北鑑 第卅四巻

書言
 此の書は他見無用にして門外不出とせよ、亦、一紙たりとも失ふべからず。

寛政元年   秋田孝季

一、

古来より荒覇吐神の信仰に一義實行とせるは、一夫一妻にして、親なる老人の養老に尊命を孝するに在り。是を信仰の善行として重じたり。人の生命こそ自他倶に己れの出来得る限り救済するこそ、神の救ひにあずかりし人なりと、神事毎に説くは、信仰の常たり。依て、掟を以て爭ふる事、殺生、盗奪、奸通、など人の生々のなかに犯すべからざるものとし、その條、四十八戒にして護るべき人道とし、信仰とせり。荒覇吐神はかく道理を破戒する者は罰則せり。依て、子なき老人、親なき子を神のめぐり合として、不幸を造らざるにつとめたり。

二、

荒覇吐神の化身にあるは、古代カルデア民の宇宙への運行に黄道、赤道の春分、秋分の接点に四季の神々を十二神とせり。

アラ、ハバキ、ルガルなどの神を主尊として説く全能の理りを聖典とし、オスマントルコ、シキタイ、ギリシア、エスラエル、エジプト、アラビア、インド、チャイナ、モンゴルなどに渡るも、地神の信仰と併せてなれるは現代に遺る諸宗なり。此の世に神と信仰を創るは、シュメールのグデア大王、ギルガメシュ大王の聖典に依れるに發祥せり。

アラとは雄神にして、ハバキとは雌神なり。世の萬有生命は何れも雌雄をして生るゝを法則として生物生命ありきは、當然なり。

アラハバキとは哲理化科に説きては、因と果にして、他論のなかるべし。因と果になるその要点にあるは無より生ずる因あり、物質をして果と相成れる法則にて、萬有はなれりと曰ふ。抑々、宇宙誕生の肇より因と果なる化科に依りて阿僧祇の宇宙は成れり。吾等が地界とてその要に究むれば、數億銀河の一にして、この一銀河さえも數億の星團にして、その片端に日輪を軸星として、地界はその光熱を浴し水と大地にて成れる星と誕生せる惑星なれば、擴大なる宇宙の塵の一粉如き小惑星なりと曰ふなり。天地水の化科に依りて生物生命ぞ萬有し、生死を以てその子孫を萬代に進化せしめてなれるは、我等人間なり。

神として祀るは、是く因と果に依りて成れる天地水の化科を神として荒覇吐神と曰ふ。

三、

此の国は民こぞりて大王を選び国を造り、日本国として丑寅に興したる国なり。民族六族にして、坂東を堺に、東北にその王国を治しめせるは、倭国をはるかに先に越して成れり。北はクリル族より阿蘇辺族、宇曽利族、麁族、熟族、耶靡堆族、との併合にして荒覇吐族とて、此の国を日本国と成せり。更には山靼よりの渡来民も併合し、茲に古代大王国となれるは、語部録に證せる處なり。

是の深層にありき丑寅大王国を蝦夷として、倭の下に伏せる世襲は、丑寅の国も住み人も魂のもたざる鮫の如き凶悪に敵視を以て討って取るべき征夷の對黨とせるは、睦みなき討伐行なり。丑寅日本国を人とせず、鬼畜の如き賊とせるは、まさに忿怒やるかたのなき永き歴史構成なり。吾が丑寅日本国は既にして山靼とのクリルタイの盟約に列坐し、民族の商易を振興せり。依て、旧唐書、新唐書に日本国は倭国と異なる国と明記遺りぬ。異土と交りたる紅毛人の歸化在住を東北地に認むは、人国記に遺り、日本書紀の史傳は倭史一色に記るされしを、紫式部は日本書紀などは片そばぞかしとて、造話作説なるを明白せり。吾が丑寅日本国を蝦夷と曰ふは倭は、侵魔の輩なり。

