北鑑 第五十三巻

注言之事
此の書は他見無用門外不出と心得て、失書あるべからず、能く心得よ。

寛政六年七月
秋田孝季

一、

皇紀と曰ふ倭の建国にその年代を丑寅日本国の史に併せんとせば、倭史筆頭の神代、天皇一世の即位など、唯古きに年代をくり延たる存在なき建国史なり。

されば、丑寅日本にては如何に此の頃ありや、既にして大王あり、民の集落ありぬ。民の心を一統せる信仰ありて、その神託にて国治の勞をなす。道を通し、橋を架け、邑を開き、地産の流通をせり。海辺の者は、山の幸、山里の者は海幸を物換して、衣食住の生々相睦みたり。古にして、山靼と往来し、その故ありて船造り、日和見の感ぞ秀腦たり。山靼より来たる渡来の民を受入れたるは、古来よりの同族意識たり。依て、金銀銅鉄の採鑛造炭の業、大いに振起せり。また渡島、千島、流鬼の民流通ありて、その往来居住も自在たり。

エカシ傳より

二、

佛とは

佛と曰ふはその意趣に於て異説多し。浮圖家と云ふより訛傳せる説また解と曰ふ義にして佛陀は煩惱の繋縛をほどく、亦はほどけと曰ふ説、更には釋尊が成道せし佛陀迦耶の轉訛にして、ホトは佛陀、ケは迦なると曰ふ説、または物部氏が難波の堀江に放って置けと言ふ言語よりホトケと稱すと曰ふ諸説なり。因に古来往生に𠏹の国字を充たるものもあり、俗に死者の靈たるより出でしものとて、未だ定かなるなし。

梵とは

佛法にして能く聞くは梵と曰ふ一字なり。梵とは梵摩、婆羅迦摩、没羅憾摩、梵羅摩、とも譯すと曰ふ。また離欲、清淨、寂靜、清潔とも譯す。天竺にては、優婆尼沙土哲学にして、婆羅門教にして宇宙最上なる原理を梵と曰ふ。一切の世界はこの無上なる梵より自から繁殖せんとの意志を發したるに依りて生じたるは差別、欲望、苦痛、虚妄、の世なり。是の悪障を脱せんとせば、吾人の各々になる精神が差別の緊縛を離れ、至大の精神なる梵と合一せざれば得られずと曰ふ。

吾人、箇々の精神は愛著のものに惑され、苦憂の世界に沈淪せる故に、其の自性は同じ精神にありても、吾人は吾人の自性を知りて眞如實相の無上精神を了知せば、茲に梵と合一し、虚妄の世界を解脱し得ると曰ふは、是れ即ち、梵なり。

我とは

次には、我と曰ふあり。我とは主宰の義、自我の義、また身體の義、己我自體、即ち自己主觀とせるを曰ふなり。佛教にては實我、假我、眞我の三種に説けり。天竺在来の外道にては、凡夫の妄情に自ら存する我れその思想を曰ふ。此我は無常ならず、常住し獨一のもので、並ぶもの無くその作用は国主宰相の如く自在にして、體は亡ぶとも魂我は存在し、新生に生を換ひ、その運勢運命を強くし、全能の神通力に達するまでに娑婆往来すると曰ふ。

次には因なり。

因とは物の創めて生ずるを曰ふなり。因明学外道にては宗、因、喩、の三を立する中に因は宗、即ち断定を成立せん爲の理由を曰ふなり。宇宙の創めて成れる因、その發起となれるものゝ何かある因なり。

次には果なり。

因の對は果なり。一切のものは無の因より轉じて果と成るを曰ふ。依て、果とは因の原因に無より生じたるものを成長せしめ殖せるを意趣とせるものなり。是れみな外道の哲理なるも佛教其他の宗教にては、外道をないがしろにしながらも因と果を應用せるは、倭史と丑寅日本史との古代を論ずるが如し。

