北鑑 第卅五巻

書意
 此の書は丑寅日本の失なはれたる歴史の實相を求めて諸国を巡脚し、諸々に集めたる傳説、諸話を綴りたるもの也。依て、玉石混交なれど、百の一にも實相ありや、努めて記逑せしは、唯一つなる眞實に迫當の念に他ならざるなり。世浴に信ぜらる道は遠けれど本意趣、老婆心乍如件。

寛政二年八月一日   和田長三郎

怪奇地藏傳

奥州及び羽州の各村に數多き地藏傳ありぬ。地藏信仰に於ては、東日流の西院信仰あり、宇曽利の恐山信仰ありて靈媒師イタコの口寄ありて、地民の信心を今に遺しぬ。地藏信仰の厚拝は幼くして兒を失ひたる母、亦、若くして夫を失ひける妻の信仰を深くせり。

西院堂に献ぜる地藏尊を石刻して、その菩提を念ぜる數、一千躯にも安置を拝しける祭日に於ては、境内人山蟻の如し。人はこぞりてイタコに集ひて亡き者の告を聞きて、涙しつるさま、妖景そのものなり。さあれ、地藏に不可思儀なる傳多し。夜泣地藏及び吉運地藏、泥足地藏、亦、童代地藏、母代地藏、及び父代地藏、御告地藏、亦、身代地藏、悪魔退治地藏、及び棘抜地藏、救溺地藏、亦、火難救済地藏、引導地藏、及び延命地藏、化僧地藏、亦、背負地藏、らの古語になる十六物語を此の一巻に綴る。

先づ夜泣地藏傳に曰く。

羽後山本郷相川邑に渡り人あり。洪水に死せるを哀み、村人こぞりて地藏尊を邑外れに建立し、菩提供養を施したり。此の鷹巢盆地に流るる阿仁川、米代川、相こぞりて川辺に洪水起る多し。依て、他邑より釋迦内、花岡、大巻の鑛掘人夫とて来たる渡り人、洪水起りき前兆を知らず、この川辺道に溢ふる洪水に溺死せる者多し。大雨、亦、雪解の鉄砲水にて溺死せる數多く、是を救ふる術なく流着せる屍を無縁に葬むるを都度なればの地藏なり。

されば、此の地藏建立ありて後、夜丑の刻にて大聲に泣き叫ぶを聞くに、邑村こぞりて外にいでたれば、川に水の遠鳴を聞きて洪水を餘知し、家財を高丘に運び了りて後、泥流流木ぞ邑を呑むる災害起りぬ。然るに、村人一人の死者なかりければ、この地藏を誰ぞなく夜泣地藏とぞ稱しける。以来、隣村またこぞりて村々に地藏尊を建立せりと曰ふ也。

文政二年五月三日  二ツ井之住人 百姓そめ談

次には、吉運地藏之由来なり。

由利郷大内に吉運地藏と稱せる石像あり。貧しき人々、能く参詣しきりたり。由来に依りければ、摩訶不可思儀たる奇蹟ありぬ。此の地は田畑多く豊穣の地なれども、田畑ほぼ大地主にありて耕作總て小作人多し。出来秋に至りては小作米、年貢米、一年の諸費ぞ勘定了りては飯米も残るなく常に芋を餌とし、依て流るる川に秋ともなりて芋洗、又芋葛を採るる人々に岸を一面に人だかりぬ。依て、此の川を芋川とぞ稱せるに通稱す。

〽芋喰いて おばこ年頃 きれょうよし
  明日はお發か 嫁ごれょう

かかる貧さにありても、何故か此の地の女性ぞ、能く稼ぎ、心温和にして背高く、妖艶他郷に睦ぶるなき粒揃多し。嫁ぐる前日、娘子は村の掟とて地藏詣を爲し、己が用いし化粧料にて地藏尊に白粉及紅を以て化粧を施せり。娘等、村別れに涙ぐみて仕上たる地藏に頬寄せて一雫の涙、地藏尊の顔に濡しぬる、是れを稱して涙止めとぞ曰ひけるも、誰とてつくり涙をせる者なかりき。依て、石地藏詣をせし娘の嫁ぎし處、皆良縁に惠まれ早くも子寶を得ると曰ふなり。

