北鑑 第五十一巻

注言
此の書は他見無用、門外不出を旨と心得ふべし、亦、一紙たりとも失ふべからず。

孝季

一、

世に神佛の道場と世視に表示して、その内になるは討物を多藏し、世の乱を兆發せんありき。丑寅日本国に侵駐せし倭朝の先侵なす者は、能く佛僧に化装し、是くなる策略をせり。是くあるを見破りきは日本將軍安倍安国たり。爾来、安倍一族をして領許なき神佛道場を建立せるを赦さざるなり。

船を用ひて、東海、西海の奇襲をなせしは、安倍比羅夫なれども、その侵領、東日流にて敗北せり。かくなるに奸策せしは蝦夷勸誘策にして、蝦夷は蝦夷を以て討つの策を以て日本將軍への反忠を、その要人までも諸策を以て隱近し、その謀策をなしたるは田村麻呂にして、奥州に間者を入れて隱密せり。先は羽州に岩代に入れて、北進せるは宇曽利に達す。東日流は倭人の入るも目破らる多く、避けたりと曰ふ。倭人の奸言に乗じたるは、安倍富忠、羽州の清原一族たり。

二、

吾が奥州の地は、古来、日本將軍をして統治せし国なり。倭の奥州になせる治領の惜は康平五年、厨川柵の落城以来にして、その古きになかるべし。倭書にては奥州支配を文書に遺せども、その證、非らざるなり。古代になる程に日本大王の遺證明白なり。

北は流鬼国より坂東に至る各處に荒覇吐神社の跡あり、その遺跡多し。日本国は波斯の国より信仰の哲理を入れて、その信仰を完統し、神格の眞理に信仰の實を挙げたりと曰ふ。さらさら迷信これ無く、人の生死に惑いなき理行を心身に保てり。即ち、一切を天命に安じて、安心立命を求道とせり。

天地水の三要を神格とせる信仰は深く領民一人だに、他教の信あるべからず、一統信仰たり。此の信仰、古代にして南は筑紫の地までも浸透せしを知る人のなきは、世襲の曲折なり。神を異にせるとも三禮四拍一禮の参詣の由は、荒覇吐神の名残りたるを知るべし。五千年の歴史にあるを。

三、

かけまくもかしこきあらはばきの神、天つ神、地の神、水の神を奉請し、吾等諸人倶に天の宇宙、山河の大地、波涛萬里にうねるわだつみの神々、世を創りなせ給へき諸幸のめぐみに授かりて、安らけき住家、美味なる食、諸草木の糸に織りなせる衣を授けき、日毎夜毎の神なる全能の御惠に護らひけく、神通力にかしこみかしこみて曰ふさく。

大神の與へ給ひき天つ光熱、甘露の法雨、大地にわだつみに萬有の聖明を育み給へきを、代々に盡きせず諸人こぞりて神の賜りきに、かしこみて茲に神坐を安じ、山海の供物を作り捧げ奉り給ふ。願はくは、吾等生死の逝く末に、はたまた遺れる子孫の榮へあらんをば、あらはばきの大神に、天に仰ぎ地に伏して祈り奉る事の由をきこしめせと、かしこみ曰す。

右、石塔山祭文

四、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

語部録に遺る如く、吾が丑寅の国は古きに宇宙の肇より記あり、因と果にその哲理をあやまらず遺し置けり。まさに諸失なく、古き語部より眞の傳へあやまりなかるべし。世々にして人の世襲、移り変りきに能くぞ保ち来たるものなり。

荒覇吐神の信仰に深き萬世に変らず、代々末代に不滅なり。世のつれづれに日本国の住民は衣食住の危急なく、今に子孫々遺りけるも、神の御授けに依れるものなりとぞの信仰ぞ不滅なり。

五、

石塔山荒覇吐神社の佛堂に保存されしは、大日、阿弥陀、藥師、阿閦、釋迦の如来伍佛を本尊とし觀音、勢至、虚空藏、文殊、普賢、不動、四天王他渡来佛多數なり。なかんづく異土神あり。ギリシアのアテナ神、エジプトのホルス神、スフェンクス、支那の西王母及び東王父、天竺のシブァ神とシュードラ神、モンゴルのブルハン神、シュメールのルガル神など国信不祥の神像多數ありき。それに倶なふる神器も數多く異土産なる石の宝珠も數多し。この渡来に多きは山靼に通じて来たれるものなり。

