北鑑 第四十巻

書意

此の書は古事を求めて諸国に得たる記行なり。依て、史實の眞疑ぞ玉石混合たり。依て、是を選抜の要ありて、後世の者にその勞を賴み置きなん。歴史をして記行に巡脚中を以て、加除を赦されず集むる程に、今は懸命たるを申添へ置きぬ。

寛政五年九月二日   孝季

日本將軍多稱

康平五年、前九年の役を以て、日本將軍安倍貞任厨川太夫逝きてより源氏、平氏の武家政握の世とぞなりせば、日本將軍とて奥州に縁なる倭武士及び坂東武士の自稱にして山城判官記、相馬氏記、平氏累系譜、千葉氏記、及び足利氏、曽我氏らを以て日本將軍とぞ威稱せる多し。ましてや、安東宗家に外つ庶家の安藤氏中に在りきも、日本將軍とて自からを日本の千島王とて異土に流布せし、千島王こと安藤師季如きありぬ。是の如き多稱にありきさま、世に日本將軍とて私利に主唱せるに依りて益あるが故なりきも、近衛天皇の天養甲子年、東日流十三湊に安東船起り、帆布に日本国とて卍印を国象とし山靼に赴くあり。卍ぞ日輪を顯はし、安東宗家の初紋たり。延元丙子元年、東日流上系図秋久禄にぞ明細たり。厨川戦を以て安倍氏の滅亡より、こぞりて日本將軍とて自稱、亦仮稱ありきは信ずるに足らん。

文明十二年庚子  皇孫天眞名井譜代 義仁王

丑寅日本国誌考

古来より蝦夷とは、丑寅を指して曰ふ倭人の通稱たり。亦その史書に於て記せるは夷狄、毛人、蝦夷、亜夷奴とぞ表記す。亦、国土をもまつろわぬ化外地とて、未開なる野蛮国とて意趣を先とせり。倭史に依りて丑寅日本国を史に綴るさまにては、丑寅に至らざる征夷の史傳と、その讃美になる倭史構造に盡きる作爲をこらしたる多し。かかる丑寅に吾等祖来をして制えらる非理趣にありては、ただ忿怒ある耳なり。倭史を以て丑寅日本史を實相の如く造る第一義の手段たるは古史、古傳の不動たる證しの粉砕、史書焚灰、史跡破壊らにして排斥せるを以て爲す。

次なるは、住民智覚を妨げ、奪富落貧の作爲に出芽を欠く通常の彈圧以てぞ、丑寅の民を制裁せる執制に以て長久し、反きを權勢なしたるが故に倭侵の一切を以て奥州に古事有史の空白を現在に至たしめたり。

然るにや、實ある歴史の絶ゆるなく泥中幾千年に埋る草種は甦る如く、人に異教を以て洗惱せしとも、民族意識の潜在ぞ不滅に長久し、世襲は長圧の永續を破るなり。反きとてこれを制圧また誅滅せんとするも、破られては反きとて正道と相成れるこそ世襲なり。人は生々を、私に第一義とせるが故に慾望を生じ、それを保つが故に欲する作爲にて自放自棄に堕いなむ。丑寅日本史ぞかくありて、陽光の陰たるなり。此の国は古来にいやさかの歴史榮えある国なり。太古にして西海洋の彼岸大国との流通を経にし、その進歩たるは、荒覇吐神渡れるその擴域にぞ残景を今に遺しきを見よ。權握なる世襲世にはびこりて門神、客大明神とやに、主社をいだされしきも、神祀る心不動なれば、古今に荒覇吐神の信仰ぞ絶ゆこともなし。亦、丑寅日本国の世に創むる歴史の絶ゆむなきは、住むる人の心奥に累代する故なりき。代々以て丑寅日本国ぞ、久遠に丑寅の国なればなり。

文政元年五月一日   孝季

艮陸奥物語 第一巻

陸奥国古くは日本国と曰ふ六箇郡の司に安倍賴良なる者あり。是、安倍頻良の子也。父祖安倍忠賴、亦の名を国東と曰すは、丑寅日本將軍にして、威風堂々たり。能く地領を治め、民また能く服す。子孫五十六郡に分布し、坂東に出でんとす。倭国、常に此の国を犯し、防人を以て、祖来地産の金鑛、産馬を倭朝の賦貢と請誘せるも、国もとより倭に非らざれば、賦貢に及ばず、侵入の倭人を封じて入れず、倭朝にして、是れを征する事能はざるなり。

