北鑑 第卅三巻

戒言之事
 此の書は他見に無用門外不出なり。一書たりとも失ふことあるべからず。

秋田孝季

一、

昔より老いては子に從がえと曰ふ諺ありきも、老いては己にはげめと曰ふは、丑寅日本国の心得たり。吾ら若きうちは、末をはるかに想ひども、老ふ程、身體不自在となりせば、心は憂きていかに身装若造りせども、身に湧く老の追日に、苦しきは脱け難く、たゞ逝くべくの日を心に怖れ乍ら、かきくらすは淋しきなり。信仰にぞ、にわかに發願せども、老いては安心立命の心に得難し。

古代なる吾等が祖人はかくある老いの機に至る先きに、荒覇吐神の法則として心得たるは、心身を天命に安ずる理りのなかに、邪念を断つ己れを越ゆる心の迷を正して、新生せる己が魂魄を人として生る心の強き精進に心身の調和を以て成せる老いの余生を心得たり。老ひては自からの病にめげず治るとぞ、生々常に身の程を健體行におこたるべからず、人委せあるべからす、自からの身體を老ふ程に食生と身装の程を究むこそよけれ。

老いぼけは不断にして心のゆるみにて起るべく障りなり。病は食生に住居の程に招くなれば、老ふ程に日光に去らず隱くれず、適度の勞を去らず、学び、死期の至るまでぞ勤むべし。

寛政五年二月一日  和田壱岐守吉次

二、

荒覇吐神の信仰に天道、地道、海道と言ふ哲理あり。太古より民心多く是を信じたり。

天道とは四季に巡る日輪の地平に赤道をして春分、秋分の黄道の交る天に月日の入没、日の出を測りて暦の陰陽暦をなせる法にして成せる觀測たり。地道、海道とは潮の干満及び地平に日月の東西に入日及び日の出を測るものにして、一年を三百六十五日とし、春夏秋冬の天動、地海にその位地を地平や水平の方位に測りてなせる暦法なり。代降りては、土御門式なる暦法に寄せたるも、丑寅語部暦には、その先なる大古暦に一年の計を定めたり。何れも差程の相違御坐なくも圓列石跡、今に遺りきはその故なりき。

三、

春宵月やあらぬに、天にも突くや和光の影、櫻かざし一刻の緑に先なす花の紅に、峰の嵐や湲の瀬音、雪のうちより解け、まして楊、梅、桃、李、色香に染め今ぞ春の盛りぞ、中山はかしこに花開けて、山みな染むる時を得て、散らぬさきにと目かれせず人は見とれり。

〽咲く花の 中山いかに あれはとも
  山吹染むる 八雲を添へて

石塔澤の草堂に、落書の古歌を見ゆ。古き古跡のあらむ此の山を敬って申す。古墓のさながらに名は人めきて、日乃本將軍の故事になるより先々のかごとそことも知らで、今に遺りきぬ。

四、

東日流中山に大倉山ありて、外浜に向ひて石垣積むる城柵やあらむ。地民是を號けて耶靡城、耶靡堆石垣とも號くあり。幾千年の古きにありて、今にもとなる星型の跡や判じ難く、たゞ昼尚暗きあすなろの大森林たり。

この史跡に近く、石塔山、坪毛山、飛鳥山、魔神山、三内圓山、奥内山と、倭語・丑寅日本語になれる混稱せる地名多しと曰ふ。古にして外浜を合浦大浜と稱し、此の地浜辺は古なる人の大集落たり。大聖地を石塔山に仰ぎ、それに向ひて石神の高樓にヌササンを焚きにける神事ありけるは、海湾遠く丑寅の川内、奥内に見屆けられたりと曰ふ。