文政二年五月五日  由利郷老方之住 百姓きぬ談

次には泥足地藏由来なり。

飽海郷三川邑に泥足地藏ありて、その由来に曰す。此の地は庄内大里とて太古より稲田拓けし米處なり。近く最上川の水戸に砂泻湊あり、羽州三湊即ち能代、土崎、砂泻の名湊なり。余目邑、三川邑との境に田の道に建立せる泥足地藏とは、昔、羽黑山行者賢覚坊にて自作されたるものにて賢覚坊、或夜の夢に羽黑權現告げて曰く。近く赤川、最上川洪水し、吾が告をおこたりなば、邑ことごとく溺死せん。依て浂に申付くるは、浂が自からの手工にて二村の境に地藏を建るべし夢々忘却ぞする勿れ、とて覚めぬ。賢覚坊、狩川山より石を得て一心不乱にて刻り造り、その境なる田林に建立せり。然るに、この二邑の邑人知る由もなければ、田林地の持主作太郎と曰す者、地藏を忌みて畦道の端に移し廢棄置きぬ。野良歸りになる三川の百姓佐吉なる者、これを不愍と想いて、己が野良小屋に運び入れて祀り、近隣の衆を集いて供養せり。

佐吉、働き者なれど妻の永病、亦、子幼ければ、野良仕事のおくれ、田草取りもままならず、稲田は𦰫の如く草々に生えまかれたり。時に佐吉、小屋に立寄りて地藏を拝したるに、此の地藏足辺に泥まみれ、誰ぞのわるがきと思込むまま水汲みて洗いやりぬ。かくして田にいでみるや驚けり。

𦰫地の如く草を取おくれたる稲田、草もなく緑り豊けく育つる吾が稲田、されば彼の地藏の手傳なるかとぞ三禮伏拝をなしける後、家にたどりては又も驚きぬ。病床にありき妻、病癒ひて健全たるに悦びぬ。是のうわさ近郷に聞こえたれば、人大いに集いて小屋を除き、地藏堂を建立して安置せり。されば、先なる羽黑權現の夢告を賢覚坊に告げたる如く赤川、最上川の長雨に依る洪水起るも、是の地藏講にある者の稲田耳冠水を免がれたるも、地藏を棄たる作太郎なる稲田、ことごとく冠水し一本たりと残らず腐り果たり。亦、己れも病に苦しみたれば、心からなる悔を以て、是の地藏に伏拝して涙を垂るる也。されば不可思儀や腐れ稲かぶより新芽出づて並田に追へ付きぬ。人々、此の地藏を稱して泥足地藏とて今に信仰を受くなり。

文政二年五月十五日  庄内三川住 百姓さだ談

次に童代地藏由来に曰く。

羽州米澤郷高畠邑に傳ふる、童代地藏の縁起に曰さく。此の地位なるは藏王山、吾妻山、飯豊山、朝日岳の大四峯に楯なせる郷に在野す、なかんずく朝日岳麓なる荒覇吐邑ぞ太古なる古邑にして、今に白鷹邑と攺む。近村に加志山邑、米澤邑、長井邑在野し、高畠邑ありき。童代地藏、此の邑に存在す。童代とは、此の邑に哀話に今に遺りける古話なり。

戦あり。地主藤原氏、清原氏の命にて一家主、また十六才を過ぎたる男子ことごとく金山峠を越にして、七ケ宿に召いだされぬ。時は康平五年八月にして、源氏の軍にぞ加勢しべく、前九年の役なる戦にて高畠在の農民、召されたり。將にありき藤原季俊、清原武貞に從ふ米澤郷の農兵八千百五十人なり。高畑邑なる百姓作造、その一人とて長男多作と倶にその先陣に赴きぬ。出来秋なる稲田の稔を前に、あとを女房らに心遺しての出陣たり。