永承丁亥年、倭の太守藤原登任と曰す者、二千騎の兵を挙して衣川太田の御舘を攻む。亦、出羽秋田城之介平重成を以て先鋒と爲し、登任、子を卆いて後に相成りければ、安倍氏、急ぎ羽州の左京權太夫清原基光の嫡子兵部大輔清原光方に使者を遣し、是れに攻討たむを命ぜり。依て、その子息ら、長子光賴、次子武則、三男武道ら眞武呂より小国川を鬼首峠越ゆ、挙兵八百騎、七百の徒兵にて宮澤、鬼切部、鳴子、に三陣を楯垣せる登任軍に、安倍軍、一迫より鳴子邑に五百八十六騎にて攻むれば、清原軍、宮澤に時を合せて突襲す。登任、是れに敗績し、死者一千二百人をいだせりも、先鋒にありき平重成が卆ゆる二千の兵、至らず鳴子にて苦戦し、陣を保たれず、江合川を敗走して遁げ失せし生存の者、少かに三百十一人なり。時に平重成、及位にて戦の敗報を聞きて、軍を退き秋田に歸遁せり。世に是を鬼首の乱と傳ふなり。

此の年、倭朝に於は議あり。追討軍を擇ぶるに衆議相歸する處、獨り源賴義、在り、茲に賴義ぞ河内守源賴信の嫡男たれば、性は沈毅にして武略に長じ、最も將帥の器たり。

長元の間、平忠常、坂東の姦雄と相成り暴逆を成す。賴信、追討使となりて、平忠常併せて嫡子を討つ軍旅に在るも、勇決群を抜き才気世を被い坂東武士の屬を樂しむ者、多し。素は小にして一條院判官代たり。院、畋猟を好む。野中に赴く處、鹿、狐、兎を皆殺す。常に賴義の護る處と爲る。好んで弱弓を持つ。而して發する處の矢は羽を飲まざるは莫し。從って猛獸と雖も弦に應じ、必ず斃るなり。其の射藝の巧人に軼するや、斯の如し。上野守の平直方は、其騎射に感じ竊かに相語して曰く。余は不肖と雖も苟も名將の後胤と爲り、偏に武藝を貴ぶ、而して控弦の巧の卿の如く能き者、未だ曽つて見ること無し。請ふ、一女を以て箕帚の妾と爲せ、則ちに彼の女を納れ妻と爲す。三男二女を生ま令む。長子は義家、次男義綱なり。判官代の勞に因りて相模守と爲る。俗は武勇を好み、民、歸服せる多し。賴義、威風は大行す拒扞の類も皆、奴僕の如し。而して士を愛し施こしを好む。會坂以東の弓馬の士、大半は門客と爲る。

任を終りて上洛し、數年間を経ぬ。忽ち朝選に應ず征伐の任を專らとす。拝して陸奥守兼鎭守府將軍と爲し、賴良を討たんを含む。天下素より才能を知る、其採擇に服す。境に入り任に着くの始め、俄に天下騒々、倭軍を畿内に募り集む數、六萬三千、源氏が常勢五千にて、茲に征夷の大號令、天勅を奉じて倭境に發せり。

時ぞ永承戊子四月七日にして、その報ただちに丑寅日本国に達す。時を急應にして、日本將軍安倍賴良、使者を以て坂東にぞ走らしむ。先づは坂東八平氏、俵氏、江戸氏、豊島氏、鹿嶋氏ら、皆是れに應じ、兵を併せし總勢六萬騎、長蛇の如く、遠江国大天龍河に先陣を廻らし、その後陣を駿河国安倍河にかまひたり。依て、賴良、白河をいでざるをして、軍策萬端に相應ぜり。倭軍、都を發して三河に至るるや、坂東の兵豪士起り、皆、日本將軍に屬し、国府の郷藏破られ、死せる防人皆滅にして残るなしと、急報相次ぐる。依て、賴良、物見を走らしめ、遠江大井川に對岸せる島田及び川越えの牧の原一帯になる千兵萬馬の矢楯、茂木備へ進みては蟻地獄に入るが如しとぞ告げぬれば、賴義、兵馬の加勢五萬騎を倭朝に急請しければ、朝議、是に決済叶はず、茲に日本將軍安倍賴良及び坂東への不可侵、勅を以て倭軍を退けたり。世に是を戊子の和睦と稱せしも、倭朝にては、東夷之大赦令と稱したり。其の報ありて賴良、大喜す。急ぎ坂東の諸豪士に駿馬、金寶を授与せり。