陸奥にて造られし神器あり、荒覇吐像多數も存在す。高麗及び支那の器あり、石塔山の宝物とせり。鎧、刀の類は何れも安倍氏縁りのものなり。大事とせるは語部録なれども、享保元年に失ひり。

石塔山に異土神ありと目安され、石の築塔、津軽氏に破壊されたり。依て、事前に知りて配置のもの一切、吾家に移して難を免れたるは幸ひたり。書巻五十は無事にして保たるも、三春の秋田家に貸付し天明の火災に失ふ。依て残るは写のみにして、完全ならざる多し。

江戸の田沼様より金八千両を献ぜられて石塔山を復すも、燒石に水たり。

六、

大光院は永く飯積大坊に存在せしも安東氏、東日流を去りてより荒廢す。石塔山耳は和田神職にて護られたり。和田壱岐神職を舍弟に継がせ、名を和田長三郎吉次と攺め派立に居をなして歸農しけるも、士族なるが故に庄屋を封令さるまゝ代々す。秋田□崎より秋田孝季殿妹りくをめとり、その縁にて三春城主千季の主令に奉じて諸国漫遊の旅をなせり。巡るは六十餘州のみならず、江戸城田沼殿の隱密とてサガリィンより黑龍江を登りモンゴル、カザフ、トルコ、ギリシア、メソポタミア、エスラエル、エジプト、ペルシア、天竺、支那と渡りて十三年の歳月を異土に旅巡せり。

東日流に歸着せしも、江戸城は松平氏老中と相成り、永旅の勞も空砲たり。

七、

異土収集の遺物六百品に及びければ、何れも石塔洞に秘封せり。古より安倍一族の二千年に及ぶる産金産馬の益は末代に一族の危急に秘藏せしは皆地洞に秘すと云ふ例に習ひきは永世に保つ方便たり。

秋田家上系図に依れる秘洞は閉伊に十七ヶ所、秋田六ヶ所、渡島十二ヶ所、東日流三ヶ所と傳はりぬ。何れも極秘にて上の系図に記ある他、地所明細不祥に護りける。是れ未だ蝦夷とて呼稱せし官幕の故なり。

八、

石塔山は死通すとも護るべし。世襲乍ら世にあからさまならず極秘に通して漏らすべからざるなり。世間に目立たず土道を隱し諸事に偲耐すべし。何事も主家大事とし祖訓に忠誠たれ。

九、

天喜の代に、夜の空を明く輝く巨星ありて、奥州に不吉の兆ありと卜部の餘言ありき。世襲は蝦夷討伐の士気高まりて、官軍を卒して源賴義、奥州に戦端を画策して、羽州の清原氏、三陸の金氏、宇曽利の安倍富忠、等を安倍賴良の幕下を反忠せしめたり。

安倍一族をして奥州に戦を招くは、萬議にして是を避けんを都度に源氏の難題に睦めども、あまりに重き貢税とその非道の窮りなきに怒りて遂に衣の関を閉たり。亦、日高見川の白鳥舘より束稲山麓に舟橋を張りて、敵船の北進をも留めたり。依て、多賀城、膽澤の間、断たれたり。時に安倍賴良、軍旗を初めてかゝげ、日本將軍として軍紋を日輪にして楯垣、逆茂木の陣に固めたり。

兵を北より募り、東日流の上磯太郎義宗、飽田の小野寺四郎忠景、火内の平清則、鹿野の高原越中忠重、荷薩體の小笠原兼松、閉伊の津田次郎高光、糠部の戸来正賴、仙北の生保内四郎勝賴、渡島の松尾勝十郎茂次、らの豪無双の武士ら、併せて三萬六千騎、衣川に陣を布したり。