四、

古代羽州の地は、異土人の漂着せる多し。

秋田の鬼とは紅毛人にして能く漂着せる多し。秋田に多説あるは鬼傳説をして今に遺るは山靼より渡来せる波斯人多く、故地の戦乱に、乱を脱して来たる人々なり。古代よりシキタイの地よりモンゴルを經て黑龍江を降り、サガリィンより渡島に入りて、東日流及び飽田に漂着せるあり。是れを鬼とせるは、山に鑛石を掘り、金銀銅鉄のただらをなして、地民に教へたるに依りて、鬼とぞ通稱す。また信仰にもたらせる古代オリエントの神々になる傳へに、アラハバキ神を説きて、地神イシカホノリガコカムイと併合を得たるほどに、丑寅の民と睦みて国を造りぬ。荒覇吐神は是して成れり。

五、

緑の葦河原に香る初夏の舟族に日高見河を追波浦に出でむ月の浦にぞ、山路越え、伊達殿が秋田氏の船大工の技に委せて造りきは、サンパプチシタ號たる紅毛人型船なり。

古来、川舟とて日高見川往来船は、秋田なる土崎、能代の船大工加へて北浦の大工衆合せて三十人なり。人夫記に記るさるは次の如くなり。火内豊島の住人大丸屋組、檜山の辰造、鷹巣の利衛門、相川の惣吉、阿仁の健造、北浦の専吉、城之目の与介、以下二十六人にて檜山城の秋田家行、丘膳之介、山王次郎太、旭三郎、是之新田賴重、小野寺小五郎、由利佐馬之助、小野權八郎、二階堂与八郎、岩見澤忠吉、らにして水先とてサンパプチスタ號に乗員たりと曰ふも、伊達の家臣とて名目せるも、その事一切、德川の隱密に探られ、松平重任にて秋田實季の伊勢朝熊に蟄居となりぬ。然るに、伊達の反目に怖れ、その相續三春に以て今に遺りぬ。

六、

〽思ひ立つ 外の浜より 出羽路入る
  吾が山里の しばしふりかえ

安倍、安東の歴史に奥州の史跡を巡りて由来を地老に聞き綴りて、天明に失なふる史書の綴りき巡脚の旅、そぞろに赴く十和田越えて小坂に至るなり。此の地は釋迦内とて米代川の川上にて、金鑛ありて、人の富となりける。古き世に山靼なる国人の採鑛傳へり。寶山と古老の傳へ、今にたゞら踏む。

〽安日嶽の 西も東も 金吹きの
  白がねくがね からめからめて

荷薩體より下閉伊に草原あり。駒のいなゝく牧ありける産馬の地に八幡駒とて名高く、安倍一族の財たる勢力にて日本將軍の名を天下にとどろかしむ。

〽駒駆くる 陸奥は日の本 牧の戸は
  十數に廣き 若駒の里

駒嶽の麓に玉川ありて湯泉あり。太古より生命を保つ澤とて生保内と曰ふ名になる邑あり。仙北の名處たり。安倍一族が前九年の役なる長期の戦に傷付きし者の籠城せし生保内城ありて、この湯治にて一族の者多く救はれたりと傳ふ處なり。

〽古きより 神のいでゆと 賜りて
  駒嶽裾に 命救はる

仙北の神湖あり、名付けて辰湖と曰ふ神秘湖なり。北の十和田湖、仙北の辰湖、會津の萬代湖、を以て丑寅三神湖と曰はれむ。奥州の三湖に各々神話今に遺りて傳説多し。吾が旅は仙北にしばらくの湯治を決めて、十日を湯宿し、同客の者より歴史の事を聞く。生保内邑に姫塚ありて哀話あり。古歌遺りぬ。