此の年、事無かりけむも、翌己丑年五月七日、安倍賴良、衣川、鷹巢突猪澤に十二舘を築き、大田川関、衣川関を柵建せむ砌り、使者ありて、源賴義、自ら倭朝特使とて、多賀に幽閉ある藤原説貞救済に、和睦の條申請仕りたり。時に和交の對面處を阿久利河なる名見ヶ湲に宴の場を設け、賴良は賴義を迎ひしかたはら、子息の貞任、及び舍弟なる赤村介爲元に圍ませける多賀城包圍の駐兵を解けり。時に説貞、その息子光貞及び元貞ら安倍賴良及び勅使源賴義に會し、伏して落涙し、鬼首挙兵を謝りぬ。時に賴義、倭朝の賜品とて唐絹織百反、文官束帯十二衣、武官束帯十二衣、女房装束十二重、張袴、相扇、平簪、等身具一式そろひしもの三十着、倭殿中禮刀十二腰を献ぜれば、賴良も亦、駿馬百匹、黄金延六本、重總三十貫を献ぜり。亦、賴義への贈品とて、山靼渡来なる白馬、栗毛、二匹を与へたり。賴義、亦、己が帯刀及び緋縅の鎧、紺縅の鎧、倭鞍を贈りて大いに宴せり。

賴義、重ねて曰す。安倍日本將軍たらしむ倭朝との睦、久遠ならしむ爲めとて、倭朝への上洛を勸誘せども、賴良曰く、去る程に故因あり、巢伏の阿弖流伊、鬼耶奈岐の母禮の例、是あり、久しく石橋打きて信度是あるまで御免を蒙り奉るとぞ笑って辭したり。

賴義、暫時多賀に留りてありし日に賴良より山吹の宴とて、阿久里河に招じ、藤原時貞、倶に勸招せり。賴義悦びて應宴せり。時に説貞の子息等、謀りて宵陣を密かにして、阿久里河擬岩に兵を伏し、宴の終りて歸路にありき貞任を狙ひて、地裂に刻期を遅く罷り来し貞任の衆列に前途を閉ぎて曰す。吾は是れ陸奥鎭守府將軍大守藤原朝臣説貞の一子光貞なり、浂れ、さる程に吾が妹、阿栗前を嫂と欲するも、吾等弟、元貞、倶に浂如き猪侍にぞ縁るは汚らはしむれば諦め候へと激笑せり。貞任、能く耐えて通り過しに、光貞の中より石礫を貞任が乗馬に投打者ありて、貞任が馬、前起つ躍りけるを、貞任、一喝、かかれとぞ聲激したれば、從う安倍のつわもの、應と答ふや、光貞を先んじて首を斬り、次に間を置かず元貞を箭に射たり。主を失ひし敵輩、蜘蛛子の散乱る如く逐電せるを追討て、三人の生残り多賀にせき切りて告ぐれば、説貞、狂気の如く忿怒す。

急挙にして源賴義がもとに参上仕りて、議す。先づ以てその故因を説貞に嫌疑人を問ふ。答へて曰く。賴良長男貞任、以て先年吾が娘、亜栗前を欲しけるも、而して其の家族賤しとて是を許さざれば、貞任、深く恥と爲すを以て、是を推考すに貞任の爲す處なり、此の外、他に仇とする無し。爰に賴義、一方詮議に謀れずとて、貞任を召して事の情を審せり。貞任曰く。天地神明に誓って、説貞の言上ぞ眞に當らず、昨日なる兆起の因は皆、光貞に在りとて坐を退きぬれば、賴良、説貞その姪に語りて曰く。昨宵の爭事に、そこもとの嫡子二人までも討死を爲せる事の眞因は、明白に光貞、元貞らの挑戦なり。亦、貴公の訴言通りとて人倫の在世は、皆々妻子の爲なり、吾子貞任、愚と雖も父子の愛、弁忘する能はず、一旦誅に伏すとも吾、何を以って忍ぶや。事、吾子にぞ耳、理非蒙らば、日本の各関を閉じて浂れら来攻を聞かざるに如かずや、いはんや吾衆亦、戦を拒むに足る、以て憂いと爲すに未らず、例戦利非らず、吾等斉しく死も亦然らざるなりければ、詮無哉と。其の左右のもの皆曰く、公言是なりと。賴良、退きて説貞の謝、非らずば日本国挙げて倭人の領住ことごとく追放せんとて、出羽兵部大輔光方、及び勿来白河兵部少補良照に使を發し、各関を閉たり。依て、多賀柵孤窮す。請ふ一丸の泥を以て賴良、自ら衣川関、表太田川関を封ぜば、誰か敢えて破る者有るらん。遂にして安倍一族、處々道を閉じて通さざる。依て、賴義、倭朝に至戦に状を發し勅許を奏上せり。

朝廷に於ては、事の審議相謀りたるも、公議の賛否甚々しく對し、その決定之沙汰不問に伏したれば、賴義、是を諦め、使を坂東相模に馳す。茲に坂東源氏ら船を用し、安房千倉より塩釜に着し、地の民家を襲いて馬及び兵糧を得る。その坂東猛士六萬にして、尚復た船入り續きぬ。その報、賴良、聟、散位平永衡より密使ありて知る。