報に驚きたる源氏の間者、清原武則の使者に知る。賴義、軍を引きて多賀城に幾運をまてども、軍策の画策ならず、沈默せり。試みに伊治沼に進みては、遂に伏兵ありて大いに敗北せり。

十、

安倍良照は現觀と曰ふを重んじたり。現前の境を觀ずるの意なり。詳しくは聖諦現觀とも曰ふなり。見道十六心、八忍、八智の位に於て現前に等しく四諦苦集滅道の理を觀ずるを曰ふなり。これに三種ありて、

一は見現觀無漏の智慧を以て現前に四諦の理を推求すと曰ふ事なり。
二は縁現觀、無漏の智慧と並に此の慧と相應して起る心。
三は事現觀なり。無漏の慧相應の心々所随轉の無表色四相應し苦を知り、集を断じ、滅を證し、道を修する事なり。有漏無漏の慧を以て明了に現前の境を觀じ、及び資助して不退ならしむるものを曰ふ。これは六種あり。

一は、思現觀喜の感覚と相應せる思所成の慧をいふ。諸法を觀察せるに此の力用ぞ最も猛利にて現觀とす。
二は、信現觀、即ち三寶に於ける決定の淨信を曰ふなり。現觀を助け退轉せしむに現觀と曰ふなり。
三には、戒現觀とて無漏の戒を曰ふ。破戒の垢を除きて觀智を増明ならしむ現觀とす。
四には現觀智諦現觀、正しく現觀を爲す智諦を現觀邊境と名付たるものなり。見道修道に於て非安立諦、即ち、眞如の體と觀ずる無漏の智慧と曰ふ。
五は、現觀邊智諦、現觀正しく眞如の體を觀ぜし後、邊に更に安立諦眞如の相を觀ずる見道修道の智諦を曰ふ。
六は、究竟現觀を究竟位に於ける一切の諸智を曰ふ。
此の中、後の三は理成自性なり。前の三は現觀と倶起する法なり。と傳へ遺しき。能く解き覚るべし。

安倍良照は賴良に淨法寺、及び極樂寺を建立せしめたる要は、神佛は求道にして同じく救済さるものとし、常に荒覇吐神と双拝せり。佛道を一族に入れたるは、良照の入道に感化ならしめたる大光院道照の導なり。

十一、

安倍氏の日本將軍として佛法に歸依せしは、宗派にかゝはらず、五佛を本願とせり。

大日如来

中尊を摩訶盧遮那、梵名を摩訶毘盧遮那と曰ふ。また別稱にして除暗闇遍明、光無生滅、能成衆務、是を日輪三義と曰ふ。日輪の有する三の属性を現すその性德ぞ日輪に少分類せる故に、大を加へ大日と曰ふ。

除暗闇遍明とは、如来の智慧の德を曰ふ。彼の光明は晝夜方處内外等の区別なく、常に一切處に遍満し、衆生の迷闇を照破すを曰ふ。光無生滅とは、如来の身は竪に三世、横に十方に遍満し、時空間に永恒に滅するなく、常恒不断に衆生を導き救済す。能成衆務とは如来の慈悲なる德を示し、彼の慈光は普く一切衆生を平等に照して、本来具有する性德佛性を發揮せしむを曰ふ。かく三義を有し、一切世間の所依なりせば、一切に遍在し、時空間、因果の制約を離れたる大日は無始無終の佛身なり。總て全能にして超越し、絶對平等の佛身なり。

金剛界、胎藏界曼荼羅にては、共に中尊にして大日あり。金剛界にては白色に智拳印を結びて種字とし、胎藏界にては黄金色にして、五智の宝冠を戴き、法界定印を結び、赤色の蓮華に坐し、を種字とす。

次には、阿弥陀如来の事なり。

大乗佛教の主要なる佛、略して弥陀とも曰ふ。蓋し梵は經典を見るに阿弥陀婆佛無量光明覚者略稱無量光佛、阿弥庚斯佛陀、無量寿命者、略稱して無量寿佛の二名出だすも、漢譯の諸教典にては種々の異名ありき。而し、普通にては阿弥陀と無量寿の名稱ぞ多し。此の佛を本願として説くは念佛宗なり。淨土三部經に此の佛を救済者として、過去久遠の昔、世自在王佛の感化を受けにし、法藏居りて、二百一十億の国土より善妙なる国を擇び、理想国の建設を志し、且つ四十八の願を起して自他成佛の完成を斯し、長時の修行を経て佛陀たるを得たり。是、即ち阿弥陀佛なり。