〽さくら花サァーエ
  咲へての後の 誰折らば

〽別れるにサァーエ
  糸より細く別れます

〽恋しさにサァーエ
  空飛ぶ鳥に 文をやる

〽この文をサァーエ
  落してたもな 賴みおく

姫塚になれる古歌の今に遺りぬ。姫塚に平將門の遺姫傳説あり。

〽山吹の 華にも似たる 將門の
  遺姫はねぶる 生保内の郷

歴史の事は天慶の昔に想ふる史實に綴り、吾が旅は雫石二股の仙岩峠を越えて厨川へと巡脚す。

〽忘れずな 三途の瀬踏み 厨川
  安倍が砦の 片葉葦風

厨川柵に遺る掘渕に茂る片葦葉に康平五年の壮烈なる戦の跡を心に思ひながら衣川への旅に北上川に添ふて江刺へと途宿りたり。

岩手の里は何處にても盆地の地平なるに續きて、太古に想ふ歴史の跡ぞ今に遺りけるなり。

七、

訪地尋史の旅は、時に空轉するあり。衣川の古社を訪るゝも、彼の歴史に證なせるものなく、徒らに尋日巡勞せる耳なり。衣川合川の老爺に聞けるに地に在る者は源氏に縁る者多く、古き安倍一族の者は、後難に怖れて遠野及び仙北、遠くは東日流にぞ移り住みて、歸らざるなりと曰ふ。衣の柵跡も舘跡も、平泉なる武家住居の材となりて持却られ、礎石さえ残らず寺築に移らむと曰ふなり。

〽空しける 戦の跡の 明鴉
  敗れし者の 跡形もなし

明の寺鐘にさそはれて、中尊寺に詣でれば、金色堂の屋根朽けるまゝ平泉三代の興亡を目にとどむるも、かつての寺跡、今に遺らず、奥州はたゞ京師方の手に立つ芽を刈られ来たるなり。

〽古しをば 語る老僧 かたくなに
  安倍の古きに 知らず給はす

平泉にての事は、源氏の他に何事の記に詰むるなく、たゞ奥陸物語ぞ寺に遺りける。藤原三代に縁るは寺□□不明に他に出でて失ふると曰ふ。敗れし者は是、遺らず。

八、

道芝の露にわらじのしめりほの感じて、四方の史跡に訪れて、古きの事を想なむ。伊治沼あたり。

〽まこも刈る 盆の兆しや 佛坐の
  草のかほりや 伊治沼の道

〽訪ねては 昔の都 宮澤の
  土手垣跡に 童たはむる

旅久しくして百日を越ゆ。山の嶮岨、草の道、ただ歴史のありか尋ね聞く、とゞのつまりに綴りきは道中に苦しけれ、郷に送りて軽く、旅また旅なり。

〽行け行けど 身につく銭の とぼしけれ
  人の情けに 遁るが如く

三春への道に入りては、永旅の脚勞わすれて、舘へ登城す。留守居の招く宴げも樂しけれ。城影もなかりき城山に登りて、竹林の風に涼しくて酒、うまきかな。

〽火事跡に 炎遁れの 竹林に
  風吹く音や 旅に追へなむ

九、

葉のゆれる三春の瀧櫻に名残りて、越路に越ゆは、山また山の道行きも、立山、見つれば勇むなり。その昔、大白山よりの神、降る靈山の峯ぞ、神々しき。越州より加賀に入りては、白山の古事に想ひせり。

西王母、九頭龍に乗りて東王父の住むるこの山の天池に降りては、みめうるはしき媛神ら、東王父にはべるを見つて、西王母、涙してはるか波斯の天山天池に去りゆける悲恋物語。

〽恋しきに 海山越えて たどりつる
  加賀の白山 夕映隱る

金澤の犀川を登りつ處に三輪山あり。安倍の大祖なる耶靡堆氏の故地なり。想を深く山頂に詣で祠やあらん。朽堂の天井崩れ、詣とて参ずるなき荒芒に委すまゝなり。大工を賴みて方丈を建立し、安倍の祖神を祀りて、古史の實に筆なせる勇を得たり。

〽神さびの 基に社をば 造りなす
  神を鎭しめ 事に筆なす

十、

寄せ返し西海を小浜への若狹路に入りて、羽賀寺に詣で、實季、更に康季公の御尊像に拝しぬ。住職の留むるまゝに寺宿して、秋田氏諸状に見つるは、筆なすこと多く、五日に長き旅宿をなせり。

〽朝熊より 記せし君の 數便り
  古けき故事の 手にとり覚ゆ

竹林風に鳴り、後髪引く如き羽賀寺を出で、大湖の舟旅を京師通ひに乗りて、山王に降り叡山に登りぬ。千古に神々しき神さびに、山王東宮夷王神社、白山媛神社を經て西宮に至る。