此の家の門前に露座の地藏あり、人呼んで是を童代地藏と曰ふなり。その由は、獨子の子息他子無き家の童を身代りて護りたるの靈験ありと曰ふ。多作、十六才とは曰ひど、未だ童顔去りやらぬ歳十六の少年なれば、作造、清原季俊將士に請願し、家事に遺るを幾度び申請なせども、聞入るなく、子を案ずる餘り地藏の頭巾にて、多作の守りとしその身に与へたり。父より戴けるその守りを地藏頭巾とも知らず、多作、戦にいでぬれば、飛びくる敵矢に當るなく進軍の武運を果したり。然るに衣川にて肩深く箭を受けて傷を負ひければ、誰ぞ助くるなく、荒野の野末に置ざりとなりける。秋冷の雨に死の境に苦しみたる多作、父より聞きたる延命地藏への誦經を唱へしに、いつしか深き眠りに更けたり。此の戦にては多作の父、作造も太田川原に重傷し、同じく置去られたり。父子倶、戦の殉死とならん心にぞ、往生極樂を唯一心に願ひて唱へければ、父の聲唱、子に聞こえ、子なる聲唱、父に聞こえけむ。太刀を杖とし互に相寄り添ふるを得たり。あたりを見つるに屍の餘多にありて、さながら地獄繪図たり。

父子の傷深く、歩くも得ざるに、唯、死期を待てる耳なれども、父子の稱名念佛の功德か一人の童、来たりて竹筒なる水を与へぬ。食を三日に空腹を隔つれば、その水も甘露の味に満しける。されば、その童子、言はざるままに指差しぬる處に藁屋あり。父子は腹ばえにてたどり雨をしのぐるに、童は火を焚き、父子の衣を干さしむ。まさに地獄に佛たるの心地にて、童に禮をなせり。童は父子の傷に外より草藥を採し治療を施し、何處より得るか餌を持来りて、父子をもとなる健を復さしむ。然るにや、この長期の間一言とて言葉なく、多作が身にせる彼の父が持たせし、地藏頭巾の守りを手にせるや、ふと見ざるに童は消失せたり。父子は米澤をさして歸りければ、住家は壊れ、老女が藁打つ居りぬ。はて何人ぞと能く見つれば、これぞ多作の母にて、作造の妻たるに驚きぬ。されば、戦に疵負いて家にたどる間、十五年の歳月たりと老母の曰ふに、父子は尚、驚けり。彼の童に手當を受くの間、十日の期にぞ覚ひしに十五年の間、老いずして家にたどりぬを知る己なる過却の事實ぞ、二人は、互に亜然たり。

はてさて、彼の童ぞ何者ぞと門前の露座なる地藏を見ゆければ、摩訶不可思儀や戦場にて童の持却りにける地藏頭巾たり。父子はこれぞ彼の童に代りて救済いただきたる主ぞ、此の地藏尊たるを覚りたるも、片寄りに老いたる妻に憂いたり。一家佛道に志して入道し、此の地藏をともなへて天童に移り住み、山寺を結びて今に遺る地稱と相成りぬ。

文政二年五月廿日  米澤郷山寺住 湯宿主 甚九郎

次には、母代地藏の由来也。

岩代国繪枝岐邑ありて山村なり。駒ケ岳、朝日岳、燧ケ岳、帝釋山、黑岩山を望むる奥境の地にて、越州、下野、上野の三国境をまのあたりせし處なり。古来、繪枝岐邑に六道地藏ありて知れり。亦、伊南川の分水嶺地にして、黑岩山より白根山、皇海山をたどり降神山へとたどる、荒覇吐神信仰になる斎き道をなせる山宿の邑にして、今に遺りける地傳に曰く。母代地藏とは、もと足尾連峯なる地藏岳に祀りしものなれど、坂東の人これを妖像とて、丑寅の国尾瀬沼に棄てたるものにして、杣の繪枝岐たる者の手に拾はれたる地藏なり。繪枝岐と曰す杣の業は藥草、鑛探、狩人の三業を以て營む暮しなり。依て繪枝岐の事、坂東、越後の仲間多く、その暮しは富めり。

