北鑑 第四十四巻

注言
此の書は他見に無用、門外不出と心得ふべし。亦、一書たりとも失ふべからず。

寛政五年   孝季

一、

興国元年の大津浪は、海攻地震にて起りきものなるも、二年の春に起りきは、雪解の洪水なり。前年の大津浪に依り、岩木川水戸口、土砂に埋りて、雪解の大水ぞ、十三湊水戸口を閉ぎて洪水となれり。洪水を白鬚水と曰ふは、是の故に名付けたるものなり。依て、東日流河水の渕を水流れ大湖の如く洪水して、その水、弥生をして引くなく、田耕におくれし凶作必如となるを、福島城挙げて水戸口除砂につとめたれど、五月の大露雨にて流砂再度び水戸口を閉しける。依て、此の年の作は皆無と相成りて、住民、多く飽田及び渡島の地に移住せるもやむなし。

安東船の商益も皆無にして十三湊は廢港と相成り、再復なかりきなり。此の両年、災害死、飢餓死はその數、十萬と曰ふなり。是れ大里の白鬚水なり。

二、

白鬚水の禍者供養には唐崎の地藏堂由来なるも、今は川倉に移りぬ。津軽地封の藩令にて、安東代の歴證はことごとく抹消しけるに依りて、その古事来歴は失せり。大浦氏、津軽氏に史傳を攺へける津軽一統史、津軽實記、御用帳までも曲折の記に遺るは現在にして、古来、安東氏に於る史傳、史證は故意に消滅せり。大浦氏代、行丘を落しけるも、北畠顯村を秋田に遁し、飯積の朝日氏をも遁しけるは、爲信の失策に通ぜるものとて、安東一族の古代累代の實史を滅したり。神社、佛閣の取潰しと移轉に古事を滅策せしも、その實蹟までも消滅せん人の心まで、古事一切を消滅せるは、叶ふなかりきなるなりと曰ふ。

三、

歴史は權者に依りて曲折され、僞造さるゝ多く、從はざるを圧す。太古より是をその權永護持のために、幾多の人命を下敷きて世襲とせり。信仰に国治に学道に、世襲にもとよりの本意に反きてなびくは、諸事に明らかなり。然るに、自然の法則は、たゞ人制の世襲を赦し給はず、イシカホノリガコカムイの全能なる法則の神通力に報復さるゝは必如なり。因と果に成れる宇宙の創より、生と死、破壊と成長、を以て萬有せる三界に、神の篩に絶滅せるは限りなく實在す、進化と曰ふ化縁に依るものなり。

獸なる鯨は魚型にして海に住む如く、毛皮にしてなる獸なるも空を飛ぶもの、鳥にして飛ばざる鳥あり。貝を身にして陸に住む生物、世にその異生住をしてなれるは、何れも進化、退化の過程なりぬ。

抑々、生々せる萬有のものは世襲に適應せし萬物なり。然るに、古に遡りては、日輪の光熱、大地の水との成種なり。因に物質生じ、果に依りて種を萬有成長す。是の如きは、因と果との法則にして化科に成るものなり。

四、

天竺佛教徒に於て、外道の所説を邪因邪果、無因有果、有因無果、無因無果、評論す。然るに、佛教徒にしてその悟りに、多く外道を入れたるは釋迦に非らざるなり。

抑々、外道と曰ふは、宇宙創造の因と果を知らざるものに、化科の眞理ぞ覚り難し。信仰の多くは迷信なり。奇蹟、幻覚を神と相と覚つは、甚々邪道なるも諸論を用ひて正法に導くとも、根本よりの眞理に非らざれば、自から方途に塞がりて崩れむ。

抑々、丑寅日本の一統信仰たる荒覇吐神は、古代に於て倭国にさえ渉りて信仰ありきは、今に門神、客神、客大明神とて遺りぬ。また、あらはばき神とてそのまゝに祀りき古社も遺りぬ。神社参詣に荒覇吐神とて古習の遺りきは、三禮四拍一禮なり。かく今に遺りきは、旧荒覇吐神社たる處なり。

