北鑑 第五十六巻

戒言之事
此の書巻は門外不出他見無用と心得べし。亦、一書たりとも失書あるべからず。

寛政六年   秋田孝季

一、

宇宙の神秘は、その肇めより神秘たり。
宇宙の未だ成らざる先なるは無なり。たゞ測り知れざる寒冷と暗黑なり。物質皆無、唯、無限なる寒冷暗黑の一隅に起りき一点に暗黑を縮圧せる重力起りて、光熱を發せる一瞬に、その光熱は大爆裂し、測り知れざる光りと熱に、暗黑は誘爆し、そのあとに遺れる燒塵の漂ふは物質誕生の創めたり。號けて是をカオスの聖火塵と曰ふなり。

宇宙の誕生は此の大爆裂に遺されし聖火塵に依りて、物質となり、集縮し銀河群となりぬ。その一銀河に、それぞれ星と誕生しける數は、一銀河に幾萬億と星々が、一銀河を構成しけると曰ふ。此の銀河の一隅に光熱たぎる日輪星が誕生し、恒星と相成り、その餘塵になれる物質にて成れるは日輪の惑星とて、日輪の引力軌道に誕生せしは、土星、金星、地球星、火星、木星、水星、とて誕生せし惑星たり。亦、惑星にも月の如く衛星を從ふる地球星の如きありて、宇宙は遂に成れり。

是の如く、宇宙の誕生をならしめたるを、古代シュメールのカルデア民の曰く、アラ即ち陽、ハバキ即ち陰に星は生死をくりかえし、星をより多く誕生せしむと曰ふなり。星の死は爆裂して暗黑塵となり、その暗黑塵より更に數を増して新星が誕生す。依て、星の母體は暗黑の星雲より誕生すと曰ふ。

二、

地球星は太陽恒星の第三惑星なり。日輪との光熱に適當せる距離に軌道し、水の湛える惑星とて誕生せし地球星には、日輪の光熱、地水の化合に生ぜし菌より種原と成長せし萬物の誕生と相成り、先づは水より陸に生物生命は、各進化し、現世に至る生々萬物と遺りけり。自から耐生進化にぞ遅れしものは滅び、進化に在りきは遺れり。その生物生命より人間として萬物の先端に在りけるも、もとなるは種原の菌より成長せし一生物なり。

人間とは生物生命の進化に依れるたまものなり。人間、進化の程は海生生物より陸に揚りて、小動物鼠の如きより成長し、猿類となり、樹上生々より草原に樹下に降りて、二足歩行に進化し、人間と成長せる、先進と進化を速しめ、現代に猶以て智能に進化をやまざるなり。その故に、人間が人間を圧し、その興亡の歴史は世に創まりぬ。

三、

人類誕生と萬物進化の中より、白、黄、黑の肌を異ならしめ、その地の風土にそれぞれ誕生す。有尾より無尾へ體毛を去りて、衣を着し、寒さに火を造り、狩獵に道具を造り、石を割り、刃物、鉾、鏃を造り、住居を造り、地産の幸を求めて新天地への住み分をして、地球星の草木の茂る處、人の住まざる處なかりきなり。人の住ふる處にぞ、必ず遺跡あり、古代のさまを今に遺しきは、人の進歩なり。

生々進化の程は人間耳ならず、陸に生息を断って海に歸生せる鯨や魹らあり、島に生れ翼を退化せしあり。獸にありながら空飛ぶあり。萬物各々、子孫を遺すに、何れも進化の無きはなし。人は智能を以て、衣食住の生々には草木を用ひ、土石を用ひ、他生の皮を用ひて、生々の便となし、言葉、文字までも遺しきは、即ち、歴史を遺す創めなり。

人は神を感得して、生々の安らぎとし、その哲理に信仰を起し、書を遺せり。智能に達せる人は、討物を造りて人の安住を襲ひ、その略奪耳ならず、人を奴隷とせり。依て、これに構して、戦に勢を決すと曰ふ。国の爭奪やがては、海を渡りて遠征せるに至り、世に戦の絶ゆなきも、人なる生々の相なり。