繪枝岐、尾瀬沼に拾いし地藏を地藏とは知らずして、石刻の小像なればかわゆしと思いとりて家の奥床に祀りてより、旅の来客多く繪枝岐が採りし藥草を求め来たりぬ。妻あり六人の子をなせるに、繪枝岐の休むいとま非らず、山に幸を求むる日頃たり。或日に岩茸を採りにし崖に、綱をして千尋の谷に降りけるや、風荒れ身體自在ならざれば、永らく宙にゆれさがり気を失ひり。ときに崖つるに多くの猿ぞ来りて、繪枝岐をたすけたり。気を甦したる繪枝岐、夢中にて覚つるは、彼の拾ひし地藏尊、猿となりて助くる夢幻たり。山より歸りきて、家の奥床に安置せし地藏尊を見ゆれば異様たり。是れなる地藏尊や、もとなるは天なる神イシカ、地なるホノリ、水なるガコのカムイにして、古き世の丑寅日本国の国神たりと解りぬ。依て捨られたるものなり。倭朝の禁じたる蝦夷神に何事の神靈やなかりとて、今に傳はるゝ古話なりき。

寛政甲寅年  閉伊宮古之住 坂田貢任

奥陸諸傳  一、

古代にサクカムイの祭事、マタカムイの祭事ありて、角陽国のイヌイト族より傳はるものなり。山靼のオンゴン族も、この祭を行ふありて、是はアラハバキ神と異にせるものなり。丑寅日本国は語部に曰はしむれば、人祖の代より六十萬年と定説ありぬ。六十萬年とは歴史に遡る事久しく、アソベ族、ツボケ族、より尚遠き歴史の彼方なり。

語部録にては、人となれるもの世に顯るは百萬年の先代なりと曰ふ。人は智能の故に、寒きに火を用ひ、衣を着るを覚へてより、住分を分布し、世界の至らざる国はなかりきとも曰ふ。とかく世に萬有の生命に先端せる生物とて、人間こそ地界の征者たりとも曰ふなり。

寛政甲寅年   秋田孝季

二、

丑寅日本国の防人が用ゆる鎧をハヨクペと曰ふ。鉄を用ゆなく、皮を以て造られたるも、矢を通さず軽きなり。倭人とのウイマムより倭人是れを大鎧とて造りきも、重く、戦に適當せざるも大いに流りぬ。

語部録に曰く。坂東の上毛野君氏、倭臣となりて、河内大王より命ぜられ、丑寅日本国に侵攻せるも、伊寺水門にて戦ふや一兵残らず敗死せり。田道に次ぐ形名も相次ひで討死し、倭の大王は丑寅の大王とウイマムし和睦せり。倭人の丑寅移住あり、和銅七年より二百人、靈亀元年より養老元年まで三千人、天平寶字三年より神護景雲元年に至りては更に四千五百四十人、更にして延暦十五年、同二十一年に渡りては四千人にして、勢をなしてより出羽の地、陸奥の地に柵、ポロチャシを築き防人をして丑寅の地領を掠むに依りて、大野東人及び田辺難破らを討伐せん兵を挙したり。依て、倭人ことごとくして坂東に逐電しては、再度侵領せるも、日本將軍伊治王呰麻呂にその敵將紀廣純ら討死しけるも、倭軍都度にして丑寅を侵さんとす。