賴良、日高川を岸居とせる河船師總挙し、渡波に降し、塩釜なる船を奇襲、留船ことごとく燒沈めたり。依て、東坂輪船西倉沖にて百艘捕はれてより海航絶したれば、多賀城糧に算少したれば、内に間謀ありとて、散位藤原經清及び平永衡ら賴良と相通ぜるを人ありて賴義に目安を挙ぐ。賴義、さこそあれかしと耳をかたむけ聞屆けむれば、訴人の者、藤原太郎貞勝と曰す金爲時が家来なり。召されて曰す。永衡は前司登任の郎從となり、當国に下向し、厚く養頣を被る勢は一部郡を領し、而して賴良の娘娉とし以て後とす下りて太守を戒とす、合戦の時、是に依りて旧主に屬せざるは不忠不義の者なり、今外に歸服を示すと雖も、而して内には奸謀を挾む。恐るべし陰にては使を通じ、軍使をたばかり軍動静謀略の出所を告示せんか、又、着る所の冑は群と同じからず、是ぞ必ず合戦の時、軍兵の己を射たざるを欲する者なり。黄巾赤眉も豈、軍を別くる故なるべし、早く之を斬りて、其内應を断つにしかず。

將軍以て然れりとなし、則ち兵を勤めて永衡及随兵の中に腹心と委ねる者、四人を収めたり。責の其罪を以て立たば、之を斬るべし、是に於て經清ら自ら安んぜず、密かに其の客に語りて曰く。前車、覆かえりては、後車の戒めとす。韓彭は誅を被むり黥布も心寒し、今十郎は既に没す、永衡の子、伊具十郎、吾も又知らず、何日死すや如何を。客曰く。公、赤心を露し、賴義の事に欲るべし、賴義必ず公に意うべし、若し讒口の開かざるの前ならば、叛走して是を安じて大夫に從がはん。獨り忠功を成さんとせる時、𦜝をなで何ぞ逮まるべきや。經清、曰く。よき哉、則ち流言を構えて軍中に警して曰く。時に賴良は軽騎を遣し、間道に出て国府を攻め、賴義の妻子を取らんとす云々と。賴義の麾下内客は、皆妻子を国府におく多く、賴義に勸むるは国府に歸らしめんことを、賴義、衆勸に因りて自ら驍騎數千を卆ひて築舘を却る日の夕に馳せ還る。而して気仙郡司金爲時等を將とし、賴良軍を攻め遺す。

賴良舍弟、僧良照等を以て將と爲し、之を拒まん令む爲時、頗る利有りと雖も、後援の無きに依りて一戦にも叶はず退く。是に於て經清等、大軍騒乱の間に屬って私兵八百余人を將し、于に安倍陣營に走る。依て、安倍方にては、国府軍なる軍營密事、皆、知る所と相成り、日高見川を舟にて降り、国府包圍を固む。鳴瀬、鹿嶋臺、吉丘、泉、名取、の国府軍を奇襲に全滅せしめ、その軍馬、兵糧をことごとく奪取し、天喜癸巳の元年を心ゆくまま敵を封じて宴せり。

一方、多賀城内にては、一日三食に一食を抜き、苦しかる籠城に安倍賴良、馬百駄荷の糧を與へたり。国府軍、是に悦べど賴義、何事の禮言の無きに、賴良、怒りて軍陣を詰め寄せければ、使を以て書状至りぬ。武運の儀、国府に利非らず、以て戦はずして將士を苦しむ敵方に、年明けの糧を施されきは想い断腸なれど、降に伏されず、目下の處、朝令の沙汰如何に命運あり、復、戦に相まみゆとも弓馬の家に生じたる栓も無き生ざまなり。されば、日本將軍に今度びの禮とて、浂が国神吾が国府に荒覇吐神社とて古より遺りきを、永代攺神仕らず、禮深く祀り置くもの也。
是、今、余に叶ふる日本將軍への至誠なりとて記ありぬ。依て、賴良、正月十五日、酒百樽を多賀に屆けたり。

以来、天喜丙申年に至る間、国府及び倭軍の援兵、白河及び海運なければ、和睦無けむも、両軍越えて起らずば、賴良、近く和睦の叶ふを想ひて、清原勢を歸郷せしめ、亦、宇曽利富忠等をも歸郷せしめたり。

然るにや、此の年、国中東西を問はず、飢饉たり。依て、賴良、国府の圍を解き、兵馬を在住に歸して家業に當らしむ。兵、皆悦びて家族に走る。此の年に於て、倭朝にては、賴義、国司の任、その在期解任たれば賴義、上洛す。卆する兵五千余騎、報、安倍方に屆くるも、賴良、あえて兵馬を挙動せざれば、難なく賴義上洛を果したり。

