖き、葦屋なりと曰ふなり。

十六、

丑寅日本の古代史をして山靼及び波斯の国なる古史に遡らでは明解得られずと曰ふなり。荒覇吐神の信仰はシュメール国を抜きては爲らず、その渡りなるエジプト、エスライル、トルコ、ギリシア、シキタイ、モンゴルの信仰に抜きて、この国に至れるものなり。アラは天にして、ハバキは北水を意趣す。

丑寅日本国はかく古代に於ける深層に在りて渡来せる信仰なり。人を睦むは文字の渡来なり。丑寅の民は爭ふを避けて、人命尊重を一義とせり。古きより一夫一妻に掟を固くせる民なり。親を大切に孝し、衆は倶に交りぬるはカムイの信仰をして、相互に和を深く、一族一身同體の如く国造り、人造りをせり。

神を荒覇吐神信仰の一統に外る者なく、安心立命を神と人との和に以て、生死の事は一切天命に安じたり。

十七、

〽わが国の 四季の移りは 採深く
  海や陸にも 幸やあふるゝ

古代より丑寅の国は幸の御園たりぬ。山靼より異土人の歸化せる知識をも渡りて、倭国をはるかに遡る歴史の深層たりぬ古層に在りぬ。丑寅日本国に渡来せる帰化人にして、古代オリエントの国々より多大なる文明の渡り来たるなかに信仰あり、文字を以て通ぜる学道あり、金銀銅鉄の採鑛あり、倭をはるかに先なる世の史實なり。

地に大王を国主として国肇とし、人造りとせるは一萬年前より民族の風俗にして変らざる史實なるも、後世に西南に起りき国盗りの勢に、丑寅日本国はいつしか化外地、蝦夷地とて侵略をまゝにせる世襲は、未だに此の国史に遺るまゝ攺むるなかりき。黑き鴉を白と曰はしむる如く、丑寅日本国は、元よりの国號までも奪はれたまゝ、歴史の事は倭史に染しむる信仰にて、吾が国の古事を抹消しけるは現なり。

十八、

〽年ふれば 露と消えにし みなながら
  歴史の誠 人の傳へも

菅江眞澄が外浜の荒覇吐神社に詣でし遺歌ありぬ。古きの人跡ぞ、宇鉄に至る間、由来、地住の民に遺りきも、是を法度とせしは世襲なり。荒覇吐神社の遺りき跡は、東日流より坂東に至る間に消滅せるもの参百八十三社にして、名稱攺たる社は七百八十九社たり。

幸にして、現存せるは二十六社にして、未だに息吹きぬ。なかんずく多賀城に遺りき天宮、地宮、水宮の遺りきは幸なり。とかく奥州の歴史は、倭国史に添はざるものは排斥さるゝなりきも、史實は強く今に遺るも多きなり。丑寅日本史は倭史に染むなくたゞ眞實に通し、世襲にさらさずに遺るゝは常なりき。世襲をして古来傳統のものの優れたる舞草刀鍛錬技術も、鎌倉に捕引され相州刀とて遺るゝも、舞草刀の如きは一刀も遺らざるは、奥州鍛治の秘たり。

十九、

元寇とは倭人の武士に敵はざるの異土戦法たり。西は筑紫より北は樺太に上陸されし元寇のとき、北方のみは東日流安東氏の請願にて、不戦と相成り、大量の兵糧を戴きて和解せり。此の年、奥州は凶作にして諸民この兵糧の援によりて飢餓を免れ、その報恩とて奥州の寺社にフビライハン像や、揚州知事たるマルコポーロの像を安置せるに至りて、今に猶以て崇拝さる。元寇にて樺太に上陸せしものは六萬四千人と曰ふ。