抑々、明白なるは宇宙の誕生を起したるは因にして、星雲、暗黑の因の成らしめたる物質にて阿僧祇の宇宙に銀河にまつはる星々の誕生成り、吾ら地界も成り、生々萬物の誕生と、その耐生進化を得たるは、果の故なるを外道の教理として尊重すべきなり。

かくの因果を以て説く外道こそ諸宗教の因となり果となれるを覚れ。

三、

人は理趣哲学より文飾を好む。また架空なる物語を執讀す。衣道樂、食道樂、地位道樂、色道樂、權道樂、守銭道樂、豪邸道樂、他數ひては限りなく人心に潜むる煩惱のある故に、人は善と悪とを知りつゝも、その自我に依りて善悪道を区に分つなり。

外道の曰ふ因と果に成れるものに草成りて草を喰むものあり。草を喰むものを喰むものありて、生命の連鎖ありて世は成れりと曰ふ。善と悪、弱肉強食とは因と果の離れ難き不滅のものなり。まして人心をして、その生々に見よ。總ては權謀術數なり。ひとつの悪因に連らなる果ありて、殖増し、權をほしいまゝに理も法に獨占せるも、未代ならず、新らたなる因、起りて崩滅す。因は宇宙誕生の果に與へども、その宇宙を壊滅せる因ぞ起りつあるを知るべし。因とは種にして、果とは胎なり。人に當つれば、男女なり。萬物の雌雄なり。天地の陰陽なり。外道に説かるゝはその原理を博学し、安心立命の人生を正しく保つ哲理は、外道因果の哲理の他に非らざると説きぬ。是ぞ、荒覇吐神信仰の要旨たり。

外道と倶に渡来せるこの信仰を東日流に於ては、石の神殿を築き、神に信仰の誠を捧げ、国を造り神のしもべとて今に遺りきは荒覇吐神なり。因と果はめぐり世襲となりにし現世の權は、必らずや崩壊ありぬ。荒覇吐神信仰になれる丑寅日本国の泰平なる日の當来は、近く至らんと望みぞ捨つるべからず、心せよ。

四、

丑寅日本国に渡来せる外道の要に次の經ありぬ。序に外学講義一、天空に乾闥婆城あり。またの名を犍闥婆城、健達縛城、巘達縛城とも多稱ありて、是を尋香城と曰ふ。實體なく見え無くも非らざるなり。是衆視の實ありぬ。外道浮遊城とも譯し、海上及び砂漠又は熱帯原野の上空、極寒荒ぶる極北に幽現す。

此の城に入るは乾闥婆外道神の健駄梨咒文を唱ふる者の他に入場を得られずと曰ふ。その行を修する處は乾陀羅にて更に乾陀越国、乾陀衛国、犍陀訶国、健駄羅国、乾陀婆那国を巡脚し、持地、香遍、香行、香淨、香潔、香風、の行を修して得らると曰ふなり。

此の国に至るは、北に烏仗那国、西に那掲羅曷国、濫波国の両国を隔て迦畢試に通じ東北に烏剌尸国を隔て迦濕弥羅国に向ひて東南に信度河を隔て、呾叉始羅国と接せる間に在りと曰ふなり。此の法行に求めて、落伍せし外道師に佛教に轉じたるは無著、世親、法救、如意、脇等、の論師は、此の地方より出でたる人なりとありぬ。されば乾闥城の有無は幻想を問ひざる外道師にかく遺るゝ物語ぞ、尋ねて定かならざる謎なり。

此の乾闥婆城、天喜年間に突如として丑寅日本国に上空に現れ、日輪の如く發光してその城相を見たるは、安倍賴良が文にぞ遺りぬ。

五、

仏教に護摩と曰ふありき。これを護魔、呼摩とも曰ふ。火祭祀法と意趣す。焚燒、火祭、火法の義なり。火を焚き火中に物を投じ祈願す。天上の諸神に供物を捧げるに火に投じ、煙として昇天せしめ、神に達すると曰ふ祈りの法たり。天竺にても山靼にても、是を献火外道として行ぜられたるは、さらに古代たり。丑寅日本にても、カムイノミとして同じ火法をなしけるを外道には屋内にては焚くことなし。外道にては、炊事をも外にして火を家内に焚くは、天上に火煙の昇るを妨げざるなり。モンゴルのゲルも然りなり。丑寅にてもハッポとて屋上に昇煙の空穴を施しぬ。