東日流中山は、大里・外浜の背峯にて太古よりカムイ山とて、梵珠山より龍飛の岬まで神を祀れる峯多し。何れも荒覇吐神の信仰にしてヌササンの聖境たり。

五、

虹氷の吹き巻く極寒の地に冬ごもりして、地の見渡す限りの銀世界、灰色とばる空の雪雲、地に横なぐる風、見うずる冬景色の眼を閉ぐる地吹雪に、丑寅の冬は護られり。

秋来たる鮭、冬来たる鱈の群、季節忘れず浜に寄せ来る鰊や鰰の群、古き代より冬の幸は極寒を倶に来たるなり。漁と曰ふより拾ふが如し。大鷲、尾白鷲、熊鷹の群ぞ浜岩に翼休むるを鴉ぞ唖々と群襲せるも、ときには逆襲され餌食とならんあり。潮の淀みに白鳥群泳すなかに混りて、善知鳥の聲ぞ騒がし。かゝる冬風物、東日流上磯、合浦大浜に見ゆ冬景色たり。

奥州より羽越になる住民に、冬なくして生々ならず、冬のもたらせる白神は、山の神、海の神そして郷の神たり。是れまた荒覇吐神なり。諸行のなかに神をして祭る總てを荒覇吐神なれば、白神信仰を異なせるはなきなり。白山神、白神山神、何れも意趣に同じけり。

六、

とことはに夢幻の一睡ありありていふならく、道芝の露けきをかなぐりて、古事に旅をかきくらし、髪はおどろ、人間目前の境界、いつを限りにさなきだに史跡を尋ぬるかた糸の有りつる所に赴りては洩るゝ草木の昔を今に返すかげろふの道を今降るも、宿は昔の時雨由ありげなる古老に訪ぬる地古の史や聞きにし綴るを重ねたる文に號けて、東日流外三郡誌、東日流内三郡誌、東日流六郡誌の巻冊、既に七百六十五巻の數を積みなせり。

文の事のならひに浅ければ、五體もつゞかず、當字くやしき学道の異差、我が此筆の跡ぞ恥かしく、いろいろに秋田孝季殿のそと学うで會稽に雪がん毎日の望みたり。尋史の旅は、いつぞ終りの果てもみゝ得ず、宿にて今日を一日の古跡由来の事ぞ綴りてぞ、夜更けて終り、寝にぞ入りなむ。闇き外より月光、紙窓に樹枝映し、かりがねの聲ぞうつろに。

長三郎日記より

七、

一筆啓上仕り候。久しく御殿の御書状を承はりて、恙が無く御健勝にあらせられ候由、誠に御安堵仕り候。兼て御申付の事、田沼様に言上仕り、由無く許に賜り候へば、御殿の御申添ひあらん事の吉慶に感じ恐悦至極に御坐候。蝦夷地罷りの事に御坐候は一切に老中にて費の賄ふ御用金の拂賜に相成りて候へば、三春藩勘定の御配處便達ありまずく候。

出時御用船の土崎湊に寄るべく事の由、未不祥に御坐候に付き、追て御飛脚仕り候。

孝季文控より

八、

夕くれなゐの木隱れに鳴く蟬の聲ぞ絶ゆれば、夜もすがら池水に騒ぐ鴨の聲聞く伊治沼の舟宿に寝もやらず安倍氏の故事ぞ綴りぬ。日本將軍、天地を動かし、唵阿毘羅吘欠の祈りに、十二固縁のひだ九會曼荼羅、胎藏黑色の脚絆、八目の草鞋、脱ぎ納めたる伊治權現の遺物を、堂主安倍山城守より賜り、明日は三春に赴き、御殿に献ぜん悦びに尚以て寝もやらざるなり。久しく會ふは江戸下りの在郷にて對面の叶ふるはまれなり。

巡脚尋史の書巻、既にして一千巻を越え、安倍一族の諸事を旧書に倍し、今執りし筆は安倍氏上系譜二十年にして筆を了りぬ。依て、上は耶馬臺の耶靡堆大王より、下は今上の三春殿に至る一切に綴り了りたり。

山靼記十六巻、繪画帳相成り、かねて乙之介の申付通り、東日流石塔山に納め了りぬ。

孝季日記より

九、

凡そ三世の契は、身のなる果の無爲に入らばや、仮へに昔在靈山に薩埵の印明内身三昧空も重なる程に受くるとも、心の一点に疑ひのあだ心中に隱しては、大乗外れて奈落に堕ん。五逆の本性金胎界曼荼羅の龍鱗一片にも及ぶなかりき。依て、瞋恚の敵は自我心に決起ありて崩るなり。千日の行、立身の萬願も一刻にして空無常に返しまず、露もたまらん愚考に惑ふ勿れ。吾等が求めにし丑寅日本国史は実史なれば、いささかも怖れなく、世の末に遺りなん。