〽神殿の 霧に探りて 坂道を
  石橋渡り、山王大社

大津の潮を岸道に京師へとたどりてより、堺にたどり、膽駒山、葛城山、奈良路に入りて三輪山に詣でし後、伊勢朝熊の雲松寺に寺宿す。三春の先なる君、秋田城之介實季公の墓に拝し、寺に遺せし遺品の數々に拝しぬ。

以上は秋田孝季に動行せし長三郎の略日記なり。寛政四年の記帳にして遺りぬ。安倍、安東、秋田氏の實録を遺せんと、その尋歴記集の數や既にして一千巻に越ゆと曰ふ長期の尋歴なり。

十一、

年ふれば明日をも在世に在りきを案ずるに、病にかゝりては猶も心に不審なり。死出の覚悟に不断に顚倒せず心しあるも、死への期に安らけくと祈る昨今なり。

生々六十を過ぎ、親を葬り、子を育み来たれる歳月の速きは、光陰矢の如し、常に歴史を想ひてかきくらし、他国の風に身を巡らして得ること多かりしも、吾は常にして筆なす付添なり。古代の事は、みなながら暗の彼方にして、至らずば書留むを得られず、旅また旅の長きに渡りぬ。

丑寅より西南に知り人もなく、たゞ人の情にかきくらす旅の想ひや、やるかたもなき淋しきあり、夢にいでこし故郷の山川を似たる他国にて想は飛びぬ。妻子はそくさいか、旅に隔つほどに案ぜらるなり。さなきだに思ひを攺め、今日も史跡にめぐりて筆執りきては、心も空なり。佛の曰ふ、諸行無常是生滅法生滅々己寂滅爲樂との悟道も、吾が志には無用なり。

淨土宗法然源空の歌に、

〽月影の 至らぬ里は なけれども
  ながむる人の 心にぞ澄む

また善信坊の歌に曰く。

〽明日ありと 思ふ心の 仇ざくら
  夜半に嵐の 吹かぬものかは

故人の遺せし歌の心ぞ、能ぞ知りつゝ此のごろなり。

〽死にざまは なづか知らねど 旅衣
  色あせ汗む 旅のたそがれ

史集、既に一千巻に越ゆを郷に送りて、妻りくに正書を賴まん。

十二、

川岸の葦はたをりてやはけれど、芯は強く自然に強し。流れに溺るとも死せず、芯を立つて秋に穗をいだす。人生もかくありて、生々安しきことなし。此の生々流轉にぞ、喜憂あり、善悪ありて生死は廻轉せるなり。

荒覇吐神の信仰は、無上の道理を眞理に導く信仰なり。凡そ生を世に受くる者は、皆ながら諸行の無常に惑ひて、救済なき信仰に安心立命のかたしくも得る事を得ずして逝く多し。世にありてある限り、十悪五逆の罪を犯さざるものなし。此の道は如何に善行の相を造りても、生ある限りは飢をせざる己が生命を保つが故に、他生餌食とせる自身に生物殺生のなかるなし。一日の食膳に盛らる食物の一食にも生命のなかるものはなかりきなり。依て、信仰はかくあることまでも、心に悔拝して萬有の生命を大事として、己が罪のある身を神に祈教の念を忘却すべからずと戒しむ。求道はかくためのものなればなり。

生々は一刻の光陰も空しゆうなき生々の大事なり。心して信仰せよ。

十三、

倭稱にして客神、亦は客大明神と曰ふ神は荒覇吐神の事なり。拝禮は三禮四拍一禮にして、門神亦は門客神と號す處もあり。更には荒神、荒磯神と祀らるあり。古代のまゝにアラハバキと曰ふは少かなり。坂東の武藏の地に多く遺りぬ。當字にして荒脛巾、岩手山にては藁脛巾と稱すもありぬ。何れも世襲に怖れて神號を攺ひたるものなり。

古代にては倭の地に出雲大社、築紫宇佐や国東の大元神社は荒覇吐神たる由にて、その拝禮に遺りぬ。本来に異るも三禮四拍一禮にして今も拝禮す。本来なるは三禮なるも二禮なり。出雲に荒神谷と曰ふあり。元なる荒覇吐神殿の所在せし處なり。荒神と今に遺るは、何れも荒覇吐神を祀りし處なり。

