北鑑 第五十九巻

戒言之事
此之書は他見に無用、門外不出と心得よ。亦、一書なりとも失書あるべからず。

孝季

一、

久方に東日流に関越え来り、石川の羽黑神社に夏暑の涼を樹に坐して、はるか見ゆ岩木山の靈峯ぞ、此の社より見るこそ、

〽富士見ても 富士とはいはん みちのくの
  岩木お山の 雪のあけぼの

地の古歌に想ふがまゝの絶景たり。
弘前城下を目のあたりにして、黑石、行丘下の切道に道をとり飯詰の村に庄屋長三郎を訪ねて、旅衣を脱ぎて宿居す。

都度なりせば、客たるの感、是れなく妹りく、長三郎に嫁して十二年、はや三人の子を産めり。妹りく、余を兄とは呼ぶなく父と呼ぶるに、我れまたためらはず返事をせるは、りく、幼な頃よりの習ひなり。妹とは申せど歳の三十二歳の差にあり、りくが乳児にて父の他界にありせば、吾れを父と呼ばるは、あどけなき四つばへの頃と覚ひぬ。長じても父と呼ぶるりくに合せてか、長三郎もまた父上と口調を合はす、にくい二人の仲睦ましさ、余の室をして入ることなく、鍵を閉し錠を常にて、余来たらずば開くなき一間にし、十二畳半の間なり。長三郎こと、祖を桓武平氏の流れにて和田義盛が三男、朝夷三郎義秀の子孫なり。神職をも兼ねたる故に、和田長三郎吉次の別稱、和田壱岐守吉次とも稱しぬ。長男權七、當歳にして初の男子なれば、その愛しさも倍なりき。

山靼への旅行にては、りくが既に承りて、余の身支度くまでもそろふれば、たゞたゞ頭垂る想ひなり。船待つの間、四日あり。此の宵は大光院にて宴げぬ。折しも満月にて冴えたる夜空ぞ青し。

孝季日記より

二、

蒼海の潮騒ぐ、浜巖に砕け散る上磯の吹浦より一路山靼に潮をけたてぬ。松前船に夜明くる前にぞ、帆立張りつる出船の法羅に、湊を西北に舵を取り進むる四辺の海に、いさり火に漁なせる漁士の振り手に、朝明けの幽光、水平に天と海との線を現はしぬ。四辺たゞ海潮の他に陸影も無し。心は既に山靼に、海の安淨を祈りての船旅は、なかなかに日和を気に計れる船頭衆の水先を、あと追うかもめの鳥山、波上の魚群を告ぐなり。水夫ら、各々一釣にて船尾にて釣りあぐる大はまちの漁ぞ、半刻にて百五十七尾なり。船食事、まさに陸にて味はひざる超美味食なり。

波枕三日二夜にして、見えたりと騒ぐ水先の衆に山靼船の水向あり、倶に帆を山靼に、落日を追ふ如し。

孝季日記

三、

後世に物事を傳ふ文書に綴なんは、凡そ人讀みて解き難き文行なりせば用をなさゞるなり。達筆、名文にして遺せるも、世襲の權に片そばしければ、史の眞實ならざるなり。

素字、素文なりとも、誰とてなく衆に解讀可なればよろしき哉。依て、如何なる者の地衆の傳承由来とて、そのまゝに聞取りて、方言のまゝに記し、書面たりとも己が攺文、加筆あるべからざる旨とすべきなり。

丑寅日本にては、各地方言ありて、その方言とてまた歴史なり。つとめて攺書に及ぶべきに非らざるを戒しめ置くものなり。倭史の如く、支那の漢書もどき美文、達筆に非らずとも、僞りなき史傳は、それに優るゝものなり。能く肝に銘じ、如何なる事をも記し置くこそ、子孫に傳ふる大事なり。まして丑寅日本の歴史の事なれば、明細に遺さゞれば、消ゆる耳なりき。

四、

本草学とは、山里に自生せる草木の葉、皮、根、花、種實、樹液などより、萬病を死の苦惱より救ふる醫法なり。東日流外浜なる深山になる地に、自生せざる節人参あり。これぞ、韓人参と異ならざる薬功あり。是れを聞きて、白井秀雄と曰ふ仁ありて、その人参を外浜中山に得たり。是の人参、津保化族の祖人ら故地より持ち来たるものなりとして、宇鉄の山に種を蒔きて中山に自生繁殖せしものと傳ふなり。白井氏とは菅江眞澄翁の事なり。天明の頃、高山彦九郎と曰ふ浪人、杉田玄白の依賴にて、菅江氏を宇鉄に訪ねたり。本草学、麻薬の解痛法の一巻を写本に賜りたく旨を願望せり。時に菅江氏、心良く自から書写仕りて彦九郎に賜はりぬ。