古代シュメール、トルコ、ギリシア、エジプト、シキタイ、モンゴル、天竺、支那、に波斯をして渡りきアラハバキ神は、神の名にて、ルガル、クローム、アブラハム、ホルス、カオス、ブルハン、ヤクシー、シブァ、トウテツ、西王母、東王父、など多く異稱あるも、その大元に在るは、古代カルデア民の王、グデア王及びギルガメシュ両王の崇拝になれる最古代の神なり。

吾が丑寅日本国に渡来せるは、古く、三千年餘の信仰たり。もとよりイシカ、ホノリ、ガコ、カムイと曰ふ古神ありきに併せて崇拝せしは荒覇吐神なり。天竺にては外道として邪因邪果、無因有果、有因無果、無因無果、の四論あるも、一切の萬物は悉く大自然の宇宙の創りになるより、因に起り果に成れるものと哲理化科にて立論す。

五、

人の死は甦えるまでシャンバラと曰ふ常世国に魂魄ありと曰ふ。丑寅日本国に渡来せる最古の信仰は、波斯人民族渡来、永住より地神と交りて、信仰の一統に到る神なり。依て、古代オリエントの神々の混成なれる唯一の神なり。荒覇吐神の信仰にいでくる祭文に波斯の十六語相混成せるは、神の渡り来たる異国土の混入なるものなり。

クリル、オロッコ、ギリヤーク、オロチョン、ウデゲ、ブリヤート、モンゴル、シキタイ、など、その言語混成になる渡島民族、その累代にある阿蘇部族、津保化族、麁族、熟族、らを以て古代丑寅日本の民族は成れり。倭民の多くは、アヤ、クヤカン、の民系多し、更に南方海洋民多し。然るに、その半數に丑寅民のあるに依りて、アラハバキ信仰の遺社、今に遺りぬ。大社にては、坂東の氷川神社、武藏あらはばき神社、出雲大社、宇佐神宮、大元神社らに名残りを存せり。

古き世に大根子彦が故地奪回に丑寅軍を卒ひ、倭国を占領して筑紫に至る進軍の地に遺りし、神の鎭ましむ跡なり。

六、

古代モンゴルの地は、波斯より諸宗の古代オリエント諸信仰が入るとも、一統に根付くるはなく、元代にラマ教の多信と相成れり。モンゴル古代信仰にブルハン神を崇むブリヤート族の神ありき。自然崇拝にして神と祀らるはパイカル湖なり。パイカル湖にては、湖底に未だ生々せる龍神あり、ときをりその相を湖上に現せる事、暫々なり。澄める湖水ぞ神秘にして、今に猶、ブリヤート族のブルハン信仰、遺りき。昔、アルタイよりシキタイ族、此の湖岸に神の相を見つ。相を鯰とてシキタイ族の信仰に崇拝さるゝは、葬儀に鯰型棺を用ふを常とせり。龍とせるブリヤート、鯰とせるシキタイ、モンゴルにては、是を黑龍と崇めたりきは、何れも水神たる神なり。

七、

丑寅日本国の一統信仰になる根本に、天なる一切イシカカムイ、地なるホノリカムイは、水なるガコカムイと倶に萬有生命の神たるに、波斯より傳はりきアラハバキ神と併せて信仰神格をなせりと曰ふなり。依て、祭文にては次の如し。

ホーヌササンカムイノミホーイシカカムイホーホノリカムイホーガコカムイホーホホホーアラハバキカムイ と唱ふは此の他非らず、くり返すこと多念にして、女人はフッタレチュイと後唱す。神の聖水をはるかバイカル湖の水を、このヌササンに供へて、各々コタンチセにも配分せしと曰ふ。此の神水こそ得難き神にして、茲に生死をさまようときの法水とて保たれり。死しては人として甦りの蘇生せる魂魄の新生に移るを祈りて、遺骸に清む靈を覚に用ゆなり。地人に傳ふはブルハンの生命法水とて、古くは黑龍江を登り、バイカル湖に巡禮し、此の水を汲みて神とし、神と崇めたり。一生に一度び男女ともに婚前修行とて此の神水を汲むための巡禮をせりと曰ふは、古代信仰の要たり。