かくあるを諸々に遺せる書を歴史と曰ひども、人は智能の故に、勢權に在る者は、自己讃美の史書を遺し、是を僞と稱する者は誅さるなり。然るに、智能長じては、實耳に遺さんとせるも人間なり。

寛政六年   秋田孝季

四、

冬景色昇る旭日に山岳は黄金に、原は白銀に日輪を迎ふる。朝の日の出、雲一片もなき日本晴ぞ、見渡すみちのくの野づらに、四方を眺めて曰ふことなし。なかんづく春に移りては草木国土、空自せしまに紫染む山草花にめで、古社の松風蘿月槿花一日の榮に春は逝く。流る河の水辺に涼を遊ぶ童らの夏はきぬ。うろくづを釣りし小川、山賤に山菜摘む乙女、一樹の陰に涼風を裾に袂に入れ休むさまぞ、艶めかしき。蟬ぞ鳴き、夏は散り、秋は錦の紅葉、山みな染むるも、冬立って枯葉、木枝に離れしは淋しき。初雪や、その葉、枯枝に降り咲くさま、また早くも心は迎春に逝く年、来る年に鐘を聞く。

孝季日記より

五、みちのく歌草紙 一、

〽あらかねの ただら踏みける 鑛山の
  山賤の汗に 鎔鉄たぎり

〽金銀の 鑛に求めて 山尋ぬ
  山師の越ゆる 岳は霧這ふ

〽熊狩りて またぎの衆は 安日神に
  捧ぐ祈の かむいのみかな

〽山のかひ 春の瀬音や 蛙鳴く
  かげろうふ立って 花は盛りに

〽すみれ咲く 小さき春も 童には
  春をまたるゝ いたはりの花

〽おぼろ月 野山に霞む 里照らす
  春の今宵に 憂く人ぞなき

〽鶯の 聲にこだまむ せゝらぎの
  山に盛りの 山吹は散る

〽山村に 童聲立つ 彼岸日の
  苔なす墓の 香煙かんばし

〽春は逝く 野良の夕暮れ 日は永し
  駒は子を産む 糠部の野づら

〽春立て 野良に總出の 村人は
  堰掘る群に 犬もかけぬる

〽春の花 こぶしまんさく 猫柳
  雪のうちより 早や咲にけり

六、

昔より机に向ふ耳にて、史書を書き、他書を多數に得て、己が判断のまゝに記せる作説なる史書ぞ、倭史の大集史なり。然るに我が丑寅日本史は、樺太、千島、渡島、そして丑寅日本の坂東までも世にある事を諸々の語部に依りて、代々記のこれし史傳を集成せるは、本巻の他に一萬數百になる古今の史書なり。何れも倭史を以て記せるは一巻一行にも非らざるなり。

語部録とは、古字にして異土數国の文字に、我が国古来の語印を混合にして、七種の文字にて記せし諸々の古事を修成集編せしものなり。依て、漢字は一字も是れなく、通稱語部文字にて記さるゝ古書にあるを参照の他、丑寅日本国の史書に加へたるはなし。唯、一説、二説より多説にあるとも、どの説たりとも除く事の無く書き記したるは、此の史書にして、是ぞ私意ぞなき史の綴りたり。依て、史書に基きて諸国を巡脚して、更に史證を得てぞ、記しきは本巻の修成なり。

史に私を加ふる書行は、作爲に眞を離るゝものなり。亦、他史を著したる者を誹謗せる私事も然りなり。史の眞實を求むは、脚勞聞達求明に耳眼をそゝぐべし。是ぞ、史の綴に要たり。

七、

冬や通らし、春を告ぬる霞や木々、山里の間に這ふる墨繪の如き景觀に、忘れずなほとゝぎす、早来啼て、芽吹く木草、若葉より先咲く蕗の薹は残雪の消え方に追って咲きぬる黄金色、目に付きにけり。立居心なけれど、さかしに摘みとりてつゝまし乍らに食菜とせり。河よりをちの山は、鏡に仮りて映り、物いひさがなき長閑にて、岩木山、みちのくの大里に三つ峯を聳ゆかしむなり。