仏教にして護摩行を入れたるは、外道の後なるべし。外道にて因陀羅神を因達羅、因提梨、因提、因坻と曰ふ。蒼穹を主宰し、雷電を駆使し、至誠を以て讃歌、蘇摩酒の力に由て、常にブリトラ及び火仙神をして祈祷供物を天上界に屆けむと曰ふ火は因にして、火に燃ゆる一切は果なり。外道の火を以て神事となせる、是の如き趣に法を修さるは、吾が丑寅日本国の荒覇吐神へのカムイノミそのものなりと考ずべし。

六、

洛陽は支那河南省河南府の古都なり。古くは洛、洛邑、雒陽、等と稱し、南は洛水に臨み、北は遥か黄河を控へて支那王朝の周、後漢、魏、晋、元魏、梁、唐、代に都となり、長安と共に北方二大都たり。殊に後漢朝の永平年代に攝摩騰、竺法蘭らの經巻、佛像を携へて来たり、以来佛法に明記せる地となれり。明帝は雍門外に白馬寺を建立し、攝摩騰、竺法蘭を住はしめ、尋で桓帝、靈帝の頃、支婁迦讖を住はしめ、更に安世高らは魏の嘉平二年、天竺の曇摩加羅が来たりて僧祗戒を翻譯し、晋代の永嘉四年、西域より佛圖澄来たりて轉讀持律、咒願のみなりし佛法をして義学沙門を輩出せしめ、洛陽の佛教を劃せしめたり。

後、北魏の孝文帝は都を洛陽に定め佛儒二教を振興し、菩提流支、勒那摩提の布教に譯經家の来朝を得て、義学、譯經共に盛大に赴きたり。後、永煕の兵乱と武帝の排佛に依りて寺宇は烏有に歸す。然るに隋に至りて再度舊態に復し、煬帝の大業三年に翻譯舘を立て長安より名德を招致し翻譯に從はしめ、唐代には則天武后は大いに佛教外護の任に當り、嗣聖十六年、難陀、菩提流をして大遍空寺華嚴經八十巻を翻譯し、法藏をして大遍空寺、佛授記寺に講じ、又禅宗も武后の庇護に盡し、唐末の武宗の破佛に遇し纔かに四寺を残すだになる悲運に至りぬ。

今は少室山に少林寺あり。洛陽こそ東日流十三湊に傳来せし佛典物渡り来たる有縁の地なりと曰ふ。洛陽かくの如き支那の古都たり。

七、

喇嘛教と曰ふあり。西藏の佛教なり。蒙古、満達、西金、不丹、尼波羅らに渡り、吾が丑寅国の閉伊にも渡りぬ。蓮華上座師を祖とせるなり。蓮華上座師は那爛陀寺に於て密教を修め、瑜伽系の佛法を学び、唐の垂拱六年、西藏王の招に應じて入国し、西藏固有の宗にて梵教を佛法に攝取、更に外道の要旨も加へたる混成を佛教に案出せり。その崇拝せる諸神は佛菩なる化身として、巧に新舊二教を融合し教條を制布し、サムムヤース寺を建立し、善海大師を初代となし喇嘛宗を結したり。更に梵漢の經典を譯して喇嘛教の經藏を編成す。その後百餘年、達磨王の時に至り、寺を破壊され經論を燒かれ衰へたるも、二年を経ずして再舊位し、北宋の寶元年にベンガル州の阿通抄来りて宗門を一新して戒律を復興せり。後に元の世祖忽必烈の保護にあり、蒙古大帝国の国教と相成り歴朝の外護にて隆盛す。丑寅に渡るは此の頃也。