寛政甲寅年   秋田孝季

三、

安倍天皇の即位に依りて、丑寅日本の泰平を祝し、倭国に黄金を献じたるも水嶋一族の奸計ありてその主將なる大楯は呰麻呂に攻められ討死せり。倭朝は是を怒りて、藤原継縄、阿部家麻呂、藤原小黑麻呂、春宮大夫、大伴家持、多治比字美、紀古佐美ら、倭軍を大挙して奥陸に侵略せども、何れも丑寅軍に敗れたり。倭史にては呈よく記逑せども丑寅日本国にては、日本国大王健全にして、倭軍の征討史や僞傳ならん。倭史にても此の存亡に記あり。完膚なき敗亡は、その將をして斬刑に當らんとありぬ。延暦十三年、大伴弟麻呂及び坂上田村麻呂とて、阿弖流爲及び母禮らの八年間に勝因なく、和睦して茲に奸計を以て官位を賜ふとて、倭都に招じて謀殺に及び、日本將軍は遂にして全勢をして坂東までも反攻して倭軍を征伐し旧領を復せり。茲に安倍氏、自から政務と執りて奥州を鎭め、丑寅日本国の威勢を建治せり。

寛政甲寅年   秋田孝季

四、

世界に謎なる奇跡あり。クリルタイに集ふ砂漠商人、各々語り傳ふる怪奇なる話に曰ふ。トルコなるアララット山頂に舟形の峯ありて、神の起せし洪水に、ノアなる者、神の告を護りて舟を造りて救はれたりと曰ふ。

コプトにては神殿及び金字塔を建立し、宇宙の靈気を集め、世に甦りの道を造りたりと曰ふ。古代人は巨石を神として崇むあり。ギリシアにては、アテナを祀る神殿を造り、神々の集ふ聖地とせしはアテネの石神殿なりと曰ふ。亦、オーデンの神を祀る民は、己が墓を舟形に造りて常世に征くと曰ふなり。

巨石を圓に建立し、また四辺正方に築くもの、段に築塔せるもの、總ては古代人の神を祀る聖地なり。

五、

丑寅日本国は康平五年をして、歴史をも消滅されたるも、古来にして生滅ならざるは、民心の柱核たる荒覇吐神信仰なり。此の崇拝にて成れる語部文字ありて、民族の過却せる語部録ぞ、世に遺り、倭史の作説に惑ふことなかりき。丑寅民族六十萬年の人跡、世にある事の實相を遺したるは、山靼諸民族交流に救はれたるなり。倭人の渡来は三千年に未足らず、支那南蛮より築紫に渡来せし侵入民たり。能く鬼道の妖教を用ひて人を惑はし、麻及び罌粟を用ひ、神懸りとて衆を誘ひて意のまゝに掌握して從がはしむなり。倭神をして今の名残れる麻糸を神事に用ふは、その故なり。

六、

丑寅日本国の史に遡りては、東日流七里長浜添、外浜添、糠部、仙北、庄内、伊津、石巻、磐城に分布せし遺跡に史要ありき。

海浜、河辺をして古代人の住家多く集ふるは、山靼をして同じ国造りなり。北はサガリイより丑寅日本国は陸に大河辺を要として、ポロコタンあり、ポロチャシありき。

渡島にては天塩川、石狩川、北見川、十勝川、東日流にては岩木川、糠部にては馬渕川、飽田にては米代川、雄物川、陸州にては日高見川あり。羽州にては最上川、越にては信濃川、吹島にては阿武隈川ありて、山海の流通とせしは、古代住分の邑造りたり。

亦、古代人は山岳をして信仰あり。渡島にては天塩岳、大雪山、十勝岳、石狩岳、雄阿寒岳、羊蹄山、駒ケ岳を以てカムイの岳とし、東日流にては岩木山、八甲田山、宇曽利にては恐山、飽田にては太平山、閉伊にては岩手山、姫神山、早池峯山、五葉山、羽州にては鳥海山及び羽黑三山、陸州にては藏王山、栗駒山、磐梯山、坂東にては富士山を以て神山とせり。古代人は国の印として山海に聖地を定め、その往来を通したりと曰ふ。

寛政甲寅年  伊具之住人 相馬次郎定成

七、

世に罪を造らざる者ぞなかりき。一日の生命を保つが爲に餌食とせる他生の生命體を殺生せずして、己が生命を保つこと難きなり。世に善生を志すは先づ以て己が身を保つための餌食となりし一膳にも數々の生命體ありて、日毎に生ある罪に生涯を悔拝せる心なくして善道は得る事難きなし。荒覇吐神を崇むるは、此の心を以て信仰せるを旨とすべし。