彼、他力本願を信じ、疑なく念佛せる者は、其の淨土安樂世界に往生すると曰ふ。これを久遠の昔、成佛せる弥陀と曰ふ。本佛に對し十劫已然に成佛せる弥陀、而も今現に説法しつゝあるは、ことは阿弥陀経に證文ありき。其他、三論、法相、天台、禪、の諸教にても各々阿弥陀佛觀あり。又、眞言密教の阿弥陀佛は、淨土教と異り、五智伍佛の一として大日如来の妙觀察智を表するものとし、金剛界曼荼羅にては、受用智慧身阿弥陀如来と曰ふ。西方月輪の中央佛なり。

胎藏界にては、西方に住し、西方無量寿如来と曰ひ、中台八葉の蓮華の法坐たり。亦、西藏では光明無量寿命無量に分つ、一は智慧を求むる者の歸依佛、他を長命と富樂を求むつ歸依佛とす。

次に阿閦如来なり。

阿閦如来、梵語にては阿閦鞞、阿芻鞞耶、噁乞蒭毘也と稱す。不動、無動無怒佛、等に譯す。

昔、此土から東方千佛国を経て阿比羅提国が在り、主佛を大日如来と曰ふ。阿閦は其所に於て無嗔恚に願を發し、修行が成道して阿昆羅提国に於て、現に説法されつゝある佛であると曰ふ。なほ阿閦の国を善快、觀喜、妙樂、妙喜、と曰ふは阿昆羅提の譯なり。密教にては金剛曼荼羅八葉蓮臺の東方月輪の主尊とせり。

次には薬師如来の事なり。

薬師如来は薬師琉璃光如来とも曰ふ。また、大醫王如来とも曰ふなり。東方淨瑠璃世界の教主なり。この佛は、昔、十二の大願を發して此の世界に於て衆生の疾病を治渝して寿命を延べ、災禍を壊去し、衣服、飲食等を満足せしめ、且つ、佛行を行じては無上菩提の妙果を證して誓ひ給へき。形像は大蓮華の上に住し、左手に薬壺を持し、右手は施無畏の印を結びたるを通常とせるも、左手を垂る等、種々の形像を有す。

次に、釈迦牟尼仏の事なり。

釋迦とは民族の種名にして、釈迦牟尼とは釋迦氏の聖者と曰ふ意なり。天竺迦毘羅伐窣堵の城主淨飯王の太子にて母を摩耶と曰ふなり。生後七日にして母は逝き、姨母波闍波提の養育を受く。幼名を喬答摩、亦、悉達多と曰ふ。因明果学の大要、四吠陀を学び、二十九歳にして老人、病人、死人、を觀じて出家を志し、毘舍離摩訶陀国を歴訪し、跋伽婆、阿藍伽藍、鬱陀羅、らの仙人に遇し、苦行六年を経て、遂に禁欲の無益を感じ、佛陀伽耶の菩提樹下に端坐思惟して大悟して、佛陀となりぬ。時に三十五歳にして、爾後、自ら悟り給ふ鹿野苑にて阿若憍陳如ら五人を教化し、次に三伽葉、舍利弗、目連、らを済度し、佛教精舍をして、六年後、迦毘羅伐窣堵に親族を度し、諸国を訪れて傳道四十年、遂には跂提河畔、沙羅雙樹下に臥して、中夜淨かに入寂せり。二月十五日と曰ふなり。