八、

一、長歌

〽まどろめば こもる心に 夜の雨
  降るとも見えで 時をりに
 軒垂る音は 絶えだえに聞く

〽日の光り 傾く嶺の 朝景色
  霞に包む 山川の
 今は昔の 目路もなきかな

〽ふるさとの 夢にいでこし 山川の
  瞼に映る 藁家あり
 老ひにし父母の 無きありがほを

二、混本

〽やごとなく 歳幼なきに 別れゆく
  母子の涙

〽春の夜を 渡るかりがね 月さして
  おぼろかすむる

三、旋頭

〽湲水の 瀬音合せに 奏でる如く
  蛙鳴き 日長き春の 山菜とりかな

〽わけ迷ふ 心の奥の もる我さへに
  かけまくは げにや祈りつ 荒覇吐神

四、短歌

〽夏はつる うきふし繁き 夕ぐれの
  竹林風に 枕涼しき

〽われはしも 子を先だてゝ 今更に
  生きてある身の 老いぞ悲しき

〽翁さび 古きながめの 松島に
  風もくれゆく 月のみ満てり

〽出羽もよい 山のかせぎに 黄金掘る
  久しく渡り 今尚更に

〽會津野の 山めぐらして 聞こえくる
  春を呼ぶ音 彼岸獅子かな

〽盛る夏 火祭る鬼の 舞の太刀
  和賀野に出でる 悪魔の祓

〽笛太鼓 糠部里の えんぶりに
  今年も兆し 福の神々

〽東日流野に 煙りたなびく 爐火消えて
  大里かしこ 田打の盛り

〽若駒の 裾野いなゝく 岩手山
  姫神山も 霞裾引く

九、

東日流奥法郡飯積大坊の大光院は開山に定かなるはなけれども、役小角が浪着せし處にて、諸書に觀ずれば、大寶年間に大光院草堂の建立を見えしあり。地の史書にても、その寺院の地を大坊とて遺り、法印の住居存續せり。宗は修験道にして無格にあれども、寺藏の多くは十三湊山王坊及び東日流三千坊の中山千坊なる山門寺院たり。世襲に盛衰をくりかえして、修行坊の行願に憂あり。移行のまゝになれるも、大光院にては住僧の絶えたるはなかりけり。

中山に石塔山あり。大光院の奥坊あり小角堂と曰ふありきも、今は跡だにも不祥なり。此の山は古代の石神神殿の石塔遺りて、荒覇吐神神社ありけるも、安東一族、東日流を去りてより参宮の道を閉じ、代々和田一族に聖地の護持を委任し来たりぬ。依て此の社守とて、和田一族宗家にして秋田、宍戸、三春と移封せし主家安東一族と秘に祀行せし處なり。荒覇吐神をして諸国に遺りき本山の由来ありてその遺物大なり。代々に献ぜられしはさながら世襲に放棄されにし神佛像及びその寶藏物にて、今に和田氏の保つ處なり。

和田氏は常にして三春藩江戸邸にて、藩主との對面にありきは當前の秘義たり。安倍、安東、秋田氏と移姓にても世襲の都合に合せしものなり。今にして尚、秘にあるは蝦夷大名と家系図に證すも、一族安泰を祈る主家の御心なり。

十、

安倍氏、古代の事は何事にも秘の多きに謎の蝦夷大名とて、今にして不祥の系譜を用ひり。依て是を下の系図と稱し、上の系図なるは世視に秘し、主家の他に見得る叶はざる處なり。史に遡りては、倭史を遥かに、遠祖明白にして、古代に名残れる遺跡、遺物の多し。寶證あり秘藏の費資また大なり。秋田藩とは即面の事にて、世襲の陰にありき忍びなり。

覚めて世界を見つむれば、文明開化に朝幕のおくれ久しきの相違にありて、追從せるにも鷲と雀の隔てなり。世界と交りを断つは、己が亡国の無算にして、何事の益もなかりける。外道の聖典に曰く。因を以て果ぞなり、果を以て因なし。因の辺は無辺にして、因は無より起るなり。依て、果は因の起に依りて成る他非らざるなり。因の起とは如何なる哲理もなりたゝざる特異なる起点なり。特異なる起点とは無に密むる因の原なり。はかり知れざる萬能の力原を含み、起るべくして起る阿僧祇の膨脹は粉末粒の一にも足らざる起点たり。無の如くして、(以下數字不祥)るを因と曰ふ。是の起点より宇宙を成らしめたる果、即ち物質を知るべし。依て、世界交(以下數字不祥)