〽富士見ても 富士とはいはん みちのくの
  岩木お山の 雪のあけぼの

東日流古歌にぞ風流たり。羽の道をして旅を思ひ立ち、雪の冠峯岩木山を後に西浜に脚を進めて飽田に入りぬ。安倍一族、東日流放棄以来、鼻和郡狼倉に高舘を築きたるは、安倍義季、外浜後泻に尻鉢城を築きて、南部勢を一挙に挾討せん企ても、間諜あり、両城ともに不意を突かれて落城し、義季は檜山城に、尻鉢城主安倍政季は捕れたるも宇曽利の蠣崎藏人に助けらる。時に享德甲戌年なり。以来、猶以て東日流への復領を求めず、渡島十二舘、飽田檜山城、土崎城、北浦舘、を所領に固め、マツオマナイには阿吽寺、飽田には補陀寺、湊福治、石尊寺、日積寺、らを建立し、その治領適切たり。

義季、檜山城に潮方政季を入れて、渡島を蠣崎藏人に委領せり。依て、茲に檜山城派、土崎城派の内訌起り、永く泰平ならざるに、是を一統併合せるは安東愛季なり。然るに、併合に離脱せる家臣は退けられ、秋田城之介實季の代まで治まらず。

八、

厨川を膽川、双股川に登りて仙岩に盡きる處に膽川双股城あり。澤落合なる高岳に舘跡、今に遺す。是れ、安倍入道良照が築城せしものなり。川岸に牧あり。常に千匹の馬を放つ、軍事に備ふ隱城にして、厨川柵の支城たり。常住せる城守衆三百人にして仙岩峠の彼方、生保内城と通常して、安倍一族の傷病を癒す。是の城ありとは、前九年の役にて源氏の知る處に非らざるなり。高台平地にして、水利よく土壁を以て柵をなし、本舘さながら樹立に幽む。討攻むるも澤濠、急崖の要害自然に備はり、生保内城と等しきなり。

山道、山辺に通しめ、その難に避くる備ありて、安倍一族の他に知る人もなき秘城の縄張りたり。安日城道、淨法寺道、生保内城道、あり。常に人命の護りを一義とせる施工たり。此の建立は承久二年にして、安倍良照が五年を経にして落慶せり。

九、

安倍一族の庶家の区割領は一郡にして、奥州、羽州、に擴く存す。中んづく宇曽利、東日流、渡島、を常に大事とし、日本將軍の地領下、民に流通を謀りける。塩の道、馬追道、商行道、駄運道、隱道、の五道を施し、民の安住を先きとし治政す。その道々の要所にからくりありて、落避の道は敵の追手を断ぜる落橋、崖石閉ぎありて、迫を造りて、誘敵必滅のからくりを密とせり。安倍富忠の反忠に此のからくりに死せる多しと曰ふなり。