康平年間より朝令にて倭神と神替をせる多くして門神、門客神、客神、客大明神、とて外神とせり。

十四、

東日流の大里を東西に古代の遺跡は存在せる。古き世の信仰に語り傳はる要には、日輪の昇没の運行を四季に北極星との近遠に、その古代觀念あり。神を祀るゝ聖地は定まれりと曰ふ。東日流、宇曽利、糠部、飽田、巖手に聖地の多くは石圓積敷立主に遺さる跡、及び大巨石の安置にあるは石塔山、三輪聖地ありき。また素燒なる器の盛塚及び高樓を三階に天地水の神を神事せるコタンをポロに造り、チャシを以て人の集むるヌササンとせし跡もかしこに存在す。

イシカカムイを高き處に、ホノリカムイをその中位に、ガコカムイを川や海辺に祀るは通常たりと曰ふ。神事の事はコタンのエカシに依りて選抜されたるオテナ是を司りぬ。

此の三神を併合せるをアラハバキカムイとせるは、丑寅日本国の一統されたる神格なり。神事の一はヌササン、その二はカムイノミにその三はイオマンテなり。神と曰ふ像を造ることなく、イナウが神の降魂せるものとして必ならず三股の大老木を神木としてヌササンをなせるは、天の神イシカ、地の神ホノリ、水の神ガコの三神を祀る神を降臨せしむ、古代神聖地の大事の條たり。

宇宙に大熊座、仔熊座の巴にめぐる中心に北極星あり。宇宙の軸と仰ぎ、弓の舞と剣の舞がオテナとエカシにて舞を奉納されるは通例なり。カムイノミのまわりをメノコらが即興に舞ふは、フツタレチュイと唱ひ乍ら自然の相を舞に興す、光々と燃えあがるカムイノミ、やがては神への贄に献ぐは、その祭りにて異なりぬと曰ふ。鳥贄、獸物贄、魚贄の三贄なり。その多くは熊を贄としてその魂を神に走らせる。イナウに飾られ、ヌササンに供え、カムイノミの煙として天なるカムイ、イシカのもとに昇天さるゝを以て、祭りのカムイノミは炎を消されて、通夜の祀事一切は終るなり。天地水の神々を三年毎にイオマンテは古来より丑寅日本国の神事とて、樺太、渡島、千島、東日流、宇曽利、糠部、飽田の地に行ぜられるを、クリルタイとも曰ふなり。祭をして人との睦みあり、交流あり、婚縁、ありて人との和を保つは、丑寅日本国の美風なり。

十五、

東日流にはカムイ丘、イシカミ、オセドウ、ウテツ、トコシナイ、サンナイ、サンワ、オオネコ、マゴナイ、オクナイ、ニュウナイ、アイナイ、ヌカンヌップ、イジョナイ、と曰ふ聖地あり。是ら何れも土中に古代の道具及び人葬の跡ありぬ。

メノコオテナとは、女大王のことにて、古代に女人の大王をなせるは多きなり。大王とて大なる陵を造るなく、死してはコタンのヤントラに普通人と同じく葬むらるなり。太古より神の天秤は人をして神となれざるの故を、子孫に平等たるの睦みを遺したり。大王は一人に非らず、中央、東西南北に五王を以て国治せるは、古代日本たり。

樺太なる對河に黑龍江ありて、古代より人の渡来ありて、是を山靼往来と曰ふ。人との睦をなせるクリルタイをブルハンの神に祭りあり是をナアダムと曰ふ。集むる民族、波斯、及びクヤカンよりも八十六族の祭りなり。何れも大黑龍江のチタ、及びブルハン神のバイカル湖畔に集ふありて、商益も兼ねたり。市は十日にして續き、品切れては去り行きぬ。その行来に荷のなかるなく物交にて成れり。ホルチと曰ふ旅食にて飢ゆなきは、古代よりの傳統にして、掟はきびしく、商人を襲う者は誅せられ、その布令は速かなり。依て、古代より商人は如何なる国に巡りても安全たり。信仰は自在にして忌み嫌ふはなかりき。依て、商人の布教になるは、古代オリエントの神々と、その崇拝各處に多く傳はりぬ。外道の信仰も多く、商人より聖者も出で、ムハメットなるはその一人なり。