此の五佛を以て、金剛界、胎藏界、の哲理を爲して、宇宙構造を擴く佛法に加ふるは、外道の哲理を入れたるは、本来佛教に非らざるなり。

十二、

安倍一族の敗因の故は信仰にありけるなり。荒覇吐神の信仰を一義とせるは、生命の尊重なり。世にある萬有の生命は、同じ天地水の神より授け、是を殺生するは、神への報復を招くものとせり。人は一日生きるに、萬有生物の生命を幾多にも衣食住に贄として生々し、神への悔を祀らずしては災禍を招くとして、秋の初めに満月を仰ぎ、イオマンテの神事をなせり。カムイノミを焚き、夜明けを迎ふるは、年中行事たり。次には民族をして睦みを保つを生々せるの旨とせり。

如何なる信仰にも軽笑せず、信仰は自在なるも、その選擇にあやまらず、安心立命の欠を戒めたり。佛法の渡来せるは、倭僧に感化はなく、總ては山靼よりの渡来たり。倭僧にて入るは、役小角と曰ふ仁なり。役小角とは優婆塞とも曰ふ。葛城上郡茅原の生れにて、高賀加茂氏なり。小角は、渡来の佛法に疑念し、自から、佛を感得せんと仙境に入りて修行を重ね、金剛藏王權現、法喜大菩薩を感得せしに、八宗より訴ひられ、伊豆に配流され、大宝元年に許され、小角は唐に渡りて、權現の本地を感得せんと肥前の松浦より出航せども、肥前松浦より玄海に出でるや暴風に遭遇す。九死に一生を得て、若狹の小浜に上陸し、夢に神の告ありて、丑寅の地に本地を求め、東日流に至りて中山に本地の金剛不壊摩訶如来を感得せり。小角、此の年、入滅せるも弟子等、是を代々に遺せり。

安倍一族は是を大事とし、一族の聖地、東日流中山石塔山に小角堂をなし、荒行秘密道場とて今に遺しける。是の故にして荒覇吐神と同じく人命尊重を一義とせり。役小角は、安倍氏に傳はる外道の大要を己が修験道の要とせり。因と果に世の創を覚り、天地水の一切に萬有化縁を悟れり。依て、奥州に小角の滅後に大いに此の教、振揮す。

十三、

丑寅の地は鬼門方位とて倭人の忌む方位たり。依て化外とし、住むる民を蝦夷とせり。然るに地産の幸は、海幸、山幸、産金、産馬の富める国にて、古来より日本国とぞ国號せる国たり。倭国より歴史の先なる大王を国主とせし大王国たる立證に餘る實史に正統なり。日本大王の代々は民族を異に好嫌せず、山靼流通に世界を知りぬ。荒覇吐神の信仰もありて遺りぬ。

古き世より彼の国より智者渡り来たり歸化せしより、鑛脈を知り金銀銅鉄を倭よりはるかに先代にして得たり。此の幸を狙ふは倭人にして、隱住し密かに要人と通じ蝦夷征伐を理由に画策せり。都度に渡りて討伐の軍を挙せるも、攻略果したるなし。

倭史に記さる奥州の蝦夷たる酋長とて名のあるは稱名何れも古代奥州に古習せる名の意趣と異なり倭人の仕かけたる名稱なりと、語部録に記されり。依て古事記、日本書紀にては信ならず。

十四、

宇宙の事は、古代に於て天竺のシュードラ、ラマヤーナに説く外道の因論、果論になる他、古代シュメールのカルデア民に依るグデア叙事詩に要祥あり。きはめて明覚なり。

宇宙の創り、星の誕生、日輪とその惑星になる地球星の地水に誕生せる萬有生命に、その化科になる哲理は、現代も及ばざる觀察得学在りぬ。日輪の黄道と赤道になる暦や、月の満欠に依る潮の干満の智識は、現代に変らざる數算たり。月蝕、日蝕の訪期の記憶、吾が丑寅日本国の語部暦、別稱めくら暦にぞ明白たり。山靼より渡り来たる宇宙の事は、荒覇吐神信仰に遺りけり。

宇宙とは無より因の奇点に創ると曰ふ。大光熱に宇宙の物質は誕生すと曰ふなり。無に因の奇点起り、無限の闇は光りと熱に燃え、あとに遺れる物質こそ、今になる萬天の星界をなす宇宙たりと曰ふなり。たとひ信仰たりとも、是ぞ信ずるに足る論理たり。