中んづく猿石川、和賀川、衣川、江合川、阿久里川、双股川、安日川、になる添道は要害たり。

十、みちのく歌草紙 二、

〽憂しとは 似合はぬ僧の 殊勝なき
  いふ程こそも いづちあらめや

〽みちのくは 浪も玉散る 三陸の
  浜添ふ邑の 磯香は高し

〽見らずるに 空にし風の 天ざかる
  冬を名残りて いづち逝くなむ

〽たゝねして 睦言洩さじ なまめける
  心もどかし こりのなく音に

〽みちのくは 下と上との さまうずる
  眞にしるしき あるかなきかに

〽水の月 忍ぶもぢずり よしなくも
  まだき時雨に 映し消えむる

〽時めきて 廻りあふべき みちのくの
  渡るかりがね 程だにありし

〽あかざりし 岩木の山の 三つ峯に
  八雲かゝりて 降るは春雨

〽ほとゝぎす 暮れなばなけの また寝して
  心うつゝに 花をし思ふ

〽誰そよう あたりをとへば まぎれある
  鶯羽風 花をわたりて

〽散りじりに 文のひぬまに いとゞしく
  しのぎを削り いつをいつまで

〽たゞ勇み 怒りに燃えて ほぞをかむ
  鎧の袖も 矢に立つ血染む

〽かたしきに 裳裾をはへて 幣を取り
  仰ぎ曰ふさく 荒覇吐神

〽一つ世の 人は絶えねど 百々歳に
  残るゝ人は 名ぞ置き去りぬ

〽かまひては 石橋たゝく 心にも
  心つくさせ 不覚の涙

〽ひたすらに 一の老體 ゆゝしくも
  何かつゝまん 葉末の露と

〽世に在りし つとなき心 つらければ
  うはなり打ちも 萌え出で染めし

〽妄執に 誰松虫の 音に聞き
  思ひうちある ものはかなしや

〽身の露は さてしもあらぬ 浮草の
  流れいづゝに よるべなきかな

〽栗めしの ありつるうちは まさり草
  いそぢ離れて 光をかざる

〽身の程は あすをも知らぬ 荒海の
  帆をひきつれて 追風招く

十一、

糠部より淨法寺に至る川添へに古人の脚跡多く、是を荷薩體道と稱す。糠部より宇曽利に至るを東通道と外浜道あり。東日流に至るを都母之道と稱しぬ。糠部は名久井郷、金田一郷、戸来郷、階上郷、糠塚郷、馬渕郷、相内郷、砂鉄郷、の八郷にて成れる糠八郷とも曰ふ。古来、津保化族の渡着地にして、尻内、平内、相内、の集落ありて、その古代を愢ぶる處なり。相坂川、馬渕川、荒井陀川、の流水の水戸なす處、倉石川、も相加はりて、四流に大野なせる處にて、産馬の適生地たり。糠部湊の漁撈ぞ、住むる民の衣食住を富ましめ、三陸道、大湯道、岩手道にぞ、海産物の流通ありぬ。宇曽利とは東通道を大間、佐井、川内、を週して平内、野辺地に至り、糠部に至れる流通も、その荷駄道往来の絶ゆなし。古代にては都母の平内、大いにして東日流大浜、三内、との往来あり、孫内をして行丘に至れる道あり。栗、稗、米、の通商ありと曰ふも、その跡道を荒吐道アラトミチとて遺りぬ。

宇曽利、糠部は津保化族の着住地にして、その遺跡に神を崇拝せる石神の遺る處、多し。何を神とせしにや、それは宇宙なり、大地なり、水の一切なり。そして自然なり。萬物、世に生れて是の原理に生れ、そして逝き、生死轉生を、今に神の法則とせり。

十二、

春は芽吹き、華の香、霞に漂ふのどかしさ。夏来たり、草木の緑、苔香のにほふ生の盛り。秋来り、草木皆實を稔りぬ。木々皆紅ひ染めて逝く秋に、冬来りなば、見渡す限りの銀世界。浮世の塵を白に包みなす自然の四季も、かゝる自然にも異変あり。天変地異とは、生とし生けるものに死を招く禍ひと背を合す生々たり。大地を割りなす地震、海涛を逆巻く大津浪、陸海を襲ふ大龍巻、火泥を吐く噴火、大風に添ふる大雨、洪水。更には流疫や大旱魃と飢餓、人との戦乱、人の權力に民を憂はしむ悪政と立法は、神の天秤になる平等攝取の天命にも反きぬ。

人に生れ乍ら、民を下敷に神とて君臨なす世襲の威王や、民を貧窮に落しめ、その報復は国を亡ぼしむなり。荒覇吐神は天地水の化身にして全能なれば、民を見捨て給ふべくはなかりき。神は常に平等なれば、民一人として、日の光り與へずと曰ふはなし。

丑寅日本国の国神、荒覇吐神はかくして一統信仰にありぬ。依て、神を祀りきは、雲を抜く山の聖地や、コタンのなかに人住むチセを家棟の上に越して高樓を建て神のヌササンとせり。聲を合せて唱ふる祭文は次の如くなり。アラハバキ、イシカホノリガコカムイ。是をくり返すのみなる祭祀をイオマンテと曰ふ。

十三、

洛陽南都に起りし古来の事も、丑寅日本国史にくらぶれば、その古事歴を遡りては、幾千年の差に大王暦は新しきに在りぬ。丑寅日本国に人祖の渡り来たるは、凡そ十五萬年乃至三十萬年の過却に、時を去りにし歴史の相違ありぬ。人祖、山靼にあり西海氷凍に橋かゝれるとき渡りきたるものなりと、東日流唯一の語部録に證ぬ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・
是の如く傳へ遺りき。神を信仰し、是を民族一統信仰に崇めたり。
・・・・・・・・・・・・・・・
是の如く神を説き、今上に猶、遺りぬ。