十一、

古代より丑寅日本国にては、地の神イシカホノリガコカムイに波斯の国シュメールになるアラ、ハバキ、ルガルの神を併せ、信仰の道理に入れたるは外道の因と果になる聖典たり。此の信仰に迷信の非らざるは是の如き次第たり。信仰の一義に天なる一切の因を説き、その果を説きぬ。次には、大地の一切、水の一切になる生々萬物の哲理を説きて、信仰の意義を説きぬ。

荒覇吐神とは、是の如く天の一切、地水の一切を説き、生命の尊重すべきを説きぬ。
生と死、陰と陽、因と果、外道の教理は總てに渉りて用ひらる。仮えて曰ふ。病に於ても因あり起り、果を以て治す如く、世にあることの一切は因と果にて終始なき一切の連鎖にありきを信仰に説きぬ。此の国を能なき蝦夷とて来たれる權襲の命重なき代々の渡りに幾々となく生命の殉ぜしを思ひては、非理法權天の誅あるも、神は天秤の如く善悪の裁きぞ平等なりと曰ふなり。

十二、

信仰に諸々の行法ありと曰ふも、その多くありけるは、迷信になる巧術にして衆の信を得るは、古来より傳統せり。恐ろしきは神佛を以て靈告と神託のたぐいなり。かゝる元の大祖チンギスハンの討伐行は、一人の自放言なる卜部にて殺戮され、次なる代々もまた然りなりき。かゝる迷信にて吾が国の坂東に起りし平將門もまた然りなりき。弓削道鏡また、語部の夢幻なるを聞きて編されし神代史、紅毛人の国にてはエジプトの王モーゼのシナイ山なる神の神託十戒、ギリシアの神話、天竺の諸信仰、みなながら迷信の信仰にて多くの流血と生命の殉没を下敷にせるは、歴史に遺りぬ。

人とは国王に坐すものとて、運命の吉凶を神に占ふるは心の弱きが故なり。かゝる信仰の迷信にて、丑刻参り、降魔調伏、など諸行ありて、迷信の過度に信仰の誠を毀損せるは、今に尚以て存續ありき。是、必ず天誅の降伐あらん。事を餘言す人の行法にて大自然なる因と果の自在なるは叶ふべく非らざるは、如何なる信仰にても運命の交差非らざるなり。能く覚るべし。人力に叶ふは、生々の限りにて、神を祈り、その果報ぞ叶ふはなかりけり。

十三、

佛傳に曰く。とは遏、懷、㫊、婀、噁、悪と書きぬ。意趣は不破壊、不流、無来、無去、無行、無住、無本性にして、更に四轉あり。發心、修行、菩提、涅槃、更には菩提心、行、成菩提、大寂涅槃、法方便の五轉も意趣せり。

とは諸佛、諸天の總種子なり。佛、菩薩、又は水火らを表し諸々の功德を現はす。即ち烏𤙖、呼𤙖、虎𤙖、戸合、吻らこの一字に収まれりと曰ふなり。

咒に於ては次の如し。阿鼻羅吽欠祖波迦または阿尾羅呴欠とも曰ふ。詳しく申せば次の如くなり。唵、阿鼻羅吽欠、莎婆訶、是の如く曰ふなり。この意趣には即身成佛義にて地、水、火、空、風の一切萬象を形成せる六大法なり。此の一呪にて一切萬法を網羅し、之を稱ふるとき一切諸法悉く具備すと曰ふなり。

十四、

石塔山荒覇吐神の荒行秘法とては、本来は無けるも、役小角の修験に行を修せば、その行ありぬ。とかく荒行秘法と曰ふ修業の實態は身心の一統に侵入せる諸々の煩惱を身に戒め、その苦しみに心に依って願行破るもの少なからず、行者として諸障に誘れしも、心身一統に己れを験すを苦行と曰ふ。修行中、食事の一切自給自足にて、賄うは石塔山修行の行者たり。