然るに菅江氏、是くあるより津軽藩より藩禄を召上られ追放と相成りて、秋田に赴きぬ。是れぞ、秋田孝季の世話なりと曰ふ。

菅江氏、渡島にて荒覇吐神社の記、及び上磯の安東一族の史を記したる一人にして、歌を詠み見取画も記したるも、その多く召上られ、今は遺るなかりき。

五、

奥州田村之郷三春、安倍日之本將軍流胤、秋田俊季五萬石之城下町なるも、是れ田村氏の旧領たり。山澤の貧土にて、産物少なく牛馬の産のみは活気たるのみなり。三春駒とてデゴの土産物に遺るが如き、その名馬は諸藩への馬市は、價をなしてにぎはひり。城には石垣なく天然の岸石上に天守をなして要害たり。

郷に名物なる瀧櫻、大竹林、三春織、三春紙、三春デゴの行商は藩益なれども、戦国の世には民大いに貧窮せり。秋田氏所領に相成りては泰平にして復せり。

藩祖安東秋田城之介實季、伊勢朝熊に蟄居以来、三春代々に若狹小浜、羽賀寺に往来しけるは、祖、東日流十三湊に日本將軍安東康季の羽賀寺再興以来、未だ京師の御用ありて、牛車引きの牛、内裏の駒を貢馬に諸藩の買物ありて繁成せり。三春藩にては、白馬を多産しければ、伊勢神宮の神馬及び諸藩の八幡宮よりの神馬を買物にありて、通常なる馬市より猶も収益大ならしめたり。

名物瀧櫻の咲く三春とは、桃に梅に、あんずの収ありて、三春とぞ曰ふ地稱ありと曰ふなり。

六、

冴え渡る夜空に、北極星の不動なる宇宙位に天文の觀測せしは、支那城刑山に伯道仙人。感得せしは、金鳥玉兎集たりと曰ふなり。

山靼にては日輪の赤道南北に地球星の軸轉に日輪の南黄道、北黄道の交はる秋分、春分を以て春夏秋冬の四季に分け、北極星に廻る北斗星、大熊、仔熊座の廻轉せる卍卐の東西南北に天位せる正位を三百六十五日に割りて一年の暦とせり。何れが古きは、山靼にして、是れぞ古代シュメール、カルデア民の暦ぞ先とす。

七、

北鑑根本論と曰ふ古書ありて、林子平、是を用ひて海国兵團諸談義と曰ふ、丑寅日本三方海の護浜論を十七講義録に、海国兵談として木版を完遂せんとするに、その行爲反国政の科ありとて捕はれ、木版ことごとく燒却されたり。

北にオロシア、東にメリケン、南にイギリス、フランス、ポルトガル、オランダの紅毛人わが国を殖民の地と侵領せんと鉄船を航近せり。是れに對せる挙国の海兵を興さんとせる兵法を海軍として奥州に挙げんと海浜にある藩の連合鉄船艦及び艦積大砲の鋳造を備ふる講義録は、高山彦九郎も賛成なして、諸国に巡脚しその賛同を傳へしに、幕役、林氏を捕ひたりの報を博多にて風聞に及び、彦九郎大いに嘆きて死せりと曰ふ。

世は田沼意次を失脚せしめ、松平忠信の老中と相成りては、オロシア船しきりに北海に侵海す。

八、

わが奥州は古来大王を以て国を治め、土を耕作して穀類を保食し、海に貝、藻草、漁撈して干物に保食し、冬に備ふる越冬に安住を保ちたり。亦、馬、犬を飼ひて狩獵にも民族挙げて冬の餌とせり。海に巨鯨を狩るも然りなり。秋に河川に登り来る鮭の群、冬の湖や河岸、入江に飛来せる鳥も古人は是を狩り、漁をして餌とせり。然るに若鳥、及びくさるほどには狩漁せず、亦季節の他に狩漁せず、是れを掟とせり。若し掟を破る者は、部落を追はれ他所に移らせむなり。

春より冬に至る間、鳥は巢だき、獸物は与乳の期なる子育のときなれば、その親子を討つは禁ぜられたり。魚ホルツ、肉ホルツとは干したる魚肉、獸肉を寒中干せるを、打ちなして皮袋に詰めたるものにして、石鍋または土鍋に湯をたぎらせし中にホルツ一握りを入れなば、肉の食となりぬる糧となりぬ。亦春、野草を摘み干たるを瓦の如く型入れ干たるを、同じく湯に入れ汁とて飲む味にては、海水を燒きたる塩を味付けとし、亦獸魚の油にて燒き鍋とせるもありぬ。