蒙古軍の崇拝せる信仰にラマ教多く、ブルハン信仰の佛教徒たるも多し。天竺、支那の佛法と異なりて、土民信仰と混合せるものなり。吾が丑寅日本国と同通にせるは、クリルタイにして、アラハバキ信仰のブルハン及び古代オリエントの各宗、様々なり。何れを崇むとも、自在にして多宗たり。一統せしはクリルタイの集いにて、商人をしては、越境も科あらず、何れも自在に商行せり。モンゴルより吾が国に到る信仰に荒覇吐神ありつるなり。

廿、

荒覇吐神の古代なるはイシカ、ホノリ、ガコの三神にて成れるも、地民のなかにオシラ、イタコ、ゴミソと曰ふありて、コタンの人々に祈祷、靈媒、占と曰ふ神をして神事せるありぬ。オシラとは女人にして、イタコは盲目の女人なり。ゴミソとは男女何れともその神事に當りて、人々の病疾や運勢、吉凶の判断、葬儀らをなせり。イタコのみは死者の靈媒をして遺族に告げたり。

何れも荒覇吐神を主導として、一、イジナ、二、コクリ、三、スイコ、四、トロロ、五、ブルハン、六、ムロ、と曰ふ六法にてなせるも、今は古代なるはなく、何れも倭神及び佛法にて神事をなせるも、昔法の如く衆に事の靈験や非らずと曰ふなり。今は名のみ遺れり。

廿一、

古代の占法にては、流星占、カムイノミ占、水占の三法にて神事とせり。占とは荒覇吐神の神事の外にありて、正拝行事に非らざるなり。その神事に於ては神像を造らず、占事の一切を行せず、人をして靈媒などは、人は人より上なく如何なる者も神をして神に親近叶はずと戒しむ。ヌササン、カムイノミ、イナウを以て神事の要としてなるは、アラハバキ神のイオマンテとせり。神は天然にして自然なり。見えざる空風や宇宙の遠きにも、神の相なり。日輪は光熱、大地はその化に依りて萬有の生命存續す。生死の事は子孫をして甦える新生への道は、死を越えその眞理あり。死なくして新生なしと心得たり。

かくある魂魄の生命不滅と物質なる生命體致死の理を解脱せずば、久遠の死境にさまようものとて、人と生れそして死す後の新生への甦りの必至を、人として再来せん一途を、天に仰ぎ、地に伏して信仰の誠とせよ。

廿二、

北方を丑寅日本国土とせしは、安倍、安東一族の代にして、極北の地より角陽国、白夜国、神威茶塚国、千島、樺太、渡島、を以ての治世を、朝幕をして北に追ふが如く、丑寅日本国侵略してとどまらず、ただ蝦夷とて化外のまつろわぬ蕃人とて、そのくらしを乱奪せる耳ならず永きに渡りぬ。かくある朝幕に、氷雪極寒にて護りたるは、天然の神荒覇吐族として、蝦夷と曰はれし丑寅日本国民の永きに渡る現今に、猶續くる世の相なり。

諸々の奸計謀略に丑寅日本国を仮想敵国とて、征夷大將軍とて今に猶、朝庭に存續す。是くある世襲も必ずや、神の報復に屈せるあらんを、今に至らんや。

廿三、

此の書は、各々に丑寅日本史の要を記したるものなり。諸国を巡じて古跡、地人に尋ねて記逑を綴り、後世に遺すは、古き世の實相を遺す唯一の手段たり。北鑑は庶民の口傳なり。依て、六十餘州に安倍、安東、秋田氏、和田氏の在住ある處、その神社佛閣のある縁りのところに巡脚して、一切の故事を集綴に記せしものなり。依て、丑寅日本国に秘めたるの歴史の解明に至りぬ。蝦夷と忌はしく今猶攺めざる實僞史の事は、久遠に續くるなく、必ず歴史の報復あり。世襲の權政の作説の事はあばかれ、次世の當来は今に来りなん。時に於て本書は眞理の誠を連らねんものと念ずる。

和田末吉 印

 

制作:F_kikaku