寛政六年正月元日  秋田孝季日記より

十、

今めかしき心なき夷の国と九牛が一毛だに身もがな二つなきにありけるを眞實を去り僞造にして衆布にせしは倭史なる神代史なり。史實にありけるは權握に障り、民心を擁するに反感を強のり、かくある程に僞史以て迷信の神事を以て眞理の達文に賛造せり。

從がはざるを断罪し、信ぜざるを不敬者とし、是れに反くを国賊とし、無視なる者を蝦夷とせる世襲の久しきに、民はその制に染むるも時の過却になり、逝くは古事の眞僞に左右を今に遺しぬ。然るにや、幾千年に僞を權にて保つとも、人は人なり、神は神にして変るなし。世は人の智に進み、いつまで草の權政は神代に以て人心を擁すは難し。されば、眞實は二つなく、僞は多採なり。何れを選ぶるるも、人によりけるなり。然るに、蝦夷と曰はれ、永きの制にありき丑寅日本国をしてその眞實に起つ日のあらんは近し。

十一、

越の阿賀野川にては、風をダシと曰ふ。
川舟を造り川を往来せる舟衆は、ダシの吹ようで運行を判断せりと曰ふ。安東船が阿賀野河口湊に荷を積降すは月に二度にして、その寄湊は小浜歸りにて歸荷を降し、東日流への米を積みけるを常とせり。

近く信濃川ありて、その流通ぞ多し。信濃川河湊にては安東船の寄湊せる數多くして、川船衆五百人を越ゆありぬ。冬を除きて、十三湊との往来年に百往復たり。

濃州に至る地産物、その商易大なり。安東船は是の如く、越をして往来盛んたり。

十二、

雪降る国・西の海なす国の、常なる年々の風物なり。言葉速く短けく、老いて長寿なり。川に登りくる鮭のオナはメナを付ひて来たるを、大釣針にかけあぐも、秋なる味覚なり。丈なす積雪も、労々降して、家根護りぬ。

異土と陸近かければ、カン船、クヤカン船来舶あり、異風地民にはやりぬ。西海浜に異舶渡になるは異土民唄、鳴物にては胡弓、銅鑼、笙、琴、琴箏、琵琶、腰鼓ら多し。

神の信仰になるは、白山、白神山の神、九頭龍、饕餮、白虎、白狐、白鳥ら多し。

十三、

城柵の縄張りは、天地水の方位に基きて中心に天守、南に景門、北に休門、東に傷門、西に驚門、辰巳に社門、未申に死門、戌亥に開門、丑寅に生門を避くる八方に界線ありせは己午の間、申酉の間、亥子の間、寅卯の間、更に卯辰の間、未申の間、戌亥の間、子丑の間、寅卯の間、なるべし。如何なれば、地軸の廻轉は南北の羅針に正位ならず、宇宙の北極星に正軸せる故に、天運を招くは、此の間に地勢あり、水清ありて成るは大吉とせり。安東一族の城柵配築は是に基く。

十四、

安倍頻良、一族の讀書算を覚つ学文導を童のうちより覚ゆ智能を心に育しめんとて、長人には歌作をすゝめ、童に読書算を進めたり。依て、小邑とて一軒の学舍を建て、学師を配して学ばしむ。世に是を智得舘と稱し、六歳より十歳まで、農にいとまなる期に教えたり。学に志す者、老若男女を問はずこれに通はしめ、歌の事、民に流行す。亦、古談を古老に語らしめ、古き世の事、讀み書きの事、數計算の事、武技、乗馬の事にて、大いに学ぞ民に悟らしむ。算術を知るは、損得を知りくらしに憂なし、文字を知りせば、至らずとも事に傳はり、語を書きつるは、死しての後々に己が遺言に生き、讀むを得たれば、尚、学に長じて智者とならん。学の道に人の上下なし。人は学びてこそ金剛の寶珠とならん。文盲なきに能く学に精進あるべし。