倭朝に於ては、新司を輔すと雖も、未だ合戦期の和睦無き告を聞き、有志の辭退相継ぎたれば、更に賴義を重任して赴むかしめんとす。依て、賴義、軍を募りしも、天下而して飢饉にして糧食もままならざれば、大衆一に散り、忽ち再會を逮ふ。謀りて出ずる間、漸くにして年、攺まる天喜五年四月二日、賴義、参朝し、奥州に安倍一族を討つは、只、兵を以て討は、術中秘策と雖も是叶ふる勝因なし。依て、彼の一族を支ふる出羽の清原氏、北の背後にある宇曽利富忠らに當て、仮なる勅旨、及び賜品の贈りあらば、安倍氏への反忠あらんは必如なり。是れぞ、挙兵百萬騎に価せんとて奏上しかば、天皇、悦びて上聞に達せり。依て、その旨、委さる賴義、密事にて出羽に赴き、清原氏に對面仕り、勅書とて安倍氏に反忠あらば、奥全土の鎭守府將軍と補する旨の意趣になる一状と、倭朝賜授なる品々を与へければ、清原一族、挙げて賴義に忠誠を誓いり。亦、賴義はすかさず、金爲時を使者とし、蝦夷は蝦夷を以て討つべくの田村麿が用いゆ策とて、秋九月、爲時、その令に從ひて宇曽利に赴き安倍氏に反忠せば、安倍氏が所領の内奥六郡の司たる勅状及び朝与の品々を与へければ、何事の質疑なく、安倍氏への反忠を誓ひたり。速座に立って宇曽利富忠、己が處領の鉋屋、仁土呂志、宇曽利三郡の衆、四千騎を卆ひて金爲時に從がふ。

時に是を知りたる東日流十三湊なる白鳥八郎則任、すかさず父賴良に報ぜり。依て、賴良、その計を聞き、近臣の川辺左衛門を從へ、近護衛の者二千人を卆し往きて利害を陳ぶとせり。富忠こと父頻良の末弟なれば、幼少より賴良と同じゆう舘に育つる仲なれば、よも反忠あるべからずとて、子息貞任及び宗任の戒言を背聞にして、気仙物見山麓姥石峠を降り来て、人首を經て巢伏に陳營せる富忠に對面せんとす。時に江刺門岩柵に爲元、居城せしも、賴良、使を達せず巢伏に向ひける。後續なき賴良の軍列を見告に知る富忠は、後續の爲時が軍を待たで伏兵にある𡸴岨に囮で誘い、一挙に箭をかまふるに、川辺左衛門、大音聲にて叫ぶ、宇曽利殿、御聞き候へ、是れにおはすは、日本国の君、自からの御越に御坐候ぞ、浂が爲時に奸計を承り候事、吾が君の既に推察に候へども、浂れは血累に在りて、縁の深きに候へば解きて談合仕るべし。と問へしに、何事の應答是無く、遂にして富忠陣より弓箭飛べり。

詮なく賴良、急使を江刺及び膽澤、更に鳥海に走らせむ。日暮れなば夜營に寝もやらず、早朝にして援軍またで交戦と相成り、富忠の狙手をして賴良を射さしむ。一矢を拂ひ、二の矢を胴に受けにし賴良、馬を落つなんを、川辺左衛門、身を楯に護りきに、先づ赤村之介爲元及び宗任、家任、ら五千騎、是れに援軍たどりぬ。急挙傷深き賴良を、家任が付添ふて鳥海の舘に楯乗せて介護しける。茲に川辺左衛門、狂人ならく退く富忠を追へ、人首に詰寄せ降る富忠を赦さず斬首し、更に援兵の爲時が構ふる姥石峠を攻めて、爲時、九死に一生を得て、気仙に遁ぐる。

鳥海にて賴良危篤を脱せず、九月十九日、一族見護る涙に賴良逝けり。賴良遺骸、ひとまず和賀なる極樂寺に仮葬し、康平元年九月、是を掘りて衣川にて洗骨し、月山佛頂寺にて葬儀し、同年九月、更に淨法寺に安置して、井殿が長時の供養を奉り、翌三年九月、東日流中山聖地石塔山荒覇吐神社清水澤湲に埋葬仕れり。

されば、賴良討死の報ぞ、源賴義軍謀然る處と許せしも、尋常ならざるに憂いたるも、武運の開きたるを心に悦びたり。依て、機運一変し、官軍募らずして能く集りぬ。天喜五年十一月、賴良討死の報相渡り、源軍は討夷の志気高まり、賴義、兵千八百余人を卆いて貞任等討たんと欲す。