八、

古来よりアラハバキカムイの信仰の大要にあるは、次の十條に戒律せり。

右の如きは、アラハバキ信仰の大要たる戒律にして不断の心得たりと曰ふなり。

九、

古来、丑寅日本にては王居を東日流に置きたる事、永きなり。安日彦大王、長髄彦大王とに創り、国を日本国の肇めとせり。大王を東日流に置きけるは、国領の中央たるの故因にて、渡島、千島、流鬼国、を以て民族を一統併合し、信仰をも一統し、国力を坂東を堺に至る四王を加へて国治せり。世に荒覇吐五王とはかくの如くなればなり。語部図に次の如し。

東西南北の四王は、信仰を以て民族の和を先とし、丑寅日本国に部族の境を造らず民を併せ、商益道を造りて往来を便よくせり。要道は浜道、山道、川往来を以て、奥州かしこに道を通せしは、肇国より今に續くるものなり。

十、

信仰に以て宗に入りては、他宗を輕んずる者、多し。然るに是れなる心の持かたにこそ、神の救済に外のべしと戒むものなり。

神とは、宇宙にして、大地にして、大海なり。余の萬有せる生命、萬物の一切は宇宙の創りより因と果に依りて、化科して世に生じたるものなり。信仰たるの要は常にして誤を攺め、眞理に進轉せるを以て信仰の要とせるは、古来、荒覇吐神なる信仰たり。

荒覇吐神なる信仰とは、諸々の学問の要を覚得にあり、心の安心立命と世に立身修德にあり。導は神を信仰せる者、相互に究むるを旨とせり。抑々、古来より波斯よりの歸化人ありて、信仰に衣食住に人との睦に導を説き、古代オリエントの神々と諸信仰よりアラハバキ神を入れたるは、古住地民の信仰たる天地水の神との理に叶ふるものなればなり。

無より因明せる宇宙の創めより、その因に依りて遺さる物質より萬有の宇宙の銀河に開き、その日輪星の餘塵にてなれる地星に生命の誕生せるは眞理なり。

十一、

信仰に迷信を造る勿れとは古来の掟なり。信仰とは、自から求道せる信念にして、心無き者に誘するを禁じ、神の奇蹟とて生老病死に當つるべからずと、古人は曰ふところなり。丑寅日本国の国神とは掟を以て、無心の者に信仰を強ふるなかりき。亦、ヌササンを神殿に造ることもあらざるなり。

大祖安日彦大王の曰くは次の如し。神は心無き者に罰を与へず、救もなし。神は世の過去、現在、未来へのしるべにて、人々をして地獄、極樂、のあるべからず。茲に信仰の哲理と説くは荒覇吐神信徒に次の如く遺れり。萬有生命は、生々にその業あり、草木生ゆ處に草木を喰むるものあり、水の流るところに水中に相喰むる生物あり、生々は生命を保つ連鎖に相互す。依て、生命の相生、何れを欠くとも萬有の生命は保つ難し。まして人の心をして萬有の生命を欠くは、人、自から衣食住の安からざる報復ありき。かくある神の世にある限りに反くべからず。信仰とはその智識なりと。

十二、

代々、丑寅日本国に衣食住を祖来して安らぐる国を蝦夷とて人の類に入れざるは、倭の侵入者にて、古来の傳統は年毎に押領さるまゝ、前九年の役を末期に失せり。安日彦大王より一系にして成れる安倍、安東、秋田氏にまつはるゝ丑寅日本国は、倭人になる史傳に遺るなし。いつ世にも征夷讃美に歴史は遺りきも、敗者に歴史も遺らざるは世の常なり。此の書、かくあるを敗者に遺りきを、玉石混合乍ら記し置きけるものなり。

世、進みて丑寅日本に陽光の當るあらば、此の書も要をなせる書となるらん。まして奥州はその忍に耐えたり。三十有余年を以て諸国に巡脚して集むるは本書の旨たり。何とは曰せども、東日流より起りき荒覇吐神なりせば、代々に信仰を失ふべからず。また安日彦大王より丑寅日本国たる歴史を失ふべからずとは、余の末代かけての願ひなり。蝦夷とはなんぞや。心して先なる歴史に榮に、心して末代に傳ふべきを願ふものなり。

和田末吉 印

 

制作:F_kikaku