古代人なる衣食住とは素雜なるものとて思いきや、想々に相違なり。ハッポチセとて葦の家に寝床は毛皮に依て豪華たるものなり。日本記の如く、巢にまたは穴居し獸物の生血を飲むほどに野蛮たるは、一人だになかりける。衣食住には素なるも貧なるはなし。信仰あり、文字をも以て互傳せし智にありて、大王をして国を治むる民の睦みありぬ。オテナとは大王にして、エカシとは長老なり。ポロコタンとは人の集住、大なる村なり。

九、

渡島に荒覇吐神社の建立せるは、安東氏なり。渡島地民は元来神社は造らす、チセに神棚を造る耳なり。祭祀にては、ジャラ即ち一本幹にして梢、三股に四本の木芯のある老木を神降臨木として、その前にヌササン即ち祭壇を造り、神事を行ふが習ひなり。依て、神社を造ることはなかりき。

イオマンテは部族總出の祭りにて、神はそのヌササンのみに天降るものと、古来よりの三股の木は、杣も伐せずと曰ふ。渡島にては、アラハバキとは稱ひず、イシカホノリガコカムイと唱ふなり。

十、

モンゴルの山神はブルカン岳にして、水の神はブルハン湖たり。倭国にては文永の役、弘安の役と曰ふ苦き元寇の驚怖にぞ、文永辛未年より弘安辛巳年に至る朝幕の肝を寒からしむ国難ありけるも、吾が丑寅日本国にては元国より通商に依りて大いに凶作の救済にありし、クリルタイ盟約、アンダの誓になれる国交ありせば、樺太島に上陸せしも、これぞ日本国領とて軍を退かしめたり。凶作と聞きて、兵糧そのまゝ安東船に賜りて奥州の餓死は救済され、是を請願せしマルコポーロ及びチンギスハーンを像にして祀りたり。

十一、

女貞国、高麗国、キルギス国、オゴタイ汗国、支那国、バカン国、安南国、チャガタイ汗国、カシミール国、イル汗国、キブチャク汗国、ハンガリー国、ブルガリア国、ギリシア国、マムルーク国、メソポタミア国、かくも擴大なる大亜細亜を征討せしは、世にもなかりき、元国王朝たり。如何に文明ある国にても、元軍の征くところ無敵の進軍たり。

かゝる元軍にも、わが丑寅日本国耳はその侵略を退かしめたるは、安東船の商益に盟約ありてこそなり。上都、大都に至る商の者を大事とせしは、モンゴルのクリルタイ及びナアダムの盟約を重く誓約を護りたり。是れぞ、テムヂンの頃より商隊を護り大モンゴルをなしたる基たり。

安東船耳は、倭船の元との通交を断ぜし折も、揚州に商易せるは、マルコポーロの進言に依りて成れるものなり。倭軍交戦になくば、マルコポーロのジパング渡来は叶ふたるものなり。

十二、

アルタイの大草原に駒のいななくを、シキタイの民は、はるかモンゴルに至る馬追ふ牧民たり。世にこれをアルタイ騎馬民と曰ふ。吾が国の荒覇吐神古像に刻なせる紋様は、彼のシキタイ民の用ふる紋様なり。また土壺にも見ゆなり。さればその由を尋ぬれば、これぞはるかなる故事の歴史に溯りぬ。

此の地の民族は、古代オリエントの各地に戦乱を脱して集まりき民族の集團たり。戦の絶ゆなきに、シキタイの民もこぞりて是を防ぐ騎馬軍を決起しその權領を擴め、北方騎馬軍團の征く處、無敵たり。彼の神はギリシア信仰のヘルクレスやグリフィンなど多信仰たり。主死しては、その馬も倶に埋葬され、棺は鯰を型造りて入棺せる多し。副葬品多きが故に盗掘多く、故に印のなき馬蹄に葬處を踏ましめ、その所在を隱したる多し。

シキタイ民の多くは、モンゴルにシベリアに、少數民族に四散居住し世襲のなかに消えたるも、その子孫になるは、モンゴルに遺る馬術チャバンドウまたはクリルタイに遺りぬ。シキタイ人の丑寅日本国に渡来せしかは、語部録に不祥たり。

十三、

荒覇吐神祭文に曰く。

北天の宇宙に輝く、不動不退轉の魁北極星、下界を三世に渡り陰陽に区なく見通せり。

是れ、荒覇吐神の三界に見落さざる法眼なり。吾れが神、無上に在り。生とし生けるものみなゝがら荒覇吐神の全能なる神通力に靈力無限なり。生々己が運命を天命に安ず、安心立命を祈るべし。神の救済にぞ願ふは、唯、一向に神を稱名して叶うなり。