十四、みちのく歌草紙、三、

〽月も日も 行人征馬 盡きねども
  もる我さへに 無常音なき

〽ほの見ゆる 風もうつろふ 年もへぬ
  照らさざらめや 平等大慧

〽日高見の うらさび渡る 水の面
  河水をもくめ こは日乃本ぞ

〽立ち渡り 月だにすまで 汐曇り
  こゝも名に立つ 男鹿の岩波

〽尋ねゆく 我がまだ知らぬ 山靼の
  擴きにまどふ 蒙古の野づら

〽故郷は あはれ昔の 恋しきは
  心に盡し 思ひ出づらむ

〽目もくれて 心も消えなん あじきなや
  たづきの敵に 打つ引く砌り

〽月に降る まだ夜をこめし 下露に
  こともおろそか 忍ぶもちずり

〽月に啼く 渡るかりがね 夜影群れ
  なづとも盡きぬ 聲のあやなす

〽草の露 人の歎きを 白川の
  跡のしるしに 仰ぐ那須岳

〽身の秋を 見る目も軽き うらぶれて
  苔の衣に 死なれざりけり

〽道芝の 露をはきての 墨染めに
  深立つ空の 啼く夕ひばり

〽いぶせくて 藁屋の我が家 わくらはに
  夢を覚さす また蟬しぐれ

〽手束弓 鎧の糸も 保たんに
  秋や通ふらし 心なけれど

〽月ならで あるべき住まひ 觀ずれば
  陸の爭ひ 思はざりけり

〽今ぞ知る 皆報ひとぞ ありがひに
  人はあだ浪 足引きの常

十五、

陸羽の境を背なす安達多羅山より吾妻山、板谷峠、二井宿峠、金山峠、熊野岳、笹谷峠、面白山、船形山、鍋越峠、鬼首峠、荒雄岳、栗駒岳、燒石岳、白木峠、眞昼峠、和賀岳、仙岩峠、駒岳、岩手山、安日岳、十和田湖、赤倉岳、櫛ヶ岳、大岳、に至る嶺に安倍一族の秘ありぬ。此の山脈に數なせる金山のたゞら跡は森林に幽閉さるるも、日本將軍代々をして産金にあり、その積藏は幾萬貫と曰ふ。安倍一族は代々にして産金をして、その所在をして秘の秘たり。忍びをして是れを探りたる源氏は、藤原氏にとり入りて、奥討伐を望みたるも、金一片たりとも得ず。