重ぬる歳月日にはそれだけの罪を重ぬる事なりき。神像を造り、それを神とせるは眞の神を冒瀆せる行爲なりせば、浂、偶像を神と崇むるべからずと戒め置くものなり。

抑々は天なる一切、宇宙の相を神とし、山川草木みなながら神と崇め、一滴の水、大海の水涛とて神なりとて崇む心こそ吾が神との信仰なりと覚つべきなり。

吾らの祖先に當る山靼の民祖はカルデア民にして、宇宙を神として、大地をも神とせり。水の一切は天地を交差せる化成にして、萬有生命の因にして、生死の轉生を以て代々を継生す。依て、是を荒覇吐神と稱しけるなり。この神は世を造りき神にして、宇宙を創造し、地界を日輪と倶に誕生せしめ、萬有の生命をも造化せしめたり。荒覇吐神とは因と果になる全能神にして、人の心理哲理論理に非ざる神なりと覚つべし。依て、言々須く眞理に非らざるはなかりき。眞如實相の神たるを心に納得すべき悟りに覚つべし、無にして因起らば、化科の果ぞ成りつるは萬有の成れる實相なり。萬有の生體は命の衣にして、命とは魂の生ある體に事をなさしめる時限なりき。依て、魂とは不死なるものにして、生命體に宿る生死への萬有魂魄たるを知るべし。

世に人の造れる信仰、神像、多くして、人の人師論師の哲理に造られたるものなり。人は信仰祖を聖りとして救世主とせども、是ら神々に依りて成道せるは何事もなかりきなり。その要は眞を抜け、幻に惑ふ故になる人心の惑の故なり。

寛政甲寅年   木下貞助

八、

倭国にも古代より住みにける民ありぬ。
国栖族、土蜘蛛族、八掬脛族、山之佐伯族、筑紫にては猿田族、熊襲族、隼人族、侏儒族、高砂族、石城族、高加茂族、住居ありけるなり。倭を掌中にせしは耶靡堆族、春日族、巨勢族、葛城族、平群族、物部族、蘇我族、和咡族、大伴族、崇神族らなりと曰ふ。

崇神族、大王となりて倭国は大王の位を爭ふて乱れ、士族これにまみえて勢をなし、大王となりては敗れ、その攻防不断たり。

千代八千代に榮ふる大王、是なく、三韓のクヤカン、支那のアヤの士族を相招きては、常に爭乱ありて、泰平のなかりける多し。

耶靡堆阿毎氏大王となりては、築紫の連合、倭の連合に孤立せる安毎氏、いたく討敗れて方處を絶し、東国丑寅に遁す。

その併合軍より立君大王となりきは日向王の佐怒なり。酉の年、倭国大王とて明日香の地に王居をなして、是を倭の大王とて阿毎氏に替る大王、即ち天皇一世とて君臨す。此の日を以て、倭の紀元とし諸族連併せるは日本天皇たり。然るに都度に爭乱あり、權謀誕生の立君を術數なして、世は常に暗国たり。

安毎氏耳は丑寅に在りて、日本国大王として再興しけるより一系の存續たり。日本国とは坂東より丑寅にして、荒覇吐族とて民を併合して成ませる王国たり。

九、

語部録に曰く。荒覇吐神を祀りき要行は、先づ以て心を無我とし、その境地に以て事に進行すべきなり。天に仰ぎ北斗の星、極軸星をして祈るべきなり。その天空の位星あるを心に極むれば、雨天と雖ども星在に見ゆむなり。稱文、聲をいだして唱ふれば、神通し浂が願望を叶ふるなりと、故人は曰ふなり。