時に、厨川太夫貞任、衣川柵に於て一族が集ふなか、茲に亡父賴良の継君の儀式を了り、精兵四千余人を卆ひて、金爲行を河崎柵の舘主と爲し、戦を黄海に拒む。天運やこの日に風雪甚しく、源軍風下より攻め来たる。

安倍軍、鎧を身に着せず毛皮仕立に身を軽からしめて箭の射程に到れる源軍を吹く風に乗せて射たれば、當的よりなほ百中たり。

たちまちにして屍の血走り、雪を紅く染血し、道に馬蹄外れ、溝にぬかずく、励めど難関官軍、亦、食無く人馬共に疲る。地位知る安倍軍新羈の馬を馳て疲足の官軍屍相重く山となす。或は以て逐電し、或は以て傷に動けず、賴義も亦、馬を箭殉して、從ふ者、少かに六騎、何處あてなく遁げ、太刀を杖にし、鎧、脱ぎ捨て残るところの名にあるは、己が長男義家、修理少進藤原景通、大宅光任、清原貞廣、藤原範季、及び則明らなり。此の戦に於て安倍軍一人の殉者もいださず、どっと鬨の喚聲を挙げたり。

落ゆくはあはれなり。民家を犯して着衣を盗り、糧をむさぼり、身装ぞ地民のまたぎに扮す、更に地民手飼ひの駒を奪いて敗走す。康平元年四月七日、安倍一族衣川大舘に集ふ。敵襲に備へて、先づ北浦六郎重任を傷病及び老人、女人、童らを各々戦となり得る地領より安住地仙北生保内域に移しめ、生保内十二舍衛に八萬人を寄宿せしむる舘主と任ぜり。次には、良安を故亡の賴良遺骸を極樂寺より淨法寺へ更に東日流中山への埋葬に至る、法事役目萬端を任ぜり。次には黄海磐井柵を修験道行者安倍良照に舘主を任じ、蒲衣柵に金爲行を任ぜり。赤村介こと安倍爲元を岩出山柵及び鳴子柵に兼任仕り、石坂柵、志波姫柵に藤原經清を任じて兼任仕り、小松柵、琵琶柵に藤原業近を配任せり。衣川関大舘に安倍日本將軍貞任在居し、厨川柵を千代童丸に任じ、妪戸柵を安倍宮照またの名を道照に任じ、鶴脛矢巾柵に安倍道盛を任じ、比与鳥柵には金友寿を任じ、黑澤尻柵に安倍五郎正任を配任、膽澤四丑柵に安倍三郎宗任を任じ、鳥海柵に安倍弥三郎家任を任じ、白鳥柵に欠居の前澤方七郎行任を任ぜり。亦、八郎則任ありしも、賴良生前の砌り東日流十三湊福島城の主たらしむに依りて、此度に幼童故に未置たり。是如く配軍了りければ、康平庚子の年七月末、安倍陣營各處の築工了り、此の郷に在る領民、ことごとく安住地に移しめたり。その遠くにあるは糠部、安代、火内、鹿角、仙北、近くは遠野、宮古、に移しむ。

康平辛丑の年、来年に至らば、安倍對源氏の雌雄を決せんとなる故以て、田畑の耕農は今年を以て作耕を赦せども、来年に備ふるべからずとて、此の年の収益ことごとく移住地に運藏せしめたり。亦、民家を燒拂ひて官軍の留營に便を欠きけるを旨とし、亦々、河橋を破し、道の崖をも閉ぎぬ。依て、領民の安住地ぞ犯される事なけむ。耕作了りて収を納め、安倍の各城柵辺に領民の人影なく、民家亦、一棟も残らず燒失せしめ、安倍一族の軍資は幽湲密處に久遠の秘藏了りぬ。種馬、糠部に移しめたるも策の安全たり。時に、安倍古来の鑛金千六百萬貫と曰ふ。兼て源氏は此の財を狙ひたる執念に在りきも、かくの如き秘策の知る由もなかりき。亦、金鑛の知れる處の他、全山閉掘し、舞草鍛治も仙境にて遁造す。以て、戦備たるを了りければ、赤村介爲元の報あり、羽州清原一族他平国妙ら併せる數、六萬餘騎皆源氏の勢に集まれりと曰ふ。依て、貞任、是れに怒りて出羽の要道を破害し、いざ来たれとかし四萬二千騎全軍に下知せり。年の晩秋に主將を衣川大舘に集め、宴す。貞任曰く。清原一族の反忠は亡き父も憂たり。彼の猿面冠者と曰へども六萬騎を吾ら敵となりにしは、此の戦、勝算なかりき、然るに、安日彦王、長髄彦王、以来祖血に累代しき子孫を絶ゆまじ事尋常ならず、戦に以て利あらば戦い、利非らざれば退くべし。