語部録はかくも明祥に遺しける歴史の證明たり。依て、信仰に於てもその眞理に欠くなしと信じて餘るなし。迷信に堕ゆなき信仰の實を知るべし。必ず迷信不誘たれ。

十五、

井の蛙は大海を知らずと曰ふ諺あり。心して未知の天地に学ぶべし。山靼は廣き大陸に續く国々ありき。吾が丑寅の国は、本州をして倭と倶に海に異土と離れ、何事の新智を知らず、心、常に島国魂性たり。依て、異土の開化を魔性、魔道に怖るなり。智識に至れば、何事もなき人智の極と覚つも、知らざれば開化文明も魔障と怖るなり。

吾が丑寅日本に生れし者は、古き世に山靼に巡禮し、異土の文明に能く学びたり。人、満つては山靼に移住せしは、古代の通常たり。山靼に吾が山里の同地名の遺るは、その故なりと曰ふ。チタの地に遺る地名ぞ、皆、移住人の地名たり。また唄、踊りにも追分などコルデントとて蒙古の地に遺り、今も唄はれき。言語にも多く遺るあり。さながら血累を同じくせるを知る。睦みを欠く勿れ。

人の種系は同じき山靼に、何なるありても乱の兆を造るべからず、常に泰平を心得べきなり。

十六、

此の国は日本国と曰ふも、坂東にては日高見国と曰ふ。安日彦大王の宣したる付名たり。渡島を日高とは、東に国の出でたる国なれば是の如く稱したりと曰ふ。その日輪、東より日の流るゝ国を東日流と曰ふ。

日の出づる宇曽利の東海、日の没する東日流の西海を望む、外三郡に神威丘のハララヤあり。そのこなた外浜にハララヤ築きて人の集邑ありてイシカホノリガコカムイを祭祀せり。まさに東日流は、神を鎭め大王を立君せし發祥の国たり。荒覇吐神を一統信仰し、山靼との往来を自在とせり。山靼の国より来るは、紅毛人ありて金銀銅鉄の採鑛鎔造の術を教へ、是を鬼神とてその遺德を今に祀りぬ。鬼舞、鬼太鼓、白青緑赤と鬼面のあるは、初夏秋冬の四季を顯すものにして神事あり。なまめ、なまはげ、ごじんじょ、かまど、おにまひ、などの行事年毎の始めに氏子各戸に巡るは古来の習しなり。

十七、

妙法蓮華経とは、安倍井殿が淨法寺に於て勤行せしより、安倍一族に信仰を得る者多し。此の經に三部あり。無量義、法華、觀普賢の三部經なり。姚秦の弘始八年、鳩摩羅什が譯出し七巻二十八品とせり。後にして南斉の法獻が高昌国より提婆達多品を譯して加へたるに依りて、二十八品となりけるなり。

然るに猶、普門品重頌二十六偈を缺きてあるを隋の文帝仁寿元年に闍那崛多及び達摩笈多と倶に添品法華經を譯し、之に依りて普門品の重頌を加へて現行本に完成せり。七巻本、八巻本と倶に、二十八品にて内容同一たり。両本の別は已に支那南北朝に起りて併用さるゝなり。法華經は釋尊の本意を説きたる妙法なり。前の十四品は迹門、後の十四品は本門なり。異譯に法華三昧經六巻に支彊梁接譯あり。更には正法華經十巻、竺法護の譯。方等法華経五巻、支道根の譯あり。また添品法華経七巻、闍那崛多、達摩笈多の共譯。註譯書の疏二巻は道生譯にして、玄義二十巻は智顗譯なり。文句二十巻も同じく。疏四巻は聖德太子と曰ふ。

十八、

和賀の極樂寺は安倍頻良の建立せる寺閣なり。極樂とは別稱、須呵摩提、須訶提、蘇訶嚩帝とも曰ふなり。安樂、安養、安穏、妙樂、一切樂、樂無量、樂省とも曰ふ。他、極樂世界、極樂国土、極樂淨土とも曰ふなり。傳へて曰ふは、此の娑婆世界より西方十萬億の佛を過ぎたる處にある阿弥陀佛の淨土ありと曰ふ。