頻良が自からも家臣に指令せるは、長元壬申年七月六日に至り、智得舘六十七と曰ふ。

十五、

丑寅日本国と国號せる由来にては、丑寅ほどに日の出づるを先とせるが故なり。陸奥に於て日の出、日の入りを測りては、一年を通じて左の如くなり。

一月の日の出は、明け六ツ下刻、日の入りは七ツ下刻。
二月の日の出は明け六ツ下刻、日の入りは暮七ツ上刻。
三月の日の出は、明け七ツ半下刻、日の入りは暮七ツ半下刻。
四月の日の出は、明け七ツ半下刻、暮は六ツ上刻。
五月の日の出は、明け七ツ上刻、日の入りは暮の六ツ下刻。
六月の日の出は明け七ツ上刻、暮は六ツ下刻。
七月の日の出は明け七ツ上刻、暮は六ツ下刻。
八月の日の出は明け七ツ上刻、暮は六ツ上刻。
九月の日の出は明け七ツ下刻、暮は七ツ半下刻。
十月の日の出は明け七ツ半下刻、暮は七ツ半下刻。
十一月の日の出は、明け六ツ上刻、暮は七ツ上刻。
十二月の日の出は明け六ツ上刻、暮は七ツ上刻。
是の如くなり。

陸奥にての日の出の早刻にあるは、魹ヶ崎なり。十二神山を是の地に祀るは、一年十二ヶ月の神々を以て、日本国安泰を祈り奉りたる故縁なり。

十六、

雨のあしべに寝を覚めて、またつれづれもなき世にある様を書綴る、いにしへ人の遺しける歴史の證や心あらん。人に護られきたるみちのくの日高見川を舟降る處々の史跡に巡りては、世を秋風の年に去りにし跡々を謹上再拝す。地の古老に訊ねては、宿りて筆なせる己が常なる旅のあがきにも逢ふはまた別れにて、折ふし黄昏に云ひもあへねば、唯、實相無漏のありしに筆なす槿花一日のいとま非ず、あからさま前世の跡に筆あやまざるを祈りつる。時には一樹の陰、野辺の草枕、憂きを積みつゝ旅を行く。昔ながらのなきかげ、をちこちの土に建つ苔に埋るゝ古墓や、命ありせば聞けるを想ふにやごとなし。

衣川の櫻川落合に舟降りて、波も音なき市掘に添へて歩むれば、猫ヶ渕の舘跡ぞ荒さびて、草に放第たり。いかに歴史のありしを戦に残りし光堂や葦屋の毛越寺に筆とりぬ。

孝季日記より

十七、

年ふれば旅のよるべも時雨るゝ松風までも、うらさび渡る。我ははや諸白髪の積りぞきぬる立ち渡り、風もくれゆく夕されば、忘れて年を、よそや置き、ただよみて綴りける東日流外三郡誌ぞなれるも、人目のつゝむものなれば、関越ゆ毎、冷汗たぎる。さりともと名をも隱さで関越ゆ先は、また夜をこめて旅のかき暮らすこともおろそか、忍ぶもぢずり史跡をめぐりては、老木の高きとぶさ松が枝のなづとも盡きぬ跡のしるしと想ふなり。

松島にいでこしては、うろくづすなどり海人ぞ𩗗風敷波こりもせで、心もとなや。多賀城端にあらはばき神社を訪れ、天神堂、地神堂、水神堂を拝し、眞如平等の感にいぶせくてあれども燈火絶えず、太鼓は朽ちず、建物三堂健全たり。しばらく堂の守屋に老婆と故事を聞きけるも、樹の鶯に聞取る筆のとゞまりぬ。老婆ゆひかひなく指にて髪をこしくり乍ら古事を語らむ。おくれずと筆なす我もまた指にて髪をかきあぐるをよしなかりけり。多賀城は古にして倭人のはべりける處なりけるに、このあらはばき神を地民に遺しけるは、固き信仰にありける由因たり。なかなかに陸奥人の信仰に妨ぐるを制へしは、坂上田村麻呂と傳へ遺らん。