以上、役者心得の卆たり。凡そ、石塔山に行ずるは外道聖典九十六巻の修学、役小角本垂論六巻の修学たり。是を卆してぞ、石塔山修了の度諜とす。大光院にて古き代は、安東一族の一生に修行を試して、修了せるは生涯に一度の精進たる習ひたり。この行は六十日に全教を了し、十六にして男子は入峯せりと曰ふ。

十五、

世の創むる因の起りより、世に現はれ出でたる物質の果に成れるもの宇宙の總てなりと曰ふ。宇宙に星、生れ日輪生れ、大地は月を伴ひて世の創りとし、地水中に萬物の生命生れて、今になる世のありきは外道聖典の古にして既存せし哲理なり。

人心に信仰の起り、天変地異の禍にて知れる因の起りにて世々に果は成れり。凡そ、人の世に顯はれ出づるも、因の法則、果の法則にて、萬物中より世に出でたるものと曰ふなり。而して、人の世成りても、生々安しき事なく、また人が人を狩る如き戦を起すも因の故果の現なり。

神と曰ふを感得し、信仰を以て救済を祈るの起りぞ、常にして世の創めより萬事、因と果とのなせる法則なりと曰ふは、道教に説かるゝ世の總てに渉るなり。雌雄より子生れ、子にまた雌雄の別あるが如し。

人また各々心ありて、同じからず、世襲また然りなり。神ぞ世にありとせば、因と果の一に結ぶる生長一切なり。

十六、

丑寅日本国の古事を傳ふる倭史の傳は、古き代の事一切は神にて連らね人皇に至るなり。對して、吾らの古事は神を以て歴史の實とせず、因と果になる哲理を以て、世の創めに起りしを博学とせり。

神を創めとし、信仰を以て世の成れるを史頭にせるは、人間史の創めより降りての世なり。實を伴なはざれば、たゞの架空にして、歴史に何事の實ありや、能く想ふべし。生々萬物はみなゝがら心身、世に同じかるなし。常にして、世の環に耐生の進化を以て今に至りぬ。萬物は各々子孫を遺すがために、かく進化を以て次世に生態を変化するも、因の起り、果の成れる法則の故なり。

神と信仰も亦、然りなり。因を神とせば、信仰は果なり。依て、信仰の先に神あり、その後に信仰ありぬ。哲理にも割りきれざるは、先と後とになるを、卵が先なるか鳥が先なるかの論に盡きざるが如し。

佛法にては、梵と我、または阿と吽に説き、やたら永き説を加へたるも、凡そ道理は同じなり。因無くして果あらずと覚るは的當し、果を因の先とせば無なり。

佛語にして因果と曰ふを能く應用せども、その眞實の答へぞ未だなかるゝなり。是の如く道理の因を解かじして、詮なく、悟道を諦とせる他、非らざるなり。

十七、

奥各所に祀らる毘沙門天は、吠室羅摩拏、鞞室羅満囊、毘舍羅婆拏とも曰ふ。多門、晋門と譯し一名を倶吠羅とも曰ふなり。須弥山の半腹第四層の水精埵に住し夜叉、羅刹の二鬼を領して、北方の守護と世人に福德を與ふるを主とせる故に北方天とも曰ふ。又、常に佛の道場を護り、故に多聞天とも曰ふなり。毘沙門天は七福神の神としても祀らる多し。吾が丑寅にては東北に戦乱なく永く泰平を祈り、是れを布教せしめたるは、坂上田村麻呂なりと曰ふ。

安倍一族にては、地領のかしこに毘沙門堂を建て厚く信仰せり。依て、今に遺れる奥州毘沙門は越にも渡りぬ。廢虚の跡も多く、遺れる像ぞ貴重たり。なかんづく閉伊の淨法寺、和賀なる極樂寺に遺るを、安倍毘沙門と曰ふなり。

和田末吉 印

 

制作:F_kikaku