アルタイ平原よりモンゴル平原、大興安嶺、及び満達や山靼の黑龍江の河岸平原をして住むる人々の傳へにて、渡来せる信仰の數々ありぬ。オーデン信仰、ゲルマン信仰、アブラハム信仰、アラハバキ信仰、ギリシア信仰、エジプト信仰、その數は三十に越ゆと曰ふなり。その古き神々にては、今に一人の信仰になきもありぬもありて、世襲は人をして隆亡せり。敗れし者は、その難に避けて、安全なる新天地を求めて大陸を横断して、子孫を今に遺しぬ。極北を經てメリケンに渡り、インディアン、インディオ、アステカ、インカと曰ふ東洋の彼方に安住せる民は、みな山靼をして移住せる民族にして、祖累を同じゆうせる民なり。然るに、人は文明に先進し、その安住を犯したる殺伐は今も續きて、その原住民を追討して国を奪うさまおぞましき。人は心に悪魔あり、大野望慾あり、文明に先進せる程に侵略魔とて亡ぶるの日に進めり。

十六、

いつ世にも悪のなき世はなかりけり。戦とて人の命を軽んじて、人道針路にあやまるるを讃め、軍神とて奉るは、生命を世に造り爲たる神への反逆にして、必ずや神の報復あらん。權力にあるべく獨断に、生命を下敷に戦を以てなせるは、まさに悪魔にて、人たるの心なきものなれば、天誅にして何事の罪ありや。生命とはかゝるべく愚境に置くべきに非らず、尊重すべきものなり。人は法を定むるも時の權者にて作らる多し。されば世襲にて定まれる法とは、神の裁きに似たるなく、人の權政に成れる多く、神の天秤にては罰なき法はなかりけるなり。

古来より国政を戦に以て国權を得る者、多し。然るに戦を以て得たるは子孫萬代に累するなく、その累代は無縁となる多し。人を戦に狩立てたる者は、再び人身を以て世に甦るなし。人たるの魂を失ふは、生々に在る内に定まりて、次世は弱肉強食の類に甦り、長時の過罪に苦しむると曰ふ。人の生涯にありて罪に悔なき者は、死後の甦えりに相を生前の造悪に再生を蒙ると曰ふ。

生死の轉生は身を魂に着替ふ新生への大事の際なり。魂は自在にして生ある業にて、生相を異なして生るあり。生々の内に人道にありき者は、人身をして甦りけるも、殺生をして悔なき者は、その業に神の報復ありて、人身得ること難く、他生の相にて世に生を甦えすなり。信仰とはかくある業障に人道をあやまらず、人間として世に永世せるために求道し、心に不動なる人間魂魄を維持せんために存す。人に在り、人に非らざる行爲を以て、人道をあやまるべからずと、荒覇吐神の信仰ぞ、世に示現せしものなり。

丑寅日本国の民は祖来より信仰は死して甦える来世の事に、今の生涯を大事として、人の道に邪心を除き、一心不乱に荒覇吐神を信仰し、人の睦みに生々欠く事なかりきなり。

世界に人類をして睦みの好まざるはなく、安住を願はざる者はなしと、山靼往来をしてクリルタイ集合に欠く事ぞなかりきなり。

佛法は大乗、小乗、ありて説けども、衆のために渡り難し。諸行は余多にありて、聖言を説くも、衆をして生死のしるべとなるはなく、たゞ大佛造營、大伽藍の科税に落慶散財に苦勞を負さるとも、救済の事や諦らむなく、求道は貴なるものゝ道場たり。衆になる救済は、平等ならざる教は烏合の集なり。誠の救済とは常に安心立命に在りて、生死のしるべをば、平等に説きて、眞理の聖道に不轉倒なるを曰ふ。