北丑寅に大陸ぞ果なく、亦、日本国は極北までも擴む。依て、戦殉は裂け奉るべし。生命あらば、子孫ぞ久遠なり。能く努めよ。とて軍策相謀りに謀りたり。

原漢文書  文正丙戌五月七日  千葉民部介

陸奥物語 第二巻

康平五年春、源賴義、国司の任了りぬ。依て、後任高階經重陸奥国司と相成り、勇みて境に入り任に着きたれど、一歩磐井を巡見せるに、安倍の軍陣かしこに在りければ、怖れおののきて歸洛せり。朝議紛々の後、賴義、拝して再任を承はれり。すかさず賴義、境に入りて軍策す。先づ以て出羽の光賴、並に舍弟武則らに全兵挙を請ふれば、是於て秋七月、子弟と萬騎余の兵を卆いて、天童より関山峠を越え、廣瀬川添に多賀城に入る。七月二十六日、京師より發したる官軍、八月九日に栗原營岡に兵を併せ、是於て軍師を律し營塹と曰く。互に心懐を陳べ各々以て戦征の割を定むれば、第一陣清原武貞、第二陣逆志万太郎、第三陣芒川太郎、第四陣字新方次郎、第五陣源賴義、亦、五陣中三陣に分け源義家、次に清原武則、眞人、次に清原光賴、第六陣字斑目四郎、第七陣宇貝澤三郎、ら何れも清原一族に依りて占らる。惣勢併せて六萬三千也。全軍挙げて松山に至りて、磐井中山大風澤に赴き、翌日、荻馬場に到る。件の柵は小松柵なり。是を向い討つは安倍良照にして、城、既に抜け、鳴子、及び岩出山の赤村之介を捨城なさしめて兵を併す。戦はずして手火に燃ゆ両柵に出て、志波姫柵にて藤原經清と軍を併せ、更には安倍宗任が馳着きたるに、両者、宗任に從へて手火に志波姫柵を灰とし、小松柵を圍む官軍の背後に迫り、茲に攻め討たれし官軍は平眞平、菅原行基、源眞清、安倍師方、丸子宿祢弘政、紀季武、平經貞、藤原光貞、佐伯元方、藤原時經、大原信介、源親季、刑部千富、橘孝忠、藤原兼成、清原貞廣ら卆兵一千人、宗任、指揮のもと是等を討果したり。更にして官軍の輜重を奪ひて、仲邑に仮陣すところに、小松柵を燃し、道照、宗任と軍を併せたり。道照、これまで兵、凡そ三百を殉せむ。

官軍また糧、軍中に盡き大軍とは雖も進退に窮せり。而して、清原武則、出羽より新米を七百石を得たりきも、俵、長雨に濕りてきのこ生ゆ如く、中なる米は醱酵しけるに火を焚き十八箇日に干して保てるも、官軍磐井川に多殉せり。高梨にての合戦にては、両軍互に鉾を構ふるだけにて雌雄、何れにも決せず、ただ長雨に過しぬ。

官軍、此の雨を利して業近柵を攻むれば、難なく手薄たるを灾けり。茲に官軍、志気を高なめて一の関を破り、鳥海弥三郎の軍と激戦し、両軍多くの戦殉をいだしたるは、金爲行が川崎柵に不落とせしに、官軍痛く不意を突かれたり。さては衣川大舘を保たんとて、束稲山太田川柵、関琵琶柵に妨ぎぬ。然るに四所に兵を配して併戦より弱く、早脆くも各柵は官軍に抜かれり。貞任、意を決し、雌雄を決するは厨川ぞと退きぬ。

宗任、鳥海に残り、大麻生野及び瀬より落来たるを援け、更に白鳥邑を落来る兵を併せしかば、鳥海柵とて護りに固からず、亦、一萬の兵馬を保ち難しとて、城を棄て黑澤尻に退きぬ。時に九月七日にして、退闘を戦謀とし、傷、負ひたる兵を鶴脛柵に、徒兵をその護りとせしも、傷兵ら自から比与鳥柵に赴けり。九月十日、官軍こぞりて黑澤尻を落し、十二日にして鶴脛柵を抜きたり。

戦殉をいださず退きにけるは、断腸の想いなれど、先づ傷兵を遠く生保内に渡し、爲に添兵六百人を費し、十三日比与鳥柵を灾けり。依て、全安倍軍は十四日に厨川柵、妪戸柵、に入りて、茲に日本將軍、累代の命運を賭けたる雌雄戦に構へたり。