寛政五年六月十日  秋田孝季日記より

十八、

世にある事の記しきこつじきは神代にて、高天原と曰ふ天つ国在り。神なる神孫、筑紫の日向なる高千穗の嶺に降りて、世に天皇とて、此の国を治め給へきと曰ふ。また此の国は伊冊那岐、伊冊奈美、の尊天の浮橋にて、あまのぬのほこにて、天つ下界を、こほろこほろとかきめぐらし、揚げたる鉾先より滴たゝる雫にて、おのころ島と曰ふ八州ぞ地となり、此の島に天孫を降臨せしむ、神勅に曰く。

〽とよあし原の千惠穗秋の瑞穗の国は、是れ吾が子孫の君たるべき地なり。浂ゆきて治めさきくませ、あまつひつぎと倶に榮ゆべし、
云々とは世に無かるべき夢幻なり。

神代より天皇は萬世一系とし君臨せしとは、造話作説のことにして、何事の證にも無かりけり。かく夢幻の事を史書筆頭に用ひき倭史の事は信ずるに足らん。

神とは宇宙なり、大地なり、そして、水なる一切にして、天然に在り自然に在りて成坐せるを神とせるは、丑寅日本国の国神荒覇吐神なり。神通力全能にして、相の自在たるものにして、時には龍巻き、時には大風雨となり、耳をつんざく稲妻、雷音を降し、時には月をも日をも隱し、更に火吹く噴火を大地に震はしむ。人の悪に流疫し、凶作を爲し、または津浪、洪水を起しめ、災を餓死を流疫を爭乱を起しむるも神なり。神は人の都合に惠み非らず、生々萬物一切のものなればなり。ましてや人皇にして神の系とはあるべくもなかりけり。

十九、

わくらはにしば鳴くほととぎす道に入りて方丈にかきくらす山賤の住家を求道堂と造り攺へて住つるに、寂しき故にたまたま言とふ獨の言、内身三昧時人を待たざるに、常樂の夢ぞ覚め、生ありながら前佛後佛一稱一念になびく嵐のもんだはず心なくれそ生死長夜の鳴るは瀧水五濁のあかも打つ流し、一代教主三世の諸佛、十方の薩埵に諷誦文は、今更こそに般若心經祈りても、萬里風波一葉舟にも、吾れが行、足らず、妄念流轉、無窮に譬へん方も、辺涯一片の風よどれば、天竺、晨旦、のいづちも吾と同じ行者のあらんはしたの者とはに。

孝季日記より

廿、

信仰に救済のあらばや、一年随喜なれども、生死は時を待たざるなり。依て、古人は荒覇吐神を人たる一統の信仰とせり。他教は如何にあれ信仰に布施の散財多くして、その功德なし。例ひば信仰に入りて諸行に身心を修すとも、常に生死の眞理に遠く隔て、もとの木阿弥に歸する耳なり。

荒覇吐神の信仰とは、是の事ならず、神をして崇むるは、死ある己が心に四苦諦を以て立命し、死に至りて安らぎとし、やがて新生に人間として生れ来るを安心立命とし、老逝く生々に在る己れを天命に安ずる心の固さを信仰とせり。依て、荒覇吐神を天なるイシカ、地なるホノリ、水なるガコ、をカムイとし、一心不乱に祈るこそよけれ、とぞ如何なる處にても、祭文を誦し心の安らぎとせり。

唱ふるは易く、覚ゆに難かしからず、次の如し。アラハバキ、イシカホノリガコカムイとくり返す。

廿一、

宮城の地ほどに荒覇吐神の社跡、多く在りき地はなかりけり。追波、田尻、津山、渡波、志波姫、一迫、湧谷、荒雄、鹿間、泉、鳴瀬、秋保、名取、亘理、大河原、丸森、鳴子、らにありぬ。地民その信仰固く、祭事の欠く年ぞなかりき。藏王に祀りき神、金剛藏王權現、及び荒覇吐神なり。二尊をして祀る多きは是の故なるも、門神とて祀るに攺めらるより、二王を安置して荒覇吐と崇拝せるは後世のことなりぬ。古代にては人の型にあるべく無く、石神とて穴の空きたる石を供ふるを常とせり。