ホーアラハバキイシカホノリガコヌササンカムイホーオホホー。

是の如くくり返して唱ひよ。必ず浂は救済を蒙るなりと曰ふ。次には大地に伏して祈るべきなり。

ホーイシヤホー オロロシンバラアラハバキカムイイシカカムイホノリカムイガコカムイヌササンチセカムイ ホーオホホー シンバラシンバラカムイノミ ホーオホホー タンネカムイチップカムイタンネカフーシテカムイタンネハカムイ ホーオホホー ヤンナシリカムイアリカカムイツエプカムイ ホーオホホー。

右をくり返すこと三辺におろがみ祀るべし。イナウを三本を刻りて、ヌササンに供じ、次には人の住まざる山湲の聖水を捧施し、神の仰送なして禮を盡すべし。浂れは如何なる難にも祓い清むらること夢疑ふべからずと曰ふなり。是ぞ古き世になる神事祭文たり。荒覇吐神をして祀りき、ヌササンカムイノミに献火しけるは、先づ以て是の如きを神事とすべきなり。語部に曰くは、永代に神を継ぐるオシラ、イタコ、ゴミソのものに代拝していたゞくこそ無難なりと曰ふ。

イタコに亡き人の靈媒を、ゴミソには降魔祓を、オシラには家族の安全を、

(写眞)

この土版を造りて川に流し、また海、遠き處にぞ捨つべきなり。是を心にして信仰に入らばや憂なし。

寛政甲寅年   大光院道契

十、

吾が国の古代は、支那の神話、朝鮮の神話を入れたる多しと曰ふは、築紫、山陰、山陽、倭の人の語れるところなり。對して丑寅の国は未知なる藩国とて押通せり。

されば語部録に曰ふ丑寅之国は、人の渡り六十萬年の昔に遡りての史談に富み、山靼より更に波斯に越え、紅毛人国まで流通史ありて古代オリエント諸国の傳に基く多しと曰ふ。流通の道は黑龍江を往来せる船運たり。

アルタイ、モンゴル、興安嶺を經て沿海に達し、クリルタイの盟約ありて古代は人の往来都度たりぬ。丑寅に流布せるアラハバキ神なる信仰とて、その故地とせるはシュメールなり。故国にては一人の信者是なきも、未だに此の国はアラハバキ神を祀れること絶ゆなかりき信仰の厚き民族風土たり。

抑々、アラハバキ神の渡りてより倭国までもその信仰に定着して、今に尚遺れるなり。東の日辺の国、丑寅の国は倭人をして鬼門の国とて忌み、住民の睦みを犯し、都度の征夷ありぬは、その先進なる開化に怖れたるものなり。永き民族の歴史、神代と語る倭史より文明開化の国たるも、侵領掠奪にて住民を貧窮に落し、此の国をほしいまゝにせんとする皇化の策も破れて、永く果すことを得られず。康平の代に厨川を落城せしめたるも、長期に渡り、東日流まで及ぶことなかりき。

丑寅の覇王安倍一族を亡したりと曰ふも、その子孫は安東一族とて、海を道として商易をなせしは、倭史の知られざる歴史の實相たりぬ。安東一族をして交る元の国は、倭人にして怖るゝも、丑寅の民とては朋友たり。揚州のマルコポーロ、元王フビライハンなどを寺社に祀るは、奥州のみなりと曰ふ。亦、その像に遺るなり。

寛政甲寅年   小野寺賴母

十一、

征夷の將軍には、都度に任名を異にせる事多し。その知る限りには、陸奥鎭東將軍、征越後蝦夷將軍、征狄大將軍、持節大將軍、持節鎭狄將軍、征夷持節大使、持節鎭狄將軍、征東大使、陸奥持節征東副使、持節征東大使、持節征東將軍、征東大將軍、征夷使、征夷大將軍。右の如く天皇より節刀を下賜される他、その防人の官位は下級より少主事、大主典、判官、副官、大長官とあり、軍役とては録事、軍曹、軍監ありき。丑寅日本国をかくも軍律をなし皇化に從はせむとせるは、北の民族に怖れ、また朝税貢献に應ぜざる威風に怖れての故なり。