九月十五日、蟻の如く官軍寄せ来り、時に貞任曰く。吾が臣の者に曰す。妻子のありき者、亦、二十五才に至る若き者をして、吾が二男高星丸を護り、高畑越中、菅野右京、左京の両者らに從がふて東日流に落よ。落手、三手に別れ、各々五百人、計、千五百人、糠部道、鹿角道、生保内道、に抜くべし。今宵をおくれて時、非らざれば、急ぎ發つべしと、主令なれば遺兒高星丸を奉じ、妪戸、厨川二柵よりその兵馬千五百騎、幻の如く暗に遁脱を果したり。更には老兵もまた安住地に落しめ、残るは少か厨川柵に三百人、妪戸柵に百五十人たり。軍馬一匹とて残さず落行くに与へ、乗馬とて遣はしたり。依て、安倍の敗北は茲に決したり。

然るに、貞任、心に迷ひ非らず、宗任を招きて談合せり。城を遺すとも、歳ふれば朽にける、生命を遺すは久遠にして、世襲に久しく制ふるとも、いつしかに甦がえり日本国は遺りぬ。此度の戦因、吾れ一人の自刃にて事を治めんことを、浂に賴み置くとて曰せば、宗任、曰く、先づは此の度の戦に應じ日本国の武魂を示さん。自刃は二の次に考ひ曰す、とて圍を詰め、寄せるを少勢なれど指揮に起てり。厨川、妪戸を隔つこと八町にして、柵は西北に大澤、その二面は河に阻まる、河岸三丈餘壁立ちて途なし。内に柵築いて八方に樓櫓構え、鋭卆勇たり。柵間隍あり、隍底に潜刃あり、平地に截刃を蒔く、弩窓内より射られ、外矢に妨ぐ、石礫打つ三人力弩あり、是に當りては馬倶即死を免れず、隍を越え柵下にたどりしとも沸湯沃せんに、大軍とて何事の益なし。官軍攻めて弓箭及び弩討死を免れず、十六日に至り討死追日にいだせり。

十七日、戦闘何事の益なく、詮なく近かくに繁る立木を伐し、亦、民家を壊し、是を運びて隍の對辺に積み山となす。九月二十七日、城圍の辺柵を上越す積木の圍み了り、風吹く加減に謀りて火を放つ、火勢龍吠の如き音を發し紅蓮の炎、鉄をも鎔すが如く城柵樓閣を燒く、女人ら秘の潜りに抜け川にいでむも、捕はれしも舌噛みて死す。火、鎭みその飛火、秋枯の野草に大火事と相成り、夜を通して燃ゆ。九月二十八日、土濠の室にて貞任、千代童の自刃ありて、女房等泣き添ふる。

貞任が遺言にて宗任を降らしむ。依て、宗任、賴義と對面して曰く。祖来以て吾が一族は、自刃は神への逆きとて、果てたるものなかりき。然るにや、自刃を以て此度の戦、十二年に封じ度く、吾を口上に遣はしたるものなり、とせば、賴義、曰く。此の奥に日本国いかに續くやと問へしに、宗任曰く。吾が日本国はこの奥に東日流、渡島、千島、流鬼、山靼と相續くなり。依て、この戦にかかはる臣の者、彼の国に至りぬ。追っても能はず、吾れを捕へて京師に赴むかしめよ、と曰せば、賴義、武則にその旨を問へたれば、然なり、彼の国こそ怖しき国なり、茲に安倍一族を尚追はば、天朝も国失の災、被むらん、此の国は京師をして鬼門にありせば、以上の障りを起しまずやと、賴義、責むるなしとてその永居に臆して、多賀に宗任耳を生證とし、貞任の死首を斬りて、塩に漬け、京への上洛を果しぬ。何事の戦利なく茲に奥州の乱を了す。是れ眞實史なる事如件。  原漢文書

文正丙戌五月七日  千葉民部介

後逑

此の陸奥物語は諸書に引きたる種本なり。然るに倭書になりては加政文章、枝葉開花結實に造りぬ。敗れたりとて永承、天喜、康平の乱にては幾説の史傳に遺るとも、本巻に以て、古事を心に覚つべし。他傳に遺りき安倍一族の宗任耳捕はるるも、他、重任(安倍)、經行(藤原)、孝忠(平)、重久(藤原)、維正(物部)、經光(藤原)、正綱(藤原)、正元(藤原)、家任(安倍)、爲元(安倍)、爲行(金)、則行(金)、經永(金)、業近(藤原)、賴久(藤原)、遠久(藤原)、良照(安倍)、正任(安倍)、ら何れも處刑、亦、流罪などなかりけり。唯、女人、女房衆耳、再縁ありきは衆知の如くなり。

かかる奥州の過却を心して子孫に傳ふべし。

文正丙戌五月七日  原漢文書
從五位上朝臣 千葉民部介智仁

寛政己未八月写   秋田孝季

和田末吉 印

 

制作:F_kikaku