荒覇吐神の信仰にして信徒の階級を造らず、戒名段階を造らず、平等攝取にして、生死の遭遇にも理りを解難とせず、生死即新甦として、人生を末代に信ずるの精心にぞ、達成あるべきの成道に信仰を以て、是を悟りては、怖るゝなく悲しみなし。とかく信仰にして迷信に堕ひずして精進あるべく、一心不乱たるべし。人生に色々ありて、心願に冒頭あるべからず。他宗に誘はれず、能く信仰の大旨を悟り、不滅なる魂魄の轉倒あるべからず。不動たれ。先世の善行盡したるに依りて、神は汝を世に人として生れ給はりたるを、夢々疑ふべからず。荒覇吐神の不滅なる人魂の不動たるを信仰せよ。

十七、

北鑑第卅四巻に記るしける諸記は同項あるべきと除くべからず、何れも奥老爺の言なり。丑寅日本国は荒覇吐神一統信仰の国なり。肇国五千年の歴史に遡りて、倭をはるかに越えて成れる国なり。吾が国は丑寅を日本中央として、北方に渡島、千島、神威津耶津加国、樺太島を以て領国とせる、古代民族クリルタイに盟約せる国なり。古代より山靼諸国と流通し、人の往来しきりにて、茲に日本国とて世に国を肇む国土にして成れり。

〽丑寅の 国を肇むる 日の本の
  旭日の昇る 幸明けの国

人と睦み、身命を尊重し、山靼との諸民族の往来を自在とせるに當り、此の国を日本国と曰ふ。

十八、

東の日出づる国、日の本に日輪が西より昇るが如き歴史の作造せる神代とは架空想定にして、史頭にせる大野安麻呂、稗田阿禮の如き、語部の胸三寸に漢字を當たるに過ざるものなり。神語なる諸国の傳へを聞き、語る語部の者は、かく話題を古代に流行せしは、何事の娯樂もなける代の話家にして成れる旅役者の如きものなるを綴りたるは、神代たる物語りにして、本来はおとぎ話なり。地方至る處に神や悪魔の古話ある如く、歴史に實在の塵ほどもなかるを作説して、語りしに代々ふりて、尚それに枝葉を加へ、花實の成らしむるが如き説話になりき古話には、何事の實證もなかりけり。

古事記、日本書紀、の如くは、神代と曰ふを重じてなせる史頭に古代を綴りきも、その記行何れも信じべき根處のなきものなり。

東日流語部録は太古より口傳ならず、語り印、即ち文字を以て子孫に世にありきを傳へたる實録なり。依て、古事来歴の根處あり實在せし史傳なりせば、架空想定なる夢幻の神代神話よりは、尚、實證そのものなり。

丑寅の国は氷雪極寒の候に人の生々あり。人との睦ぞなくして生々保つ難ければ、かく歴史の事も、神がかる迷信の事もなかりけると曰ふ。阿蘇部族、津保化族、麁族、熟族とは、古来の順次を以て名付けたるものなり。

何れも山靼渡来の祖累をして同じける民なり。丑寅日本国には、古代文字を今に傳へるめくら暦ぞありて遺れり。數字と主要なる文字の傳統は、今にして讀むるありぬ。古代語部の用ひたるは、その字行七種あり。古き器など能く記さるもの遺りきも、代々降る毎に失ふに依りて、東日流には語部録と曰ふ史書ぞ遺りたり。

十九、

大光院は奥法郡飯積の郷大坊に存す。古来より修験を以て宗旨をせるも祈祷にして名高し。東日流中山道場の總詰處とて諸国より人の修行を求め来たる處なり。東日流にはこの他、三世寺、大光寺、極樂寺、大円寺、不動寺などありて、阿闍羅千坊、中山千坊、十三千坊の道場ありて、中山道場は大光院たり。

廿、

吾等が奥州の史書は、世に障り多く、保つ置くも秘とせる他に術なきは、無念のきはみなり。世の変る時ぞ、必ず至るゝを信じて遺す此の書も、いつまで保つかは知らねども、失はれ逝く丑寅の歴史に於ての實證を遺したき一念にて、本書の他に多くの地の古老に聞書を綴りたり。是を必ず世にいだしべくは、吾等の悲願なり。

和田末吉 印

 

制作:F_kikaku