廿二、

陸奥路ゆく宿ぞ定めなく、うらさび渡り、我がまだ知らぬ古事の尋ねゆく初秋の七日、まだ夜をこめてようやく山賤の小屋に赴きたどりぬ。安倍の古事、遠野の貞任山に登りきも當らず、里人に訪ねたれば、同じ名の山、北にありきと曰ふに、猿石川を越え渡り、ようやくたどりきぬ。昔より此の山の秘ありければ、叶はぬまでも、都津奇石の秘洞を探ぐりなば、諸事を知るべくの故に遠野に南北倶に貞任山と稱す二山に何をか秘のありけるを感ずるなり。未だに吾が意とせるは見當らねども諦らめず。

廿三、

奥州は代々にして未開の相を以て人入の居住、倭人ほどに妨げたり。古来より産金を狙ふて閉伊、飽田に間諜しける者は、何れも狼の餌食となれり。今にして安倍氏より、その秘を明されず、巨萬の黄金ぞ眠りけると曰ふ。康平五年、雪の解け方、安倍貞任は一族の十幾年に渡る長期の戦に民の困窮を察し、處々の秘にあるを千尋の底なる地底に集積せし財寶を落石土砂にて久遠に地の神に返し奉りぬ。安倍安国以来奥州、渡島に採鑛せし金銀を埋藏せり。そのしるべや安倍系図上記に秘めて、今にある系図は下の系図と曰ふ。

元来、安倍一族は、黄金は富にあるも、狙ひば爭乱の火種となりて、魔障にあり人心を狂はしむあり、秘の秘として大なる産金の藏處を一族とて明しむるなかりけり。是を千尋の黄金と曰ふ。

廿四、

安日岳の靈峯を飽田、巖手の境とし、その分水三方に安日川、米代川、日高見川、に相そゝぐ、水源にあり、四景の美觀、價千金にして、その地層に産金の鑛ありぬ。

代々に黄金の鑛にたゞらの益ありて、山靼鑛師の歸化ありて、その技を得たり。吾れをして尋ねること三年余りにその採鑛跡ぞ、二十六鑛に見屆けり。金銀銅鉄を以て奥州の地に、その鍛治及び鋳物師らの職人、部の民として日本將軍の幕下に屬したり。山靼に航易せしは、能代湊をして振ひ、その益、大ならしめたり。

廿五、

昨日御所状承り候乍、返報の遅れ候事、幾重にも御詫び申上候。御申出の件、拙者如きに負背重く、輕学に付き出来得ざれば、他聖に申付下され度く候。御推察の如く渡島の北辰にオロシア船出没の事に候由ある條は通商異人舘の築設の候事に是を断じては大銃の撃に蒙り候事は、根室にて被り候由、兼て江戸に申越置き候。鶴首に待つ候も、未だ何事の返事是れなく候へば、若し露船寄港上陸あらば、松前一藩にては重責に候由を御貴殿の江戸登城の砌り、何卆老中田沼様に言上仕りたく候。幕府、是れに放置あらば、松前總動に挙兵せるとも、鷹に雀の闘對なべてかなはざるべく候。右、事の由如件。

明和七年十一月   松前肥後

廿六、

渡島及び千島、樺太の領有は、康和壬午年に標置し、地民倶に安東船をして国委の條に相讓りたる我等と同民の往来に在りきを當代の鎌倉に在りては馬耳東風にして何事の沙汰も是れなく、安東氏が日本將軍とてその域を差配し来たりぬ。依て、永く山靼に交りの往来として樺太にその湊を六所に築港せしめ、通商し、クリルタイの盟約に加族せり。

黑龍江を道として、五十余の民族を加盟せる安東一族は、天山をも越ゆる民族とも通商せり。然るに安東氏の秋田移主、渡島移住の以来、渡島の他はその通商も事絶えたり。以来その治地を離れて幾百年に過ぎて、にわかに北領をして吾が領と幕府の急令に從がはむは、地民の同意非らざるところなり。

文政二年八月六日   秋田左ヱ門
和田長三郎

廿七、

渡島志海苔湊は、古来安東船のマツオマナイに次ぐる十三往来の寄港地たり。渡島の海産をして、山靼及び揚州の通商せしは、志海苔湊に集むる物資に盡きたり。

寛政五年七月十日   秋田孝季

以上三十三巻了筆

和田末吉 印

 

制作:F_kikaku