十六、

古代東日流の進みたる古代文明のありきを、歴史に抹消し、倭史に順ぜしむ事は、国祖に背反せる行爲なり。今にして如何なる小邑と雖も、倭神の入れざる處はなかりき。

丑寅日本国たる古代文明開化をば、塵も遺さゞる如く、唯、化外のまつろわぬ蝦夷として、蛮人の輩におとしむるは、忿怒やるかたのなき、犬尾を振る皇道史觀たり。

我が丑寅の国は、倭国とはもとより国の主流たる国たり。歴史のはるかに遡り、大王の成り坐せる日本国とは、坂東より東北にあるべく、本来の国たるを知るべし。

十七、 みちのく歌草紙 四、

〽吾国は 北に峨々たる 連峯に
  天ぎる雪の なべて降りれば

〽荒覇吐 神は同じ名 平等の
  天にも地にも 他にはあるまず

〽朝幕の 呵責の責に みちのくは
  耐えて久しく 報復を待つ

〽みちのくの 弓は三物 心して
  そむきし世をば 破邪顯正

〽うとからじ よるべの水を 汲まずとも
  水も無く見え みちのくの原

〽眞白弓 返らぬもとの やごとなき
  老な隔てそ 會稽雪がん

〽此の国は 民のものなり 大王の
  意にはならざる 神の託宣

〽衣川 やたけわなゝき 関閉じて
  激しよそほひ 楯垣二十重

〽丑寅の 遺るながめの 厨川
  人はあだなる 心すみにし

〽あはれ知れ 霜に朽にし 道芝の
  洩る草木も 明日を想へば

〽けだかきは 岩手の山の 朝ぼらけ
  無爲に入らばや みなのぼりきね

〽陸奥とはに 空も重なる 雲の旗手
  雪を廻らす あらはゞき神

〽春駒の 野もせにすだく 瀧澤の
  弓馬の家に 夜明け待たるゝ

〽しのゝめの なびく嵐も むば玉の
  多かる花に 風を通ふらし

〽いづちかも 知らで尋ぬる 子の行方
  親なればこそ 程も久しく

〽夕波も 白帆に染むる 夕色の
  安東船は 潮路をためず

十八、

弱肉強食とは、自然なる生々萬物の生死連鎖の神の赦せし處なり。然るにや、萬物の中に人間ほどに慾あるはなかりき。衣食住に贅澤なるはなかりき。依て、人間の勝手たる生物生々に侵害し、その種を世に生滅せるありて、神の法則に反し、報復を受くありぬ。

生々のものはかゝる乱獲せる處に来るなく、新天地に安住を移しむるなり。萬物はいずれにも魂のなかりけるはなし。

荒覇吐神の信仰をして曰はしむるは、天然の萬物の適生を破るゝは罪なり。まして、萬物の一種たりとも滅せし者は、生を甦えすことなけん。生命種の存續を生々に滅するは、神への反逆なり。依て、神は人に農耕を覚らしむるも、猶、人は贅澤に更けなむ。如何に食三昧にありとも、人の寿命に巧のあるべくもなく、天命はそのものを裁くなり。

天命に逆らふは、死と苦責に神の罰あるのみなりと心得べし。

十九、

生死は常に輪廻し、罪障の因果はめぐり、常にして業報もまた輪廻す。世に人間をして生る者に罪なきはなし。因果應報とは、己が罪を世に隱すとも、神佛は見通し、世に裁かるより、尚、重き罪に堕ひなむ。然るに、生々のうちに、悪を轉じて善生に終る者は、新生甦えりの境に安樂ありと曰ふは、荒覇吐神の信仰なり。悪より善に轉生せし生涯に實生せしは、善の善道より猶、強しと曰ふなり。

荒覇吐神は實に救済し、僞には見捨て、悪を犯す者を天誅すと曰ふは、古来よりの要たる信仰なり。かるが故に、前九年の戦に降りける民を、戦の場に殉ぜしむるは、罪にして救ひを先とせるこそ、古来安倍一族の一義たり。大祖安日彦大王にしても、かくなればなり。人の命は、神よりの天命にあずかりしものにて、己が自在になるはなかりけり。能くその報いあるを己が生々に省りみて、今より正すべし。

廿、

古代より荒覇吐神の信仰ぞ、世に今をして遺りけるは、神の神通力をしてその全能ならが故なり。信仰にして迷信にあるはなく、眞如實相の他にあるまずく、吾が丑寅日本国の国神たるの一統信仰に渡りきは、倭の地にも少なからざるなり。神を心に固きは、心に悪業を去らしめ、生々に安心立命を全とうせんが信仰なり。此の神は、吾が国のみならず、古代オリエントの幾多に渡る宗教の聖教の故に、教への種子となりぬるを、古代カルデア民グデア、また、シュメール王ギルガメシュの叙事詩と相成りぬ。世界に遺る教へ、遺らざる教へも、全ては神のなせる業なり。

吾が国のみは五千年前に渡来しきアラハバキ神をそのままに遺しめたり。信者はたゞ一心不乱にして唱ふ耳なり。アラハバキ、イシカホノリガコカムイとぞ、天に仰ぎ地に伏して、水に五體を清めて、唯一心に祈る耳なり。

廿一、

本巻北鑑五十六巻を筆了に當りて、申添へ置候。本編虫食甚々しく候へば、あたら日々を重ね候。著者秋田孝季殿に申譯無く候は、字の當つるあり候事、漢書を明治、大正、現代讀に攺書せし事の候は、世の世襲に添ふ便を執りて候。爾来、是を失ふなく保たれん事を子孫に申置候者也。右、老婆心乍ら如件。

大正六年七月二日  和田長三郎末吉

昨年今年之報

世は正に奥州古代に甦えらんとす。

和田末吉 印

 

制作:F_kikaku