アラハバキイシカホノリガコカムイ 奉拝十六字なり。何事の罪障も、降魔、物の化、恨靈にたゝらるとも、生々衣食住に窮すとも、神を稱名せる者を救ひ給はざるなし。

荒覇吐神が相をして見ること叶はざりしも、その相は、宇宙にあり、大地にあり、大海にありぬ。依て過去、現在、未来に渡る不滅の神なれば、三界に渡る人の生死と善報、罪障の生死の魂魄をしていかなる甦りにせむや、その天秤に裁くこと平等にしてその業報を受くものなり。

荒覇吐神の信仰に入る者は、生々のうちに善導に人生のしるべを受けにして、必ずその甦る人としての新生を得るなり。人の運命は過却の罪障にて現世に會ふとも、各々前世の業に善にあれ悪にあれ、その命運を異に境遇す。依てかゝる因果の人生なれば、我昔所造の一切を神に委ね、一心不乱に神の稱名を唱ふこそ罪障消滅の行願なり。生々安しき事少なく苦勞多し。神をして他に救はるなければ、荒覇吐神に三禮四拍一禮に拝し、唯一向に神を念じべく不退轉の心たるべし。されば浂は神の神通力に救はれ、無上の求道にその果報を得ん。死を怖る勿れ。死は新生への古骸の脱皮なり。心に惑なく、疑なく、信を一義に覚り、神の御靈に己れを委ねたる悟に達すれば、神の救済、必ず浂を引導せしむなり。死して極樂、地獄のあるべからず、現世にこそありけるを心に能く覚つべし。他教に信仰のさまを見渡せば、人が造りし像を神佛として多くの化に造り、諸行法を作りて大殿造營して人心を惑はしむ、布施にて級位の階級なせるさま、救済の眞理に叶はざるものなり。能く心に銘じて、迷信の邪道に堕ゆべからざるを、茲に證したる眞理の導に求道して、一心不乱たれ。

人の骸は死すとも魂魄は不滅なりと覚つべく、信仰に達せるとき必ずや安心立命を得るなり。 合掌

十四、

古来より神がかりとして、神を司るゴミソ、イタコ、オシラの類多く人心を惑はしめ、業報罪障ありとて人の布施に依りて暮す者ありぬ。また自己流にして神を造りて、新興の宗教を世に布して論師、辨師をして巧議よろしく衆を惑はしめてなせる者ありて、ねずみ算式に信徒を誘致し今に遺れるほどの邪道を衆に布せるありぬ。

人心は、かゝる正道になかりけるを好む者多く、その迷信に抜けるもならざるは多かりけるを知るべし。依て常に心油断あるべからず。如何に悲運に遭遇せども、必ず外道の邪教に参ずるべからず。時にこそ古来の荒覇吐神に念ぜよ。必ず命運開き、福德圓満を得るなり。唯稱名を唱へよ。

アラハバキイシカホノリガコカムイ

一念乃至多念に一心不乱に念ずべし。

十五、

萩野臺の合戦、洪河の内訌とて、東日流に於ては藤原秀直そして庶家の安藤季久らの反乱ありきは、安東一族をしてかゝる内乱の恥べく對立ありて南朝方、北朝方に相對してより南部氏、岩手に陸奥守にて駐領す。東日流に興国の津浪起りて、水軍諸国の津に四散せしあとにして十三湊に一艘の船さえなかりけり。

南部氏は糠部に根城を築きて、東日流一統せんとその兵備に着々たり。先づ平賀の得宗領に東日流侵攻の先陣を築きて、都度に藤崎城をゆさぶりぬ。藤崎城主、安東太郎教季なり。十三湊廢湊以来、藤崎城方もその衰運を倶にせり。正長戊申年、遂にして藤崎城を攻め一日にして落舘せしも、一兵も不在なる空城たり。藤崎城領民もまた一人も遺らず渡島及び飽田に逐電せり。南部氏は、守行に交りて義政に依り、十三湊の福島城を攻めたり。永亨甲寅年、青山城、福島城落つ。次なる年、中島柵、羽黑舘落ちて唐川城にこもる安東勢、城要害なれば、攻めては南部勢たゞ討死をいだす耳たり。

十三湊とて住民なく、渡島、飽田に移りたるは十年も前たり。依て東日流外三郡になる民はもぬけの空たり。嘉吉三年、安東氏遂に東日流を放棄せり。

和田末吉 印

 

制作:F_kikaku