古来より丑寅に怖れたるは、鉄製の武具に用ふる産鉄、更には金銀銅の鑛山に多きが故なり。採鑛は山靼に習ふる鍛治やただら師の多く住むる他、海に船の造る工の多きにその人技を引抜くが故の侵領たり。

刀剣にては、陸奥の舞草鍛治、鉄鑛たゞら師などの技は、倭人をはるかに越ゆ智識のありける處なり。東の鉄、西の金とて、羽州、奥州はその資山多く工師の多きは、倭人の及ぶところに非らざるひだたりなり。是等、山靼に両替ては商易なりと曰ふ。閉伊の産鉄、産馬、羽州の産金、稲作は民を富ましめたり。依て、その大王たる日本將軍の威勢は坂東までも及び、平將門如き武強ありて、倭人は怖れたり。

みよし掘り、たぬき掘りと曰ふ鑛山採鑛に倭人をして是を征夷の因に造りては、奥州を討たんとす。然るに、都度に敗北して敵はず、前九年の役をして安倍氏を討伐せしも、既にして積畜の隱さる後たりと曰ふなり。

寛政甲寅年   堀田源三郎

十二、

和賀金山、安日金山、鹿角金山、牡鹿金山の他に宇曽利、東日流、渡島の産金は安倍一族の倭に狙はる兆となりぬ。然るに安倍一族は掟に固く、その藏處は秘中の秘たり。倭朝にては忍びを草入しその極秘を探りきも、生きて上聞に達するなく、康平五年安倍氏を討敗るとも、尚また貝の口を閉ざしたり。安倍一族にしての掟には、蓄積せる金藏は身近に置くなく、富むほどに金の浪費をせず、藏處八轉として臣臣の知ることなかりき。北国の事とて飢餓の起りき凶作にては、これを役立せしもの萬両にも救費とて用ひたりと曰ふなり。依て、一族をして私にせるものなかりきなり。

安倍氏の金藏にては、何事にも知り得ざる秘にありて、前九年の役に源氏が挙げてその寶藏を探りきも、一片の金塊も得ること無けり。今にしてその秘をして世に知れるなきは、日本將軍子孫をして山靼に渡りきものゝ費にせりとも曰ふ。

今にして尾去澤の金鑛、和賀金山の如きは知られども、本命なる金藏の知る人ぞなかりきなり。渡島にては、諸邑のエカシら安倍氏に砂金を献上せるも、その一袋だにも源氏の手になる戦利とは得ることなかりきなり。

安東氏、秋田氏と移りきに、その金藏なるしるべは、三春城の天明年間に燒失せりと、今に傳はりぬ。

寛政甲寅年   由利玄馬

十三、

秋田氏にかゝはるゝ史の編纂に當りては、多様なる人との出会ありて、筆の數々もまた一紙毎に、毎々重冊と相成りき。幸にして幕許にてオロシア探巡の任をたまはりて、紅毛人国までも渡りて誠なる荒覇吐神なる古史の一切を記すを得たれり。

丑寅の国こそ歴史に遡ることはるかに古代オリエントの世界に連らなる縁りありき。オロシア、モンゴル、シキタイ、トルコ、ギリシア、エスライル、コプト、シュメールの聖地に荒覇吐神の發祥地を知れり。

古代シュメールにアラとハバキの神、カルデア民にて信仰に創り、諸国に渡りけるものと知れり。まさに尋史の奇遇たり。祖より受継たる役目も完了に近く筆なしき一日もたのしきや。是を子孫に遺し置くも、晴れて世に出づるはいつぞ日にか。世襲の障りはつのるばかりなり。明治もあと幾年に續くやも、軍閥や学閥にや、認識に未だ遠き存在なり。

和田三郎義秀より現に至りて、我が家の家系も絶えずして今上に至るを悦びとし、貧しき乍ら心苦しからず。今日はこの一巻を綴り了り、残れる山なせる虫喰の書を写しけるも使命たり。

末吉

和田末吉 印

 

制作:F_kikaku