十九、

荒覇吐神とはその信仰に、衆を弘布せず、自からの發信心に導き、脱信を自在とせり。信仰に於て一度び脱したる者を再導する事なかりき。亦、權謀暴兆には断固として圧す。此の信仰は睦と国の泰平と安心立命を旨に、身心を天命に安ずる哲理に化科の学を向上せしむ智識に精進し、信仰を以て聖道に成道せん志とに達成し、常にして身命を尊重し、自他に及ぼして言語一句にも敵を造らずと心得るを不断の人格とすべし。一汁一菜も分つ程に人と和し、親に孝し、国を護るは兵挙戦乱に決せず和睦を以て決するを先として交ずるも、猶以て手向ふを誅すとも生命を多大に殉ぜしむは神への反きにて、幾里にも退きて民の生命を護るこそよけれと神導に基きぬ。生命は神のものにて、吾等決死の振舞ぞ冐瀆なり。国を落つとも生命を護るべし。一人の生命とて軽んずるべからず。生くるの心得に、天地水の加護ぞありけるなり。荒覇吐神の信仰かくありて古代より民心に固定せるを知るべし。

安倍一族は、代々にして世襲になびくとも、祖来の心に從じて今に至りぬ。

和田壱岐

廿、

信仰に求道し、以て成道に達する者は少なし。神を信仰すると曰ふは、己が心身を天命に安じ、安心立命の眞理に哲するを曰ふ。

荒覇吐神を信仰するは、天地水の一切を神聖なる神の相そのものとし、神通力全能の靈験の生ずる因として、その成果の行を爲す心、常にして轉倒せず、身を清淨に心身を能く保つべし。我身とてこもる生命のあるは神の惠にあり。自我とせず神の通験命脈みな神の掌中に在りと信ずべきなり。

信仰に難かしき行なく、常に人との睦を保つべし。禮の義をおこたらず、身装能く常に體を練り、心に学し心を磨くべし。親に孝し、子を育みて孝に自發するに育つべし。子を我が意のままにせず、自からの發起に日々を育むべし。神はかくあるに導きぬと曰ふ。如何なる宗教も、他宗とて軽笑するべからず、能くその善義を学び得べきなり。

廿一、

人生、安しきこと少なし。勞々從事せずして、安養なかりき。生死の四苦諦、自ら覚り得ず、神の信仰に求道して人の喜憂に廻り、人となりぬ。道遠しとて歩まざれば至らず、時は一刻を待たず、光陰は過ぎ逝き、若きは身に留まらず、老ふる耳なり。萬有生とし生ける者はみな生死の流轉に不死なるはなかりき。心せよ、諸行無常是生滅法生滅々己寂滅爲樂の理りを、わきまふべし。世は非理法權天の運命にめぐり世襲の相ありきも、末代永久に遺るはなかりき。

信仰の要は、その眞理を悟るにあり。人をして徒らに己れをして勝手たるは、自心に戒しむべく行爲なり。如何なる宝物とて、死して持行くは叶ふなく、獨り黄泉に赴くのみなり。荒覇吐神は天地水一切をして、神の掌中にあり、死しては己が骸とて地水に歸すなり。己れとは、空想の無に浮遊せる魂魄のみなり。死しては骸骨は土水に歸り、己は新生を求めて宙をさまようなり。

次生の身に、己が魂魄を宿すも、前世に善生のなければ、萬有如何なる生物に生るや、神に見通せるところなり。神は、萬物の生死を天秤に平等せるものなれば、夢々、積善に務めよ。

廿二、

古代オリエントの信仰に於て、シュメールにてはルガル、エジプトにてはホルス、エスラエルにてはアブラハム、ギリシアにてはゼウス、天竺にては外道のシュードラ、ラマヤーナ、支那にては西王母、東王父、蒙古にてはブルハン、和が丑寅日本国にては、アラハバキ、古くはイシカホノリガコカムイ、かく世界を巡りて、一に結ぶるありぬ。

宇宙に神を感じ、大地に生死の無常を感じ、水に生命の蘇生を感じて神の靈感を感ぜり。然るに、超古代の信仰にては、人にて神の像を造らず、天然、自然、總てが神として崇拝せり。代々に降るにつれ、人は神を造りて、人は自からを神と稱すあり、聖者または救世主とせるあり。然るに、人は人にして、如何なる人師論師とて、神と聖になれるは難く、なれることなからんは眞理にして、成ること非らざるなり。

信仰や神をして、異教徒とて戦を以て、泰平なる国を侵略し、人を奴隷として築きたるエジプトの神殿やピラミット、往古にその例、少なからざるなり。神は人の意に造られ、信仰また然なるなり。信仰は国を越え、民族に崇拝さるるも、風土に依りて、その原宗に異りて遺るありぬ。能く覚つべきは、聖教を迷信に惑はすべくを離るべし。心を正しくあれ。

廿三、

奥州の古代には筆なす者は少なし。それに、永く彈圧に貧窮し生々さえも安からず、たゞ信仰の寄合ふ集ひのみ慰みたり。藁を伏寝の床とし、牛馬の如く吹雪の舞込むる住家に暮し居れり。田畑を耕して作物を食ひざる重税に米の保食も乏しく、その衣食住は、凶作ともなりては、飢えて餓死せる多し。

士農工商と曰ひど、世にありて百姓はその暮しぞ常に乏しける代の永らひたり。貧しさに負けて渡島に渡りて住むる者は、凶作にも死するなき安住を得たりと曰ふ。

渡島の地は海産に豊にして生々常に窮するなし。秋田氏は安倍の旧族を渡島及び山靼に移住を次男、三男を渡らしめたり。

祖来、人命を尊重せし遺訓を護りきは、秋田氏の他に非らざるなり。然るに秋田氏の轉封は、海の無き三春に置かれ、初代藩主た
(※原稿用紙二枚欠落)
ありて神社亦、多し。露草山神、山王日枝神社、浜明神、熊野神社、於瀬堂、荒覇吐神社、璤瑠澗神社、龍神宮ら今に遺りぬ。

住民十萬餘とし、唐船、京船の入湊ありて、町をなし市をもなせり。湊に岩木川水戸あり、藤崎城への往来あり。河湊ありて、是、往来船とて藤崎舟場に至る間、鳴戸、赤堀、湊、板野木と河湊ありき。

藤崎城は内三郡の境にあり、安東氏の築にして、これに行丘城、高楯城ありて属せり。平等教院ありて道場とし古き石碑、五輪塔遺りぬ。

應永十七年、南部守行、陸奥守とて平賀の地に駐し、常に藤崎城主をゆさぶりて、遂には東日流大乱となりて、十三湊倶に、嘉吉三年、安東一族、渡島及び秋田に移る。

廿六、

北鑑五十一巻の筆了に曰し置きぬ。此の諸記は處々巡旅に聞こしめたる諸話の綴りなり。古きもの新しきものを問はず、諸翁よりの聞取りに筆走仕りぬ。依て、整書のいとま非らず、乱文未文のまゝに書遺したるも、脱字のあらば加へ申し度く、茲に伏して願ひ奉るなり。諸国に歩き、名所古跡の地に類々の古話あれども、奥州にまつはる無ければ除きて綴り置きぬ。

抑々歴史の要は、古くは宇宙創誕より神話、神格の傳、その信仰までも綴りき。丑寅日本史は、世に在る事の史實を曲折なく諸人の傳遺れる文書、遺物らに基きて書写仕りたり。想ひは永き歳に渡り異土までも旅程に綴りたり。さりながら世襲に忍びての尋巡なれば、幾多の道中難儀も蒙りたるあり。

茲に筆了の近きを餘感す。是れを遺さずば、丑寅日本国は、永世に無史の蝦夷地とて遺らん。然るに、實在せる奥州に遺るゝ史跡の數々をしてやむを得ず、亦三春の大火に失ひる安倍一族の諸事史書に復せんとて、是の如き集史巡脚と相成りぬ。

右、卆爾乍ら如件。

綴 文政五年七月二日   秋田孝季
和田壱岐
和田權七

和田末吉 印

 

制作:F_kikaku